サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

すみだ水族館 vs サンシャイン水族館

 

 

「すみだ水族館」に行って来ました。


すみだ水族館は東京スカイツリータウン内にある昨年オープンしたばかりの
水族館です。
東京スカイツリーは展望台、商業施設、水族館、プラネタリウムという構成から
ほぼサンシャインシティと同じ内容であるため、ライバル的存在です。

 

展望台はさすがに日本一のスカイツリーには勝てないが水族館ならいいライバルになるのでは?
ということで敵情視察?してきました。

 

すみだ水族館は海から離れた東京都内の内陸にある都市型水族館である点は
サンシャイン水族館と同じですが、海水の入れ替えが大きく異なります。
サンシャイン水族館が毎日海から大量の海水を運んで入れ替えてるのに対して
すみだ水族館は海からの水を一滴も使わず人工的に造った人工海水を使っています。


 


これがウワサの東京大水槽です。

小笠原諸島(ここも一応東京ということで)をテーマにしています。

2フロアをぶち抜く背の高い水槽なので、魚やウツボが上下に動く様子が新鮮でした。

(サンシャイン水族館でいうサンシャインラグーンみたいな存在ですね)

 


ブリーフィングスペースも公開されてるのは珍しい!
ブリーフィングの様子も間近で見ることができます。
どのペンギンの体調が悪いとか食欲がないとか・・

 

 


これが国内最大級の屋内開放のプール型水槽「水といのちのたわむれ」
主にマゼランペンギン主体で裏側にオットセイがいます。

 

 


ペンギンのエサやりの風景。
すみだ水族館はペンギン1匹1匹にちゃんと名前が付いていて、どの子にエサを
どれだけやったかも記録しています。

 

 


屋内にあるので岩場や海中の清掃も頻繁に行なっていました。
どうりでペンギンがたくさんいる割にニオイがないわけだ(*´ω`*)


 


プカプカ浮いたり泳いだりしているペンギンを上から、前から、横からと
いろんな方向から楽しめます♪

 

 


そういえばここのマゼランペンギンちゃん達、すみだ水族館に来る前は
静岡県沼津市のあわしまマリンパークという水族館に居たんですよね。

 

 


みんたんもスカイツリー開業直前のあわしまマリンパークでこのペンギン達を
観に行っていたことを思い出しました。
(あわしまマリンパークは静岡県沼津市の駿河湾に浮かぶ小さな島にある水族館)

 

 


あわしまマリンパークでは観光客は大変少なく、のんびり日光浴して
過ごしていたペンギン達。田舎から都会へ上京ペンギン達。
今では日光浴できなくてストレスないかなぁ?

 

 

 



さて、一方のサンシャイン水族館。
こちらでは南国ビアガーデンが期間限定(7/20〜9/1)で開催されています。

 

 


サンシャイン水族館は年パス持ってるので気軽にいける所がGood!
みんたんもこの日は涼を求めてビアガーデンへ。
ちょうどファイヤーダンスのショーをやっていました。
曜日によってハワイアンフラショー、ウクレレライブ、ナイトバードフライング、
ガムラン&バリダンスなどショーも多彩です♪

 

 


サンシャインアクアリングの中をスイスイ泳いでいるペンギンを見ながら
夏夜のビールは美味いです。

 

 


空飛ぶペンギン達。
すみだ水族館のような大型水槽ではないけれど真下からペンギンを眺めることが
できるのが特徴です。昼間はアシカさんがこのサンシャインアクアリングを
泳いでいます。

 

 


ちなみにサンシャインのはケープペンギン南アフリカ沿岸部に生息しています。
すみだのフンボルトペンギンは南アメリカの太平洋沿岸部に生息です。

 

 


新顔のカワウソ君(伝染るんです)
活発に動いていてなかなか愛嬌がある奴です。


 


そうそう、サンシャイン水族館では「アートと生き物の金魚展」も開いていました。

 

 


かわいいきんぎょ注意報に癒されたみんたんでした。
(ちと古いか!)

 


最後にすみだ水族館とサンシャイン水族館の各種データ比較です。

***********************
すみだ水族館

住所:墨田区押上1-1-2東京スカイツリータウン・ソラマチ5F・6F
開業:2012年5月
総水量:約700トン
展示数:約400種1万点
延べ床面積:7140平方メートル(バックヤードを含め7859平方メートル)
運営:オリックス不動産
入場料金:大人2000円、高校生1500円、小中学生1000円、幼児600円
営業時間:9:00〜20:00
主なコンテンツ:東京大水槽、水といのちのたわむれ(屋内開放のプール型水槽)
主な生物:マゼランペンギン、ミナミアメリカオットセイ、634匹のチンアナゴなど
http://www.sumida-aquarium.com/
************************


************************
サンシャイン水族館

住所:豊島区東池袋3-1-3サンシャインシティワールドインポートマートビル10F・11F
開業:1978年010月(2011年8月大規模リニューアル)
総水量:約770トン
展示数:約450種1万5000点
延べ床面積:7765平方メートル
運営:サンシャインエンタプライズ
入場料金:大人1800円、小中学生900円、幼児600円、シニア1500円
営業時間:10:00〜20:00(4/1〜10/31)、10:00〜18:00(11/1〜3/31)
主なコンテンツ:サンシャインアクアリング、サンシャインラグーン
主な生物:マンボウ、ロシアラッコ、カワウソ、ミナミコアリクイ、ケープペンギン、アシカ
http://www.sunshinecity.co.jp/aquarium/
************************

 




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10911812c.html
サンシャインシティ | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

どちらも同じく沿線という概念で行けば「ホーム」扱い
になる水族館ですが、ちょっと前にすみだ水族館に行って
きたのでそっちの感想から・・・。

ある意味、建物の構造から推測できたのですが、規模的
には正直「あれ?もう終わり?」というような感じでした。
なんというか、空間は広く展示は少なくって感じ。
※新江ノ島水族館と比較してます。

展示物が少ない分、ペンギンとかを飽きるくらい見ていても
変に思われないのですが、たまに飼育員さんと目が合うと
少し気まずいですねw

サンシャインは大昔にいたチンアナゴの印象が強いです。
今もいるのかな?デンキウナギとかも。

今、書いてて思ったのが、10年後のソラマチがサンシャイン
シティくらいの賑わいをキープできてるかなあって心配感
ですね・・・。

[ かんぬし ] 2013/08/17 2:17:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

かんぬし様
すみだ水族館はさすがにイマドキの建物だなぁ・・・と感心させられる創りが随所に施されていましたね。
大きな吹き抜けは開放感があっていいのですが、展示物がちょっと少ないとみんたんも感じました。

[ みんたん ] 2013/08/19 22:39:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
サンシャインシティ噴水広場、4/29にリニューアルオープン!
SKY CIRCUSサンシャイン60展望台の内覧会に行ってきました
おのののかもおののく!?サンシャイン60展望台スカイサーカススペシャルムービー公開
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前年  2016年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 54 8552511
コメント 0 7968
お気に入り 0 44

カテゴリー一覧