サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

第六回としま会議(前編)

このマチをもっと面白く!
豊島区の面白い人達が集まり、素敵な出会いと
魅力的なコミュニティとして人気の「としま会議」

毎回、豊島区を拠点に活躍する人や豊島区を盛り上げる活動を
している人がトークイベントを行い、ジャンル、世代を超えた
“としま”な人々集まり交流を深めています。

昨年8月に第一回を開催し、年明け初めての開催となる第六回も
多彩なスピーカーが揃いました。
今回のテーマは「大切な一歩を踏み出した人達」です。



ナビゲーターは年末スペシャルの登壇者でもあった、
ROYAL ANNEXオーナーの青木純さん。
青木さんと登壇者の熱いトークも見ものです。



としま会議の開催会場、co-ba ROYAL ANNEXの隣にある
幼児教室グレートキッズ教室池袋本校 by Wish Worldの
代表を務める金生展子さん。
3歳から9歳までの異なる年齢の子供達が一緒になって遊ぶ、
様々な体験から学ぶ場所を提供しています。

http://www.greatkids-ww.com
http://youtu.be/tdJI9-B5NO0


グレートキッズが出来て1年が過ぎようとしています。
プレオープン時には1人だった生徒も今は20人を超えました。
教室では子どもたちがステップアップしながら、
出来ないことにチャレンジしていきます。



出来なくても僕、やめたくないんだと初めて親に自分の意思を伝えた子。
なかなかしゃべることの出来なくて、親に連れられて来て30分後には
名前と年齢を伝えられることが出来た子。
など大切なエピソードも増えました。

グレートキッズでは生き抜く為に最低限必要な基礎学力、体力を
身につけることを目標にしています。
読み書き暗証や運動の他に、自分やお友達の紹介など
コミュニケーション能力を高めたり、
自分の楽しかったこと、頑張ったことを宝物ファイルに集め、
自己肯定感を高めることをしています。

これからは自分軸を持ち色々な生き方、考え方があることを知ることが必要。
30人の外部講師により、例えばバイオリニスト、ソプラノ歌手、
システムエンジニアとゲームを作ったりといった“職育”



ドンキホーテとのコラボでキッズゴルフや味噌作りなどの課外授業も。
ロサ会館でのキッズビリヤードも開催予定。



街ぐるみで子どもを育てること、地域の人が皆グレートキッズの講師と
なってほしい。

リノベーション街づくり塾の託児なども行っているグレートキッズ。
街に、地域に根付いた教育を実践しています。
日中はここで育つ子どもたちの可愛い声がco-baにも響き、
とても温かい気持ちになります。地域で育てる形の一つとして
これからも頑張ってほしいですね。



立教大学の英語講師を務める梅原洋陽さん。
自らの社会体験から「HONKI University」という
学生が社会体験をするための活動をしています。
http://www.honki-university.com/
https://www.facebook.com/HONKIUniversity?fref=ts


子どもたちが日々悩んでいることをリアルにぶつけられる
本気の大人がいる場所を作ってあげたい。と行っているのが「背中塾」
小学生から大学生まで幅広く教育の場を作っています。



英語講師の梅原さんは言います。
グローバルな人材にとって英語は必要です。
ただ、もっと必要なのは中身。


世の中を変えるのはワクワクしながら生きることの出来る人達。
そんな人は自分を知り、夢がありチャレンジができ、
カッコイイ背中を知っているのだと言います。

自分が好きなことを知っていれば、将来のために今やるべきこと
にリンクさせて真剣に考えることができます。
子どもたちが普段どんなことに時間を割いて行動しているかを
注意してみて下さい。
自分で気づくことの出来ないことを気づかせることが教育。

自分をより良くしようと生きれば必ず壁にぶち当たります。
チャレンジし、失敗しても立ち上がることで自信がつく、
失敗を恐れないことが大切です。



夢を叶える為に頑張れ!やればできる!というのは、
叶わなければそれまでの努力は無駄であるということ。
夢を叶えるために身につけてきた一つ一つがゴールであり、
今を輝かせるために夢がある。Nowistになろう!

今はネットを通じてTEDなど、凄い人の話はどこでも聞ける時代です。
本当に必要なのは、もっと身近な人の普段や逆境の時のリアルな
姿を見ることで学ぶこと。
カッコイイ大人が周りにたくさんいる子どもは強い!

MITメディアラボ所長の伊藤穰一さんもTEDで提唱していた“Nowist”。
今をもっと輝かせる生き方をたくさんの大人ができるようになったら、
それが子どもたちの未来を輝かせると本気で思える熱い話でした。
梅原さんみたいな先生が学生時代にいたら良かったなぁ。。

としま会議は子どもや若者たちが出会うことのできるキラキラした大人が
たくさん集まる場所になってきてるなと、みんたんは思います。

(後半に続く)


としま会議

goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11157351c.html
としま会議 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
としま会議復活!co-ba IKEBUKURO
第十六回としま会議(後編)
第十六回としま会議(前編)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 741 9048627
コメント 0 8127
お気に入り 0 43

カテゴリー一覧