サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

第十五回としま会議(後編)

「としま会議」とは、豊島区を拠点に活躍する人や様々な活動をする
豊島区在住の人達がトークイベントに登壇し、ジャンル、世代を超えた
“としま”な人々が数多く集まるイベント。


企業、地域、クリエーターと共に「想い」をつなげ、「想い」をカタチにする
プロデューサー集団「株式会社Barbara Pool」代表取締役
井上 祐巳梨さん。
http://www.barbarapool.com
https://www.facebook.com/barbarapool.inc

巣鴨地蔵通り商店街の近くで生まれ、今は大塚にある「Ryozan Park大塚」
にオフィスを構えています。

大学時代から町おこしイベントやアートイベントの立ち上げを行い、
大手広告代理店に入社。
2013年にはオーストラリア政府のキャンペーン「The Best Job in the World」で
60万人の応募者の中、日本人唯一の25名に選出されました。



広告代理店で勤めていた時、3・11がありました。
宮城にいる祖父母を心配し、無事を祈りながら繋がらない電話の前にいた時、
社内の営業マンが、稼ぎ時だとばかりにクライアント先へ行き震災の仕事を獲得する。
その姿をみて、会社では正しいかもしれないが私はなりたくないと感じました。


その後自らの会社「Barbara Pool」を立ち上げ、
クリエイティブ、ソーシャル(社会貢献)、ローカル(地域活性)
の三軸でプロジェクトを行っています。



広告=ウソではないものを作りたい。
コスモ石油のCMではガソリンスタンドの従業員の人に出演してもらい、
用意されたセリフではなく、自分たちの言葉で語ってもらった映像を使用しました。

被災地の子どもたちに「明日」を夢見るドレスを書いてもらい、
実際に制作したドレスを三陸鉄道開通一周年記念として車内でファッションショーを開催。
子どもたちの絵をベネトン社がチャリティTシャツとして販売し、収益を被災地の仮設小中学校に。
そんな人々の共感の連鎖を生むような企画を生み出しています。

渋谷や銀座がかっこいい。ではなく、
ナチュラルなその場所にあったブランディングをしていきたい。

井上さんの話を聞いていて直感的に彼女がプロデュースした"池袋"がみてみたい!
と思いました。
コスモ石油のCMはとても印象的でしたし、
半年で1000万の報酬というオーストラリアの「世界最高の仕事」の候補になった日本人
の話題は当時話題になっていました。
是非、もう一度お話してみたいと思う一人です。



豊島区で「地域の子どもを地域で見守る」様々な活動を繰り広げる
NPO法人「豊島WAKUWAKUネットワーク」理事長 栗林知絵子さん。
http://toshimawakuwaku.com/
http://machibarry.jp/archives/367

子どもの貧困についてご存知でしょうか。
経済的、金銭的な問題だけでなく、人とのつながり、文化とのつながり
様々な面で支障をきたす貧困。

大人は自分次第で解決ができても、
子どもはその環境で生きることで貧困であることが普通になってしまう。
そして大きくなり周囲と違うことに気がついても、
どうせ選べないと諦めてしまうのです。


そんな子どもの貧困に対し地域でどうにかできないか。
学校以外に歩いてお金が無くてもいける場所。
そこには地域のおばちゃんや、様々な人がいて、
色々な価値観を伝えることで、彼らの人生が変わるかもしれない。


WAKUWAKUネットワークはそんな子どもたちの居場所、
子どもが一人でも夕食を食べに行くことのできる「こども食堂」を作りました。
最近ではメディアにも多く取り上げられ、厚生労働省副大臣が視察に来ることも。

学校で厄介者扱いを受ける子どもや、モンスターペアレンツ、
困ったことをする人が実は、精神的に、金銭的に困っている子どもや親
である場合もあるのです。

頼らなくても子育てが出来る世の中だからこそ、
「おせっかい」なおばちゃんのパワーが困っている子ども達を
助けることにつながると思っています。



みんたんも「子ども食堂」も含め何度かWAKUWAKUの活動をブログで取り上げています。
WAKUWAKUの活動の一つ、火や水も使える冒険遊び場「池袋本町プレーパーク」は
栗林さんとの縁もあり、パンフレットを作成させて頂きました。

他にも生活保護を受ける人達に焦点を当てて作られた「はるまち」という小雑誌など
注目すべき活動を数多く行っています。
これからもWAKUWAKUの活動をウォッチしていきます。

今回も様々な分野で活躍する方々のお話が聴けて本当に楽しかったです!
みんたんの人生も10℃、いやそれ以上変わったかな(´・∀・`)y─┛~~



本日のケータリングは、
Foodunit Gochisoによる豊島区姉妹都市シリーズ。
ストラスブールから、煮込み料理「ポトフ」にザワークラウトとバジルペーストをのせて。


いつもながら、豊島区と絡めた料理に舌鼓。美味しかったです!



次回は今年最後の12月22日開催です。

***************************************************
としま会議HP
http://toshimakaigi.tokyo/

 

としま会議(Facebook)
https://www.facebook.com/toshimakaigi

 

としま会議レポート (みんたん補完計画)
https://sites.google.com/site/ikebukuromintan/categori/toshima-kaigi
***************************************************


としま会議

goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11293951c.html
イベント | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

素敵な会議でしたね!

[ あらら ] 2015/12/01 22:15:36 [ 削除 ] [ 通報 ]

あらら様
ステキな登壇者達、参加者達に会える豊島区秀逸のイベントだと思っています。次回がまた楽しみですね。

[ みんたん ] 2015/12/14 21:32:35 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
夏休みWS「むかしの豊島区のくらし」
今年も法明寺で桜祭り
としまぐらし会議レポート
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 305 9454762
コメント 0 8220
お気に入り 0 43

カテゴリー一覧