立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

9月2週間経つ

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

夏休みが終わり、9月になったかと思ったら、
あっという間に2週間が経ちました。


明後日過ぎると残り2週間となり、再来週末には10月になります。


時間は平等に公平に過ぎるとはいえ、昨今はその時間の使い方が、
何にどのくらいの時間をかけるのかが、問題になっているように思えます。


皆さん、圧倒的に時間をかけているのが、スマホとの時間でしょう。


一回一回は数分から数十分かもしれませんが、
暇さえあれば、それと向き合っていることを考えれば、
そういった数分から数十分の『積み重ね』は膨大な時間となることでしょう。


その時間の中で、新しい発見や発想を促す出会いがあるのかもしれませんが、
残念ながら『そういったこと』への『社会的評価』をされることは、
学生時代は少ないと思います。


今後、情報化がさらに進む中で、もしかしたら、そういった情報収集能力や
ネットでのコミュニケーション能力、あるいは活用法などが、
評価される時代が来るかもしれませんが、今のところ、それはまだまだ未来の話で、
漫画やアニメの世界でしかないのが現状だと思います。


そうなると、今の時代に、今、そうやって『積み重ね』ている時間は、
どれだけの意味を持つのか、どれだけの未来を与えてくれるものなのか、
疑問を残すことになるでしょう。


おそらく、皆さんは、その身をもって、その人生をもって、
その『結果』『答え』を、強制的に体験させられることでしょう。


一番わかりやすいのは、学校でのテストの点数や成績、学校で習う勉強などでしょう。


これらは明確に数字と出る、あるいはわからない・出来ないのであれば、
断罪される、相手にされなくなるというものです。


若い学生の皆さんからすれば、『そんなこと』で自分が決めつけられる、
抑えつけられるのは、反発を覚えることかもしれませんが、
正確に考えると、それが違うということに気付けます。


決めつけられるのは、抑えつけられるのは、貴方という人格や性格、
能力や才能という人性などではありません。


それは、そもそも決めつける、抑えつけるものではなく、
『選択肢を狭めたり、広げたりする』ものであり、その選択肢というのが、
将来や未来のということになっています。


学校、学生時代に関わらず、社会に出れば、何をするにも許可と権限を
求められます。


大人になったら、自分が思ったから、いきなり総理大臣になれるわけではない、
いきなり大企業の社長になれるわけではないということは、
小学生でもわかることだと思います。


多くの方が、どうせ、自分はなれないと思われることでしょう。


では、なぜなれないのか、なれないと『自分』が決めつけるのか、
『自分』を抑えつける(納得させる)のか、考えたことがありますでしょうか。


その答えが上記した、そういった将来・未来の『選択肢』がない、
そして、それは自ら選んだようでいて、その実、そういった『選択肢』が
もう手にすることができないと『決められて』しまっているからだと、
心の中で、頭の中で感じ取った、わかってしまったからだと思います。


学生時代にそのことに気付き、多くの可能性を、選択肢を『広げた』方にとっては、
その可能性、選択肢も、『無いとは言いきれない』と胸を張って言えることでしょう。


あとは、そのために、どういったプロセスを踏み、その目標を、目的を、
叶えていくのか、考えられるだけの土台の知識や知恵はもちろん、
積み重ねてきた自信と経験によって、突き進めることだと思います。


さて、この土台や経験の多くが、『スマホ』などで、支配されている場合、
どうでしょうか。


もちろん、この日本で最もスマホを使いこなす人として、
昇り詰めることができれば、ある意味それは、別の選択肢、
つまり、それを職業とした、仕事とした選択肢を与えられることでしょう。


皆さん、いかがでしょうか、声を大にして、自分はスマホを日本一、
さらには世界一、使いこなしていて、右に出る者はいない、
スマホのことなら何でも自分に聞いてほしいと言えるほど、
真剣に向き合っているものでしょうか。


こう書くと皆さん、鼻で笑うかのように、そこまでしたら阿呆だと
思われるかもしれませんが、『そこまでするか』、あるいは
『全くしないか』のどちらかでなければ、何でも『中途半端な』阿呆だと
言われることになるでしょう。


自分の人生、少なくとも一週間の自由な時間の多くを『ソレ』に費やしておいて、
その結果が、日本一、世界一にもなれないなんて、『ソレ』をやる意味が、
本当にありますか。


暇つぶしのものだから、そこまで考えなくてもと思われるかもしれませんが、
その暇つぶしに積み重ねた『時間』で、他の何かが出来た、やりたかった、
やれたのではないかと、学生時代を終えてから気付くのは不幸だと思います。


一度、自分の一週間、168時間の内、果たして、何に何時間くらい、
時間を、人生をかけているのか、そして、それは今後、自分の望む結果を見い出せるのか、
将来を、未来を、選択肢を広げてくれるものなのか、
よく考えることをオススメします。


というよりも、今後は考えた方と全く考えなかった方との格差が、
かなり広がることになることが予想されます。


その時、自分もあの時、あの人と同じようにやっておけばという後悔を
することのないように、学生時代からよく考えてみて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11658896c.html
その他

■同じテーマの最新記事
学校行事の再確認
進学出来ないことが決まり始める
学校行事、部活動の言い訳
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト