立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

時間割と成果割

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・春期講習受付開始、テストで差がつくスタート!!
┃春┃┃期┃┃講┃┃習┃・立教池袋・新座生なら立教生専門塾池袋栄冠ゼミに!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・中高一貫校生なら中高一貫校生専門塾アルファに!

私立校・中高一貫校生のための春休みの勉強を電子書籍で提案!

この春から立教生になる方は入学準備を!

立教池袋・新座中学に内部進学を決めた方は進学準備を!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

物事を計画的、効果的に進める方法に時間割と成果割があると思います。


成果割という言葉はここでの造語ですが、
要するに一日何回、何ぺージなど、
最終的な目標に対して、成果(具体的な回数など)で割るものだと思って下さい。


時間割は学生の皆さんが毎日授業で行われているものですが、
一週間の各曜日で、決められた時間に決められたことを
強制的にでもやろうとすることです。


時間割の効果的なのは、“全員”がある一定の量を、時間を、
強制的にでも行うことによって、学力や能力が身につくところにあると思います。


小学校時代45分の授業を週に6日、
大体5コマの授業があるとして、
45×5×6=1,350分、約20時間とし、
それを年間35週近く行うとすると、700時間、
小学校6年間として、低学年はもう少し低めに見積もったとしても、
約4,000時間の授業を行います。


中学校からは50分の授業を週に6日、34コマの
授業を行うとして、50×34=1,700分、約30時間、
年間35週行うとして、1,050時間、中高6年間とすると、
約6,300時間の授業を行います。


そうして小中高と、約1万時間もの時間を使って、
皆さんは高卒の資格を得て、さらには大学へと進学することに
なるわけですが、これだけの勉強時間を使っても、
学力に格差が出るのですから、必ずしも効率が良いとも言えないかもしれません。


成果割の効果的なのは、こうした“時間”に縛られず、出来る回数や成果によって、
各個人個人で能力を自分で伸ばしていくことが出来ますので、
それこそ個性を伸ばしたいというのであれば、
こちらのほうが早いように思えます。


ただし、こちらはより格差が出るために、同じ時間内での
習得の速さが異なる点が挙げられます。


この時間割と成果割の良いとこ取りをしようとしているのが、
今の私立校・中高一貫校の多くの学校に見られるように思えます。


時間割では、公立校よりも多くの時間を、成果割では宿題や課題の量などで、
とんでもない時間と量で縛り付けるような状況・状態になっていると思います。


もちろん、文武両道も含めて、これらをうまくできる方は、
素晴らしい結果を出していますが、これらに潰された方は、
どちらもできずに、ただただ強制であることと敗北感を感じて
しまっているように思えます。


そうなると、私立校・中高一貫校で進級・進学していくのは難しいでしょう。


昨今、よく書いていることではありますが、明らかに学力が、
それも基礎学力が追い付いていないにも関わらず、勉強以外のことを行って、
気を紛らわせているかのような方が増えてきました。


勉強だけが人生じゃない、青春時代を勉強だけで終わらすなんて
もったいないという考えはごもっともですが、普段の勉強、テスト、
各学期の成績によって進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、
その『勉強』で、学生を続けられるかどうかが決まることになります。


正確には『通っている学校で』ですが。


それを避けるためにも、自分の勉強のスタイルが上記した、
時間割型なのか成果割型なのか、試してみることをオススメします。


時間割、つまり毎日●時間という勉強時間を取るほうが良いのか、
それとも成果割、毎日●ページ、●個という成果数字でやっていくのが良いのか。


受験を経験してきた方はわかると思いますが、実際のテストなどでは、
このどちらも求められることになります。


制限時間内に決められた問題数を解くタイプのテストは、
時代が変わっても変わらない、変えられないと思います。


ただ、それに対応するための勉強において、
『学校の定期テスト』であれば、時間割型か成果割型の
どちらかでも対応が出来ます。


なぜならそれでも一定の点数、特に赤点回避することが
出来るからです。


もちろん、高得点、好成績を収めたいのであれば、
制限時間内に、成果を出す訓練をしていかなければなりませんが、
私立校・中高一貫校で進級・進学できればいいというのであれば、
どちらかのタイプに特化すれば、効率よく勉強していけると思います。


といいますか、どちらもできない、あるいは中途半端な方から、
進級・進学が難しくなっていくことでしょう。


部活動などで忙しく『時間』が取れないというのであれば、
成果割型で、テスト範囲までのページや問題集の問題を、
割っていき、何問、何個とやっていけばいいと思います。


逆に成績が危うくなったので、しばらく部活動を休部するというのであれば、
時間割型で、その部活動を休むことできた時間に強制的でも勉強するほうが
良い結果を生むことでしょう。


これを徹底できれば、言い方が悪いですが、学校の定期テストで、
赤点を取るということはないでしょう。


私立校・中高一貫校で、学校の定期テストで赤点を取り始めた方、
成績を落としてしまった方は、一度これを見直してみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11710169c.html
その他

■同じテーマの最新記事
この夏で変わった? 変えられた?
夏休み残り何日何時間
迫る締切
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト