立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

今年度、進級・進学できなかった方をよく見ておく

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・春期講習受付開始、テストで差がつくスタート!!
┃春┃┃期┃┃講┃┃習┃・立教池袋・新座生なら立教生専門塾池袋栄冠ゼミに!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・中高一貫校生なら中高一貫校生専門塾アルファに!

私立校・中高一貫校生のための春休みの勉強を電子書籍で提案!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

人として、非情、非道、最低と思われるかもしれませんが、
私立校・中高一貫校生は、今年度進級・進学できなかった方を
よく見ておくことをオススメします。


それは進級・進学できなかった方を蔑むためでなく、
いつでも自分が同じ立場、状況・状態になるという意識を持つためであります。


学校での勉強、定期テスト、成績の結果で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校では、“いつでも”“誰でも”進級・進学できなくなる
可能性を秘めています。


これは『誰もが』『全員』『無条件』で進級・進学できるとは
限らないということですが、その例、反面教師として、
実際に進級・進学できなかった方が存在することになります。


多くの方は転校、留学、あるいは内部進学を放棄して、
進級していると思いますが、一部の勇気ある方は留年という道を
選んだ方もいることでしょう。


大変失礼ながら、そうして留年する道を選んだ方の中でも、
“今まで通り”の生活を続けている方は、その後の進級・進学に
繋がることは少ないですが、若い皆さんは本当にやる気になれば、
無限の可能性を示せることもありますので、『絶対』とは言いません。


しかし、ほとんどがということになることを、来年知ることになると思います。


在校生は、自分は、自分“だけ”は、『そう』はならないと思っていることでしょうが、
先ほども書いたように、“いつでも”“誰でも”進級・進学できなくなる可能性を
秘めているということを忘れて、自分の好き勝手に過ごしていると、
あっという間に、自分“だけ”『が』、進級・進学できないことに
なることもあります。


こんな不吉なことを書くことは、輝かしい未来・将来を夢見ている皆さんには、
ムカつくことかもしれませんが、『知らないで』『なってみてわかったで』、
後悔することのないように、きちんと進級・進学要綱を確認して、
自分の今までの成績を確認して、『問題がない』ことを確認して、
さらに来年度をどうしていくかを考えてほしいからです。


受験なく進級・進学できること=未来・将来が用意されている、与えられると、
勝手な解釈をこじらせることが多いのが私立校・中高一貫校生の最大の特徴だと思います。


昔であれば、それこそ先生からパワハラ・アカハラめいた説教、忠告があったために、
ある程度の危機感を持てる方が多かったのですが、最近は危機感どころか、
『与えられるのが当たり前』で、それ以上に『自分に合うように』学校・先生が、
合わせろと言わんばかりの言動、態度、姿勢を取る方が多くなってきているように
思えます。


遅刻や休みの日数も多くなってきていると思いますが、何よりも昨今は、
とても私立校・中高一貫校の授業とは思えないほどの授業崩壊を起こしているとも
聞いております。


教科や先生を“選んで”のことでしょうが、来年度以降、そうしたことへの
対応が厳しくなっていくことになると、一気に緊張感を持たなければならないことに
なるでしょう。


ただ、表だって、学校・先生が声を張り上げて、『叱る』ということはないために、
『今まで通り』と勘違いされる方は多いと思います。


しかし、テストや成績の結果に対する『審査』や『評価』に関しては、
厳しさを増すことになると思います。


その際に、『全て』が『記録』『結果』によって、明確な『数字』によって、
断罪されるようになった場合、今まで大げさに書いていた1点、2点、
0.1点、0.2点で、天国と地獄を味わわされることになると思います。


その厳しさが、来年度からか、その先の年度からになるかはわかりませんが、
ゆとり教育世代、脱ゆとり教育世代が一通り、卒業していくここ数年で、
激変していくことになるでしょう。


その走りといいますか元々ゆとり教育、脱ゆとり教育といった教育方針に
懐疑的な部分を持っていた、私立校・中高一貫校では、いち早く、
2020年度の教育改革に対応していくようになっていると思います。


その初年度に合わせている学校では、早ければ昨年度・今年度、遅くとも
来年度から多くの改変、改革を進めてきていると思います。


腰の重い学校でも、2020年度の前に実施される、
高等学校基礎学力テスト(仮称)の結果を出てからでも、
変えてくることになると思います。


そうした時、やはり私立校・中高一貫校では、早い段階で変更しやすいため、
昨年度・今年度通用していたことも、来年度以降通用しないということに
なることがあります。


しかし、進級・進学“できない”ということには、一定の共通点があると思います。


それは、どんなに点数、成績を落しても、危機感を持たず、
“今まで通り”の生活を続け、学校・先生の忠告を無視し、
自分勝手に、好き勝手に学校生活を過ごして、最悪な結果を迎えるということです。


昨今の私立校・中高一貫校における、最悪な結果とは、
“たかだか”通っている学校で進級・進学できない“ごとき”のことではなく、
その後の進路、選択肢において、間違っているとまでは言いませんが、
通っていた学校での教育、教養、勉強を全く活かせないような結果に
なることだと思います。


かつては、その学校での授業や勉強にはついていけないとしても、
私立校・中高一貫校に通っていたということが、
高い教養、教育を受けていたことを、難しい、質の高い、量の多い、勉強を
していたことを、感じさせるものでした。


言い方は悪いですが、
通っていた学校とは異なる進路に進むことになっても、
まさに『腐っても私立校・中高一貫校生』として、そこで頭角をあらわしたり、
人間としての魅力や能力を最大限発揮して、より理想的な進路に進む方もいました。


しかし、今は極端に少なくなってきています。


それは、“受験なく”進級・進学できる私立校・中高一貫校という、
『温室』に甘えに甘えて、サボりにサボって、その学年で身につけるべき、
基礎学力の修学をせずに、進級・進学“できてしまった”がゆえに、
授業に、勉強に『ついていけなくなった』時には、とんでもないほどの量と範囲の
基礎学力を抜け落としてしまった状況・状態となっているためだと思います。


今後、授業の進度が速くなっていけばいくほどに、
この傾向は強くなっていくことでしょう。


そうなると、私立校・中高一貫校においては、まず『ついていける』ことが
前提となりますので、『ついていけない』、さらに『ついていけても点数、成績が取れない』と
なる前に、対応・対策が取れないと、今後は手遅れになる可能性があります。


その典型例とまで言いませんが、進級・進学できなかった方の言動、
学校生活から、授業、勉強に対する姿勢、テストや成績といった結果に対する態度から、
見て取れることでしょう。


その姿、言動、姿勢、態度をよく見ておけば、
些細なことでも自分にも当てはまることがいくつも見えてくることでしょう。


たまたま“今は”点数、成績に問題ない状況・状態かもしれませんが、
いつでも、誰でも、そうなる可能性を秘めているということを
よく学んでおくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11717814c.html
その他

■同じテーマの最新記事
勉強においては、たった一回二回のミスも記録されている
“その結果”で『まだ』続ける?
テストの結果に一喜一憂している場合ではない
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト