立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

4月は残り2週間

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

正確には2週間と二日ありますが、今月末からGWとして、
お休みになる学校が多いと思います。


GWは中二日の登校日があるかもしれませんが、短縮授業だったり、
不規則な時間割だったりで、実質休みのようなものとなるでしょう。


最も、今年度からはきちんと時間割通り授業を進め、さらには追加の宿題などを
出すということもあるかもしれません。


いずれにしても、この4月は残り2週間ほどで、
学校に登校するのもあと10日でしょう。


部活動に入った方は、早速の洗礼として、休みなく練習練習と
なっているかもしれませんが、4月末と5月上旬の祝日を終えると、
そこから先は、連休・祝日なく過ごすことになります。


そうして、中間テスト、期末テストと受けることになりますが、
この一学期において、学校生活のリズムや習慣が身につけられない、
あるいは忙しすぎて、授業についていけない、勉強が追い付かないとなったら、
すぐにでも対応を考えないと、一学期において、進級・進学の合否が
決まる可能性があります。


今年度以降の『なってみてわかった』に関しては、自己責任が重く、
その後のフォローもあまり期待できないものとなります。


今まで通り、追試を受け、補習を受け、課題を出せば、
『許される』とは限らないと思います。


むしろ、進級・進学できなかった後の受験対応などのことを考えると、
出来る限り早い段階で『結論』を出したほうが、子供たちの未来・将来を、
助けることになると考えられます。


そうなると、やはりこの一学期での挙動が重要になってくることでしょう。


この一学期を悠長に構えている方は、結果が伴わなければ、
かなり厳しい状況に立たされることになるでしょう。


毎年、この一学期に点数を取りましょう、成績を取りましょうと
推奨していますが、今年度以降は、“取れなければ”、
今まで通りの生活を捨て、部活動も辞め、生活を一変させるくらいでないと、
二学期、あるいは二年次までに挽回できませんということになると予想されます。


つまり、この一学期を落としてしまう方は、もう自由を得る権利がなくなると
いうことになります。


あくまでも“通っている”学校で進級・進学していきたいのであれば。


そうでなく、最終的に他校受験するから、卒業資格だけ取れればいいというのであれば、
この一学期はそこまで気にしないでも、“進級”できる程度の点数、成績を取っていれば、
良いと思います。


しかし、進級はもちろん、その先の進学、それも内部進学で、自分の好きな進路を
選べる立場になりたいというのであれば、この一学期に決断しないと、
進路を選べるどころか、内部進学、卒業すらも危うくなると思います。


先ほども書きましたが、今年度以降、結果に対する評価は厳しいものとなり、
自己責任としての処罰、そしてその後のフォローに関しても、
十分に得られないことを考えると、『ギリギリ』を楽しむかのように、
各学期、各学年を進級していくのは危険です。


いつ、『進学出来ない』ことが決まるかはわかりませんが、それが早い段階で
決定されるようになっていた場合、地獄の期間が長くなります。


よく書いていることではありますが、内部進学が決定する、あるいは与えられることが
当然、当たり前と思っているクラスメートと進学できないことが決定し、受験しなければ
ならない方が混在する状況・状態は環境として宜しくありません。


勉強は進みませんし、精神的にもつらいことになるでしょう。


自己責任とはいえ、同じように馬鹿なことを言って、馬鹿なことをしているように
思えるクラスメート、友人・知人は内部進学出来て、自分はできないということに
差別を感じ、憤りを覚えることでしょう。


それも自らが望んでならまだしも、
“たかだか”学校のテスト、勉強、成績“ごとき”のことで、
こんな仕打ちを受けるなど、納得できないことでしょう。


しかし、学校のテスト、成績の結果で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校の場合、それが“全て”であり、
同じように馬鹿なことをいって、馬鹿なことをしているように
見えているクラスメート、友人・知人は、それをうまく取っていることになります。


そのことは理解しての葛藤なのだとは思いますが、
なかなか納得できるものではないでしょう。


話が脱線してしまいましたが、2年後、1年後、さらには半月後に、
“そんな”ことにならないためにも、この一学期での早い決断、判断を
することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11726074c.html
その他

■同じテーマの最新記事
9月残り1週間
テスト前の自由な時間の使い方
続く連休
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト