立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

部活動の言い訳

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
    ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
    ☆┃2018年1学期・前期中間テスト対策講座┃☆
    ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★
学年最初の大事なスタート!、補助的・体験的な塾活用でも大歓迎。
       ご相談・問合せは随時受付中!
     立教池袋・新座生はこちらから
      中高一貫校生はこちらから
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

数年前から、口うるさく書いておりますが、
失礼ながら親御さん、ご家庭の方も含めて、
まるでそれが『理由』になるかのように話されるので、
書かせて頂きたいと思います。


通っている学校で、スポーツに特化したクラス、いわゆるスポーツ科などの
クラスがないのであれば、どんなに素晴らしく、華々しい結果を出したとしても、
学校での進級・進学は、学校内での授業の平常点、定期テストの点数、そして
それらを総合して評価し、記録する『成績』によって、進級・進学の合否が決まります。


スポーツ科などのクラスがあるのであれば、これは嘘であり、
それこそ言い方が悪いですが、学校での授業やテストなどよりも、
スポーツなどの大会における成績こそが、進級・進学の条件に
なっていることが多いでしょう。


その道で進級・進学していくことを考えているのであれば、
そういうスポーツ科がある学校に通われることをオススメします。


例え、学年の途中などにおいて、そういった志に目覚めたというのであれば、
転校してでも、その道に行かれるほうが、幸せだと思います。


そうでない、そこまででないという方が、私立校・中高一貫校において、
学業を犠牲にしてまで、プロさながらの練習をして、青春の思い出作りをして、
進級・進学できなかった時、最大の悲劇、チームのために犠牲になり、
『自分だけが進級・進学できず』、他の人とは別の道を歩むことになります。


高校・大学まで付属校の私立校・中高一貫校の場合、その悲劇は、
さらに数年、つまり友人・知人が、大学卒業するまでは、
無事に進級・進学していった『結果』を見せつけられることになり、
社会人になった後は、その後の末路を見せつけられることになるでしょう。


厳しいように感じられるかもしれませんが、これが本来、“普通に”勉強して、
“普通に”進級・進学していった方に与えられた進路であり、
その進路を進級・進学できなかった方は二度と歩めないことになります。


いやいや、受験で入り直せばいいでしょうと考えている方もいると思いますが、
『部活動』を言い訳に、学校の勉強をサボっていた方が、
『受験』で入り直せるほど甘くはないです。


生徒の自由、自主性を尊重し、授業中サボろうが、寝てようが、
お構いなしに授業を進める私立校・中高一貫校において、
修学が遅れることは、ほとんど基礎学力が無くなることが多いです。


“普通に”進級・進学できた方にとっては、
ありえないことだと思われるかもしれませんが、
高校生にもなって、『方程式』の解き方がわからない、
英語の一般動詞とBe動詞の使い分けがわからないなど、
基礎学力を抜け落とした方の中には多くいます。


今まではそのレベルでも、毎回のその場その時の定期テストで、
何となく赤点ギリギリ、提出物などの平常点と、顧問の先生の温情で、
進級・進学させてもらっていたことがありましたが、
今年度以降は、こうした方を一掃してくる可能性があります。


特に、来年実施される『高校生のための学びの基礎診断』のテストの結果は、
進級・進学を左右するだけでなく、大学受験するのにも使われる可能性が
ありますので、そもそも受験することができないことになるかもしれません。


そういったことになる可能性があるにも関わらず、
まだ部活動を優先し、部活動を言い訳にし、部活動を
生活の軸に置きますか。


であれば冒頭にも書いたように、そういった“スポーツ科”のある学校に
転校するほうが、後々の悲劇や不幸を防げることでしょう。


普通に勉強し、普通に成績を取り、普通に進級・進学できる方が多い
私立校・中高一貫校において、もともと他校受験などを考えていた方を除き、
別の道、別の進路を選ぶ、いえ、成績上、強制的に選ばされることは、
後悔することになるでしょう。


特に、昨今は、『連絡が取りやすく』、また友人・知人の『華々しい出来事』を目にしやすい、
社会・世界になっているために、よりつらい状況・状態になると思います。


そこまでのことを、自己責任の一言で片付けられるほどの
割り切り方はできないと思います。


そうなってから苦しむことのないように、部活動を言い訳にして、
時間がない、忙しいからと勉強をサボることのないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11735915c.html
その他

■同じテーマの最新記事
テスト前の週末の過ごし方を考える
来週で6月も終わる
中間テストの結果を無視していない?
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト