立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

1月下旬になりました。

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

いよいよ1月も下旬になり、残すところ10日となりました。


正月を終えたかと思ったら、あっという間に3週間が、
冬休みを終えたかと思ったら、あっという間に2週間が過ぎ、
気付いたら、『なっていた』という感覚だと思います。


特にこの2週間は、学校が始まったと思ったら・・・という風だったと
思いますが、いかがでしょう。


そして、来週末から、再来週末、さらにはその翌週とで、
受験休みの自宅学習日となり、不規則な時間割・日程となることを
考えると、一週間のリズムがなかなか取りづらくなると思います。


特に部活動などを行っている場合、その『休み』にこそ、
練習練習となって、さらに生活のリズムは崩れると思います。


そうなると当然、面倒で嫌なことの代名詞ともいえる『勉強』や『宿題』の
習慣やリズムなどは皆無になると言っても過言ではないでしょう。


最近の子供達は部活動や習い事、趣味や遊ぶと忙しくなってきたの比例して、
私立校・中高一貫校では宿題量・勉強量が増えてきています。


様々なことに挑戦する姿勢は素晴らしいものではありますが、
あれもこれもどれもと、望むのは危険性を秘めています。


全てが破たんし、何も手がつかなくなるか、
それとも、どれかを優先することで、何かを疎かにするか、
いずれにしても、最も後回しにするのは、勉強・宿題だと
思われます。


そうなってくると文武両道、無限の可能性の悪影響となりますが、
今後は本当にその影響が進級・進学に直結してしまうと思います。


特に、2020年の教育改革など、“関係ない”と思われている、
受験なく進級・進学できるものと勘違いしている私立校・中高一貫校生は、
今年度以降の授業、勉強についていけなくなる可能性が高くなります。


そして、2019年度からの高等学校基礎学力テスト(仮称)によって、
進級・進学の制裁の審査に影響するようになってくると、
本当に『なってみてわかった』で、ばっさり切り捨てられるようになります。


そう考えると今後は進級・進学要綱はもちろんのこと、学校・先生側の、
高等学校基礎学力テスト(仮称)に対する考え方、取り組み方が
大きく関わってくると思いますので、アンテナを張っておくことを
オススメします。


今年度の授業の進度、勉強量、宿題量は、その対応・対策であろうと
思われるものであり、異常なまでの速さ、量を感じます。


加えて、文武両道の推し進め、部活動や学校行事の活性化とで、
生徒自身はもちろんのこと、親御さん・ご家庭も対応ができなくなって
いくことが予想されます。


どこでどう決断するか、判断するか、どんどん難しくなってきていますが、
出来る限り早め早めの対応をすることをオススメします。


何度もうるさく書いておりますが、受験なく進級・進学できる
私立校・中高一貫校では、『記録』された『結果』=成績と、
進級・進学要綱によって、進級・進学の合否が決まることになります。


まさか前の学年の『記録』が、『結果』が、次の学年で、
さらには進学するにあたって、関わってくるとは思わなかったということの
ないように、各学期、各学年の点数、成績の『記録』を軽んじないように
しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11703761c.html
その他

2018年立教小6年生対象<立教(池袋中・新座中)進学準備講習>のお知らせ

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・春期講習受付開始、テストで差がつくスタート!!
┃春┃┃期┃┃講┃┃習┃・立教池袋・新座生なら立教生専門塾池袋栄冠ゼミに!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・中高一貫校生なら中高一貫校生専門塾アルファに!

私立校・中高一貫校生のための春休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

立教小学校でも中学進学が決定し、小学校6年生は、
春からの中学校生活に胸を膨らませていると思います。


中学からは毎日こまめに出されていた日記や
自学ノートなどの宿題が無くなり、その代わりに、
一気に出される宿題を、定期テストまでに
やるように言われることになります。


毎日の面倒なことから解放された内部生のほとんどが、
この宿題を溜め込んでは、部活動や趣味、遊びに没頭して、
テスト前まで迎えます。


そうして、溜まりに溜まった宿題を前にして、
さらには『記録』される定期テストの勉強もしなくてはならないことになり、
その量に、その範囲に、その内容に、悩まされることになります。


そういった中学の“生活”にならないように、
小学校時代から、『毎日』の積み重ね、『毎日』の勉強習慣を
学んできているはずなのですが、多くの方が“すっきり”忘れてしまいます。


小学校時代から宿題をやらない、溜め込むという習慣を持っている方は、
中学校に上がる際に、その悪癖を、悪習慣を正さないと、高校、大学へと
進学していくことは難しいでしょう。


数年前までは、立教中学・高校に進学するにあたり、
最低限の忠告として、たった一つ、
『宿題やノート、プリントなどの提出物は“必ず”出すこと』でした。


これは今でも“当然”のことではありますが、
部活動などで忙しくなってくると、
“忙しいから”“疲れているから”『出さなくても良い』と
考え始める方が多いです。


そうなると、授業にもついていけなくなり、さらに授業中寝始めて、
テストでは散々な結果となり、毎回呼び出し・面談となるようになります。


2年生の二学期くらいまでは、学校・先生も
『このままでは進学が危ないですよ』程度の忠告ですが、
それ以降は、他校転校や留学などを勧められるようになります。


最終的には、『進学できません』と勧告されることになりますが、
“そう”なってから、『これからは気を付けます、頑張ります』で、
“許される”ことはありません。


高校への進学ができないとなると、そこから、受験となりますが、
それも諸先輩の姿を、結果を見て知ることでしょう。


まず、立教校より偏差値の高い学校に合格することなどありません。
また、立教校の高校に“受験”で合格することもありません。


“そう”なってからでは、全て手遅れとなります。


中学に進学するにあたって、こんな否定的な、不幸なことを言う者の
言うことなど信用できないかもしれませんが、多くの立教生の
進級・進学の問題を見てきたからのこその忠告だと思って下さい。


厳しいように感じられるかもしれませんが、それが『立教大学まで』
受験なく、エスカレーターで進学できる権利を得るために、
やるべきこと、知るべきこと、最低限の義務となります。


その上で、さらに、自分の好きな進路に進むために、
勉強も頑張らなければならないことになります。


立教中学に進学するということは、そのことを『約束』していると
いうことになります。


自分は勉強したくない、やりたくない、部活動など、自分が面白いと思うこと、
楽しいと思うこと“だけ”をやる、ということは“決して”許されることは
ありません。


そのことをよく考えておかないと、中学に入ってから“も”、
悩まされることになります。


進学が決まった今、改めてよく考えておくことをオススメします。


最後に、宣伝となりますが、池袋栄冠ゼミでは、
2月から立教池袋・新座中学への進学準備の講習を行います。


以下、ご検討頂ければと思います。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2018年立教小6年生対象<立教(池袋中・新座中)進学準備講習>
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【日時】

  2月〜春休み前半(3/31)まで

  曜日、時間帯に関しては以下の曜日・時間帯より自由に設定可能です。

   平日(月〜金) 15:00〜22:00
   土曜      13:00〜21:00



【内容】

  1対1の個人指導。

  国語・算数の総復習と弱点補強、英語の基礎。

  ノートの取り方、プリントの整理、宿題管理、部活との調整、
  友達関係の留意点と工夫など、中学校での学校生活を想定した指導。


【教科】

  全教科対応(数学・国語・英語中心に、理科・社会、副教科も対応)



【お問い合わせ】

 詳細は塾のHPをご確認下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11703537c.html
お知らせ

まだ授業についていけている? 余裕?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

三学期が始まって、まだ二週間くらいしか経っていませんが、
そこまで授業が進んでいませんでしょうか。


先週は二学期の復習や冬休みの宿題の解説、三学期になって、
初めて習う単元・章を丁寧に教えてもらえたかと思いますが、
今週はもうフルスロットルで授業が進みませんでしたか。


そこまで授業が進んでいないと思う方、感じる方も、
一応確認しておくことをオススメします。


早ければ来週、遅くとも再来週には『受験休み=自宅学習日』となるため、
各教科ともに先生は“それ”に合わせた日程で授業を、時間割を組んできていると
思います。


特に“宿題を出さなければならない”数学・英語は、
もうすでに単元・章の半分近くまで進んでいる可能性があります。


そうなると、今週をついていけない、あるいは、“そのことを知らない”で、
すでに寝ている、サボっているとなると、来週からの遅れ、さらには、
『受験休み=自宅学習日』の“宿題”による『演習』の意味が無くなり、
テスト勉強の苦しみが増えるだけでなく、基礎学力を著しく落としてしまう
危険性もあります。


ですから、ついていけている、余裕だと思っている方も、
この時期にしっかり“確認”だけはしておかないと、
学年末テストにおいて、点数・成績を落し、
一学期・二学期の貯金を無駄にして、学年の成績が
ついてしまうと、もったいないことになります。


逆にこの学年末テストは皆さん、進級・進学がほぼ決まり、
“特別”悪い点数さえ取らなければ、あるいは多少赤点近い
点数を取っても、『大丈夫だろう』と、点数を落して、
平均点を下げることがあります。


そこで高得点を取って、成績UPすると、
それが『学年の成績』として記録されることになります。


この三学期はそうした逆転を行える学期でもありますので、
ぜひ試してみてはいかがでしょうか。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11703502c.html
その他

今学年も残り2か月

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

正式には3月31日までが今学年として扱われますが、
2か月後の今頃には三学期の終業を経て、春休みになり、
学生の皆さんにとっては、今学年の終わりを迎えていると思います。


1学期の3カ月、2学期の4カ月に比べ、3学期は、
2か月半と短い期間となりますが、私立校・中高一貫校生の場合、
その期間に、受験休みの自宅学習日でさらに授業日数が削られるために、
普段の授業が早足になるのはもちろん、その“補習・補講”として、
大量の宿題が出されることになります。


例年通りであれば、部活動や習い事、趣味や遊びの『片手間』で、
やってやり切れないことはないと思いますが、いかがでしょうか、
今年度、夏休み、冬休みでの、その『宿題の量』は。


そして、普段の授業で出される宿題量も『片手間』でやって、
時間が足りるものだったでしょうか。


昨今、文武両道や無限の可能性といった理想を掲げ、
受験戦争と呼ばれた時代並みの量を、勉強を、
子供たちに押し付けるかのようになっているように思えます。


学校・先生側は、パワハラめいた、強制的な言い回しや言い方はしませんが、
ニコニコ笑いながら、応援しながら、その実、かなりの高い要求を、
生徒に、そして親御さん、ご家庭に求めているように思えます。


分部両道のモデルケースになれるのは最も良い結果だといえますが、
そうでないにしろ、ついていければ御の字で、大抵の方が、
置いてけぼりとなり、たかだかテストの点数、成績ごときの話どころか、
学生としての基礎学力が身につかずに、進級・進学できずに、
社会に放り出されることになってしまうと、わざわざ高い学費を出してまで、
私立校・中高一貫校に、お子さんを入れた意味が失われることになると思います。


あの有名・著名な私立校・中高一貫校に入れたのだから、
後はお子さんが、学校先生が、勝手に、うまくやってくれて、
育ってくれる、育ててもらえると勘違いされる方は少なくありません。


ブランドの『安心感』がそうさせているのか、学校説明会やパンフレットなどで、
そう感じられたのかもしれませんが、昨今は学校内部の様相が様変わりしてきています。


学校・先生側が、全く生徒指導・生活指導しないとまではいいませんが、
基本的な教養、授業を寝ないで聞く、ノートを取る、宿題を出す、
赤点を取らない、遅刻をしないなどに関して、『一度』は注意喚起を
行いますが、それ以降は、全て『自己責任』となります。


そして、各学期にて、記録され出てきた『結果』にて、
親御さん・ご家庭に報告し、対策・対応を自ら行うよう促して、
学校・先生側の『責任』は完了となります。


後は、生徒自身、親御さん・ご家庭が、どうするかの問題であって、
『やらない』『できない』は一切、学校・先生側の責任では無くなります。


むしろ昨今は、『やらない』『できない』ということを記録し続けるということは、
通っている学校を『辞めたがっている』『卒業するまで仕方なく在籍している』と
思われているかもしれません。


そのくらいドライに考えている先生は多いと思います。


ただこれも、昨今のパワハラ問題なども相まって、
致し方ない傾向なのかもしれません。


下手に口出し、さらには精神的に追い込むような強い口調で、
注意すれば、そのこと自体が問題となってしまうのであれば、
『応援』するか、『静観』するかのどちらかになってしまうことでしょう。


部活動などの顧問の先生であれば、親しみやすく『応援』してくれるかもしれませんが、
それ以外の先生、特にその部活動が原因で、授業中寝ている教科の先生などは、
厳しいくらいに『静観』し、記録を付け続けていくと思います。


そのことで、あの先生には嫌われていると思われる方も多いかもしれませんが、
そういった学校生活は、社会の縮図になっているということに、
後々気づかされることになるでしょう。


社会に出れば、『応援』してくれる方のほうが稀で、
多くのそれも圧倒的大多数の方は、『静観』あるいは『傍観』してくるだけです。


そういった方々を見て、冷たいだとか、嫌われているだとかを、
いちいち気にしていたら、身が持たないと思います。


そういった意味では、私立校・中高一貫校はいち早くに社会を知る機会となりますが、
それが、自分の『進路・人生』をかけてまでのものとなると話は変わってくると思います。


せっかく入った私立校・中高一貫校での経歴が、自分の進路・人生にとって、
マイナスになることのないように、もう一度よく考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11703280c.html
その他

“自宅学習日”の意味を考える

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨日に引き続きますが、受験休みの期間中、
“自宅学習日”の意味を本当によく考えられることを
オススメします。


そして、このことは親御さん・ご家庭の方も
考えるほうがいいと思います。


学校・先生側は、受験の対応のために、授業が行えないから、
“代わりに”大量の宿題を出して、勉強することを促しています。


と同時に、部活動などを自主的に行うことも認めています。


文武両道できる方であれば、問題ありませんが、
もし“出来ない”のであれば、この選択を見誤ると
本当に取り返しのつかないこととなります。


特にこの三学期の成績は、今学年の成績として『記録』され、
その成績が進級・進学要綱に反映されることになります。


ここで不合格や1・2といった成績を取った場合、
それを次年度一年間かけて『取り戻さなければ』ならないことになります。


進級・進学要綱によっては、
不合格や1・2といった成績を取った『時点』、
つまり『記録』されてしまった時点で、
進級・進学出来ないことになることもあります。


そんな馬鹿なことはないと思われるかもしれませんが、
念のため、自分の通っている私立校・中高一貫校の
進級・進学要綱を確認して下さい。


知らないで、二ヶ月後、急に呼び出されて、悲劇的な結末を迎えても、
学校・先生側は、もう記録がついてしまった以上『救いようがない』と
なります。


一学期、二学期はこのままだと進級・進学できないぞ、
もう少し頑張れ程度の忠告だったかもしれませんが、
三学期の成績=今学年の成績が決定した後は、
残念ながら進級・進学できませんと通告されるだけになります。


追試や追加課題があり、何とかなる教科もあるかもしれませんが、
主要科目でも数学と英語は、厳しくなっていくと思います。


数学と英語は積み重ねの勉強が必要となり、仮に今学年を甘めに
審査したとしても、次学年において、授業に勉強についていけないと、
判断されると思います。


特に今年度以降は授業の進度が速い、つまり学年が上がれば上がるほどに、
修学の遅れが取り戻せなくなっていくことになります。


そうなると極端な学力差が出てくることでしょう。


学力によって、レベル・クラス分けを行っている学校といえど、
あまりに極端になってしまうと、もう分けられないことになるでしょう。


そもそも、2019年度から行われる、高等学校基礎学力テスト(仮称)において、
その学校に“入ってからの”偏差値が出されてしまうようになると、
多くの私立校・中高一貫校にとっては死活問題となります。


ですので、偏差値を下げる人を“いつまでも”学校に居てもらうことに、
意味がなくなってくることでしょう。


今年度、授業の進度が異常に速くなったことは、この対応を急いでいるか、
もしくは、偏差値を下げる人の『選定』を行ったと思われます。


それが今年度、来年度を終えた時に、明るみになると思いますが、
もし『選定』だった場合、今年度、来年度の内部進学率は下がることに
なると思います。


そこまでのことを想定して、“自宅学習日”の意味を考えて下さいとまでは
言いませんが、“自宅学習日”に向けて、大量に出される宿題に対して、
自分がどう対応するのか、どうするのかを本当によく考えておかないと、
今年度以降、進学の選定どころか、上記のような選定をされて、
切り捨てられるかもしれません。


特に独自の校則・規則を持っている私立校・中高一貫校においては、
そうなってからは、学校・先生側は、『記録』を盾に、
厳しい処置を行うことになります。


“自宅学習日”の意味をはき違えて、その意義を無下にするような
言動、態度、姿勢を取らないことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11702902c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト