立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

一学期中間テスト

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

多くの方が、残念ながら、これは親御さんもそうですが、この一学期中間テストのことを、
勘違いされていることが多いです。


これは公立校で、最終的に高校、大学と受験で進学する方も
勘違いされているとも言えます。


この一学期中間テストの結果で、『成績上位』『推薦』などの選択肢を
“落としている”“失う”という風に考えられない方は、
その後も、『最後の最後』で帳尻合わせすればいいやという
言動、態度、姿勢を培っていくことになります。


学校の定期テスト、成績によって進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、
『受験』がないこともそうですが、この『最後の最後』の帳尻合わせも、
無いということに危機感を持てないと、
『受験なく進学できる』=楽にエスカレーター式で進路が“与えられる”と、
勘違いしたまま、学年が上がっていくことになります。


そして、昨今、こういった意識、認識の親御さんも増えてきているように
思えます。


お子さんの無限の可能性、未来・将来を信じて、期待して、
暖かく見守って、今後を見据えているつもりかもしれませんが、
私立校・中高一貫校では、『決断』のタイミングが問題になってきます。


その大事な一回目の『機会』が、この一学期中間テストとなります。


このテストを持って、今学年の“成績”が決まっていくことになります。


今後の学力の指標にもなりますが、何よりもこの時点で成績上位者に
なれるかどうかがほぼほぼ決まってしまうことになります。


絶対評価による『積み重ねた』“記録”で、成績上位者が決まる
私立校・中高一貫校において、後々になってから、成績上位者を目指すことはもちろん、
『成績』を上げるということはかなり難しいです。


これが『記録』されること、それが『積み重ねられる』ことの怖さです。


それも一年、二年と積み重ねてしまったとなると、もう、進学が出来なくなるかどうかを
決めるものにしかなりません。


そうなってから泣きつかれても、一度記録してしまったものを、
改ざんなどの不正を行うわけにはいきませんので、
結果、『自己責任』ということで、切り捨てられるようなことになります。


なってみてからわかった。次から気を付けるから、今回はご勘弁を。


などといった戯言も一切聞いてもらえないと思って下さい。


私立校・中高一貫校に入学する際に、進級・進学要綱に従い、学校の勉強を行うと、
『入学手続き』を行った=“契約”“約束”を交わしたとなっております。


それが嫌だ、そんなの聞いていない、そんなつもりはなかったということを、
『後々になって』、言っても遅いということになります。


最近は、そのことを軽んじる方、残念ながら、親御さんすらも、
そういう意識、認識をされずに、ただ、“何となく”私立校・中高一貫校を
選んだという言動・態度・姿勢を示す方が多くなったように思えます。


私立校・中高一貫校の学校側は教育というものに真剣に本気に考えています。


それがその学校の特色となるのですから、当然と言えば、当然ですが、
教えている内容や審査するテストのレベルなど、
その先の他校受験なども含めて、今後の教育全体のことを、考えた上で、
カリキュラムや授業内容、進度を決めています。


特に今年度・来年度の新入生は、2021年度から2024年度の
大学受験新体制に切り替わる最後、あるいは最初の代となりますので、
学校側はそのどちらにも対応できるような総括・統括的な教育を
考えてきていると思います。


学校側のそういった方針や意識を知らずに、“何となく”で、
今年度、進学してしまった方は、気を付けて下さい。


一学期中間テストから気を抜かずに、『選択肢』を広げられるように、
しておかないと、時代の転換期の『犠牲者』となって、
追い込まれてしまうことになります。


私立校・中高一貫校の場合、その学校での進級・進学に関しても、
『犠牲者』となる可能性があるので気を付けて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11593567c.html
その他

一か月後にテスト前を迎える

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

早い学校だと、もう中間テストまで一カ月切っていると思いますが、
多くの学校が5月最終週から6月第二週までに中間テストを迎えると思います。


そうすると、一か月後には、『テスト前』を迎えることになります。


よく書いていることではありますが、小学生から中学生になった方は、
特に気を付けて下さい。


小学校までは『“通知”表』でしたが、中学校からは『“成績”表』となります。


これは親御さんに“通知”するだけのものから、自分自身の結果・成果=“成績”ということに
切り替わることをさします。


私立校・中高一貫校では、その結果・成果=“成績”によって、
進級・進学が問われることになりますので、“たかだか”定期テスト1回分、
それも『中間』なんて言葉を使うのだから、『期末(本番)』前の、
“お試し”だろうなどと、決して考えないようにして下さい。


在校生の中でも、この中間テストを軽んじる、つまり、『期末で頑張ればいい』と
考える方が、これは親御さんも含めて、多いです。


その結果、自分が、お子さんが、どれだけ追い込まれているのかということを、
全くわかっていないで、『わかった時には、“なってみて”わかって』で、
もう遅い、取り返せないということになります。


この4月は、“いろいろ”忙しかったかもしれませんが、5月もまた、GWから始まり、
学校行事も部活動も本格的に始まり、『忙しい』です。


“ソレ”で済まして、“ソレ”を理由=言い訳にして、この一学期を終えると、
二学期、三学期、次学年と続けることになります。


塾での統計でも、そうやって、落ちこぼれていき、取り返せなくなっていき、
進級・進学できなくなっていった方は非常に多いです。


多いというよりも、そういう傾向のある方は、もれなく進級・進学できていないとも
言えます。


昨日も書きましたが、高い学費を払って、私立校・中高一貫校に入れたのだから、
“そういうところ”も含めて、お子さんが、学校・先生が、
勝手に『うまく』やってくれということは、できません。


むしろ、その逆、私立校・中高一貫校に入学させるということは、
ご家庭、親御さんの“そういうところ”を問われる、その言動、態度、姿勢は
もちろんのこと、躾けや教育方針が、問われていると思って下さい。


もちろん、お子さんを私立校・中高一貫校に入学させるぐらいですから、
高い理想や崇高な考えがあって、あるいはお子さんの将来・未来を見据えて、
高い希望や期待、教育方針を持っていらっしゃるとは思いますが、
それとは裏腹に、学校から『審査』されているということを気づいて下さい。


私立校・中高一貫校でのお子さんの『成績』は、そのまま、
ご家庭・親御さんの『成績』となります。


そう“追い詰められる”ことになります。


そのことを、親御さんはきちんと考えておかないと、
お子さんは全くそんなことを考えずに学校生活を送ることになりますので、
気を付けて下さい。


先日もお伝えしましたが、“学校のこと”をよく知らない親御さんの言葉が、
お子さんに届くわけがありません。


学年が上がれば上がるほど、『知りもしないのに偉そうな態度を取る人』に対して、
反発・反抗するだけとなります。


中間テストがいついつにあって、それまでに学校行事が何があってと
『指導』できるのは、『模範』を示せるのは、『ご家庭、親御さん』“だけ”です。


その模範を示すべき人が、“何も知らない”“危機感がない”“準備・用意しない”のでは、
まだまだ幼い子供が、自分自身でやることはできないでしょう。


中学、高校と学年が上がれば上がるほど、状況・環境は複雑になってきます。


よくよく考えての言動、態度、姿勢を、『ご家庭、親御さん』自身が、
示せるようにしておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11593058c.html
その他

今週で終わる4月

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

いかがだったでしょうかこの4月。


残り一週間となったことすらも、実感がわかないくらい、
あっという間に過ぎていたと思いますがどうでしょう。


4月は様々なことが始まり、様々なことに対応しなければならないことが多く、
本当にあっという間に感じられると思います。


しかしこれは、大人になっても続きます。


立場や環境、状況こそ違えど、この4月はいろいろと忙しく、
時間もそうですが、何よりも心に余裕を持てない日が多くなります。


学生の皆さんから見て、親御さんもそう見えるところがあるでしょう。


そして、親御さん自身も気付いていないかもしれませんが、
この時期から『忙しいから』『時間がないから』という口癖を使って、
お子さんとの約束や普段の生活をサボっていませんか?


こうして、お子さんも親御さんに倣い、『忙しいから』『時間がないから』を
“理由”にして、勉強をサボり始めます。


厄介なことに、お子さんはこういったことに関しては、
実によく“記憶”するため、それがしつけとなって、
教育となって、身につける知恵となっていきます。


昨今、本当に、子は親の鑑というように、親御さんの言動、態度、姿勢を、
実によく示されるお子さんが増えてきたように思えます。


言い方が悪いですが、お子さんに問題がある場合、大抵はご家庭、親御さんに
問題があることが多いように思えます。


私立校・中高一貫校では、そのことが顕著に学力、成績に現れているように
思えます。


生徒の自由・自主性を重んじる私立校・中高一貫校で、
高い学費を払っているのだから、高い水準の“教育”=“指導”を
受けられると勘違いされている方が増えてきておりますが、
漫画や映画のような、どこかの王立学校のような、
厳しい規律やしつけがあり、マナーや一般常識などを学べるところと
勘違いしているように思えます。


むしろ、“そういったこと”を率先してやるという学校・先生は、
今や、パワハラやアカハラ、差別、体罰や虐待として、世間から非難され、
否定されています。


ですから、今、学校では『何も言わない』のが、主流となってきています。


そして、私立校・中高一貫校では、これを一貫して行うことができますので、
もうほとんど予備校のような存在になってきているとも言えます。


部活動や学校行事などの学校生活があるだけで、最近は逆に“そこ”に注力して、
学校の特色を出しているように思えます。


そうなると、学校での“成績”は、単に『学力を図る』ものとなっていき、
“できない”『落ちこぼれの方』から、さっさと学校から出てってもらうという
流れになっているように思えます。


進級・進学できなかった方、親御さん、ご家庭は、今まさにそのことを
感じていると思います。


これは別の学校に転校しても、同じことだったでしょう。


昔であれば、そこから這い上がり、大成する方も多かったのですが、
昨今はそういった話をあまり聞きません。


特に、私立校・中高一貫校から“落ちこぼれて”しまった方は、
転げ落ちていくように、転落していくように思えます。


そういった危機感を持つ方が少なくなってきているのはまた、
『親御さん、ご家庭』の考え、方針をお子さんが『倣って』いるから
なのかもしれませんが。


話が脱線しましたが、この4月、始まりの段階で、そういったことが
見え隠れしてしまった場合、今週中には、そのことを軌道修正しないと、
5月、6月と、悲劇を生むことになります。


失礼ですが、これは『親御さん』自身にも問われていることだと、
『親御さん』自身が認識しないと、お子さんは直そうなどとは
到底思いません。


せっかく、高い学費を払って、私立校・中高一貫校に“入れた”のだから、
後は、お子さん、学校・先生で“勝手に”やってくれという言動、態度、姿勢では、
本当に『高い授業料』として、お子さんの人生を狂わせることになりますので、
気を付けて下さい。


まだまだ希望溢れる、可能性があるこの時期に、なんともうるさく、
不吉なことを書きましたが、このことを、『なってみてからわかった』となると、
もう取り返しのつかないところまで、落ち込んでしまうことになりますので、
注意して下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11592673c.html
その他

プリント・ノートまとめをしておく

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

こう書くと、毎回決まり文句で返されることが多いですが、
プリント・ノートまとめを今の内にやっておくことをオススメします。


しかしながら、皆さんの返事はわかっています。


“まだ”そこまで授業が進んでいない、プリントなどは数枚しかもらっていない、
ノートも、先生が“板書”しない時もあり、『まとめる』ほどの内容ではない。


まぁ、様々な“言い訳”があるのでしょうが、『できない』のではなく、
要は『面倒』だから、『意味がない』から、“やりたくない”でしょう。


そして、これは昨今の傾向ではありますが、親御さん、ご家庭でも、
『子供のいうように、“まだ”始まったばかりで、『効率』を考えれば、
 “そこまで”やる必要がない』と思われている方も少なくないと思います。


そうして、連休・GW明けになって、大量に放置されていることに
気付ければ、まだ早く、テスト前になっても、テストを終えて、
一学期という時間と、テスト、成績の結果が出てから、
『記録』されてから、慌てて、お子さんに説教し始める。


その時には、もうお子さんのほうでも、学校生活や授業・勉強に対する姿勢が、
“出来上がって”いますので、『後の祭りとなってからノコノコと出てきて偉そうにしている人』の
言うことなど聞く耳を持ちません。


これで、もう親子における、学校生活に対する考え方、授業や勉強に対する姿勢のズレが、
出来ることになります。


多くの生徒さん、親御さん、ご家庭を見てきた中で、失礼ながら、
『内部進級・進学』出来ない方の多くは、この傾向にあります。


そして、そのことは、私立校・中高一貫校においては、ただただ悲劇を生むだけの
結果となっています。


厳しい言い方をさせて頂きますが、
事前事前に対策するという姿勢・態度に対しては、
昨今、『親御さん、ご家庭』のほうが、出来ていないように思えます。


もちろん、大きな意味で、お子さんの将来・未来のことを思って、
『私立校・中高一貫校』に“入れた”ことで、『事前事前の対策』を
したとはいえますが、そこで終わり、後は学校・先生・子供任せで、
何とかしてくれるという言動・態度・姿勢を取る方が多いです。


そんな中、最近のパワハラ・アカハラ、体罰、差別などの問題から、
学校・先生が、生徒の言動・態度・姿勢を、『指導』することはありません。


そして、お子さんもまた、学校・先生、さらには、親御さん・ご家庭からも
『何も言われなくなった』ために、本当に自由に、まるで権利主張をするかのように、
振舞う言動・態度・姿勢をとることが多くなってきているように思います。


今後、教育の現場では、こういった傾向がより顕著になっていくと、
『結果』に対する、厳しい処罰、『自己責任』がより強くなっていくことを
懸念しております。


すでに学校・先生側は、そういう意識・覚悟をしていると思って下さい。


内部進級・進学に関して、年々厳しくなってきているように思えますが、
“まだまだ”学校・先生は本気を出しておりません。


単位制絶対評価の私立校・中高一貫校では、やる気になれば、
クラス単位、学年単位で、『進級・進学』“させない”ということも
できます。


さすがに、それほどまでになることはないとは思いますが、
最終的にクラス単位に近い人数を、進級・進学させないということまでは、
進級・進学要綱、そしてテストや成績によって、行うことができます。


そして、中学2年次から、高校3年次までの5年間で、
すでに、そうなってきているように思えます。


つまり、毎年各学年で、6〜8人の方が進級・進学できずに、
最終的に、1クラス分の人数が、学校から去っていたなんてことに
なっているように思えます。


残念ながら、その中に、“入って”しまうのが、上記した傾向にある、
親御さん、ご家庭、お子さんとなっております。


昨日に引き続き、話が脱線しましたが、この時期にここまでのことを
考えて、意識して、覚悟して、『勉強』はもちろん、宿題を、
(テスト)勉強の準備をされる方はおりません。


しかし、こんなちょっとしたことを、早め早めに、事前事前に、
やっただけで、テストの点数が、成績が“普通”に取れて、
“普通”に進級・進学できる、“普通”を得られます。


逆に、この“普通”から逸脱した方から、順番に、
学校から去っていく結果となっていると思います。


よく考えて、事前事前に対応することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11592110c.html
その他

GW前の宿題に注意する

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

“優しい”先生なら、もう今週中には、連休・GW中の宿題を
出してくれていると思いますが、本当にギリギリ、それも
皆さん気を抜き始める、連休とGWの間の、5月の登校日に
あえて“宿題”が出されるかもしれません。


こういった時に先生の性格や癖がわかるものですが、
昨今は、基本的に、『事前事前』に、出してくれる先生が多いです。


というのも、授業中の演習を、その『宿題』で行っている場合、
4月のたった2・3週間、授業回数で言えば、多くても10回、
少なければ数回しかない中でも、“確実に”授業は進んでおり、
その演習分の宿題ともなると、大量になってくることが予想できます。


そのため、早い先生だと、始業してすぐに、『普段の勉強の補助教材』として、
『連休・GW明け』に提出する宿題を、出してくれていると思います。


おそらく先生からも話があったと思いますが、『普段から』、
学校で習った範囲、やった内容を、復習がてら、『宿題』をやって、
演習していれば、連休・GW中でも、『そこまで』“大量”というほど、
宿題は残っていないでしょう。


しかし、溜め込み溜め込みで、それまで一切手を付けていないとなると、
そのツケの量が、そのまま宿題の量となります。


そして、そうなった時から、悲劇の予感の始まりとなります。


私立校・中高一貫校では、宿題が大量に出されることが多いです。


それは、進度の早い授業に対して、『宿題』=“演習”とされているからだと思います。


この『宿題』=“演習”という認識の先生の場合、授業中、演習のための
時間を取らず、説明して、例題のような問題を数問演習して、
(その日、授業中起きていたか、聞いていたかの)チェックテストで
授業終了、(修学できるまでの)問題演習は、自宅でやってくるようにと
いう態度・姿勢を取る方が多いです。


こうなると、『宿題』=“演習”にも関わらず、溜め込んで最後の最後、
答え丸写しで出すということをしていく方ほど、テストで点数が取れない、
そしてその結果からも、その『宿題』は答え丸写しであることが明白となり、
平常点も取れないという結果になることが多いです。


受験で進学してきた方にとっては、少し面食らうことでしょうが、
私立校・中高一貫校での『宿題』の立ち位置は、受験生にとって、
自ら買ってやった問題集や参考書、塾から渡された実力UPテキストのようなもので、
『必ずやる』のが当たり前で、やれないなら『受からない=内部進学できない』と
いうものになっています。


それは、平常点もそうですが、何よりも、『宿題』=“演習”となるだけの
『演習量』→基礎学力を“落す”ことになり、これを一年二年と続けるとなれば、
もうそれを取り戻すには、生活を180度変えるくらいでなければ、
『間に合いません』。


この認識を持って、『宿題』=“演習”の大事さを学ばなければ、
テストの点数、成績はもちろんのこと、中学・高校時代で、
学ばなければならない基礎学力を抜け落とした状態・状況で、
進路を迫られることになります。


残念ながら、私立校・中高一貫校で『内部進学』できなかった方の場合、
ほとんどが、親御さん、ご家庭も、このことに気づかずに、
時間を過ごしてしまっていることが多いです。


まさに、『高い授業料』を支払って、『時間』をかけて、
『なってみてわかった』で、全て“遅かった”ということになります。


そこからは後手後手の対応となりますので、まず“取り戻せるか”どうか、
そして、“最終的に”逆転できるかどうかとなってきます。


今はまだ、そんなこと夢にも思わないことでしょうが、
毎年、毎学年において、進級・進学ができないという方が、
数名から十数名いるということに気を付けて、
危機感を持つことをオススメします。


11か月後、あるいは23カ月後、さらには、32カ月後、
悲劇とならないことを祈ります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11591711c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト