立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

テスト前の自由な時間の使い方

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨日も書きましたが、二学期は祝日・連休が多く、
それも、狙ったかのようにテスト前にあることが多いです。


当然、学校・先生は、『自由な時間』があったのだから、
勉強できないわけがない、宿題が出来ないわけがないと、
考えます。


まぁ、実際は、『そうはいってもやってこない』だろうと思われることが
大半だとは思いますが、やらなければならない方、つまり一学期、
夏休みと、『落し』続けてきている方が、やらないとなると、
厳しい態度でこれを責め立てるような、『結果』を記録してくることでしょう。


この二学期は、一学期以上に『忙しい』や『時間がない』状況になっていますが、
『忙しい』や『時間がない』を“言えない”くらいに、自由な時間、つまり、
祝日や連休、秋休みなど、与えられていることになります。


ですから、『忙しい』や『時間がない』という“言い訳”は、
決して許されません。


こう書くと、まるで休みの日の、『自由な』時間まで働けという
ブラック企業のように感じられるかもしれませんが、『普段の日』でも、
『忙しい』や『時間がない』と言って、“やらない”方が、
『溜め込んだ』借金、ツケ、宿題を、休みの日にやらないで、
どうするつもりですかと、問いかけているだけです。


休みの日は、休む権利はありますので、休むのは皆さんの勝手ですし、
実際に、何を言われようとも、休まれることでしょう。


“うるさい”ことを言われて、気分、機嫌は悪くなるかもしれませんが、
結果として、大してやらずに、休みの日を満喫されると思います。


しかし、今年度以降、その『結果』によって、自ら苦しめられることに
なるでしょう。


宿題などの量もそうですが、普段の小テストや課題、さらにはテスト勉強といった形で、
全て、『因果応報』の報いを受けることになり、誰が悪いかという話になれば、
全部『やらなかった自分が悪い』という葛藤に悩まされることになると思います。


まぁ、宿題など出す学校・先生が悪いなどという幼い結論に達する方は少ないと思いますが、
もし、そう思うのであれば、もう通っている私立校・中高一貫校など辞めることを
オススメします。


これから先、少なくとも私立校・中高一貫校であれば、学年が上がっても、
宿題の量は減りませんし、勉強が簡単になっていくこともありませんし、
むしろ、増える、厳しくなっていくことが多いでしょう。


嫌だ、面倒だ、いじめだ、虐待だと駄々をこねるのは構いませんが、
学校・先生は、ただただ『記録』を取り続け、進級・進学できないことが
決まるまで、その駄々を静観するだけです。


進級・進学できないことが決まってからは、有無を言わさず、
決定事項を通告して、今後の学校生活をどうするつもりかの決断を迫ります。


別の学校に行くのか、それとも学校を辞めるのか、それともこのまま残り、
卒業だけはさせてもらうか、それすらさせてもらえないのか。


どうなるかはわかりませんが、他の友人、知人、クラスメート同様に、
進級・進学させてもらうことだけは“出来ない”となります。


今年度以降、その決定がこの二学期に決定するようになっていくと思いますが、
その時、過去の自分を呪うことにならないようにしておくことをオススメします。


休みの日に、何をしようが自由ですが、普段の日、あるいは、一学期、前学年と、
『やり残してきた』“もの”があるのであれば、それを最優先にやらないと、
様々な権利や優遇を得られなくなります。


これは大人になっても、同様に、やり残してきた“もの”が
多く、大きくなっていけばいくほど、厳しい状況に立たされることでしょう。


出来る限り、学生の内に、この休みなどの自由な時間の使い方はもちろんのこと、
その時間を本当に自由に“休み”たいというのであれば、『普段の日』の
時間の使い方も学んでおくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11777048c.html
その他

続く連休

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

来週頭も祝日で連休となりますが、先週と変わり、
人によっては“テスト前”の連休、あるいは学校行事、
部活動の大会前の連休となると思います。


当然ですが、平等に公平に『自由な』時間が十分に与えられている以上、
その後の『結果』に対する『責任』は重くなっていきます。


“時間が無かった”で、宿題が出来なかった、テスト勉強ができなかったなどの
『言い訳』は通用しませんので気を付けて下さい。


部活動の大会や学校行事など、本当にのっぴきならない『理由』があったかもしれませんが、
“それら”によって、祝日、連休の時間が『失われる』ことは、“事前”に
わかっていたことでしょうから、『対応』『対策』しなかったほうが、
“悪い”と判断されることになります。


特に、部活動などは、一応『強制』ではありませんので、
“参加”したのは、皆さん個人の自由、自主性に過ぎず、
その『結果』『判断』『決断』に対する責任は、自己責任として、
取ってもらうことになります。


自分の置かれている状況、そして自分自身の人生、進路、学力の状態を
よく考えて、行動することをオススメします。


決定事項が下されてからは、学校・先生は何が起きようが、何を言おうが、
『知ったことではない』という、強硬な言動、態度、姿勢を取ります。


学校・先生は、ある程度の予想、つまり、
“このまま”では、進級・進学できない“だろう”と
『わかって』いたとしても、生徒の自由、自主性を認め、
良く言えば、『無限の可能性』を信じているから、『何も言わない』、
悪く言えば、昨今のパワハラ問題などから、『何も言う気にならない』と、
なります。


そうなると、進級・進学できないことが決まると、
まるで“見捨てられる”“見放される”かのように感じられることでしょうが、
学校・先生は、ギリギリまで『待った』上で、決定を下すわけですから、
何一つ、責められるいわれはありません。


しいて言うなら、部活動の参加を“強制する”ような先生は、
非難されても致し方ないかもしれませんが、それも、
基本的には『自由参加』の上に、“自己判断”で続けたわけですから、
全て、生徒個人、ご家庭の判断によるものとされることでしょう。


学校・先生は、『あらゆる可能性』を提示してくれて、
最終判断は、生徒、ご家庭に委ねているわけですから、
責任を感じることはないでしょう。


今年度以降、徹底して、そういった言動、態度、姿勢になっていくことが
予想されますが、そうなった時、『自己責任』の罰は重く厳しくなっていくでしょう。


私立校・中高一貫校で、進級・進学できないことが決まることは、
わかりやすいものとなりますが、それ以上に、今年度以降は、
『落してしまった』基礎学力、基礎知識によって、
人生の罰とまでは言い過ぎかもしれませんが、
今後の進路、進退を大きく変えるものとなることでしょう。


今年度以降に関しては、勉強したくない、嫌だ、面倒だと抗う方は
もちろんのことですが、本当に勉強が“出来なくて”、悩み、葛藤する方でも、
非情に、無情に切り捨てられる『結果』になると思います。


私立校・中高一貫校で、勉強に、授業に“ついていけない”のは辛いことかもしれませんが、
それでも『ついていこう』ともしない方は、容赦なく切り捨てられても、致し方ないと思います。


個人的な意見ではありますが、今年度以降、『無理』してまで、
私立校・中高一貫校にしがみつこうとすればするほど、
そういった悲劇、不幸、地獄が続くことになると思います。


いつ、どのタイミングでというのがわからない、
そして、どこまでの『結果』で、決定が下されるのかが
わかりづらい分、親御さん、ご家庭の方も不安や葛藤、
落胆することが増えていくことになるでしょう。


よく冗談交じりに書いておりますが、私立校・中高一貫校で、
進級・進学できなくても、元気に伸び伸びと成長していき、
青春時代を謳歌できれば良し、仮に学校を去ることになったとしても、
良い人生経験だった、勉強が向いていないことを知ったから、
良かった良かったで、“強制”的に納得するしかないでしょう。


今年度以降、“そう”せざるおえない方が増えていくと思いますが、
生徒自身も、ご家庭の方も、納得されることは難しいでしょう。


しかし、“そう”なったのも、全て自己責任ということで、
追い詰められるよう、責め立てられるように、迫られることに
なりますので、覚悟しておくことをオススメします。


二学期中間テストで早速その罰を受けることになるかもしれませんが、
危機感を持って、よく考えての行動をするようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11776765c.html
その他

中間テスト何時間前?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

中間テストまで『まだ』一ヵ月近くある方は、その一ヵ月が、
まるで1000時間も1500時間もあるかのように錯覚されていることでしょう。


その中で、まぁ自由な時間が1/3、つまり300時間から500時間ぐらいは
あると勘違いされていると思いますが、どうでしょう。


そこまでは思ってなくとも、まるでそう思っているかのような
言動、態度、姿勢を取っている方は少なくないと思います。


一ヵ月、30日とすれば、720時間しかありません。


その中で、皆さんが自由に出来る時間は、『部活動』を“やっていない”として、
平日午後17時までに家に帰宅し、24時に就寝するとして、その間7時間、
夕飯を食べるなどの生活時間として2時間ほど差し引き、5時間としましょう。


土曜は午後14時までに家に帰宅し、24時に就寝、生活時間2時間を差し引き8時間、
日曜は午前9時までに起床し、24時に就寝、生活時間4時間を差し引き11時間としましょう。


一ヵ月は約4週ですから、平日は22日、土曜・日曜は8日として計算すると、
22×5+(8+11)×8=262時間。


これが、『部活動を“やっていない”』として、換算できる、
皆さんの一か月間の『自由な時間』となります。


部活動をやっている方は、ここからさらに時間が奪われ、
その上、疲れて『寝て』過ごしたとなれば、どんどん時間が無くなることになります。


対して、一か月間に、学校で行われる授業の時間は、平日6限×50分=300分で5時間、
土曜4限×50分=200分で3時間20分。


一ヵ月の内、授業があるのが平日20日、土曜4日として、
20×5+3.3×4=約113時間となります。


113時間かけて習ったことを、262時間の中で、復習し、テストに向けて、
しっかりと勉強しているならば、『余裕』ではありますが、前学期の『挽回』をすると、
この二学期は“頑張る”といった方は、少なくとも、一ヵ月の『授業時間』と
“同じくらい”の時間は、やらないと、難しいでしょう。


そんなことは無い、効率良く、要領良くやれば、授業でやった1時間分を、
数分に短縮できて、うまくやれると思っている方、これは非常に残念なことではありますが、
親御さん、ご家庭の方のほうが、『ひどく』勘違いされていることが多いです。


上記の物理的な例の時間数は、そのことを知ってもらいたいから記載しましたが、
こうして数字で見ても、勉強が出来ない方、遅れを取っている方に
与えられた『時間』がいかに少ないかがわかると思います。


加えて、『部活動を“やっていない”』想定でも、これだけの自由な『時間』しかあらず、
さらに、進んでいく授業の時間は、一カ月単位では“その”半分足らずかもしれませんが、
これが各学期ごと、各学年ごとと計上していくと、膨大な時間となることがわかると思います。


仮に、今年度一学期に成績を落したということは約3か月分、339時間分の
『学力』を落したということになります。


もちろん、これは『全教科』での時間ですから、落とした科目によっては、
もっと少ない時間分となりますが、仮に1教科だけでも、一年、二年と
落していった場合、100時間、200時間分もの『学力』を落したことになります。


これを、テスト前になって、数時間で要領よく、効率良くというのは不可能になります。


失礼ながら、その認識が、親御さん、ご家庭の方は甘すぎることが多いです。


今年度以降、厳しくなっていく私立校・中高一貫校では、その授業時間に対して、
内容が多く、密度が濃くなっていくわけですから、たかだか数時間で、十数時間で、
今までのことを帳消しに出来るほどの『勉強』をすること、『学力』にすることは
難しいでしょう。


ですから、二学期は部活動や趣味、遊びの片手間、暇な時、
時間が空いた時に、ちょこちょことやってで、うまくいくことはないと、
断言しております。


特に今年度以降は、その傾向が顕著に表れることでしょうが、
もうこの段階でそのことに気付けない、意識できない方に関しては、
これから先は、厳しい結果を突き付けられる“だけ”となるでしょう。


『頑張っている』つもりかもしれませんが、上記した自由な時間の262時間の内、
果たして、何時間、十何時間、やって『頑張った』というつもりでしょうか。


これが、スポーツや芸術の世界でも、本気でやっている人からすれば、
『鼻で笑われる』ような時間なら、勉強、学業においても、鼻で笑われても
致し方ないと思います。


もっとも、勉強、学業の世界では、『点数』『成績』で明確にその結果を、
その『頑張った』『努力』を、数字・数値として示して、最終的に、
それが、通っている学校に見合う『頑張り』『努力』と認められなければ、
進級・進学できないという結果が突き付けられることになります。


長々とうるさい説教となりますが、このことを踏まえて、今度の中間テストまでの
『自由な時間』は、そして、それまでに習う授業時間は、
さらに、自分が落としてきた教科で、今まで習ってきた時間はどれほどなのか、
よく考えて、今後の勉強をどうしていくか考えることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11776532c.html
その他

来週で終わる9月

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

明日には中旬を終え、明後日には下旬になりますが、
“そういった”区切りで考えるよりも、もう、
『来週』で9月が終わることに注目して下さい。


今年の9月は日曜で終わりますので、10月は実に良いスタートとして、
1日月曜始まりとなります。


もっともそれが中間テストのスタートとなる方もいるかと思いますが、
テストは10月だから、『10月』から頑張るという方は、
その日を境に生まれ変わったように勉強し始めないと、
テストが中旬にあろうが下旬にあろうが、勉強は捗らないと思います。


テストが中旬、下旬にある場合、10月になっても、“まだ”時間があるからと、
宿題を溜め込み、ノートはまとめず、テスト勉強をやるなど到底出来ず、
気付いたら、テスト一週間前になっていて、『何も』やっていない状況・状態に
茫然自失となるでしょう。


“そう”ならないということを、夏休みの宿題、夏休み明けのテストで、
証明できた方ならいざ知らず、自由な時間があった夏休み“ですら”
出来なかった方が、忙しい二学期に出来るとは思えませんが、いかがでしょう。


無限の可能性を信じてくれというのであれば、その『言い訳』を
あと何回出来るかをよく考えて下さい。


今年度の定期テストはもう今度の中間テストで折り返し地点となり、
その後は、期末テスト、冬休みの休み明けテスト、学年末テストと、
残り2〜3回しかありません。


授業の進度、内容が厳しくなった今年度で言えば、もう二学期期末テストまでが
タイムリミットになるかどうか、下手すれば、今度の中間テストで、
『決まってしまう』かもしれないという状況・状態にまで追い込まれてきています。


来週で『9月』が終わってからは、追い立てられるように、責め立てられるように、
忙しく、厳しくなっていき、そんな中で、『結果』を求められ、
さらにそれが確実に『記録』されることになります。


その『記録』を積み重ねていくほど、そんなつもりじゃなかった、
ちょっと待って下さいという泣きごとを、聞いてもらえなくなります。


何度も書いていることではありますが、学校生活3年間の中で、
8回の成績、14〜16回の定期テストで進学要綱を、
そして進級に関しては、1年間の中で、3回の成績、5〜7回のテストで、
基準・条件を満たさなければ、満たせなければ、進級・進学できないということを、
『学校』が、示している、約束していることですので、誰に何を言おうとも、
進級・進学できないことが決まることになります。


今度の二学期中間テストが、その何回目の定期テストなのか、
そしてこの二学期が、何回目の成績となるのか、よく考えて、
行動しないと、あっという間に、追い込まれるように『決まって』しまうので、
気を付けて下さい。


これから先、『まだまだ』あると余裕を取れるのは、一学期に貯金を作り、
夏休みを充実させ、二学期に向けて準備できた方だけです。


この二学期において、ギリギリで何とか間に合った方に、
『まだ』という余裕は用意されていないので、注意しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11776360c.html
その他

近づいてきた中間テスト

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

9月も残り2週間を切り、10月の兆しが感じられるようになりましたが、
いかがでしょうか。


10月の第一週からテストがある方はもうすでに『テスト二週間前』と
なっていると思いますが、宿題は、ノートまとめはどうなっていますか。


それら、『作業』は、テスト一週間前になってから、テスト勉強として
行うつもりでしょうか。


一学期もそれで何とかなったから、二学期もと考えられているようであれば、
止めておくことをオススメします。


何度もうるさく書いてきていますが、今年度以降の『二学期』は、
かなり『ヤバい』と思います。


授業の進度、難易度、宿題の量などもそうですが、
『テスト』の難易度も、一学期の比ではないと思います。


以前も書いたように、一学期、夏休みとで、私立校・中高一貫校生としての『適性』、
つまり、授業をきちんと聞いて、ノートをしっかり書いて、宿題を必ずやってなどの
『当たり前』のことを審査・判断されたと思いますが、
二学期は、私立校・中高一貫校生徒としての『学力』を持ち合わせているか、
これから先の勉強についていけるかどうかの審査・判断をされるようになると思います。


当然、それを計るための審査となるわけですから、“それなり”のテストが
用意されていることになります。


一学期のように、最低でも授業を聞いていれば、ノートまとめなどやっていれば、
宿題をやっていれば、前日、一夜漬けすれば、で何とかなるものではないと思われます。


そんな馬鹿な、そんなことをしたら、半数以上の人が進級・進学できなくなると
思われるかもしれませんが、単位制絶対評価の私立校・中高一貫校では、
『そういったことも出来る、可能である』ということを忘れていませんか。


皆さんのおっしゃる通り、思われている通り、『半数』もの生徒を
進級・進学させないということはあまり現実的ではありませんが、
絶対評価の学校では、『できないわけではない』ということになります。


やろうと思えば、それこそ、上位一割の方しか進級・進学させないということも
可能です。


ただ、そこまでしてしまうと学校運営上の問題もそうですが、
社会から、世間から、PTA、親御さん、ご家庭の方からも、
非難、批判されてしまうために、『そう』していないだけです。


しかし、これも嫌な予言にはなりますが、今年度以降、
どの私立校・中高一貫校も、進級・進学率は落ちることが予想されます。


それが2割なのか1割程度なのかはわかりませんが、
進級・進学率は確実に落ちると思われます。


というのも、それくらいの勢いを、一学期の結果、夏休みの宿題の量、
そして休み明けのテストなどから、感じられるということです。


そして、数字・数値的なもの、つまりテストの点数、成績も、
全体的には例年通りだったかもしれませんが、落としている方の
比率が増えていると思います。


学年全体の結果はわかりませんが、もし変わっていないとしても、
その実、進級・進学要綱のボーダーには確実に引っかかってしまっている方が
多くなっていると思われます。


その方々をどう扱うのか、どう救うのかの基準・判断はわかりませんが、
上記したように、これから先、予定している、目指している『勉強』『学力』に、
見合うかどうかの審査・判断がなされた場合、一学期を落し、この二学期を落せば、
もう三学期では取り戻せないと判断される可能性が高いです。


これらはあくまでも予想、想像の範疇の話ですから、
『なってみない』とわからないことではありますが、
すでに『記録』された結果に関しては、自分自身で厳しく審査・判断するように
して下さい。


去年度の一学期よりも、点数、特に成績が下がっている場合、
それは『学年が上がって』勉強が“難しく”なったからでなく、
今年度から、平常点も含めて、厳しい審査・評価が行われていると言えます。


たまたまや、学年が上がり忙しくなったから、部活動などでレギュラーになって、
頑張り過ぎて、勉強をサボり過ぎたからでもありません。


例年であれば、『その程度』であれば、ノートや宿題を出して、
再試を受けて、追加課題などを出して、それで“成績”は『許されて』いたと思います。


“そう”なっていないのであれば、今年度の学年から変わってきていると思われます。


今年度一年生となった方は、比べようがないかもしれませんが、今までの傾向、
つまり、中学3年間、小学校6年間の推移を確認してみて、急に不合格や1などが
出てきた、あるいは増えたということであれば、それはもう危険信号が灯っていると
思って下さい。


特に中学一年生は、小学校時代ではあり得ないような点数、成績を取っている場合、
それは受験時の学力、地頭は、もう一切失ったというサインだと思って下さい。


受験が終わって、燃え尽きた、遊び過ぎた、私立校・中高一貫校に合格して、
入学して、安心しきって油断した、余裕を見せすぎたわけでもありません。


『もう』私立校・中高一貫校の洗礼を受けて、ゼロどころか、マイナスになっています。


この中間テストで、さらにそのマイナスを増やしてしまうと、もう期末テストまでは、
部活動どころか遊びや趣味などの片手間の勉強で“間に合う”ものではなくなります。


さらに、それを引き延ばせば引き延ばすほど、進級・進学できなくなることを
待つだけになっていくことでしょう。


そうならないためにも、この中間テストで、成績の挽回出来るくらいまでは言いませんが、
少なくとも一学期以上の点数を、取っておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11776011c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト