赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

海汰@高田馬場・学習院下

麺屋

海汰(ウタ)
☆☆☆☆.1(高田馬場・学習院下)
冷やし塩つけ麵850円

Sea Wash away

冷やし塩つけ麺(夏季限定)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、硬茹でされたフィットチーネタイプの薄黄色したパスタの様な喉ごしが感じ良く、クラッシュアイスで冷やされていても動じないコシのある艶やかな麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁はメニューどおりの冷製な酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い、優しい鶏と魚介が塩ダレとシンクロしたつけ汁碗の底まで見通せる透明感のある塩味でオイリーに頼らないマイルドな魚介塩味にまとめられています。

具はひと口大サイズに四角くカットされたメンマ10枚位と塩麹や塩胡椒でソテーされたひと口では大き過ぎる皮付鶏モモ肉4個と海苔2枚と晒された白髪葱&糸唐辛子が麺の上に化粧され、大量の白胡麻と刻海苔がつけ汁に浮遊しています。
この鶏モモ肉が意外と塩気がありビックリしてしまいました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、白胡麻や刻海苔が麺に纏りつき軽いマイルドなつけ汁と共にズズズっとあっさり啜れました。
途中、卓上の「いりこ粉」を投入すると、鰯の独特な苦味ばしった風味が加わり勢いを増して啜れました。
スープ割はブーメラン方式に温かい魚介系出汁スープが注がれ、京うどんで使用する木製の茶色い蓮華で白胡麻を掬いながら微妙にぬるくなったスープ割を美味しく戴きました。
お店には、お一人様用のカウンター席はなく長居できそうなテーブル席が多く、複数の女性客も散見しましたので回転はあまりよくなさそうです。

限定メニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8854416.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11591059c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
やぐら亭@初台
飛騰@東中野
八麺六飛@池袋
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 353178
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト