赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

ちばから@渋谷

ちばから

渋谷道玄坂店
☆☆☆☆.2(渋谷)
つけ麺900円

From CHIBA SHIBUYADOUGENZAKA

つけ麺(醤油、アブラ少なめ・からめ・にんにく・ねぎ)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある中西食品製で、芯まできちんと茹で上げてあるのでいい意味で二郎系でもゴワゴワした剛麺でないのでムシャムシャと啜れる戴き易い「きしめん」風な喉ごしも楽しめる麺です(麺量:茹で前300gで腹一杯になり、あと3口ほど茹で野菜と共に残してしまいました)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度アリアリな乳化が途轍もなく進んでいる豚骨醤油味で、「先のお好み」でアブラ少なめが功を奏したかもしれませんが、オイリー感を気にしないですむドロドロになるまで煮詰められた豚骨の旨味が十二分に楽しめるつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、厚さ1cmはあろう脂身の少ない軟らかバラ叉焼1枚と温玉1個と茹で野菜(モヤシ9:キャベツ1)が麺に蓋をする様に盛られていて、「後のお好み」でお願いしたねぎとにんにくがつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁に浸した平打麺がたっぷりと持ち上げ、からめ(濃い味)にしたショッパ味と旨味を感じながらムシャムシャと啜れました。
温玉は処理に困りましたので、麺丼の中で黄身をお箸で突いて割り麺を絡めてからつけ汁に浸す「逆すき焼き方式」で試みましたが、これが正解とはいきませんでした。
スープ割はお願いすると透明感のある鶏スープ?が提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の白い蓮華で茹で野菜のモヤシを掬いながら美味しく戴けました。
お店のお隣には最近オープンした海老フライ専門店「海老昌」に陽が当たらない場所がないにもかかわらずこちらより長蛇の列が形成されていました。

「先のお好み」「後のお好み」はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8874422.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11605371c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
KaneKitchen@東長崎
さんしょの木@新宿御苑前
清@東長崎
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 40 352289
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト