赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

ハナウタ。@四谷三丁目

ハナウタ。
☆☆☆☆.3(四谷三丁目)
磯香るしおつけ麵850円

Humming

磯香るしおつけ麵(中盛・週替わり夏メニュー)戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた気持〜ち硬茹でされたモンゴルかんすい使用の薄黄色した麺で、スルスルっと喉元を通る啜り易い喉ごしが楽しめる暑いこの時期にはピッタリの麺です(麺量:茹で前210gで腹9分目といったところで、並盛140g〜大盛280gが同一価格です)。
つけ汁は冷製の無化調・無添加な酸味と辛味と粘度とオイリー感の全てが無い、塩ダレと焼きアゴなどの魚介の和風ダシを合わせた塩味で、透明感がありオイリー感がないので麺を浸すと麺に和えてある鶏油でしょうか?が表面に溶け出して動物性が加わり変化球的な塩味にまとめられています。

具はメンマは無く、皮付き鶏モモ肉叉焼2枚と味付きとただの茹で玉子がそれぞれ半分づつと生海苔どっさりが麺の上に三日月状に乗せられ、別皿に梅肉と刻生姜が提供されています。
まずは麺だけをつけ汁に浸して戴いてみると、細麺間にシャバ系つけ汁が軽く絡みスルスルっと喉越し良く美味しく流れ、次に生海苔に和えて戴いてみると、癖と塩味(エンミ)のない生海苔がタップリ絡み和え麺として美味しく戴け、生海苔に和えてつけ汁に浸して戴いてみると、メニュー名通りの「磯香る」つけ麺に進化し美味しく戴けました。
途中、別皿の刻生姜を投入すると生姜のサッパリ感が磯の香りとシンクロしとても美味しく戴け癖になりそうでした。
スープ割はブーメラン方式に温かい鶏魚介出汁スープが注がれ白髪葱が足され、陶器製の白い蓮華で生海苔と刻生姜を掬いながらサッパリと美味しく戴きました。
お店は2年前のグランドオープンする前の内装工事中に偶然見つけましたが、当初から「つけ麺」の提供がなく縁がないのかなと思っていましたが、また偶然にもお店のHPを覗いて見たところ夏期限定でつけ麺が週替わりで提供されていたので7月の最終提供日に伺えて嬉しい限りです。
8・9月とあとそれぞれ火曜〜金曜まで4日づつ計12日間提供期間がありますのでメニュー下のカレンダー参照の上ご来店下さい。

週替わり夏メニューカレンダーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8908444.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11633230c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
とりまる@本蓮沼
つるしこ@渋谷
玉彦@板橋
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 86 353815
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト