赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

ぬちぐすい@浦和

仮麺中
ぬちぐすい
☆☆☆.9(浦和)
つけそば700円

Life Drugs

つけそば戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた東京都足立区の麺屋松尾製で、モチっとした食感の中にも啜り甲斐のある小麦感がギューっと口の中に広がる拘りが感じられる麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな漆黒色した昔ながらの甘辛酸タイプから酸味を抜いた魚介醤油味で、カエシのコクが確り分かる後から自分でお酢と胡椒で調整できるノーマルな醬油味にまとめられています。

具は細メンマ10数本と短冊肩ロース叉焼7・8枚と千切ったレタスと微塵玉葱がつけ汁に配置され、カイワレが麺の上に飾られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に漆黒色が乗り移りカエシの旨味を感じながらズバズバっと啜れました。
途中、卓上の煮干しと唐辛子が漬け込んであるお酢と粗挽き胡椒を投入すると酸味とスパイシーさが加わりさっぱりとズバズバ啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ三つ葉が足され、プラスチック製の白い蓮華でカイワレと三つ葉を区別しながら滋味深く美味しく戴けました。
お店は普段、琉球(沖縄)料理を提供している泡盛の種類も豊富なお店ですが、土・日曜日のお昼だけ営業している叉焼などの具材にも拘りが感じられるお店でした。
浦和セメントはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8955840.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11666193c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
赤とんぼ@西新宿五丁目
希家@上板橋
大番くっく@上板橋
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 46 354923
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト