赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

Ayam-YA@御徒町

鶏そば

Ayam-YA(アヤムヤ)
☆☆☆.9(御徒町)
鶏つけ麵890円

Chicken-House

鶏つけ麺(中盛)戴きました。

麺は平打中細ウェーブのエッジに尖りがある梅ヶ枝製麵製で、気持ち以上に硬茹でされた黄色っぽくない薄灰色のまるで2〜3割の蕎麦粉しか使っていない日本蕎麦の様な風味のする一風変わった平打麺が喉元をしなやかに流れて喉ごしは楽しめる麺です(麺量:茹で前270gで腹7.5分目といったところで、並盛180gから大盛360g迄同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度アリなハラル認証(簡単に言うと、豚とアルコールを除いた物)を受けた鶏を濃厚に焚き上げた鶏白湯醤油味で、無化調なのでしょうか?濃厚の中に全くもって舌が痺れる尖りが無く鶏由来の旨味が凝縮されたつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、シーチキンの様に細かくほぐされた鶏肉とW葱(白髪葱・青葱)がつけ汁に軽く入れられ、カットレモンと糸唐辛子が麺の上に飾られているだけで価格から考えると具は乏しいです。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、オイリー感の無いつけ汁が平打麺に満遍なく絡み汁跳ねに注意しながらズルズルっと青葱と共に啜れました。
柚子皮も2片ほど発見しましたが、鶏の濃厚さに負けて裏方に回った感じでした。
スープ割はブーメラン方式に黄色い鶏油が浮く鶏スープが注がれ更にW葱も補充され、プラスチック製の赤茶色した蓮華でハラルを感じながら戴きました。
お店の券売機にはラーメン(醤油・塩)・つけ麵・まぜそばの他に唐揚げや牛丼もありましたが、豚に通じる料理とビールなどのアルコールは当然の如くありませんでした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8975999.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11677538c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
樹真@和光市
福丸@笹塚・幡ケ谷
みちしるべ@東武練馬
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 9 355499
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト