赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

たなか@阿佐ヶ谷

支那そば

たなか
☆☆☆☆.1(阿佐ヶ谷)
つけそば750円

Paddy-Field In

つけそば戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに丸みを帯びたラーメン類と同じ麵で、細麺の運命(さだめ)か麺同士のくっつきに注意しながら持ち上げて啜ると存分に喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな清湯系鶏魚介醤油味で、無化調でしょうか?尖りの無い円やかな品のある優しい醤油味に仕上がっています。

具は材木中太メンマ3本と肉感が噛み締められる豚モモ肉叉焼2枚と青葱がつけ汁の中に隠され、カットレモン1つと多めの白胡麻と刻海苔が麺に蓋をする様に覆い被さっています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、刻海苔の磯の風味と白胡麻の香ばしい風味がつけ汁と合わさり、まるで海苔茶漬けを戴いている様にスルスルっと啜れました。
スープ割は配膳時に、冬の時期に欠かせない鍋料理の横で灰汁取りのお玉を入れておく灰汁取り碗に鶏魚介スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の柄の短い白い蓮華で刻海苔や白胡麻を追いかけながら美味しく戴けました。
お店は阿佐ヶ谷駅から少し歩いた商店街が終わりかけた一角に佇んでいて、店主さんワンオペ態勢で営業されているカウンター6席のみのこじんまりしたお店でした。

灰汁取り碗はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8993683.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11687531c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
トリとん@中板橋
真しま@練馬
貴太郎@新宿
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 43 356003
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト