赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

升家@新井薬師前

倉敷らーめん
升家(マスヤ)新井薬師前店
☆☆☆☆.2(新井薬師前)
つけ麵730円

Measure House

つけ麺(1日限定30食)戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがある岡山県の製麵所と試行錯誤して作り上げたつけ麺専用麺で、低加水の気持ちパツパツとした食感が喉元を刺激してくれる中細なのに確りした喉ごしも楽しめる麺です(麺量:茹で前175g位で腹7分目といったところで、つけ麺専用の「替玉150円」も用意されています)。
つけ汁は酸味と粘度が無いオイリー感と辛味が微アリな軽い豚骨スープに焼き煮干しの魚介を加え倉敷の醤油のカエシと倉敷産粒味噌をブレンドし摺り白胡麻を加えたちょっぴりピリ辛な胡麻味噌味で、表面のオレンジ色が食欲を搔き立ててくれる底にひきわり納豆の様な大豆がゴロゴロしている関東人から見ると少し変わった味噌味に仕上げられています。

具は軟らかい超極太メンマ2本と味玉半分と甘辛煮された茎わかめと白髪葱と磯の香りが鼻腔をくすぐる真っ黒な海苔1枚が麺の上に添えられ、国内産青葱が別皿に盛られ、小さい切り落とし豚叉焼3・4個がつけ汁に隠され、味変用の特製辛みそが麺皿の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、底に沈んで隠れてしまった倉敷産粒味噌の大豆の粒や摺り胡麻が麺に絡みオレンジ色したつけ汁を持ち上げズルズルっと美味しく啜れました。
スープ割はお願いすると別碗で薄く白濁した豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の赤茶色した蓮華で底に沈んで隠れている大豆片や表面に浮遊している青葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店は岡山県は倉敷市に本店を構える東京進出第1号店で、ラーメン激戦地区の新井薬師前でも街並みに溶け込んだ様にご近所のご家族連れの方々が来店していました。

各種ラーメン等の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9020003.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11704274c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
いま村@巣鴨
君塚@池袋
ジョン@武蔵関
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 53 361723
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト