赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

うしまる@大山

麺屋
うしまる 
☆☆☆☆.1(大山)
牛骨つけ麺860円

Cow Circle

牛骨つけ麺(味玉<雨の日サービス>メンマ<HPサービス>)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたカネジン食品社製と思われ、短めなコシのある啜り甲斐があまりない、お茶漬け喰いスタイルで啜り込むと丁度いい喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところで、終日ご飯1杯<小140g中200g大300g>無料サービスです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感弱アリな粘度微アリな牛骨をベースに豚骨と大山鶏を丸1日じっくり煮込んだ牛骨白湯で、オイリー感はありますがコッテコテの牛脂系ではなく背脂系でもないのでクドさは感じられず、1杯戴いて丁度いいつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く(全景撮影後メンマの乗せ忘れかも知れないので聞いてみたところデフォには無いとのこと、その後食事中にHPを見たとのことで材木太メンマ5本がサービスされる)、肩ロース叉焼2枚とホウレン草と海苔1枚とブラックペッパーが振り掛けられた長葱とサービス味玉1つが麺の上に乗っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺が短いのでどうしてもお茶漬け喰いスタイルになってしまいズル・ズルズルっとやっとこ啜れました。
途中、卓上の胡瓜の漬物(着席したら冷蔵庫からカウンター上に置かれる)を箸休めでお口の中をサッパリさせてパリパリ戴きました。
スープ割はブーメラン方式に寸胴に入った熱々牛骨スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で長葱を掬いながらしつこさを感じないまま美味しく戴きました。
お店は以前伺ったことがある2度振られた「外宮」の跡地に佇んでいて内容も「牛骨」ということで(丼や蓮華も同じ)、牛骨に拘る店員さんが引き継いでオープンし模様です。
それにしても、ご飯は戴きませんでしたが味玉とメンマのサービスありがとうございました。

材木太メンマとパリパリ胡瓜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9168716.html





つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11765420c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
いま村@巣鴨
君塚@池袋
ジョン@武蔵関
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 49 361668
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト