池袋のお話

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/fprblog0062y

震災後に帰宅する場合の注意点

被災後に自宅に帰る際に問題になるのが、混乱した被災地の中をどうやって帰るかです。


徒歩は移動手段としては確実ですが、自宅が遠いと何時間どころか何日も掛かる場合がありますし、体力を消耗してしまいます。革靴で歩ける距離は、10キロ程度が限度といわれますので、これを基準に家までの距離を考えて決めましょう。



自転車通勤している人は、これを使って帰ることも出来ますが、道路状態は悪化している上に、粉々になったガラス片やがれきで、タイヤがパンクする恐れがあります。



車を使用するのは、けがした人や病人の搬送など緊急の場合を除き、控えましょう。緊急車両の通行の妨げになったり、渋滞の原因になりますし、そもそも、道路が寸断されて通れなくなっている可能性があります。



帰宅するルートを選ぶにあたっては、まず、今いる場所を確認します。次いで、自宅の位置や方角をチェックします。



道路地図を使って帰宅ルートを決めますが、幹線道路や道幅の広い道路を選ぶようにしましょう。



幹線道路は緊急車両も通行しますので、こうした車両に注意しながら、なるべく道の真ん中を歩きましょう。これは、余震によって、落下物や火災に対する危険性を少しでも減らすためです。



「危険地帯」と指定されている場所は、近づかないようにしましょう。たとえそこが近道だとしても、そこに足を踏み入れると、二次災害に巻き込まれる恐れがあるからです。



帰宅する際に持っておくべきものとしては、水、携帯電話、現金です。



特に、水は体を維持するために、最低限、ペットボトル1本分が必要です。また、飲み終わってもペットボトルは捨てないようにしまよう。途中に給水できる場所があれば、給水できるからです。


便秘解消のための水分補給


震災

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000075657/p11721864c.html
防災 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
池袋に関するお話
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 10月 次の月へ
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
今日 合計
ビュー 1 1926
コメント 0 0
お気に入り 0 0

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク