一途に思う心を絶対

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/wumeiniangs

看消失的目光在陌上花開時綻放

平和,是一種心態,更是一種執著,當流轉的光陰漫步於我們的腦海,卻不知千山之外,一樹霜花掩盡了滄桑,寒風陌上,一曲芬芳滿地,燈火闌珊,是眾人不懈的相思,卻已是前塵過往,飛花若水流長。

雲起雲落,坦然的面對所有的額得與失,喜與悲,“不問花開幾許,只問淺笑安然,用一眸恬淡詮釋人生,用一份理解妥貼ェ容。”

不以物喜不以己悲,一盞清茶淡茗,一壺夕陽濁酒,春去秋來,任憑多少擱淺的記憶用來回首,只需記得,我們來過,走過,歡笑過,或許足夠。

人生,是一行心靈的ェ恕,是一場思想的積澱,我們每一天都在經曆著,展望著,盡管我們還是選擇慵懶的度過每一天,但內心的彷徨與不可知,讓我們寒而生畏。

秋瑟瀟瀟,揣著波瀾不驚的心境,看消失的目光在陌上花開時綻放,包含著深情與勇氣,淡淡的,靜靜地,念著,想著,遙望著。

只是,我們終究是這茫茫人海裏,微不足道的那一個,過自己簡單的生活,規劃著令人神往的藍圖。這樣的憧憬,這樣的修行,足矣。

只是,我多想戴著鬥篷,泛著輕舟於湖心,蕩漾的水波如同心緒,一陣陣的,流入遠方。不論何處,只論這樣的閑逸。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000100251/p11765909c.html
随记 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
回報她的只有這短短的一個冬季
在工作的時候我很愉快
它們懂得自己的優勢在哪裏
以前の記事へ>>
このブログトップページへ
wumeiniangsイメージ
wumeiniangs
プロフィール
一途に思う心を絶対
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 3 1137
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード