立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

近づいてきた中間テスト

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

9月も残り2週間を切り、10月の兆しが感じられるようになりましたが、
いかがでしょうか。


10月の第一週からテストがある方はもうすでに『テスト二週間前』と
なっていると思いますが、宿題は、ノートまとめはどうなっていますか。


それら、『作業』は、テスト一週間前になってから、テスト勉強として
行うつもりでしょうか。


一学期もそれで何とかなったから、二学期もと考えられているようであれば、
止めておくことをオススメします。


何度もうるさく書いてきていますが、今年度以降の『二学期』は、
かなり『ヤバい』と思います。


授業の進度、難易度、宿題の量などもそうですが、
『テスト』の難易度も、一学期の比ではないと思います。


以前も書いたように、一学期、夏休みとで、私立校・中高一貫校生としての『適性』、
つまり、授業をきちんと聞いて、ノートをしっかり書いて、宿題を必ずやってなどの
『当たり前』のことを審査・判断されたと思いますが、
二学期は、私立校・中高一貫校生徒としての『学力』を持ち合わせているか、
これから先の勉強についていけるかどうかの審査・判断をされるようになると思います。


当然、それを計るための審査となるわけですから、“それなり”のテストが
用意されていることになります。


一学期のように、最低でも授業を聞いていれば、ノートまとめなどやっていれば、
宿題をやっていれば、前日、一夜漬けすれば、で何とかなるものではないと思われます。


そんな馬鹿な、そんなことをしたら、半数以上の人が進級・進学できなくなると
思われるかもしれませんが、単位制絶対評価の私立校・中高一貫校では、
『そういったことも出来る、可能である』ということを忘れていませんか。


皆さんのおっしゃる通り、思われている通り、『半数』もの生徒を
進級・進学させないということはあまり現実的ではありませんが、
絶対評価の学校では、『できないわけではない』ということになります。


やろうと思えば、それこそ、上位一割の方しか進級・進学させないということも
可能です。


ただ、そこまでしてしまうと学校運営上の問題もそうですが、
社会から、世間から、PTA、親御さん、ご家庭の方からも、
非難、批判されてしまうために、『そう』していないだけです。


しかし、これも嫌な予言にはなりますが、今年度以降、
どの私立校・中高一貫校も、進級・進学率は落ちることが予想されます。


それが2割なのか1割程度なのかはわかりませんが、
進級・進学率は確実に落ちると思われます。


というのも、それくらいの勢いを、一学期の結果、夏休みの宿題の量、
そして休み明けのテストなどから、感じられるということです。


そして、数字・数値的なもの、つまりテストの点数、成績も、
全体的には例年通りだったかもしれませんが、落としている方の
比率が増えていると思います。


学年全体の結果はわかりませんが、もし変わっていないとしても、
その実、進級・進学要綱のボーダーには確実に引っかかってしまっている方が
多くなっていると思われます。


その方々をどう扱うのか、どう救うのかの基準・判断はわかりませんが、
上記したように、これから先、予定している、目指している『勉強』『学力』に、
見合うかどうかの審査・判断がなされた場合、一学期を落し、この二学期を落せば、
もう三学期では取り戻せないと判断される可能性が高いです。


これらはあくまでも予想、想像の範疇の話ですから、
『なってみない』とわからないことではありますが、
すでに『記録』された結果に関しては、自分自身で厳しく審査・判断するように
して下さい。


去年度の一学期よりも、点数、特に成績が下がっている場合、
それは『学年が上がって』勉強が“難しく”なったからでなく、
今年度から、平常点も含めて、厳しい審査・評価が行われていると言えます。


たまたまや、学年が上がり忙しくなったから、部活動などでレギュラーになって、
頑張り過ぎて、勉強をサボり過ぎたからでもありません。


例年であれば、『その程度』であれば、ノートや宿題を出して、
再試を受けて、追加課題などを出して、それで“成績”は『許されて』いたと思います。


“そう”なっていないのであれば、今年度の学年から変わってきていると思われます。


今年度一年生となった方は、比べようがないかもしれませんが、今までの傾向、
つまり、中学3年間、小学校6年間の推移を確認してみて、急に不合格や1などが
出てきた、あるいは増えたということであれば、それはもう危険信号が灯っていると
思って下さい。


特に中学一年生は、小学校時代ではあり得ないような点数、成績を取っている場合、
それは受験時の学力、地頭は、もう一切失ったというサインだと思って下さい。


受験が終わって、燃え尽きた、遊び過ぎた、私立校・中高一貫校に合格して、
入学して、安心しきって油断した、余裕を見せすぎたわけでもありません。


『もう』私立校・中高一貫校の洗礼を受けて、ゼロどころか、マイナスになっています。


この中間テストで、さらにそのマイナスを増やしてしまうと、もう期末テストまでは、
部活動どころか遊びや趣味などの片手間の勉強で“間に合う”ものではなくなります。


さらに、それを引き延ばせば引き延ばすほど、進級・進学できなくなることを
待つだけになっていくことでしょう。


そうならないためにも、この中間テストで、成績の挽回出来るくらいまでは言いませんが、
少なくとも一学期以上の点数を、取っておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11776011c.html
その他

365日24時間の審査

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

まだ連休中ではありますが、この連休の休みをどう過ごされたでしょうか、
また、来週の連休をどう過ごしたい、過ごすつもりでしょうか。


先日も書きましたが、この二学期は祝日、連休が多く、
『自由な時間』が多いことになります。


その自由をどう使い、過ごすかは、皆さんの自由ではありますが、
『学生』である限り、特にその学校での成績によって、進級・進学が決まる、
私立校・中高一貫校生にとって、普段の生活とその休日の過ごし方の『結果』として、
テストで審査・評価されるということを忘れないで下さい。


そんなの嫌だ、窮屈だと思うのであれば、今からでも遅くありません、
そういった縛りの無い、最終的に受験で一発逆転のある、
普通の、一般の学校に行くことをオススメします。


受験での審査を免除する代わりに、3年間の、普段の、休日の過ごし方、
そして、その『結果』を審査することで、受験なく内部進学できる、
あるいは指定校推薦などの権利を有利に得られるのが私立校・中高一貫校です。


その権利を、私立校・中高一貫校に“入った”“入れた”から、
無条件でもらえると勘違いしているのであれば、その思い違いを
正しておくことをオススメします。


これは、大変失礼ながら、親御さん、ご家庭の方“も”です。


大げさに言えば、私立校・中高一貫校生は、365日24時間、
つまり、日々毎日の生活、過ごし方、勉強をひっくるめて、
審査されているといっても過言ではありません。


学校に行っている間の8時間だけでなく、
ご家庭内での教育、躾け、子育て“すら”も『評価』の対象になっていると
言えるでしょう。


塾でも相談を受けることがありますが、『親』が言っても聞き入れないんです、
『親』の言うことを聞かないんですと、どんなに嘆かれようが、
学校の勉強、宿題が免除されるわけでも、進級・進学が許されるわけでもありません。


むしろ、『親』である親御さん、ご家庭の方が言っても聞き入れない子供が、
赤の他人はもちろんのこと、学校の先生の言うことなど聞き入れることなどないでしょう。


いやいや、学校の先生の論理的な、諭すような、プロの言葉であれば、
子供達がすんなり聞き入れるだろう、などということはまずありません。


昨今、親御さんとの関係がきちんとされていて、
親御さんの言葉を聞き入れる子供でなければ、学校の先生の言葉を
聞き入れることが出来る、『理解』できる、聞く耳を持っていることは少ないです。


むしろ、学校の先生の難しい言葉、言い回し、随所に出てくる単語などを、
(それでも子供達にわかりやすいよう言葉の選択はされているとは思いますが)
本当に、全く『意味がわからず』、理解できないという方が増えてきているように思えます。


一概には言えませんが、今の子は、親御さん、ご家庭の方との会話もそうですが、
大人との『対話』が圧倒的に少なく、語彙力もそうですが、文章・言葉の読解力も、
著しく低下しているように思えます。


そうなると、『親』が言っても聞き入れない、『親』の言うことを聞かないのではなく、
言っている『意味』『意図』そして『意思』を感じられない、理解できない、わからないから、
反抗、無視、聞く耳を持たないということになっているのだと思います。


一番近くに存在する親御さん、ご家庭の方がそういう状況・状態であったとすれば、
赤の他人の言うことなど、全く何も感じられないことでしょう。


昔であれば、多くの本や新聞、ニュース、それこそ教科書などを
見て、読んで、深く考えて、自分自身との対話によって、
それらを補っていたように思えますが、
今は、それがネットや映像、面白動画、友達とのSNS交流などに代わってしまい、
その価値観、その思想、その考えが強くなって、より親御さん世代と
差異を生んでいるように思います。


子供達の無限の可能性を、未来、将来を信じる、信じているという割には、
新しい価値観や思想、考えを認めないというのは、大人の悪しき慣習かもしれませんが、
今は、そうしたことすらをも認めている、許容しているという割には、
昔ながら固定概念や風習を捨てきれず、悩み、葛藤している
親御さん、ご家庭の方が多いように思えます。


私立校・中高一貫校にお子さんを入れるという親御さん、ご家庭の方は、
その典型かもしれませんが、『本当に』子供達の無限の可能性を、将来、未来を
信じるのであれば、別に、“たかだか”私立校・中高一貫校で、勉強が出来なくて、
成績が落ちてきて、落ちぶれて、進級・進学できなくなっても、じたばたする必要はないと思います。


私立校・中高一貫校での勉強、生活は向いていなかった、そのことがわかった、
それで良かったではないでしょうか。


こう書くと、ほとんどの親御さん、ご家庭の方に反感を買うことでしょうが、
その時点で、『絶対にそんなことにはしたくない』というのが“本心”で、
子供達の無限の可能性を、将来、未来を信じるというのは“建て前”ではないでしょうか。


そして、『絶対にそんなことにはしたくない』というのであれば、
もうわかっていることだと思いますが、建て前を一切捨てて、
何が何でも、強制的にでも、勉強させるために、
『勉強以外』の可能性、将来、未来を、一旦でも、一時でも、辞めさせて、
進級・進学に問題ない状況・状態にまですることが、唯一の解決策だと
思いますが、いかがでしょう。


そうでなければ、今年度以降は、親御さん、ご家庭の方のほうが、
本心と建て前で疲れていった上で、『結果』に絶望し、苦しめられることに
なると思います。


おそらく、この二学期を終える頃が、そして呼び出し・面談となった頃が、
そのピークを迎えることになると思いますが、その時に、
“まだ”取り戻せるだけの、現実的な『記録』であることを祈ります。


厳しい書き方になりましたが、今年度以降の私立校・中高一貫校の『結果』は
より厳しい現実、事実を突きつけてくることでしょう。


その時になって、後悔されることのないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11775698c.html
その他

二学期最初の連休

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

二学期最初の連休を迎えましたが、いかがでしょうか。


相変わらずの生活で、部活動で、遊び・趣味で忙しいでしょうか。


今月うるさく書いてきておりますが、そのことが原因、元凶で、
『結果』を落して、進級・進学の危機にならないことを祈ります。


普段の学校生活、授業も厳しさが増してきていると思いますが、
こういった祝日、連休があるということは、『自由にできる』時間が
あるということは、それだけ自己責任が重くなります。


夏休みもそうだったと思いますが、夏休み明けのテストに温情などありましたでしょうか。


テストの内容そのものもそうですが、結果の『点数』も、今まで通りの結果を
取れていますでしょうか。


厳しくなっているようであれば、今年度の学校・先生は本気になっているということを知る、
最後の機会だと思います。


これから先、学校・先生の本気を知るということはイコール即進級・進学に関わることですので、
わかった、知った時にはもう手遅れとなると思います。


呼び出し・面談で、進級・進学できないことを通告されるか、
かなり厳しい状況・状態であることを警告されるかはわかりませんが、
中間テストを終えた時点で、忠告、警告された場合、それはもう、期末テストで
高得点、好成績を取ることを“約束”されたことになります。


いやいや、一学期同様、“このまま”では進級・進学できないぞ、“次は頑張れ”と、
軽く言われた“だけ”と思うかもしれませんが、一学期と二学期とでは状況・状態が異なり、
“もう”すでに3〜4回の『記録』が、『証拠』が、具体的な数字・数値として出ており、
残りの『機会』が2〜3回しかないという現実を突きつけられていることになります。


“優しい”先生であれば、留年や退学の危険性、転校の強い勧めなどを訴えて、
どれだけ危険な状況・状態であるかを教えてくれることでしょうが、
厳しい先生なら、まぁ頑張れよ程度しか言ってくれないでしょう。


皮肉なことではありますが、前者の先生は皆さんのことを期待しての忠告ですが、
後者の先生は、もう見放したように警告しているだけに過ぎません。


さらに、そういった呼び出し・面談で済めば良いですが、
本当に進級・進学できないことを通告してくる呼び出し・面談に関しては、
もう職員会議などを行い、『決定』していることを通告するだけですから、
“救いようが”無くなります。


連休中に、そんなことを考えたくはないでしょうが、そのくらいの危機感を、
持っていないと、今年度以降は、こんな嫌な予言・予想通りになってしまう可能性があります。


部活動で、遊び・趣味で忙しい連休を過ごされているかもしれませんが、
この連休を有意義に、有効に使うことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11775484c.html
その他

祝日・連休が多い二学期

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

二学期はカレンダーの祝日の関係で、連休が多くなります。


と同時に、それに合わせて、というわけではありませんが、
授業の進度も速くなり、かつ、宿題の量も増やされることは、
容易に推測できることではありますが、今年度以降の私立校・中高一貫校では、
それこそ、祝日・連休を“休ませない”くらいの勢いで、
授業を進め、宿題の量も増やしてくることが予想できます。


さらに、もうすでに、夏休みの宿題などで実感していると思いますが、
『今まで』宿題など出さなかった、理科、社会などの科目からも、
宿題が出されるようになり、宿題の『数』も増えていくことも
予想できます。


もし、“そう”なっているにも関わらず、今まで通りに、部活動に、遊び・趣味にと
『忙しく』、『時間が無い』などと言ってはいられないでしょう。


今年度以降は、部活動の顧問の先生すらも、『そんなことは知ったことではない』と
強硬な姿勢を取る可能性があります。


部活動の顧問の先生がそうなったら、当然ですが、他の教科の先生などは、
もっと、そういった態度を取ることになります。


すでに一学期、無情、非情とも思えるくらいの点数、成績を付けられた
教科に関しては、この二学期、『自分なり、自分的に』“ちょっと”頑張った程度では、
一学期同様、いえ、二学期はさらに低い評価を受けることになると思います。


特に平常点に関しては、一学期、夏休みと『反省の色』が見られないとなれば、
学校の先生も人間ですので、かなり感情がこもった評価を付けることでしょう。


もちろん、あくまでも、機械的に、記号的に審査を行っているつもりでしょうが、
一学期、夏休みともう半年近く、伝えているにも関わらず、伝わらないというジレンマは、
人として、感情に訴えたくなる時もあるでしょう。


とはいうものの、先生は審査・評価を出す立場ですから、その感情を押し殺して、
淡々と成績を付けることになるとは思いますが、そういった感情をこらえればこらえるほど、
機械的、記号的な審査は厳しくなっていくことになるでしょう。


不思議な話ではありますが、感情を抑えて客観視すればするほど、
非情、無情とも思える主観に近い厳しい評価が出てくることになります。


むしろ、学校などのコミュニティなどにおいては、感情が入った主観のほうが、
子供達の無限の可能性、未来、将来を考え、温情が与えられることが、
多かったと思います。


先生によっては、どちらの審査・評価を受けることになるかはわかりませんが、
今年度以降、前者のように、容赦なく切り捨てるタイプの方は増えると思います。


部活動の顧問の先生の教科だから、あるいは、
今まで温情で平常点をくれていた教科・先生だからといって、
『何とかしてくれる』だろうと、甘い見積もりをしていると、
そのことが原因・元凶となって、進級・進学の危機にまで発展する可能性が
ありますので、気を付けておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11775341c.html
その他

9月2週間経つ

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

9月は30日しかありませんので、2週間目となった今日を過ぎれば、
明日は残り半月、明々後日には、残り2週間となります。


この2週間が早かったように、それ以上に残り2週間は早く感じられるでしょう。


2週間と言っておりますが、祝日分の2日を除ければ、9月は明日を含めて、
11日しか、学校に登校しません。


部活動のために、登校する方もいるかもしれませんが、少なくともその
11日しか、“授業”を行えません。


そして、明けて10月、早速中間テストを迎える方は、その11日間で、
進んだ範囲でテストを行うことになります。


来週、再来週で、今週以上の急ピッチで授業を進める先生もいるかもしれませんが、
そうでない場合、この二学期中間テストは、一学期、夏休みの宿題の範囲も出て、
かつ、内容が難しいものとなる可能性があります。


そうなると、やることが増えてきますが、連休が“使えない”ということであれば、
残りの平日と土曜の日数で、“何とか”するしかないでしょう。


もうこの段階になりますと、誰かに『何とか』してくれ、
それも『効率良く』『少ない時間で』と頼むのは
限りなく不可能だと思います。


可能性があるとしたら、同じ学校で同じ先生に習い、同じ授業を受けている、
勉強が出来る方から、懇切丁寧に“習う”しかないでしょうが、
その方だって、自分の勉強があるわけですから、つきっきりで教えてもらうというのは
難しいでしょう。


また、部活動、学校行事で忙しくなっている学校の先生も、雑務に追われて、
時間をかけて、丁寧に教えてくれることはないでしょう。


学校の先生に関しては、本末転倒な感じがしますが、
部活動、学校行事も充実させてほしいという皆さん、親御さん、ご家庭の方の
要望“も”叶えるために、頑張っていることを考えると、
これ以上の負担は出来ないでしょう。


授業中、『効率良く』『短い時間で』教えてもらったのですから、
そこで『効率良く』『短い時間で』学び、習得して、家で確認・復習をして、
対応して、テストに臨むようにして下さい。


10月中旬以降にテストがある方は、『10月』になった日から、
そうなっていきますが、その時に、宿題も終わっていない、
ノートもまとまっていない、自分がわからないところがわからないという
状況・状態では、もうこの二学期中間テストは、“間に合わない”でしょう。


一学期同様、『まだ』中間テストだから、『まだ』期末テストがあるからと、
思っている限り、呼び出し・面談の危険性が高まっていくことでしょう。


それが、中間テストを終えて、結果が出て、『すぐに』とならないことを
祈ります。


今年度以降は、その段階で、学校を去る、クラスから居なくなっていく方も
出てくると思いますが、その『見せしめ』となった方を反面教師にして、
気を付けていくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11775147c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト