立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

4月1日で強制的に切り替わる学年

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

毎年、書いていることではありますが、日本の学校では、
4月で学年が切り替わります。


それは、言い方が悪いですが、『強制的』に変わることになります。


特に、義務教育期間となる、小学校・中学校では、
『どんな成績』『どんな状況・状態』であろうと、
問答無用に、学年が繰り上がっていきます。


その時、その学年における、勉強が出来ていようが出来ていまいが、
修学出来ているかいないか、関係なく、学年が上がっていくことになります。


私立校・中高一貫校も、この仕組みに従って、『中学校“まで”』は、
『どんな成績』『どんな状況・状態』であろうと、
留年することなく、進級していくことになります。


ただ、その内容は、とんでもないことになります。


私立校・中高一貫校での授業の進度や質に関して、
他の学校と比べて『特色』があるということは、
その分、『遅れや抜け』があった場合、
他の方よりも『格差的』に、その修学が遅れることになります。


これが、私立校・中高一貫校の『勉強』に
“ついて”いけなくなる典型となります。


そして、そこからは『記録』される『成績』によって、
加速度的に、“追い込まれていく”ことになります。


昨今、軌道修正がなかなか出来ないようになっているのは、
授業の内容が難しくなっている、進度が早いこともさることながら、
何よりも『文武両道』の推し進めが、『ご家庭内』でも
浸透してきていることだと思います。


部活動や習い事、趣味にと、お子さんの『可能性』を否定するのは、
悪の所業なのかもしれませんが、その結果、『進学』の可能性を、
狭める危険性も覚悟して下さい。


昨今のこういった修学状況に『遅れ』が見られる方の多くは、
もうすでに『手遅れ』になっている状況が多いです。


それは『記録』されている『成績』もそうですが、
何よりも、そこから『挽回』するだけの『時間』と『学力』が、
圧倒的に足りないことが多いです。


“遅れた”分と書いておりますが、主要科目であれば、
“一年間”で約150〜200時間の『授業』分もの『遅れ』と
なりますので、週に1回2回、1・2時間、塾に通う、
家庭教師に習うで、間に合うものでは無くなってきています。


一昔前なら、そうはいっても、要領よく、ポイントだけ抑えれば、
コツを覚えれば、遅れた分の修学をすぐに修正・回復できた方が
多かったように思えます。


しかし、今は、その遅れた分を、さらに相乗させるかのように、
『今まで通り』の“生活”を続けられて、その“取り戻すこと”すらも、
『効率化』を求める方が増えてきています。


もうすでに、『効率化』をすることを“失敗”してきているにも関わらず。


よく書いていることではありますが、私立校・中高一貫校において、
最も効率が良いのは、『一学期・二学期』の時点で、その学年における、
『基準』となる、『点数・成績』をほぼ取ってしまうことです。


そうすれば、全く何の問題もなく、進級・進学できるでしょう。


しかし多くの方は、まぁまぁ、最後の最期、三学期、学年末テストで
“なんとかなる”だろうと、タカをくくって、その中でも『要領の悪い』方が、
進級・進学出来る出来ないで、『学校・先生』に『お説教』されるくらいだろうと
思われることでしょう。


失礼ながら、これは『親御さん』も含めて。


実際に、そんな大多数の中でも、よほどの失敗をしない限りは、
進級・進学出来ている方のほうが多いから、勘違いされるのだと思います。


この方々の中から、『手遅れ』となってしまう『候補生』が生まれていきます。


まだ、この段階では、『手遅れ』とまではいわない状況・状態の方が多いですが、
次学年になって、さらに一学期・二学期と『記録』を重ねてくると、
その『手遅れ』が徐々に近づくことになります。


正確なデータを取ってはおりませんが、
当塾でも、中学2年の二学期までの『成績』の積み重ねを、
その後の進学・進級の指標として、見ております。


ここまでに軌道修正しないと、そこから先は“生まれ変わった”ように、
学校生活・私生活と全ての環境を変えないと、まず高校進学は難しいでしょう。


仮に進学できたとしても、その後の進級が難しくなるでしょう。


高校から“変わる”という場合でも、1年次の二学期までが、
リミットとなります。


そこから先、生まれ変わったとしても、大学への進学は、
かなり厳しいものとなるでしょう。


そんな予言めいたことに何の根拠もないだろうと思われるかもしれませんが、
『受験』ではなく、『記録される成績』で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校においては、『記録される成績』の『回数』が根拠となります。


『記録される成績』で進級・進学が決まるということは、1年生の一学期から
3年生の二学期までの、『8回』の成績で決まるということです。


中学2年次の二学期は、ちょうど、その『8回』の折り返し地点、
『5回目』の成績が『記録』されることになります。


一応、計算上は、それまで全ての教科をオール『1』を取っても、
その後、全てオール『5』を取れれば、トータル平均して、
『3』にすることが出来ることになりますので、
進学条件をクリアできる“可能性”があります。


しかし、これはあまりにも現実的ではありません。


成績『1』の方が、成績『5』を取るためには、学力向上はもちろんのこと、
学校生活も一変させるくらいの意識がない限り無理でしょう。


教科の先生によっては、もうすでに『印象付け』がされていて、
どんなに点数を取っても、平常点を加味してもらえず、
成績は『4』しかもらえないなんてことになっていることもあります。


また、そもそも、その成績『5』を取る条件が、平常点満点を取った上で、
さらに、テストでの点数が、90点以上、95点以上を取らなければならない
などの条件になっていることもあり、まず、成績『5』を取るには、
『入学時』から意識して、勉強していないと、取れないようになっていることもあります。


ですので、当塾としては、中学2年次に、成績『1』を取ってしまった教科、
あるいは主要科目で取ってしまっている場合は、基本的に『進級・進学』は
難しいと判断しています。


それでも、『今まで通りの生活』をされたがる方、ご家庭が多くなってきており、
塾としては『最低限』のお手伝いしか出来なくなっております。


塾では(おそらく学校でも)、この中学2年次の二学期の状況・状態で、高校進学、
また高校以降の進級・進学に関して、『ある程度』の予想がついており、
そのことを注意喚起しても、聞いてもらえない方、ご家庭のほとんどが、
進級・進学できずに学校を去っている、去ることになったと聞かされています。


高校生ともなると、この前兆・予想はもっと早く、高校“1年”次の
二学期の状況・状態で、ほぼほぼその後の状況・状態が予想できます。


『一発逆転』の“受験”なく進級・進学が決まる私立校・中高一貫校においては、
こうした『積み重ねた』『記録した』“成績”で、
その後の展開がほぼほぼ“決まって”しまいます。


これは、親御さんも含めて、よく考えられることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11573284c.html
その他

3月残り2週間=今学年残り2週間

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

3月もあっという間に残り2週間を切りました。


学生時代は、気付いたら・・・という感覚で過ごしていると、
本当にあっという間に過ぎることになります。


卒業してから思うのはもっと目標を持って、
“何か”を達成しておけばよかった。


勉強だけが、学生のやることではないと、
“いろんなこと”をしたつもりだったけど、
結局何もしていないのと同じだった。


この長期休みも同様に、過ぎ去ってからこう思うことが、
後悔の始まりとなります。


自分はもっとやれることがあったと思うのは、
おそらく、『それだけの時間と自由』があったためでしょう。


しかし、過ぎ去ってからのその時間と自由は取り戻せません。


何を当たり前のことを思うかもしれませんが、
テストを終えてから約2週間ほど経った、この期間、
『その時間と自由』で得たものはありますでしょうか。


毎日イベント事で忙しく面白おかしく楽しく、
過ごしたという方もいるかもしれませんが、
それで“得た”ものは何ですか?


そして、これから先の2週間で“何”をしますか?


目的や目標なく日々を生きることは、その“習慣や癖”は、
大人になって必ず自分を苦しめることになります。


そのことを気づけるようにというわけではありませんが、
学生時代は、テストや勉強、宿題などはもちろんのこと、
学校行事や部活動などで、その『習慣や癖』を“直せる”ように
なっています。


教育関係者だから、何でも『勉強』に結びつけると思われるかもしれませんが、
別に、それを『自分の好きなこと』『やりたいこと』『夢や将来・未来のこと』で
“行っている”というのであれば、学校の勉強にこだわる必要はありません。


ただ、学校の勉強であれば、それを体系的にかつ、簡単に学べるということに、
気付けないまま、学校を卒業することになることだけは避けたほうが良いでしょう。


そうなった時からの悲劇は、後悔は、計り知れないものとなります。


3月も残り2週間です、そして、今学年も残り2週間で終わります。


もし、残り2週間、“何も”することがないというのであれば、
せめて、今学年で習ったことを、もう一度確認するくらいやってみては
いかがでしょうか。


少なくとも“そういった”目的意識を持って日々を過ごす『習慣や癖』を
身につけることができた時、来月以降、大きな力となって、
自身を助けることになると思います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11572663c.html
その他

春休みの始まり

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週には、卒業生はもう春休みが始まっている、
在校生も、遅くとも、明後日までには終業日を迎えると思います。


春休みは冬休みよりは長いですが、夏休みよりは短いです。


何を当たり前なことをと思われるかもしれませんが、
昨今の『文武両道』の流れから、この春休み、
部活動の合宿や練習が、“夏休み”と同等、あるいは、
それ以上のものとなっていることが多くなってきています。


夏休みの場合、お盆前後に休みがあったりしたと思いますが、
この春休みは休みなく、毎日やるという部活動もあると思います。


それが後の大会の結果に結びつく“努力”となるのでしょうが、
同時に、勉強や進路、進級・進学に関係してくるようになってくると、
この春休みの過ごし方も気を付けなければならないと思います。


学年としての勉強を終え、本当に、今学年の修学に問題なく、
進学に問題ない成績を収めた方にとっては、うるさい話かもしれませんが、
毎年、この時期、学年としての成績で、『不合格』や『1』という、
“進学”に大いに関わってくる成績を取った方が、『権利主張』されることが
多いです。


他の方同様に、自分も青春を楽しむ権利がある。


もちろん、そのことは絶対的な事実ではありますが、
“本当”に、そう権利主張して、過ごして、大丈夫なのか、
よく考えて下さい。


厳しい言い方になりますが、“他の方同様”と言えるだけの
『義務』と『努力』を果たしてきたと胸を張れますか?


記録化が進む今後は、こうした『義務』や『責任』を果たさずに、
『権利』だけは、平等に与えろと、主張する方に対して、
厳しい処置を取られるようになってくると思います。


私立校・中高一貫校での進級・進学の問題は、
まさにこの縮図となっているように思えます。


『義務』や『責任』を果たしてさえいれば、
『権利』はもちろんのこと、『機会』や『自由』までも
与えられますが、果たしていなければ、そして、
それが『記録』という形で残った場合、一切の権利を
はく奪されるかのように、進級・進学できない処罰が下されることになります。


連日厳しいことを書いておりますが、年々厳しさを増してきている学校に対して、
年々、軽く考える、なってみてから考えるというご家庭が増えてきています。


最終的に一発逆転がある受験で、頑張るというのであれば、問題ありませんが、
私立校・中高一貫校に入る多くの方が、ご家庭が、そんなことを考えて、
入学されていることがありません。


その学校で、“普通”に進級・進学していき、“普通”に卒業していき、
“普通”に大学までの道のりを歩んでいくことが『大前提』になっていると思います。


もちろん、その中で、その学校の教育方針やカリキュラム、行事や施設、
さらに今なら、留学やグローバル、ITを取り入れた最新の授業などによって、
これからの社会を生きる人間性を育み、世界へ未来へ羽ばたいていけることを
願っている方もいるとは思います。


しかしながら、その大前提、その理想に反して、『現実』は厳しくなってきています。


学校行事などが増えれば、その分の日程を確保するために、
『普段の授業』を“詰める”ことになります。


当然、授業の進度は早くなり、クラス内での学力も格差ができ、
テストの内容は“出来る”方に合わせるようになったりとしています。


学校側としても、こうすることによって、有名他校、大学への“受験”対策も
できるようになり、実際に、成績上位の方は素晴らしい結果を出すことで、
嫌味な話ではありますが、広告・宣伝効果も大となります。


その輝く光の『影』に泣く方がいようとも、この傾向は今後突き進んでいくことに
なると思います。


多くの親御さんが、自分の子供が、まさか、この『影』になるなどとは、
入学時はもちろんのこと、1年次、2年次となっても、微塵も考えない方が、
増えてきました。


増えてきたというよりも、『極端』になってきたように思えます。


それこそ、そんなこと『なってみないとわからない』ことでしょうと、
いつまでも決断せずに、記録されている『成績』をただ眺めているだけの方と、
『なることを想定・予想した』上で、被害を最小限に抑えようと、
事前事前に対策される方とで両極端になってきています。


失礼ながら、子は親の鑑の名言通り、ほとんどの場合、
親御さんが“そう”考え、言動、態度、姿勢を取ることで、
お子さん“も”、“そう”考え、言動、態度、姿勢を取ります。


それが、通っている私立校・中高一貫校において、
『通用』するかどうか、レベルや程度によることになります。


今後、教育業界でも大きな変革期を迎えることになると思いますが、
“優しく”なるということは、まずないと思います。


私立校・中高一貫校は“入りやすく”なるかもしれませんが、
『入ってから』がより大変になっていくと思われます。


それにより学歴・経歴に傷がつくだけならまだしも、
本来その学年で修学すべきことを、修学できないまま、
学校から追い出されるということが増えてくると思います。


そういった可能性も秘めているということを踏まえて、
改めて、もう一度よく考えてみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11572218c.html
その他

進級・ご卒業おめでとうございます

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週中には進級、そして進学=卒業が決定していることだと思います。


おめでとうございます。


私立校・中高一貫校において、進級・進学“できない”場合を除いて、
この言葉はそこまで意味をなさないかもしれません。


なぜなら、当たり前の『通過儀礼』のようなものだから、
同じ学校、同じ校舎、同じ先生、同じ友人と、
『代り映え』のない、いつも通りの日常のように感じられるかもしれません。


しかし、先ほども書いたように、進級・進学“できなかった”方にとっては、
皮肉なことに、感慨深いものとなるでしょう。


もう二度と、その学校で、その校舎で、友人たちと学校生活を送れません。


進級できず、留年となった方も、学年が異なる友人に引け目を感じ、
今まで通り、“普通”に接することは難しいでしょう。


そのことを今まさに感じられているかもしれませんが、
残念ながら、『それ』も含めての『自己責任』となります。


日本では、こうした“普通”や“当たり前”から逸脱した方に対して、
奇異の目で見る傾向があります。


ことわざや慣用句になどにも、
人目につく、人目に立つ、人目を引く、人目を忍ぶなど、
他人の目を気にするようなものが多いです。


それがそのまま、その人の評価に繋がってしまうことが多いのが、
閉鎖的な考え方であり、社会全体の問題なのかもしれません。


個人的には、このようなことで、人が『差別』に似た『区別』を
受けることは言語道断、“たまたま”通っている私立校・中高一貫校では、
その能力を発揮できなかっただけで、そのように評価を下すほうが、
悪の権化だと、理想的にいえば、そう語れることでしょう。


しかし、同時に、進級・進学『出来なかった』ということは、
その『理由』は、世間一般的に見る、『普通』や『当たり前』から逸脱したものが
あるのだろうという、偏見や勝手な決めつけを持ってしまうのも現実的な話だと
思います。


理想論で語るのは簡単なことではありますが、現実的には、
進級・進学『出来なかった』という事実は、そして、『記録』は、
一生とまでは大げさかもしれませんが、少なくとも、
就職活動等、仕事や夢に就く時に、ついて回ることを懸念しています。


昨今の記録化は、よりその偏見や勝手な決めつけを増長させてしまうのでは
ないかとも思っております。


学歴主義の是非は問われるようになってきておりますが、
『失敗』した方の経歴に関しては、より偏重していくのではと
懸念しております。


何をもって『失敗』かは個人の考えによるとは思いますが、
一般的に、『“普通”や“当たり前”』から逸脱したように思われることに
関しては、世間は厳しい目で見ると思われます。


そうなった時、私立校・中高一貫校における本当の『悲劇』の始まりの
ようにも思えます。


進級・進学できなかった方に対して、鞭打つような書き方になって
しまいましたが、この危険性は、可能性は、私立校・中高一貫校に
通っている全ての方が秘めていることになります。


不安を煽るようなことを書いて、宣伝しているのだろうと思われるかもしれませんが、
むしろ、その逆で、塾や家庭教師などに“安易”に頼るよりも、
通っている学校での生活、勉強、授業をよく見直して、
勉強以外の部活動や習い事、趣味などをよく考えて、
自分の進路を、人生をよく考えてみて下さい。


学校での生活、勉強、授業をおろそかにして、
学校以外のところ、塾や家庭教師に見てもらったからといって、
それを“免罪符”にするかのように、考えられることが、
最も意味がない、効果がないことだと、教育関係者ながら思っております。


親御さんも、もう一度よく考えて、お子さんの学校での生活、勉強、授業が
どうなっているのか、勉強以外の部活動や習い事、趣味などをどうするのか、
お子さんの進路を、人生をどう導くのか、よく考えての決断をされることを
オススメします。


あれもこれもどれもと、可能性を追うことが、
必ずしも選択肢を広げる結果になるとは限らないということを、
よく考えられることを願います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11571768c.html
その他

3月も半分が過ぎる

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

3月も半分が過ぎようとしていますが、そろそろ卒業・終業となった方もいると思います。


毎月うるさく日数のことを書いておりますが、もう3月は2週間を過ぎています。


それだけの期間を“過ごした”中で、勉強はもちろんのこと、
自分の夢や将来・未来に関することでも構いません、
『何か』を残せていますか。


『人生の足跡』などと書くと実感はわかないかもしれませんが、
『日々の努力』としてやっていること、胸を張れること、
『その結果』出した成果、効果などを、感じられていますでしょうか。


勉強などは、“模試”“定期テスト”や“成績”などがあって、
学生にとっては嫌かもしれませんが、『評価』して“もらえて”、
具体的な結果を、数字・数値を示してもらえます。


そうして可視化された『自分』を確認することで、
日々の努力を、その結果を、『考える』ことができるようになっています。


皆さんの思い描く、自分の夢や将来・未来に関することではいかがでしょうか。


部活動、趣味や習い事などなら、大会や賞などがあって、
それらを目指すように『計画』を、『練習』を、“与えられて”、
そして、結果も示されることでしょう。


しかし、いざ、自分一人でとなった時、いかがでしょうか。


この春休みもそうですが、長期休みの夏休み、秋休み、冬休みなどにおいても、
同じことが言えます。


“受験”を考えなければならない方は、いつか、どこかのタイミングで、
勉強に専念し、不安を抱えながらも、過ごすことになりますが、
“受験”なく、進級・進学できる私立校・中高一貫校では、
この期間は、まさに何の不安もなく『自由』を謳歌でき、
夢や将来・未来を見据えた『挑戦』を行える期間だと言えます。


そんな期間を、学年末テスト終えて、すでに1週間以上与えられていると
思いますが、いかがでしょうか。


多くの方が、そんな風には考えたこともなかったということになると思いますが、
高校、大学と学年が上がり、社会人になるころには、その私立校・中高一貫校時代での、
『時間』と『機会』を惜しむかのように思い出すことになるでしょう。


何の不安もなく、ただ“普通”に勉強していれば、そこそこの点数、成績を
取っていれば、進級・進学できるという環境・状況など、
おそらく、もう一生与えられることはありません。


そのことを、その時にはわからない、その当時にはわからなかったことが、
一番心残りになることでしょう。


なるべく、その心残りを残さないように、この3月残りの日々、そして春休みも、
悔いのないように過ごされることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11571053c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト