立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

一学期2週目

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

一学期が始まって2週目になりましたが、先週までガイダンスのために、
授業が無かった方は、今週から授業が始まると思います。


ここからは待った無しで走ることになりますが、
まだまだそんな危機感も無く、わからないことなどなく、
“ついていけている”と思うことが多いでしょう。


予習などしなくても、復習などしなくても、
理解できる、覚えているから大丈夫、余裕と思っていると思います。


学校の勉強はその通りです。


一つ一つをきちんとやっていれば、授業でしっかり聞いていれば、
誰でも困ることなく、学んでいくことができます。


しかし、テストで、成績で、それが反映されない方が出てきます。


原因のほとんどが、勉強ができるできないではなく、
授業を聞かない、先生の説明を聞かない、ノートを取らない、
そして、最低限の『演習』をしないことです。


その積み重ねが、格差的になってしまって、テストで、成績で、
差がつくことになります。


絶対評価の私立校・中高一貫校では、他の人の点数や成績など、
関係してきませんが、授業、勉強の進度、質、量は、
基本的に“できる”方に合わせられます。


やらない方はもちろんのことですが、“できない”方に対して、
『合わせて』くれることはありません。


私立校・中高一貫校としてのレベルを下げるわけにはいきませんので、
やらない方はもちろん、できない方も、学校から去ってもらうか、留年してもらうか、
あるいは進級・進学させないで、卒業だけしてもらうかとなります。


スポーツや文化面において、一部の特殊な才能を持っている、
あるいは結果を出している方を除いて、
どうしても学校に残ってもらいたいという態度・姿勢を
学校・先生が取ることはありません。


特に来年度から施行される『高校生のための学びの基礎診断』によって、
各学校の本当の学力、特に私立校・中高一貫校の場合、入試の偏差値と、
“通ってから”の偏差値が出るということになりますので、
それがそのまま、学校・先生の評価、レベルに繋がることになります。


その偏差値に格差が出た場合、次年度以降の受験が様変わりすることに
なることが予想されます。


志望者の増減はもちろんのこと、合格者の数も、質も変わることになると思います。


在校生にとっては関係ない話かもしれませんが、学校・先生にとっては、
大いに関係する話になります。


大学まで内部進学できる付属校は、大学側からこのテストの結果の
開示を求められたり、進学要綱に関わることなども予想されます。


内部進学するから関係ないと思っていると、
そのテストが進学の足を引っ張ることになるかもしれません。


今年度以降は、そのことも気を付けて、見据えて
勉強していかないと、進級・進学できなくなってから困ることになりますので、
注意しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11726419c.html
その他

GWの予定・計画を立てる

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

毎年この時期からうるさく書いておりますが、
始業間もないこの時期は1・2週間後の予定・計画すら
立てられないという方が多いです。


その理由は、部活動や授業の進度、宿題の可否などが、
『どうなるかわからない』から、予定や計画が立てられないというものが
多いです。


数年前からこの傾向が強く出てきておりますが、
失礼ながら、親御さん・ご家庭においても、
この傾向が色濃く出てきてしまっているように思えます。


情報化が進む今、社会的にも、今後本当にどうなるか予想できない、
わからない、『だから』、予定や計画などは立てずに、
その場その場で臨機応変に対応し、効率良く『こなす』ことが、
幸せだと考えているかもしれませんが、そうして培った臨機応変の能力も
何とも薄っぺらい、その場しのぎの愚策となってしまっているように
思えますが、いかがでしょうか。


上手くいったらラッキー程度の綱渡りでしかない臨機応変では、
今後の社会において、『どうなるかわからない』状況・状態が
続いていくだけの不安定なものとなると思います。


昨今、塾内でも、このように『どうなるかわからない』から、
計画や予定が立てられないという方が、非常に多くなってきましたが、
“たかだか”学校の勉強、テスト、成績“ごとき”ですら、
そう言っている方は、進級・進学のギリギリの綱渡りを
されている方が多いです。


さらにはその先の進路、未来・将来ですらも、
そうなっていることが多く、“上手く”いったという話は
ほとんど聞くことがありません。


むしろ、進路、将来・未来において、上手くいった、
希望通りになった、あるいはそれ以上に道が開けられたという話は、
『どうなるかわからない』ことに対して、きちんと計画・予定を立てて、
勉強や宿題など、『やるべきこと』『優先すべきこと』の時間、予定を
きちんと決めて、それを最優先する方からよく聞きます。


それもそのはず、『どうなるかわからない』ことに対して、
“やらない”“決めない”という選択を、決断をするのではなく、
(自ら)“やる”“決める”という態度、姿勢をもって、
行動するので、その行動が仮に失敗、無駄になったとしても、
そこから多くのこと学び、さらに次につなげるようにしているから、
どんどん、自分の理想に、さらには希望通りの道へと近づくことになります。


逆に、これも皮肉なことではありますが、
“やらない”“決めない”ということを、
『やる』『決めた』と屁理屈を言って、
(自分にとって)『楽な道』『楽しい道』を選んでいく方ほど、
理想や希望から遠ざかっていくようになっています。


2週間後から始まるGWですが、それすらも計画・予定が立てられないとなると、
一か月後、あるいは一か月半後に迎える、『一学期中間テスト1・2週間前』も
同じようなことを言って、計画、予定が立てられないことでしょう。


テスト前の常套句、逃げ口上はこうでしょう。


テスト2週間前では、テストの日程(初日・二日目・三日目)に
どの教科が、何限に来るかわからないから、テスト範囲が決まってない、
知らされていない、わからないから。


テスト1週間前では、宿題、課題が終わってないから、
勉強を始めたばかりでどのくらいの量、ペース、さらには、
自分がわかっていないところがわからないから、計画・予定を立てても、
計画・予定通りにならないから意味がないから。


これはGWの計画・予定でも同じようなことを言って、思って、
計画・予定を立てられないとしていませんか。


まさに『どうなるかわからない』からなのでしょうが、
これらほとんどが、『自分の人生』『自分のこと』よりも、
『他人との予定』『他人の都合』に振り回されているように思えてきます。


社会生活をするにおいて、他人との関わり合いがある以上、
どうしても『他人の予定』『他人の都合』に振り回されることは
あるでしょう。


しかし、どうでしょう。


皆さん、普段は、普段なら、そういった『他人の予定』『他人の都合』になんて、
“絶対に”振り回されたくないといって、特に、家族や親御さん、学校の先生、大人に対して、
反抗し、反発し、自分の好き勝手にやらせろ、自分の好き勝手にやるんだと、
言っている、思っている、さらには、そう“行動”していると思っていませんか。


しかしながら、そう言っている、思っている、行動している“つもり”で、
全くもって事実はその逆、『他人の予定』『他人の都合』に振り回されっぱなしで、
自分の予定、都合、さらには思い描く理想、希望から程遠い道を歩んでいると
思いますが、いかがでしょうか。


それが、自ら計画・予定を立てられず、その計画を、予定を、
確固たる意志をもって、自ら実行できないことの一番の害になっていると思います。


失礼ながら、この害をこじらせている方は、
『自分の人生は自分のもの』や『自分のやることは誰も止める権利がない』などといった
“綺麗事”の口癖が多いように思えます。


その綺麗事を本当に達成するために必要となるのが、
絶対的に優先すべき自分の計画、予定を、自分が絶対的に行うということなのですが、
上記したように、計画、予定を立てろと言われると、『どうなるかわからない』からと、
逃げてしまうのではないでしょうか。


『どうなるかわからない』のは、他人の予定や計画、都合であり、
それに振り回されて、自分の予定や計画、都合が変動してしまうどころか、
決められもしないというのであれば、自分の理想や希望など、
“臨機応変に”うまくやれることなどありません。


これは今後情報化が進めば進むほど、その格差を肌身で感じられるようになるでしょう。


言い方が悪くなりますが、社会的に『(他人を)使う側』と『(他人に)使われる側』との
明暗がはっきりと色濃く出てくると思います。


他人の予定や計画、都合に振り回されるだけの人生が“悪い”というつもりはありませんが、
多くの方は、『そうなりたくない』と言いながら、『そうなって』いくのを見ていると、
根底にあるのは、こういった自分の計画、予定を立てられない、自分で行えないという
ところにあると思います。


そういったことをできる限り学生時代の内に学んで、さらに実験、修正を繰り返し、
自分の計画、予定の立て方、行動の仕方などを学んでおくことをオススメします。


学生時代は、学校行事やテストなどにおいて、そういったことを学びやすくなっています。


このGW、早速そのことを勉強してみてはいかがでしょうか。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11726214c.html
その他

4月は残り2週間

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

正確には2週間と二日ありますが、今月末からGWとして、
お休みになる学校が多いと思います。


GWは中二日の登校日があるかもしれませんが、短縮授業だったり、
不規則な時間割だったりで、実質休みのようなものとなるでしょう。


最も、今年度からはきちんと時間割通り授業を進め、さらには追加の宿題などを
出すということもあるかもしれません。


いずれにしても、この4月は残り2週間ほどで、
学校に登校するのもあと10日でしょう。


部活動に入った方は、早速の洗礼として、休みなく練習練習と
なっているかもしれませんが、4月末と5月上旬の祝日を終えると、
そこから先は、連休・祝日なく過ごすことになります。


そうして、中間テスト、期末テストと受けることになりますが、
この一学期において、学校生活のリズムや習慣が身につけられない、
あるいは忙しすぎて、授業についていけない、勉強が追い付かないとなったら、
すぐにでも対応を考えないと、一学期において、進級・進学の合否が
決まる可能性があります。


今年度以降の『なってみてわかった』に関しては、自己責任が重く、
その後のフォローもあまり期待できないものとなります。


今まで通り、追試を受け、補習を受け、課題を出せば、
『許される』とは限らないと思います。


むしろ、進級・進学できなかった後の受験対応などのことを考えると、
出来る限り早い段階で『結論』を出したほうが、子供たちの未来・将来を、
助けることになると考えられます。


そうなると、やはりこの一学期での挙動が重要になってくることでしょう。


この一学期を悠長に構えている方は、結果が伴わなければ、
かなり厳しい状況に立たされることになるでしょう。


毎年、この一学期に点数を取りましょう、成績を取りましょうと
推奨していますが、今年度以降は、“取れなければ”、
今まで通りの生活を捨て、部活動も辞め、生活を一変させるくらいでないと、
二学期、あるいは二年次までに挽回できませんということになると予想されます。


つまり、この一学期を落としてしまう方は、もう自由を得る権利がなくなると
いうことになります。


あくまでも“通っている”学校で進級・進学していきたいのであれば。


そうでなく、最終的に他校受験するから、卒業資格だけ取れればいいというのであれば、
この一学期はそこまで気にしないでも、“進級”できる程度の点数、成績を取っていれば、
良いと思います。


しかし、進級はもちろん、その先の進学、それも内部進学で、自分の好きな進路を
選べる立場になりたいというのであれば、この一学期に決断しないと、
進路を選べるどころか、内部進学、卒業すらも危うくなると思います。


先ほども書きましたが、今年度以降、結果に対する評価は厳しいものとなり、
自己責任としての処罰、そしてその後のフォローに関しても、
十分に得られないことを考えると、『ギリギリ』を楽しむかのように、
各学期、各学年を進級していくのは危険です。


いつ、『進学出来ない』ことが決まるかはわかりませんが、それが早い段階で
決定されるようになっていた場合、地獄の期間が長くなります。


よく書いていることではありますが、内部進学が決定する、あるいは与えられることが
当然、当たり前と思っているクラスメートと進学できないことが決定し、受験しなければ
ならない方が混在する状況・状態は環境として宜しくありません。


勉強は進みませんし、精神的にもつらいことになるでしょう。


自己責任とはいえ、同じように馬鹿なことを言って、馬鹿なことをしているように
思えるクラスメート、友人・知人は内部進学出来て、自分はできないということに
差別を感じ、憤りを覚えることでしょう。


それも自らが望んでならまだしも、
“たかだか”学校のテスト、勉強、成績“ごとき”のことで、
こんな仕打ちを受けるなど、納得できないことでしょう。


しかし、学校のテスト、成績の結果で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校の場合、それが“全て”であり、
同じように馬鹿なことをいって、馬鹿なことをしているように
見えているクラスメート、友人・知人は、それをうまく取っていることになります。


そのことは理解しての葛藤なのだとは思いますが、
なかなか納得できるものではないでしょう。


話が脱線してしまいましたが、2年後、1年後、さらには半月後に、
“そんな”ことにならないためにも、この一学期での早い決断、判断を
することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11726074c.html
その他

進級・進学要綱、シラバス、学習指導要領、成績の付け方など熟読する

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週末はじっくりゆっくり、目を凝らして、
進級・進学要綱、シラバス、学習指導要領、成績の付け方など熟読することを
オススメします。


そして、これは口酸っぱく言っておりますが、親御さん・ご家庭の方も、
『一緒』になってみておくことを推奨します。


特に大学まで付属の私立校・中高一貫校の場合、“高校生”になっても、
いえむしろ、高校生だからこそ、親御さん・ご家庭の方が、
進路のことを一緒に考えないと、最悪の結果を招くことになります。


大学まで付属の私立校・中高一貫校で、進級・進学できないことが
わかってから、大学受験のことを考え始めることはかなりのリスクとなります。


特に今年度以降、2020年度前後に関しては、予備校や進学塾でも
対応が難しく、一般の学校や進学校ならまだしも、
私立校・中高一貫校で、さらに基礎学力を抜け落とした状況・状態の方の
進学指導を行えるところは多くないです。


そうなれば、当然、大学受験に関しても、
合格する可能性はより一層低くなります。


進級・進学要綱がそこまで関係してこない一般の学校や進学校でも、
指定校推薦などの条件・情報が切り替わることを考えると、
やはりこの時期に一度よく見ておき、整理しておくことをオススメします。


昨今は、『高校生』になったのだから、自分のことは自分で考え、
自分で責任を持って行動してと考える親御さん・ご家庭の方が増えてきました。


無限の可能性ある、未来・将来ある子供たちに『自由』を与えるという意味では
推奨されることかもしれませんが、そうした親御さん・ご家庭の多くが、
いざ、進級・進学できない、学校を辞めることになりそうだとなると、
ちょっと待て、“そこまで”は許容できないと言われる、思われる方が多いです。


そして、お子さんとの対立が始まり、衝突することになります。


子供たちからすれば、今まで何も言わずに、自由にさせてくれていたのに、
進級・進学のことはもちろん、進路のこと、学校でのことなど、
“知りもしない”のに、口うるさく言ってくるなんて許せないでしょう。


しかし、親御さん・ご家庭の方は、『学費を払ってる』『面倒をみてやっている』という
根底の状況があり、さらには『社会』を知っている、大人・親として、
『口を出す権利がある』と言わんばかりの態度を取ることでしょう。


その対立、衝突が多くなるほど、長くなるほど、子供たちの未来・将来は、
散々な結果となっていくと思います。


それを避けるためにも、親御さん・ご家庭の方が、お子さんの進路、将来・未来を、
うまく導けるようにするためにも、お子さんが通う高校の進級・進学要綱などを、
しっかりと知っておくことをオススメします。


2020年度の教育改革を迎えることになる今年度、高校生、さらには
中学生になるお子さんを持つ親御さん・ご家庭は、これを怠ると、
後々になってから取り返しのつかない状況・状態にまでなることが予想されます。


大学まで付属の私立校・中高一貫校だから、それは関係ない、大丈夫と
思っている方も少なくないと思いますが、むしろ大学まで付属の私立校・中高一貫校だからこそ、
もし万が一、“進学”出来なかったら、どういう状況・状態になるのか、
よく考えておかないと、最悪の結果に悩まされることになると思います。


お子さんの可能性、未来・将来を本当に考えてのことならば、
無限の可能性がある“今”の間に、よく確認し、考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11725871c.html
その他

重要なお知らせを聞き漏らさない

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

情報化の弊害かわかりませんが、最近の子は、どんな情報でも、
スマホやネットで得られるとタカをくくって、覚えることは愚か、
メモをすることもしない方が増えているように思えます。


スマホなど便利なツールがあるのですから、写真を撮ったり、
スマホの中にメモしておくなど簡単に出来るようになっているのですから、
それらをうまく活用することをオススメします。


こう書くと、反論のごとく、学校内でのスマホの使用は禁止されていて、
そういったことが出来ないと、“都合の良い”言い訳をされる方が多いですが、
禁止されていると言っても、『別のこと』なら、あるいは休み時間や授業中でも
“隠れて”使用していたり、登下校中には片時も離さないくらい、
スマホを見つめているのでしょう。


その時に、さっとメモしておくくらいはできると思います。


“それ”すらしないで、重要なお知らせを聞き漏らした上に、
知らない・わからないと惚けるならまだしも、
そんな重要なことをなんでもっときちんと何度も
“教えて”くれなかったんだと、『伝える側』に問題があるかのように、
振る舞う方が最近は多いです。


失礼ながら、塾に行かなければならないほど学力、成績を落とした方の
十中八九はこの傾向にあり、残念なことではありますが、
その親御さん・ご家庭でもその傾向が色濃く出ていることが多いです。


そうして、後々になって青ざめることになっても、
どうしようもなく、諦める、拗ねる、ふて腐るといった態度で、
その後を立て直せないままになってしまうように思えます。


こうして文字にして見ると、実に幼稚な言動、態度、姿勢のように
客観的に見えてきますが、ほとんどの学生が多かれ少なかれ、
この傾向を出しています。


男女差別するつもりはありませんが、男子生徒の多くが、
目に見える形、つまり結果としてそうなっていることが多いように思えます。


それでも高校生、大学生となり、そういったことをして、
何の得になるのか、どうなってしまうのかを学び、
改善していくものですが、中学時代までに改善の兆候が
見られない場合、厳しいと思われます。


私立校・中高一貫校生の内部進学を助けてきた当塾でも、
中学時代までに改善、あるいは意識できなかった方の多くは、
早ければ高校一年次に、遅くとも大学3年次までに、
留年、退学、転校といった形で、他の方とは別の道を進むことが
多いです。


私立校・中高一貫校の場合、“下手に”内部進学できてしまった実績、自信が、
そうさせてしまうのかもしれませんが、私立校・中高一貫校といえど、
学年が上がるにつれて、重要なお知らせの重要度は高くなり、
そしてそれを伝える機会、声、頻度は少なくなっていきます。


それこそ、一斉に集められたところで、聞き取りづらい声で、
一度発表したことで、終了ということも増えてくるでしょう。


情報化が進んだ今なら、詳細はネットを見て下さいね、程度で、
済まされるかもしれません。


それすらも聞き逃し、さらには『期限』があるもの、限定的な『条件』があるもの、
複雑な『手順』を踏まなければならないものなどであった場合、
その知らせを見るタイミングによっては、もう物理的にも不可能ということに
なります。


学校の成績や提出物などがわかりやすいと思いますが、
各学期の成績は『記録』されてしまえば、もう二度と変えることができず、
提出物などは指定された提出日を過ぎたら受け取ってももらえなかったりと、
“たかだか”学校でのこと“ですら”、そういったことに気付けることでしょう。


社会に出れば、そんなことは当たり前どころか、やらないほうが悪とまで
言われる、扱われることが増えていきます。


そして出来ない方は“信用”されなくなっていくことでしょう。


話が少し脱線しましたが、今週、さらには来週くらいまでは、
進級・進学に関すること、テスト・成績に関すること、
一学期の学校行事に関すること、部活動などの学校生活に関することを、
逐次、誰かが、言っている、あるいは伝えていると思います。


その情報を聞き漏らすことのないように気を付けることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11725627c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト