立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

来月の今頃が・・・

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

来月の今頃、中間テストを終えている方、迎える方とでごった返すと思います。


迎える方にとっては阿鼻叫喚かもしれませんが、
今年度は終えた方も、そうなる可能性が高いです。


というよりも、夏休みから予言しておりますが、今年度の
二学期中間テストの結果は、かなり厳しいものとなり、
場合によっては、進級・進学の合否すら決まり、
呼び出し・面談となって、転校・退学を強く勧められるであろうと
予想しております。


そんなことを言って、宣伝目的なんだろうと思われるかもしれませんが、
今年度以降は、受験に対応した進学塾などはもちろんのこと、
当塾のような学校対応型の個人塾でも、二学期中間テストの結果が出てからでは、
“もう”救うことができないと予想しております。


よく書いていることではありますが、もうそうなったら、最悪、
受験することも考えて、長期的な観点から、予備校や受験進学塾に
入ったほうが、対応・対策が早めに出来るとオススメしております。


その岐路に、来月立たされることになると思いますが、
来月の今頃にテストを終えている方は、そろそろ3週間前、4週間前を
切っていると思います。


テスト1週間前からやり始めてで、大丈夫かどうか、よく考えて行動することを
オススメします。


また、来月の今頃、テスト前を迎える方は、3回の連休をどう過ごすのか、
よく考えておかないと、宿題が溜まり、その量とテスト範囲の広さに
苦しめられることになるでしょう。


部活動、学校行事で忙しい、忙しかったかもしれませんが、
来月の今頃になって、それが『理由』にはならないということを
気付くことのないように祈ります。


刻一刻と過ぎていく一日一日を大事に、後悔することのないように、
この二学期を過ごしていくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11774819c.html
その他

問題を解けば解いただけ点数が取れる中学数学の範囲・単元

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

中学数学において、小学校時代さながら、解けば解いただけ、
点数が取れる範囲・単元があります。


というよりも、数学が出来る方にとって、この範囲・単元は、
『算数』だと思われることが多い範囲・単元があります。


それは、数量の分野の、
『正負の数』『方程式』『連立方程式』『不等式』『連立不等式』
『展開』『因数分解』『平方根』『二次方程式』です。


実際には、数学が出来る方にとっては、もう少しあるかもしれませんが、
大体のものとして、これらが挙げられます。


算数よりは少し複雑なルールがありますが、これらは、
問題を解けば解いただけ点数が取れると言える範囲・単元でしょう。


むしろ、これらの範囲・単元で点数を取れなければ、
他の範囲・単元で点数を取ることは難しいとも言えます。


これらの範囲・単元は、センスや才能、頭の良し悪しなど関係なく、
“ただ”解けば、確実に点数が取れます。


ただし、その解く量に、個人差が出てくることになります。


数学出来る方、得意な方にとっては、これらの範囲・単元の演習は、
『同じこと』の繰り返しで、苦痛だと思われる方が多いと思います。


何で、ただ単に数字を変えただけの式を(大量に)解かなければならないんだ。

こんなものは馬鹿の一つ覚えで、ただ作業を行っているに過ぎない。

もっと高度な、考察や思考を問われるような、『学問』と呼べるような
勉強を行いたい。


これが、『算数』のように思われる原因の一つだと思います。


小学校時代、嫌なくらい反復演習で解かされた記憶が、
そう思わせるのかもしれませんが、数学が出来る方、得意な方は、
そういった反復演習をサボり始める原因、元凶となって、
“高校”数学で痛い目にあう始まりだと言えます。


アンケートや統計を取ったわけではありませんが、
『中学時代』まで、数学が出来る方、得意な方、好きだった方のほとんどが、
難しく、複雑なルールや公式を使い、問題をパズルのように、推理小説のように
解いていくことを好んで、上記のような、簡単な、単純なルールで
“ミス”を誘うような問題を反復演習で解いていく、失敗を直していくのを
嫌う傾向にあったと思いますがいかがでしょうか。


そして、そのどちらの能力も必要とされる高校数学において、
心を折られるような点数を取り、挫折し、自分は理系ではなかった、
少なくとも数学は出来ない、苦手だと思うようになってしまった、
あるいはなってしまっていませんか。


ルールや公式を知れば、覚えれば、どんな応用問題も難問も解けるということは、
(実際にはそう思い込んでいるだけですが)数学の勉強の醍醐味ではありますが、
“これだけ”だと高校数学は太刀打ちできません。


実際に当塾で起きていることではありますが、高校数学で高得点を
取る方の多くは後者、つまり単純なルールや公式で解ける問題を、
反復演習することを好む、あるいは苦としない方のほうが、
『学校の定期テスト』において、高得点を取ります。


ですから、学校の数学のテストで、高得点を取っている方に
『数学が好きか、得意か』と問うと、そうでもない、
むしろ嫌いなほうだ、苦手なほうだと答える方が多いです。
(数学で点数が取れない方は嫌味かと思われるようですが)


この傾向は特に私立校・中高一貫校に多く、
『学校の定期テスト』の点数の結果だけ見ると、
理系に行ってもいいのではないかと思うほどの
高得点を取っている方が多いです。


しかし、その方々の多くは、自分がわかっているのか、
あるいは数学の本当の難しさを実感、体感しているのか、
もしくは数学に楽しさ、面白さを感じられないのか、
理系に行くことはまずありません。


たまに、勘違いして、理系に行って、苦労される方もいるようですが。


話が長くなりましたが、中学数学が出来ない方にとっては、この範囲・単元において、
反復演習を苦とせず、高得点を取り、自信をつけることができれば、
高校数学において、『学校の定期テスト』で困ることが無くなる可能性が
高くなります。


ただし、問題になるのは、上記しました通り、
解く量に、個人差が出てくることです。


こればかりは各自でやってみなければわからないことですから、
何とも言い難いものですが、実例として、当塾で掲げているのは、
大体1000問〜2000問を解けば、80点、90点は、
取れるだろうと思っています。


しかし、“だらだら”と、長時間、長期間かけて、
ちょこちょこと解いていくのではなく、
短時間、短期間において、それだけの数を『解く』『こなす』
訓練をする必要があります。


実際に、当塾において、ある生徒に、テスト前の5日間、
一日一時間の間に、100問解かせ、計500問ほどの
反復演習を行いましたが、それだけで、30点40点しか
取れなかった方が、80点後半の点数を叩きだした実績があります。


もちろん、普段の授業もその方式で、毎回、緊張感を持って、
問題を解いていたから、そこまでのことが出来たのでしょう。


これで、おそらく、学校の授業、宿題で解いた問題数を合わせれば、
1000問以上の問題を解いていたことがわかります。


先ほども書きましたが、解く量に個人差はあると思いますので、
どのくらいの量をやれば、何点になるとは言い切れませんが、
1000問くらいを目標にすれば、わかりやすく、また自信も
つきやすいと思います。


高校数学で、数学が嫌いな方、嫌いになった方に、
これをオススメするつもりはありませんが、
一度、徹底的にやってみたら、『学校の定期テスト』で、
高得点とまでは難しいかもしれませんが、赤点回避は
必ず出来ると思いますので、やってみるのも一興かと思います。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11774382c.html
その他

急速に進む授業

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今月末に学校行事などがある方、また来月上旬に中間テストがある方は、
今週から授業が急速に進む、進んでいると思われます。


特に、来週、再来週とで、月曜がお休みですので、月曜の時間割に
入っている教科は、その分を急ピッチに進めてくることでしょう。


そして、演習など出来なかった分に関しては、宿題を出して、
『連休中』にやってきてもらい、学校行事が終わったら、
テスト前になったら、一気に出してもらうという形になっていると思います。


当然ですが、これらも、学校から渡されている年間行事予定表を見ていれば、
簡単に推測できることではありますが、生徒の皆さんはもちろんのこと、
親御さん、ご家庭の方も、見ていないのが現状だと思います。


そうして、ふたを開けてみれば、となると思いますが、
今年度以降は、もう“遅い”ということになると思いますので、
気を付けて下さい。


来月の中旬、下旬まで、学校行事もなく、中間テストぐらいしか
予定がない方は、授業がゆっくりじっくり進んでいるように感じられるかもしれませんが、
連休のこと考えて、『事前』に大量の宿題が渡されていると思います。


それは、まだ授業で習っていない範囲も含めての宿題となっていると思いますが、
それを来月の中間テストのギリギリまで溜め込んでしまうと、その宿題の量と、
テスト勉強の範囲の広さによって、追い込まれることになるでしょう。


“まだ”習ってないから、“まだ”期間・時間があるからと、
溜め込まずに、着々と進めておかないと、こちらもまた、
ふたを開けてみればで、もう“遅い”ということになります。


また、この時期、他校の友達はもちろんのこと、自校の友達の言うこと、噂、助言などは
あまり聞き入れないことをオススメします。


(まだまだ)大丈夫だよと言っている友達の言葉は心強いかもしれませんが、
他校の友達の状況はもちろんのこと、同じ授業を受けてはいる自校の友達ですら、
同じ“点数”“成績”を取っているわけでなく、さらには同じ“基礎学力”を
持っているわけではないと考えなければ、流されるままに、泥沼にはまっていくことになります。


もしかしたら、思い悩んでいるあなたを、励まそうと、気を晴らせようと、
言ってくれたかもしれませんが、その言葉をうのみにして、じゃあ、大丈夫だからと
“サボり”始めたが最後、友達も意図せずに、あなたを『騙して』しまうことになります。


自分の状況がどうなっているのかをきちんと確認し、意識して、
この二学期にどうなりたいのかを、よく考えて、行動していかないと、
“他人”の言葉に振り回されることになります。


言い方が悪いですが、それがどんなに仲の良い、気の置けない友達だとしてもです。


自分の勉強は、自分の点数は、自分の成績は、自分が責任を取ることになります。


赤の他人はもちろんのこと、学校の先生、友人・知人、親御さん、ご家庭の方ですら、
何の責任も取ってくれません。


しかし、それらの人は、『結果』に対して、確実にうるさくあーだこーだと
言ってくることになります。


その時に、“他人”の言葉を信じた自分が愚かだったと思うことのないように
して下さい。


もちろん、ここで書いていることも、皆さんの学校のことを、皆さんの状況を、
皆さんの学力、気質、性格などを“大して”知らない赤の他人が、
さも偉そうに“予想”を書いているに過ぎません。


先日も書いたように、皆さん自身のことはもちろんのこと、
皆さんが“今”通っている学校のことをよく知る、知れる『専門家』は皆さんだけです。


そして、さらに、皆さんがこれから自分自身で作り上げる、皆さんの人生は、
皆さんのものです。


ですから、自由に、自主的に、どうするのか決めるのは勝手にできますが、
一つだけ勘違いしないようにお願いします。


学校での成績の結果によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校では、進級・進学できるかどうかの審査・評価を
する権利は、『学校・先生』が持っています。


学校に通ってやったんだから、授業を聞いてやったんだから、
テストを受けてやったんだからなどで、進級・進学の権利が得られるわけでは
ありませんので気を付けて下さい。


進級・進学の権利を得られるのは、毎回のテスト、毎学期ごとの成績で、
進級・進学の権利を得られるだけの『結果』を出した場合のみです。


一部スポーツや芸術の世界で著しい活躍をして、他校、あるいは自校でも、
『推薦』されて、進学の権利を得られることもありますが、
それを目指すというのであれば、こちらもどうぞご自由にというしかありません。


ただ、それで“ダメだった”んだけど、やっぱり勉強、学業で進級・進学したい、
となった時に、軌道修正できるだけの『結果』を取っておくことをオススメします。


どちらも中途半端になって、それでもそこまで頑張ってやってきたんだから、
それを評価しろということが通ることはありませんので、注意して下さい。


今年度以降は、そのことがはっきりと区分けされ、処罰されるように
なっていくと思います。


そうならないためにも、最低限のことはやっておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11774105c.html
その他

中間テスト何日前?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

いや、まだ早いだろうとツッコミを受けるかもしれませんが、
二学期中間テストまで、あと何日でしょうか。


一学期同様、中間テストは『10月だから!』でこの9月を過ごすと、
あっという間に10月になって気づいたら、テスト前になっていたなんてことに
なるかと思いますがどうでしょう。


二学期中間テストに関しては、学校にもよりますが、
一学期中間テストより“短い期間”で行われることもあります。


逆に“長い期間”、間を空けて、じっくりと行われる学校もあるかと
思いますが、10月上旬に中間テストを控えている方は、
そのことをよく考えていないと、早速この二学期に痛い目にあいます。


休み明けのテストが終わったばかりで、その傷心、喪失、消失感がまだ癒えてないのに、
なんてことを言うんだと思うかもしれませんが、これから先は、そんなことを言って、
今週は、来週までは、『その休み』としていると、どんどん追い込まれることになります。


もう夏休みと異なり、自由な時間が少なく、また毎日の予定や計画も、
部活動や学校行事の急な予定変更などによって、狂わされることになります。


そうなると、自分の思った通りになど、思い通りになど、いかないことだらけと
なっていきます。


常に、危機感を持って、今日変更になった分をどこでどう取り戻すのかを
考えていないと、後手後手となって、後回し、先延ばしが横行し、
自ら自分を追い込むことになります。


出来る限り、余裕を持ってと他人は気楽に言うと思われるかもしれませんが、
実際は、そんなことを言っている方ですら、『余裕』を持ち合わせていないことが
ほとんどです。


しかし、余裕があると思われる方のほとんどが、この急な変更などの対応、対処の
仕方がうまい“だけ”です。


最低限やらなきゃいけないことを、いつどこでやり、やり切るかを、
今まで様々なことで経験し、自分自身を知って、無理のない予定・計画の修正を
することが上手いに過ぎません。


ところが、これが下手な方ほど、余裕なんて見つからない、と言いつつも、
“まだ”大丈夫でしょう精神で、サボるから、どんどん追い込まれていくことになります。


大局を見て動けとまでは言いませんが、中間テストまでの期間は決まっているわけですから、
その期間内で、自分がどう動くのかを、日々考えていないと、無駄に過ごしてしまう一日、
何もしない、できない、やらない一日を増やしてしまうことになります。


夏休みのような、自由で、無計画に過ごせる期間であれば、それが多少続いても、
余裕を持てることでしょうが、そうでないどころか、強制で、予定・計画がびっしり詰まった
学校生活の中でも、ひときわ忙しい二学期は、そんな日々を過ごしていると、
あっという間に『詰み』となります。


特に今年度以降、この二学期は、学校・先生側が『追い込んで』くる学期となるでしょう。


学校・先生側からすれば、いや今まで同様“普通”“同じ”にしているつもりかもしれませんが、
今年度以降は、その授業の進度や宿題の量、テストの難易度から、自滅していく生徒が
増えることが予想されます。


一学期に何とかついてこれた、生き残れたという方も、ここで止めをさされるかのように、
軒並み点数、成績を落していくでしょう。


そのふり幅が例年以上となるか、例年通りとなるかはわかりませんが、
例年以上となった場合、多くの方が進級・進学の問題を抱えることになると思います。


それも、進級・進学できないだけで済めば良いのですが、転校、退学までと
追い込まれる方も出てくることが予想されます。


教育関係者としてあるまじき発言をさせて頂きますが、失礼ながら、
今年度以降、私立校・中高一貫校で、ギリギリ進級・進学していくよりも、
いっそのこと、他校に転校するほうが、幸せになれると思っています。


夏休みにも書きましたが、この二学期が通っている私立校・中高一貫校で、
進級・進学していくのに“学力”が『見合うか』どうかを見てくると思います。


ここから先は、『適性』、つまり、授業をきちんと聞く、ノートをしっかり取る、
宿題をきちんと出すなどの『当たり前』のことが出来るのは、当然、大前提であって、
その上で、小テストや定期テストで、『結果』を示さなければ、
もう通っている私立校・中高一貫校で“ついていけなく”なると思います。


そんなことは無い、子供達には無限の可能性があると言うことはできますが、
おそらく、今年度以降の授業の進度、量、難易度など、様々なことが
総合的に降りかかってくると、子供達のほうが“潰れて”しまうことになるでしょう。


物理的にも、時間的にも、精神的にも追い込まれていき、その上で、『結果』に対して、
厳しい審査・評価が下されるとなると、受験さながらのプレッシャーと戦いながらの
勉強することを余儀なくされます。


というよりも、それくらいの覚悟と行動を起こさないと、今年度以降、
私立校・中高一貫校で、『二学期』に挽回することは不可能だと思います。


よくこの二学期で一学期の挽回をと書いてはおりますが、年々、
この二学期“だけ”では、一学期の挽回をすることが出来なくなってきています。


一学期の成績で、不合格、1といった成績を取った方が、その方なりに頑張っても、
×合格、2に届くかどうか、塾などに助けを求めて、少し強制的にやったとしても、
合格、3に届くかどうかです。


そうすると、仮に、合格、3といった成績を取ったとしても、一学期との合算で、
首の皮一枚残っただけで、三学期は最低でもその成績をキープしないと、
進級・進学できず、B合格やA合格、4や5といった成績を取らないと、
進学を確実にすることが出来なくなります。


実際には、三学期の成績はブラックボックス、つまり『学年の成績』として出されるため、
三学期だけの成績は出ませんが、そのくらいの成績を取るつもりで、三学期を
過ごさないと、今年度以降、『学年の成績』は無情にも、非情にも落されることになるでしょう。


それが“進級”できるものであれば、今学年はラッキーかもしれませんが、
“進学”できるものでなければ、次学年も、三学期同様の努力をしないと、
進学が危うくなっていくことになります。


今年度以降は、通っている私立校・中高一貫校での『適性』『学力』が、
見合っていないと、学年が上がれば上がるほど、それを『続けていく』のが厳しく
なっていくであろうと予想されます。


おそらく、頑張っているのに、評価されないということが続き、
勉強ができない、やりたくない、どころか、勉強を、その道を諦めることに
なると思います。


そこまで追い込まれることのないことを祈りますが、
今年度以降の私立校・中高一貫校の授業、勉強は、
その可能性を秘めるほどの、進度、量、難易度になっています。


そのことに、気付いた時、“潰される”ことのないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11773844c.html
その他

祝日・連休の過ごし方を決めておく

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨今は祝日、連休関係なく、部活動がある方が多いですが、
忙しい二学期のせっかくの祝日・連休を“それだけ”に費やすのは、
時間がもったいないことになります。


本当に一日中かけて練習や試合をやっている場合もありますので、
一概に『それでも時間があるだろう』とは言いませんが、
だからといって、『やらない・やれない理由』にならないだろうと思います。


もし、それを『理由』にするなら、文武両道の結果が伴わくなって、
進級・進学できないことになっても、文句も言わず、騒ぎ立てないで、
学校を去って下さい。


一学期にも書きましたが、もう文武両道の結果が出ていると思います。


忙しくなるこの二学期に、それが出来ると、やれるというのは止めて下さい。


この二学期にそれを試すのは、無理があります。


また、今年度以降の二学期は、かなりの厳しさを秘めていることを
考えると、今月、来月には早速無理がたたっての結果が出てくることになるでしょう。


今までは、宿題や小テストなどの対策が出来ない程度であれば、
まだ定期テストで挽回出来たかもしれませんが、今年度以降は、
宿題や小テストの対策が出来ないことが致命的になり、
さらに定期テストでとどめを刺されることになるでしょう。


それを防ぐためにも、祝日、連休は多少の無理をしてでも、
時間を有効に活用しないと、もう間に合わなくなっていくと思います。


例え、部活動や遊びの予定・計画があったとしても、
その日の午前中、あるいは午後、さらに夜とで、
無理やり時間を作ってでもやらないと、この夏休み同様、
自由な時間があったにも関わらずの結果となります。


もうすでに一学期、夏休みと“落して”しまった方は、
もう一度、この二学期、祝日・連休の時間の使い方を学んで、
宿題や小テストなども取りこぼすことのないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11773638c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト