立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

理由にならない部活動・学校行事

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨日に引き続きますが、忙しくなってきた部活動・学校行事に
どれだけ“直接的に”振り回されようが、
それは“勉強できない”『理由』にはなりません。


正確には、『理由』として扱ってもらえないでしょう。


この時期から部活動などの大会で、公欠となり、授業を聞いていなかった、
その授業から先は全く分からなくなってしまい、結果テストで点数を落とした、
宿題ができなかった、丸写しした、で、『成績』を落とした。


学生の皆さんからすれば、明確な理由として、忙しい部活動、大会などでの公欠とありますが、
学校・先生からは『で、だから』と言わんばかりに、一切考慮されることはないでしょう。


顧問の先生の教科だけは、『温情』点として、許されるかもしれませんが、
他の先生からすれば、『非情』点として、許されないものになっているかもしれません。


先生からしてみても、わざわざ『授業を休んで』まで行ったのだから、
その分は、自学自習して、わからないところがあるなら聞きに来て、
その分を『取り戻す』努力をしているならまだ考慮に値することでしょうが、
部活動や公欠を『理由』に、学校の勉強を『許せ』と権利主張する方を
快くは思わないでしょう。


ですから、部活動が忙しくて、『授業』は寝てしまう、
大会などがあって公欠して、『授業』がわからない、宿題が出せないなどは、
全くもって『理由』になりません。


以前にも書きましたが、それは『理由』ではなく、
自分の状況・状態を報告しているのであって、
多くの方からは『で、だから』と言われるだけです。


『察して欲しい』『分かって欲しい』のかもしれませんが、
自分がそういう状況・状態だから、“別途”課題を与えて欲しい、
あるいは補習・補講して欲しいというのであれば、学校の先生も、
少し考えられることでしょう。


最近の学生は、この『自分の状況・状態を報告して』、
相手に『察して欲しい』『分かって欲しい』という方が多いです。


そして、察せない、わからない人に対して、『空気が読めない』、
『理解できない』という言動、態度、姿勢を取ることが多いです。


与えられることが当たり前の世代なのかもしれませんが、
そうだとしても、まるでテレパシーで思いが通じ合うかのようなことを
期待して、それができないと裏切られたかのような言動、態度、姿勢を
取ることはどうでしょうか。


中学生・高校生ともなれば、自分で考え、自分で行動するようになり、
自分と相手がどう違い、物事をどうとらえ、どう伝えるべきなのかを
学んでおかないと、これは社会に出てからも『問題』になってくることになります。


自分が『理由』だと思っていることを、もう一度よく考えて、
それは『状況・状態』の報告にすぎず、その対策を、対応を、
自分がまるで考えておらず、他人に察して欲しい、わかって欲しいで、
『甘えて』考えていないかどうか、確認してみて下さい。


おそらく、そうすると、勉強ができない『理由』のほとんどが、
『状況・状態』の報告をしているだけで、だから許してほしい、
察してほしい、わかってほしいと、『願っている』だけのことだと思います。


それを続けている限りは、勉強が出来るようにも、
ましてや、自分のやりたいことすらも、出来ることはならないでしょう。


この悪習慣は出来る限り、学生の内、それも早い内に治しておかないと、
大人になってから困るどころか、苦しめられることになるでしょう。


よく考えて、気をつけてみて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11602109c.html
その他

忙しくなる部活動・学校行事

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

春の連休、GW連休の後から、学校の勉強、授業もさることながら、
部活動や学校行事なども忙しくなってくると思います。


思い描いていた文武両道や新学年の生活も、破たんしてくる頃となります。


大人でも事前事前にわかっているつもりでも、日々の生活に追われて、
ついついうっかり“忘れて”しまい、気づいた時にはという状況になりがちです。


昨今の学生は、さらに習い事やら趣味やら、人付き合い、ネットでの付き合いなど、
多種多様な忙しさを持っていると思いますが、学校生活においては、
『結果』が常に『記録』されるということを意識していないと、
“どれもこれも”否定されるような『評価』を受けることになります。


自分なり、自分的に頑張っているにも関わらず、学校は、先生は、社会は
『認めてくれない』ように感じられるかもしれませんが、
優先順位をきちんと決めて、対応していかなければ、その『評価』は
変わらないことでしょう。


特にここ2〜3年は、教育界での改革に振り回されてしまうことでしょう。


そのことを意識して、危機感を持って、事前事前に余裕を作っておかないと、
厳しい『評価』を受け、悲劇のような『結果』を『記録』してしまうことになります。


私立校・中高一貫校においては、進級・進学要綱やカリキュラムなどに注視していないと、
実はかなり変更されていて、諸先輩の噂話程度のアドバイスでは、うまくいかない場合があります。


ご兄弟がいられる方は、上のお兄さん・お姉さんとで、全く別の勉強や修学、
さらには受験など、ガラリと変わる可能性がありますので、『同じよう』にやっていても、
うまくいく保証はありません。


今、自分の通っている学校での、今年度の要綱、カリキュラムを、
きちんと把握して、自ら対応していかないと、誰のアドバイスもあてにはならないことでしょう。


唯一、もっとも的確にアドバイスできるのが、通っている学校の先生だけです。


しかし、その先生も、昨今のパワハラ・差別、精神的体罰などの問題から、
『何も言えない』状況になっていますので、相談しても、やんわりと“応援”してくれるだけに
なっていると思います。


そうなると、勘違いされやすいのが、『じゃあ、今頑張っている自分は正しいんだ』と、
なることです。


頑張っている方向が、本当に外れていなければ、問題ありませんが、
ソコソコの勉強で、ソコソコの点数と成績を取れているから大丈夫というわけではありません。


上記したように、ここ2〜3年で、教育界の改革が進む中、カリキュラムはもちろんのこと、
進級・進学要綱が徐々に変わってきて、さらには大学受験の際の認定される(受験資格になる)単位も
変わるとなると、本当に『どうなるか』わかりません。


受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校であれば、
通っている学校での『進級・進学要綱』に準じてさえいれば、
最低限の進級・進学は約束されますが、それが危ういとなりますと、
『記録』された『結果』が首を絞めることになります。


ですから、『じゃあ、今頑張っている自分は正しいんだ』ではなく、
“これからのことを考えて、何をどうしておこう”という気持ちで、
動かないと、『正しい』と思い込んで、突き進んでしまった分だけ、
裏切られることになります。


忙しくなってくると、こういったことを落ち着いて考えることができず、
目の前のこと、それも『面倒』“でなく”、『楽』なことに集中して、
自分は頑張っている、だから『許される』と勘違いされやすいです。


私立校・中高一貫校で、優先順位第一位は、進級・進学できる『成績』を収めることであり、
その次、といいますか、そのためには平常点を取る、テストで点数を取ることです。


その優先順位を無視して、進級・進学にほとんど関係してこない部活動や趣味・習い事などを
『頑張った』から、優先順位第一位の進級・進学できる『成績』を収めることが
“免除”されるわけではありません。


そのことを勘違いしているような言動、態度、姿勢を取る方、これは残念ながら、
親御さん、ご家庭においても少なくありませんが、今後2〜3年の教育界の改革を考えますと、
今は文武両道を“試して”、『ギリギリの成績』でなんとか進級・進学するというのは、
難しいと思います。


むしろ、そういう方をふるい落とすかのような変更をしてくる可能性が高いので、
現時点で、進級・進学できる『成績』を“収められていない”方は、
考え直したほうが宜しいでしょう。


忙しくなってきて、学校の勉強がお留守になってきているのであれば、
今後どうするのかもう一度よく考えておかないと、後々の悲劇となることもあります。


通っている学校での進級・進学を賭けてまでするものなのか、
また、新しい受験体制となる大学受験に、それに伴う高校・中学受験に、
対応できるのかどうか、その覚悟と意識が問われることになりますので、
注意して下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11601578c.html
その他

来月の今頃には中間テストの『結果』が出る

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

来月の今頃には中間テストも終わり、『結果』が出てくることでしょう。


新学年になっての初めてのテストですから“それなりの点数”が取れていると
思いますが、先日も書いたように、その時点で『好成績』や『指定校推薦』などの権利を
“失って”しまうことのないようにしておくことをオススメします。


中には本当にふざけて、『進級・進学』の権利を失ってしまう方もいますが、
一回一回の定期テストを、各学年、各学期の成績を、あまりナメないことです。


『記録』された点数、成績で、進級・進学が決まる私立校・中高一貫校において、
その一回の定期テストが、成績が、自分の進路、人生を決めるものだと思っていないと、
“たかだか”学校の勉強、テスト、評価“程度”のことで、自分の人生の足を引っ張る結果になります。


いやいや、最終的に“やる気”になれば、有名私大、国公立大学に『受験』で入れば、
最終学歴は変わると思われるかもしれませんが、失礼ながら、
受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校の、
“たかだか”学校の勉強、テスト、評価“程度”で『できない』方の“やる気”程度で、
有名私大、国公立大学に受かることはありません。


有名私大、国公立大学を本気で目指して“やる気”を出している方に、
鼻で笑われることでしょう。


今はまだ“可能性”がある=“時間”があるので、そんな否定的なことを
言われるのはムカつく、イラつく、決めつけるなと反抗したくなると思います。


しかし、その“可能性”=“時間”を少なくする、失くすのは、
全て“今の自分”であることに気づかないと、後悔は思い描いていた分と時間分だけ
大きなものとなるでしょう。


私立校・中高一貫校において進級・進学できない方を多く見てきたからこその、
苦言ではありますが、聞き入れてもらえない方から順番に、学校を去っていくのを
見てきました。


昔はそれでも高校まで“卒業”はさせてもらえることが多かったですが、
昨今は、追い出すように他校転校、退学になっていることが増えてきています。


そういった『結果』になるまでわからないということにならないためにも、
“可能性”がある=“時間”がある今から始めておくことをオススメします。


結果が出てからの可能性は、時間は戻ってきませんので、
危機感を持って、事前事前に対策しておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11601164c.html
その他

5月上旬が過ぎる

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

上旬はほとんど連休だったので、そんなに時間が経っていないと思われるかもしれませんが、
本日から中旬を迎えるということは、5月も残り20日、約3週間となりました。


その間に学校行事の体育祭や修学旅行などがあり、その前後も『忙しい』となった時、
はたして『勉強する』“時間”があるのかどうか、自分でよく確認しておくことをオススメします。


さらに部活動も忙しくなってとなりますと、もう『時間』はないでしょう。


“事前に”、年間予定表などを渡されていて、部活動の日程なども、
『わかって』いてのことでしょうから、『時間がない』ことに対応する覚悟と
想定を持っているとされることになります。


これは『親御さん・ご家庭』“も”ということになります。


私立校・中高一貫校において、中学生、高校生になったのだから、
子供任せにして、一切関与しないということであれば、
『進級・進学』“できない”覚悟と想定をもしているということになります。


何度も書いてきておりますが、私立校・中高一貫校に入学させたのだから、
後は子供が、学校・先生が『勝手に』やってくれて、進級・進学“できる”のが、
当然、当たり前、権利があるなどと考えていると、『記録』された点数・成績によって、
進級・進学要綱という約定によって、断罪されることになります。


長い人生で、たかだか高校・大学に進学できない“くらい”のこと、
大した問題ではないかもしれませんが、中学時代、高校時代に修学すべき『学力』が
著しく『無い』ということは、後々大問題になってくることになります。


授業の進度が早い私立校・中高一貫校の場合、『置いて』いかれると、
あっというまに『落ちぶれる』ことになります。


その危機感を、お子さん本人が持つことも大事ですが、昨今は、
親御さん・ご家庭がしっかり持たないと、“気付いた時には”ということになります。


こういって脅して塾の宣伝しているのだろうと思われるかもしれませんが、
これはむしろ、その逆で、危機感を持てないような方、ご家庭であれば、
もう“救いようがない”ということになります。


塾に来れば、テストの点数や基本的な学力を上げることが出来るようにはなりますが、
『一度記録されてしまった』成績や過去のことを、『挽回』させることは出来ません。


そこまでのことが必要になってしまうと、
もう部活動や趣味、習い事などやっている場合ではないのですが、
“危機感”がない方は、それらを手放すことができずに、
どちらつかずになってしまい、ただ時間だけを過ごしてしまうことが多いです。


失礼ですが、これは、親御さん・ご家庭が、そう強制されることが増えております。


そうなりますと、もう進級・進学は望めなくなります。


3〜4年後の教育改革に向けて、私立校・中高一貫校は改革を『し始めて』います。


そのことまで踏まえて、通っている学校の勉強をどうするのか、
点数、成績をどうするのか、どうなったらどうするのか、
よく考えての行動を起こさないと、今後の悲劇を免れられないことになります。


厳しい言い方になりますが、こういった意識、言動を、親御さんが、ご家庭が、
模範・規範を示さないと、お子さんは、犠牲者となってしまうことになります。


よく考えて、行動されることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11600680c.html
その他

一学期中間テストまであと何日?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

5月も上旬が過ぎようとしておりますが、いかがでしょうか。


先週の今頃、GW連休が始まったばかりですから、
まだまだ『5月』になった感覚も意識も薄く、
上旬が過ぎようとしている中、まだまだ5月が始まったばかりと思い込んでいませんか。


休み明けからまだ数日しか経っていないから仕方ないことかもしれませんが、
中間テストは刻々と近づいてきているという『事実』も仕方ないで済まされますか。


今月末にテストが始まる方が、残り3週間を切っていると思います。


来月、6月の第二週にテストがある方も、残り4週間、つまり1カ月を切っていると思います。


きちんと、年間予定表を確認している人はもう知っているとは思いますが、
『その間』に、どんな学校行事があって、部活動の大会があって、授業は何回あって、
テスト前に宿題はどれくらい出されるのか、再度確認してみることをオススメします。


そうすると、残り3週間も、4週間も無いと思います。


この時期は、修学旅行や体育祭などに加え、春の新人戦などで、大会があったりしますので、
実際は、“もう”残り2週間、3週間も無いでしょう。


さらに、連休・祝日がないのですから、休みの『日曜』は残り3回か4回しかない。


その休みのはずの『日曜』すらも、部活動で忙しいとなると、一体いつ勉強“できる”のでしょうか。


そうして、一学期の単元は優しい内容が多く、“そこまで”進んでいないため、
『授業中聞いた』で、『ノートを軽くまとめた』で、『宿題をやった』で、
テストを受けて、ソコソコの点数を取ってしまう。


ソコソコの点数を取れているんだからいいじゃんという方ほど、
後に後悔する方となります。


何度も書いてきておりますが、この一学期は点数を、成績を『取りに行く』学期です。


逆に言えば、ここで『取れなければ』、もう二度と、点数・成績を取るのは難しいでしょう。


正確なデータではありませんが、学校の定期テストは大体9掛けになっていくと思われます。


つまり、一学期中間テストで90点だった方は、期末で81点、二学期には72点、63点と
徐々に点数を落とす傾向にあります。


もちろん、常に90点以上をキープされる方も多いですが、80点代から60点代の人は、
この法則通りに、点数を落としていくことでしょう。


それでも、今学年はなんとか乗り切れますから、問題は次学年に持ち越されることになります。


問題になってくるのは、この一学期に50〜40点代で『満足』した方です。


そこまで勉強しないでも、まぁまぁ、赤点回避、平均点は取れた、半分はできたと思い、
そのまま夏休みを過ごされる。


そうして、二学期になって授業の内容が難しくなっていき、
気づいたら30〜20点、十数点や数点といった点数を取ってしまう。


こうなると、もう典型的な進級・進学できない方の流れとなります。


それでも生活を一変させる覚悟と抜け落ちた知識・学力を
もう一度『やり直す』つもりであれば、なんとか返り咲きできるようには
なれますが、昨今は、それを拒否する方が多いです。


今後の大学受験や教育改革を考えますと、こういった考えで、
決断できない方から、進級・進学できないことが
どんどん増えていくと思われます。


そして、進級・進学できないということが、『早め早め』に決まっていき、
私立校・中高一貫校においては『飼い殺し』となっていくことになると思います。


今後、3年間、6年間を通して、変わりゆく教育の現場に、
うまく対応しておかないと、本当にどうなるか予想もつかない結果となりますので、
気を付けて下さい。


学校・先生側は、そういったことにも、『統括的・総合的』に対応できるように
考えた上で、カリキュラム、シラバスを作ってきています。


それについていけるようにしておくことをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11600161c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト