立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

記録された結果

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

<PR>【電子書籍出版】<PR>

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週にはテストの結果、成績も決定し、早ければ呼び出し・面談と
なっている学校もあるかもしれませんが、“記録”された結果に関して、
生徒の皆さんはもちろんのこと、親御さん、ご家庭の方“も”、
真摯に、現実を、事実を受け止めて、この一学期を反省することをオススメします。


もちろん、このまま進級・進学に問題無い点数、成績を取られた方は、
反省されることなど無いかもしれませんが、
むしろ、あとどれくらいの点数を、成績を取れば、より上位のレベル、偏差値の
高校・大学へと行けるのか、推薦要綱などを聞くのも良いと思います。


しかしながら、呼び出し・面談となる方の多くは、大変失礼ながら、
親御さん、ご家庭の方も含めて、『不本意』で、『屈辱的』と思われ、
“指摘”されていることのほとんどを、自分のことを、お子さんのことを、
『否定』されているかのように感じられているように思えます。


言い方が悪いですが、昨今、その傾向にある方は、勢いで塾や家庭教師などを
申し込んで、『はい、これで問題解決』、学校の先生に言われたことに対して、
『義務は果たした』、これで『一学期の反省はした』という言動、態度、姿勢を
取られることがあります。


これも失礼ながら、親御さん、ご家庭の方含めてです。


厳しい言い方になりますが、“それでは”何の問題も解決していませんし、
学校の先生の『指摘』『助言』を無視していると言えます。


私立校・中高一貫校の先生は、ほとんどの先生がこう言っていると思いますが、
『学校』での授業、勉強を、きちんと受けて、勉強して、宿題や課題、
平常テストなどをしっかりとやっていれば、定期テストで、成績で
苦労することなく、“わざわざ”塾に行かなくても、家庭教師などを
検討しなくても『大丈夫』と言っているはずです。


つまり、根本的な、抜本的な問題の解決は、まず『学校生活』であり、
学校での授業、勉強、宿題・課題の取り組み方だということです。


しかし、その『学校』での授業や勉強はもちろんのこと、
宿題や課題“すら”もサボり、定期テストで点数を落して、
成績を落して、問題になっています。


当塾としましても、質の高い授業を行っている私立校・中高一貫校においては、
学校での授業、勉強をしっかりやって、宿題や課題など、時間が無くて
できないというのであれば、休み時間などを利用してやって、
わからないところ、つまづくところがあれば、学校の先生に聞いて、
それでもどうしてもわからない、あるいはもっと高得点を取りたいというのであれば、
塾や家庭教師などを検討するのが良いと考えています。


当塾でも、テスト前に駆け込まれることが多いですが、ほとんどの方は、
テスト勉強の前段階、宿題や課題が終わっていない、
ノート・プリントはまとまっていない、それどころか、
学校で、授業で、教科書のどのページをやっているかすらわからないという
状況・状態の方が多いです。


それでとりあえず、テストをテストをと言われますが、
仮にテストを対応・対策できたところで、『成績』は
前回の評価を挽回できることはありません。


これでは、記録された結果として『成績』が全く無意味のものとなります。


そうして、空回りするように、成績を落していくことはもちろんのこと、
基礎学力や基礎知識を落していくと、もう間に合わないということになります。


そうなってから、塾や家庭教師を検討するというのであれば、
まず、学校生活の見直し、部活動などは一切辞めて、勉強に専念するくらいの
つもりでないと、今年度以降からの『遅れ』は取り戻せないものとなると思います。


今年度以降は二年次、三年次の段階で、定期テストで数点台、十数点台という
状況・状態になっていたら、“ちょっと”頑張る程度では、抜け出せないことになります。


そこまでになる前に、まず、学校の先生の『指摘』『助言』を真摯に受け止め、
学校生活を見直し、遅れを取った分を長期休み中に取り戻し、
休み明けテストなどで、その経過、成果を見るようにすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11758177c.html
その他

夏休みの宿題

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

<PR>【電子書籍出版】<PR>

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

優しい先生であれば、もうすでに出されていると思いますが、
いかがでしょうか、夏休みの宿題は。


出来る方は、その『夏休みの宿題』をやることで、
効率良く、この“期末テスト”のテスト勉強をされたと思います。


失礼ながら、そんなこと“考え”もつかなかったという方は、
この期末テストにおいて、そこまで良い点を取れない、
それどころか、平均点以下、赤点となっていることでしょう。


こう書くと、何でその方法を、勉強法を教えてくれなかったんだと
いう方もいるでしょう。


しかしながら、当塾での塾生でもそうですが、“そのレベル”の勉強を出来るだけの
準備が出来ていないことが多いです。


ほとんどの方が、テスト当日に提出する普段の宿題やノートのまとめすら、
まともに出来ておらず、ソレら“すら”も、時間がない、面倒だといって、
適当に答えを写す、抜粋してまとめるなどして、平常点を落す傾向にあります。


そんな状況・状態の方に、『勉強が出来る』方の勉強法を教えても、
指導しても、やりはしないでしょうし、出来もしないでしょう。


否定的なことを言われるのは、昨今の無限の可能性、夢や将来・未来を
『応援』されることに慣れた方にとっては、屈辱的、抑圧的に思われるかもしれませんが、
いつまでも“甘やかされ”続けていくと、積み重ねられていく『結果』によって、
より屈辱的な、抑圧的な権利はく奪となることを早めに気づかないと、
どんどん選択肢が狭まることになります。


今の社会は、皮肉なことに無限の可能性、夢や将来・未来を応援されればされるほど、
その結果に対する、自己責任、そしてその後の選択肢が、厳しいものになることすら、
“自分自身”で気付かないといけない、厳しい世の中になってきています。


言い方が悪いですが、気付かない方の末路が、『落ちこぼれ』ということになります。


今年度以降、私立校・中高一貫校では、
この傾向が極端に結果として出てくることになります。


その結果が、各定期テスト、各学期の成績で現わされることになりますが、
ここで、無粋な予言をさせて頂きましょう。


この一学期、今週、少なくとも来週までには、もう“結果”がわかると思います。


そして、その結果が、通っている私立校・中高一貫校に見合わない結果だった場合、
この夏休みも、通っている私立校・中高一貫校に相応しくない生活をすることでしょう。


それは、夏休みの宿題、休み明けのテスト、そして二学期の結果によって、
それが如実に出てくると思います。


まず、わかりやすいのが夏休みの宿題。


これは親御さん、ご家庭の方の躾け、教育の賜物で、
やらない方は徹底的にやらないでしょう。


最悪、提出すらしないという愚行を取る方も出てくると思いますが、
もうこうなると、通っている私立校・中高一貫校には適していないと言えます。


夏休みという自由な時間を十分に与えられているにも関わらず、
そして私立校・中高一貫校において、重要視されている宿題・課題を
やらないというのであれば、最低限の約束すら守れないという人間性を示すことに
なりますので、今年度以降は、早々に追い出されることになるでしょう。


次に休み明けのテスト。


夏休みの宿題は、最低でも、答え丸写しでもやり切って、提出することが出来たとしても、
今年度からは、その宿題を“しっかり”やってきたかどうかを、『確認』するテストとして、
休み明けテストの難易度も上がってくることが予想できます。


その休み明けテストを、軽んじて、ふざけた点数を取るということは、
一学期の反省を一切していないということを示すことになります。


その場合、一応二学期まで様子見となることでしょうが、
自由な時間があった夏休み“すら”、テストや成績について、
改めてよく考えない方が、忙しくなる、“言い訳がしやすい”二学期において、
一学期の挽回を出来るほどの点数を取ることは難しいでしょう。


そうして、二学期の結果。


おそらく今年度以降は二学期までの結果が出ることイコール、
“決まって”しまうことになると思いますが、
通っている私立校・中高一貫校においての『適性』の審査を
終えることになると思います。


それは、具体的な『数字』『数値』、さらには宿題・課題などの平常点の『評価』において、
今までの生活、考え、態度、姿勢を続けて、通っている私立校・中高一貫校で、
進級・進学していくのはもちろんのこと、授業を、勉強を続けていくのが、
困難であると判断、審査されることになることでしょう。


実に嫌な予言となりますが、おそらく今年度からは、
2020年度の教育改革の不明瞭、不明点が多いことの懸念から、
特に“大学”付属までの私立校・中高一貫校が、人気が出てきて、
受験者はもちろんのこと入学者も増えてきている反面、
こうした私立校・中高一貫校特有の厳しさに関して、
軽んじている方も増えてきていると思います。


そのため、今年度以降は、進級・進学できない方もそうですが、
途中で『ついていけなく』なり、中退となる方も増えることが予想されます。


元々、私立校・中高一貫校では、『内部進学生』の進級・進学できない方が
多かったですが、先日も書いたように、今年度からは、受験で入学してきた方、
内部進学“出来てしまった”方が、ふるい落とされるようになると思います。


話が長くなりましたが、昨年度までの感覚で、この夏休みの宿題、休み明けのテストを
軽んじて、どうにかなるとタカをくくって、二学期の結果が出るころ、
青ざめることのないように、この夏休みを過ごされることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11757826c.html
その他

夏休みの予定・計画の見直し

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

<PR>【電子書籍出版】<PR>

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

夏休みの予定・計画ですが、そもそも立ててないという方も多いかと思います。


ですが、期末テストが返ってきて、呼び出し・面談となって、
“見直さなければならない”方が多いでしょう。


それは、そもそも『未定』、『なってみないとわからない』と言って、
思っていた方も。


期末テストの結果、呼び出し・面談という現実の事実を前にして、
“まだ”無限の可能性や、夢や将来・未来を謳う人は少ないと思います。


言い方が悪いですが、“形”だけでも、反省した振りをして、
今後は頑張ると言って、無限の可能性や夢、将来・未来を訴えて、
好き勝手にやった過去の自分を戒めるように『振舞う』ことでしょう。


その上で、親御さんやご家庭の方、学校の先生に、これからの、自分の
無限の可能性、夢、将来・未来を“信じて”くれと訴えられることでしょう。


失礼ながら、これは卑怯です。


子供達にこう訴えられて、大人たちは信じないわけにはいきませんし、
子供達の言葉を信じないで強制しようものなら、今ではパワハラ、
精神的虐待などとなってしまい、大人たちは“何も”言えなくなります。


そうして、『許された』と、大人達なんてちょろいもんだと思われるかもしれませんが、
私立校・中高一貫校の場合、残った『記録』は、許されたものでも、ちょろいものでも
ありません。


それは無慈悲な無機質な数字、数値として、皆さんにつきまとうものとなります。


今風で言えば、ステータスとしてのログが残る、しかも不名誉な形で、
そのことが進路の、人生の“選択肢”を狭める、奪うものとなります。


そのことに“いつ”気付くかが今後の子供達の課題になっていくかもしれませんが、
私立校・中高一貫校の場合、“いつまでも”待ってもらえないため、
気付いた時には詰んでいたということになりかねません。


そうなってから、予定や計画を立てることはもちろんのこと、
無限の可能性、夢、将来・未来を訴えたところで、
誰も、おそらく、自分自身ですらも、『信じられない』ということになると思います。


私立校・中高一貫校で進級・進学できないことが決まってから、
進級・進学するための予定や計画を立てても意味はありませんし、
これから先の無限の可能性、夢、将来・未来を訴えても、
進級・進学が許されるわけではありません。


そこから先の予定・計画の修正、見直しは、それこそ、
『なってみないとわからない』ことでしょうし、
『何ともならない』ことの連続に振り回されてしまうことでしょう。


要するに選択肢がかなり絞られるということになります。
学業、勉学の道に“戻る”には。


話が脱線しましたが、そうした無限の可能性、夢、将来・未来を訴えて、
“信じて”ほしいというのであれば、『具体的に』何をどうするのか、
そして、これから先をどう予定し、計画し、やっていくのかを
示さなければ、少なくとも信用はどんどん失うことになります。


予定や計画を立てても、その予定通り、計画通りにいかないこともあるでしょうが、
この夏休みですら、無計画に過ごしていると、二学期以降もその生活が続き、
成績的にも、学力的にも追い込まれていくことになるでしょう。


それを避けるためにも、予定や計画を立てることを“試せる”
学生の内に、なるべく多く試しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11757431c.html
その他

二学期に向けての対策は始まっている

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

<PR>【電子書籍出版】<PR>

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

期末テストを終えて、テスト休み中かもしれませんが、
すでに二学期に向けての対策が始まっているということをお知らせします。


何だ、うるさいな、勉強しろっていうのかと思われるかもしれませんが。
“そんなこと”は『対策』ではありません。


それは実行段階の話ですので、その日、その時に“なってみないとわからない”ことでしょう。


むしろ、普段から、これから先のことなどなってみないとわからないなんて思っている、
考えている方ほど、本当になってみないとわからないでしょう。


そんなことよりも、まず何よりも、この一学期を反省して、勉強する環境や状況、
時間やツールなどのことを『考え直さない』と、“また”次は頑張る、
いつかはやるという根性論、希望諭で終わることでしょう。


期末テスト、呼び出し・面談の後、親御さん、ご家庭の方との話し合いにおいても、
“そう”言われることでしょうが、はっきり言って無意味です。


何を具体的にどうするのかということが明確で無ければ、
“ただ”何となく頑張る、頑張ったから、『許される』と勘違いしていくことになります。


そうならないためにも、二学期に向けての対策を、この一学期の生活、
勉強を踏まえて、よく考え直して下さい。


こう書くと、じゃあ、その具体例を教えろという方もいるかと思います。


“それ”を考えることが本当の勉強、計画、対策なのですが、
考えられないという方に向けて『一例』を示させて頂きます。


まず、宿題。


この一学期、これを“テスト二週間前”までに終わらせましたか?


終わらせていないのなら、二学期からはテスト二週間前までに、
テスト前・中までに提出する宿題“全て”終わらせましょう。


昨今の宿題は、事前に出されていることが多く、次の定期テスト、
平常テストまでの範囲が一気に出されていると思います。


ですので、そういった宿題全てを溜め込まずに、
テスト二週間前までに終えるようにして下さい。


こう“決める”のは簡単なことですので、その“お試し”として、
夏休みの宿題を“7月中”に全て終わらせるということをして下さい。


それを“出来れば”、二学期も出来る可能性があります。


少なくともこの夏休みに経験、実績が出来たのであれば、
そのことは、二学期にも繋がることでしょう。


これが出来ない、出来なかったという方は、休み明けテスト二週間前、
つまりお盆明けくらい“まで”に終わらせて下さい。


そうすれば、二学期のシミュレーションが出来ることでしょう。


次に、テスト前の勉強。


これは休み明けのテストがわかりやすく、そしてそのテストでツールになるのは、
『夏休みの宿題』でしょう。


一度、解いた、終わらせたものではありますが、そこから抜粋される、
その宿題が“テストの範囲”なのですから、これは普段の授業の教科書、
ノート、問題集の代用品と言えるでしょう。


そのツール、夏休みの宿題を使って、どう勉強するか。


これも簡単です。


この一学期において、わからない・間違えた問題だけをやった“だけ”で、
点数が取れたというのであれば、その方法で宜しいかと思います。


しかし、それだけでは、点数が取れなかったというのであれば、
やはり“全ての問題”を解き直すべきでしょう。


特に、一度解いた、終えた問題なのですから、“ダラダラ”とやるのではなく、
『時間』を区切って、宿題を終えた時よりも早く解けるようにして下さい。


たったこれだけの工夫で、赤点回避、さらには平均点以上にはなると思いますが、
これでもダメなら、二学期は“もっと”いろいろなことを、
“もっと”時間をかけてやらなければならないでしょう。


それを、『忙しくなる』二学期において、どう時間を作って、どう勉強していくのか、
個人的に思う“簡単な”対策は、『部活動』を辞めて、今まで部活動に使っていた時間を、
当てるのが楽だと思います。


それでも、部活動は辞めたくない、辞めさせないというのであれば、
部活動以外の遊びの時間など、スマホをいじっている時間などを、
勉強にあてるしかないでしょう。


それも無理、あれも無理、とにかく効率的に、効果的にと
いうのであれば、もう“無理”です。


一部の天才、要領の良い人でない限り、物理的に制限がある『時間』において、
取捨選択をせずに、あれもこれもどれも出来るほど、
人は天才でもスーパーマンでもありません。


24時間という時間を、テストまでの30〜45日という期間を、
どう過ごし、どうしていくのか、皆さんの予定・計画を細かく知らないですから、
こういった過激な提案になります。


こういった提案をムカつく、強制的だ、可能性を無視していると言われるのであれば、
ご自身でよく考えて、どうするのかを試していくことが勉強となるでしょう。


但し、学校の勉強“ごとき”もそうですが、これから先の人生においても、
『何もしない』『何も考えない』あるいは
『考えたけど出来なかったと言い訳する』という対策、方法、手段を取って、
『何とかなる』『許してもらえる』『与えてもらえる』ということは、まずありません。


小学校時代までは、こんなことまで考えなくとも、学校・先生が
与えてくれて、許してくれたことかもしれませんが、
中学校以降、それも、各定期テスト、各学期の成績で、
進級・進学が決まる私立校・中高一貫校においては、
『自分で』『自己判断で』行い、全て『自己責任』で、
結果と向き合わなければならないことになります。


まだ幼さを残す中学生には厳しい言い方になるかもしれませんが、
『ソレ』が嫌だ、面倒だ、自分の好き勝手にやらせろというのであれば、
通っている私立校・中高一貫校から、『転校』することをオススメします。


私立校・中高一貫校にいる限り、進級・進学していく限り、
したいと言う限り、このことは、ついて回る呪いとなります。


今年度以降は、さらに厳しく問われるようになっていくことを考えると、
早い段階で決断しないと、泥沼にはまって、身動きが取れなくなっていくことでしょう。


“まだ”結果が出てないのに、うるさいことかもしれませんが、
結果が出てからはあれよあれよと“決まって”いくことになりますので、
危機感を持って、事前事前の対応をすることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11757097c.html
その他

部活動等の見直し

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

<PR>【電子書籍出版】<PR>

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

先月末、先週とうるさく書いておりますが、『結果』が全ての
私立校・中高一貫校で、文武両道が“出来なかった”証拠として、
定期テストの点数、成績もそうですが、普段の授業、宿題、平常テスト、
小テストなどが、『事実』としての数字、数値として評価が出されることになります。


細かいところ、普段の授業、宿題、平常テスト、小テストなどの評価は、
人間なんだから、一回二回失敗したところで、そこまで気にすることではないかもしれません。


しかし定期テスト、成績に関しては、有限回の機会しかない上に、
上書き・変更することが出来ない『記録』として残ることになります。


そして、最終的に、その成績の『記録』で進級・進学の基準、要綱を
満たすかどうかの審査を行う私立校・中高一貫校では、
その結果の失敗に関して、厳しくみることになります。


成績は三年次二学期までの8回しかないわけですから、
1・2回の失敗を“毎年”続けてしまうと、約半分の機会を失敗し、
さらにその失敗の振り幅が、もう取り戻すことが出来ないとなった時、
進級・進学出来ないことが決まります。


ただ、厳しくなったとはいえ、今年度以降、進級・進学出来ないことが
決まって即、退学、転校させられるということはなく、
“卒業”だけはさせてもらえることになると思います。


しかしながら、この結末は更なる悲劇、つまり、
通っている立校・中高一貫校で“もう”進級・進学出来ないことが決まったから、
卒業するまで、好き勝手にやろうとなり、受験に対応するための基礎学力、基礎知識を
“さらに”落し続けるようになることが予想されます。


そうなると、勉学、学業の道、進路を選べなくなってしまう可能性が高くなります。


各私立校・中高一貫校で、“中退者”は出したくないために、
言い方は悪いですが、飼い殺しの状況・状態になる方が増えることになると、
他の方への影響も出てくる可能性があります。


そこで、クラス分けなどを徹底してくるかと思いますが、
もしかしたら今後はドラマや漫画のように、あからさまな学力差がある方だけが、
集まるクラスなどが出てくるかもしれません。


大げさに書いているつもりではありますが、今後は各学校で、
こういったクラス分け・コース分けなどの“住み分け”をしないと、
その生徒に合った指導・教育が行えなくなっていくことが予想されます。


また、逆に、そういった住み分けが行われていない学校は学校で、
生徒にとっては厳しいものとなるでしょう。


2020年度の教育改革に向けて、各学校、特に私立校・中高一貫校では、
より成績上位者に合わせた授業を行っていくようになると思います。


元々、私立校・中高一貫校では、成績下位者に合わせた授業をしてはおりませんが、
今後は、むしろ、そうした方を、“無視”した授業を行って、ついてこれない方を
切り捨てていくようになると思います。


私立校・中高一貫校生の内部進学・進級の手伝いをしてきた当塾でも、
昨今、そう感じられることが多々あります。


生徒側にも問題があるかと思いますが、著しく習熟度が低い方が多く、
再テストや再試験を受けさせて、その中でも点数の悪い方、
再テストや再試験が貯まっていく方を
ふるい落とす方法を取るようになっているように思えます。


そもそも再テストや再試験を“受ける”人が多いということも問題かと思いますが、
そうしてでも、“できる”人を作るという強い意思が感じられます。


昨今の私立校・中高一貫校では、リーダーシップを取れる方、グローバルで活躍できる方、
独創的な発想や行動力を持つ方などを“育てる”という方針が強まっているためか、
出来ない方へのフォローが、補習や補講、再テストや再試験、それでついてこれない方は
さようならというものになっていると思います。


しかし、これも、致し方ないと思えるほどの、学力の格差が、各ご家庭の教育の格差が、
昨今の学校内で浮き出てしまっているのかと思います。


塾でも、(先生・講師が何を言っているのか全く)わからない、
学校の先生から教わっていない、“だから”勉強できない、したくないと
嘆かれる方が多いです。


お客様感覚で、懇切丁寧に、何でも与えてもらう、してもらう、
やってもらうのが当たり前と思っているからかもしれませんが、
学校の先生は生徒全員を、それも個人単位で『察し』てくれるわけではありません。


わからないなら、“どこ”がわからないのか、“何”がわからないのかを
はっきり言わなければわかりません。


そして、これも最近の大問題なのかもしれませんが、“授業中”寝ていて、
自分が『聞いていない』ことを、堂々と『教わっていない』という方が
増えてきております。


当然、塾でもその言動、態度、姿勢でいるために、説明を『聞く』『聞き入れる』ことができず、
翌週、翌日、ひどいとその日、塾での帰り際でも、『今日教わった、聞いたこと』を
もうすっきり忘れて、『教わっていない』状況・状態になっていることがあります。


こうなってくると、学校に行っている間や塾などの、授業の時間は全く無駄になってしまいます。


今年度以降、この傾向にある方は、次々と淘汰されることになる、
それがわかる点数を、成績を取っていくことになると思いますが、
こうなると軌道修正が出来なくなることでしょう。


それが私立校・中高一貫校で進級・進学できないだけで済めばよいですが、
勉強出来ない、新しいこと、難しいことを覚えよう、知識を得ようとすることも
出来ないとなると、その先の進路も厳しいものになっていくと思います。


話がかなり脱線してしまいましたが、こういった傾向に陥りやすいのが、
部活動をやっている方、その中でも“運動部”ということになります。


部活動をやっていることは素晴らしい体験だとは思いますが、
だからといって、偉いわけでもなく、そして授業中寝る権利を得られるわけでもなく、
宿題をやらない権利があるわけでもなく、テストで点数を取れないことが許される、
成績が悪くても進級・進学できるわけではありません。


そのことを勘違いするのであれば、部活動が学生の本分、
勉強に悪影響していると言えます。


通っている私立校・中高一貫校での進級・進学など考えておらず、
ただ青春時代を面白楽しく過ごせれば良いというのであれば、
うるさい説教でしょうから、無視して下さって構いません。


但し、その代償に、『やっぱり』進級・進学したいといっても、
『間に合わない』こともある、それも今年度以降は、
その可能性が高くなるということを忘れないようにオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11756707c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト