赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

武志道@ときわ台

麺屋

武志道(ブシドウ)
☆☆☆☆.1(ときわ台)
つけそば870円

Samurai code of chivalry

つけそば戴きました。

麺は角極細ウェーブのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、博多豚骨ラーメンみたいな細さですがストレートの色白麺ではなく黄色み掛かった玉子麺なのでパツパツ感はなく、中華料理の塩焼きそばなんかで使用されている麺に似ていてボソっと感がある喉ごしも楽しめる面白い麺です(麺量:茹で前225gで腹7分目といったところで、大盛300gも同一価格でランチタイムは半ライスのサービス<卓上に、辛子高菜あり>もあります)。
つけ汁は辛味と粘度が無い酸味とオイリー感が微アリな透明感のある動物系の出汁が香る塩味で、尖ったりオイリーに頼るのではなく焦がし葱などで旨味のある塩ダレが生かされた動物性の濃厚感が漂う仕上がりにまとめられています。

具はメンマは無く、インゲン豆の様な緑色した山クラゲ5本とW葱(長葱&微塵玉葱)がつけ汁に沈められ、炙りの入ったペラペラ薄切りバラ叉焼2枚と長葱が麺の上に乗せられています(具だけ見ると価格からは寂しい感がありますね)。
只、あまり見かけない5本の「山クラゲ」はコリコリした食感が面白いですね。
麺のつけ汁に浸して戴いてみると、ウェーブのかかった極細麺の麺間に粘度の無いつけ汁が絶妙に絡み微塵玉葱と共にズズズっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に動物系出汁スープでしょうか?が注がれ、プラスティック製の白い蓮華で微塵玉葱を掬いながら美味しく戴きました。
入店後、ティッシュペーパーを探しましたが見当たらず店員さんに声を掛けようとしたら頭上に設置された木目調の隙間からティッシュペーパーが顔を覗かしていました。
ときわ台の北口は田園調布を真似た高級住宅街ですが、南口は板橋区の庶民の街なのでこの価格設定では線路を挟んだお向かいのお店やそのすぐ近くの柳さんのお店にお客さんが流れそうです。

ティッシュペーパーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8869838.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11602178c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

神の手@新高円寺

麺昇

神の手(カミノテ)
☆☆☆☆.2(新高円寺)
特製山芋とろろつけ麺800円

God Hand

特製山芋とろろつけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある山田食品社製で、気持ち硬茹でされた平打麺が喉元をゆっくり流れて行く食感が心地良く感じられる麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところですが、具のモヤシで更に膨らみます)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感無い粘度が微アリな北海道味噌や信州味噌をブレンドしたであろう赤茶色した甘くない芳醇な味噌味で、山芋とろろが味噌とマッチし戴き易い味噌味に仕上がっています。

具は穂先メンマ2本と長四角バラチャーシュー2枚と海苔2枚とワカメとヤングコーン1本と大量の炒めモヤシが麺を隠すがのごとく盛られ、山芋とろろと長葱がつけ汁に入れられています。
炒めモヤシは嬉しいですが冷水で〆た麺の上に乗せてしまうと麺がぬるくなり複雑な気分になりますね?
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、山芋とろろの粘度が加わった赤茶色したつけ汁が麺肌を染めズズズっと美味しく啜れました。
スープ割の提供はしていないとのことで、山芋とろろが全部採取できないのは残念でした。
お店は青梅街道沿いに佇んでいて、鉄板焼きも楽しめる雰囲気のあるお店でした。

割りスープはやってません はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8868799.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11601423c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

名前のない中華そば屋@幡ヶ谷

名前のない中華そば屋(チュウカソバヤ)
☆☆☆☆.2(幡ヶ谷)
つけ麵750円

Mr. Unknown

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、所々に斑点が見うけられる全粒粉入りの栄養満点な多加水な自家製ならではの色白で喉ごしがとても良い麺です(麺量:茹で前330gで腹9分目といったところで、麺少な目もできます)。
つけ汁は酸味と粘度が無い辛味とオイリー感が微アリな漆黒色した魚介醤油味で、店頭に仄かに漂う煮干しが食欲を刺激してくれるカエシの濃い醤油味にまとまっています。

具はWメンマ(細10本位と平たいの5・6本)と存在感がある厚さ1cmはあろうとても大きい肩叉焼1枚と同じ叉焼の切り落とし4・5個とナルト1枚と長葱がつけ汁に入れられ、海苔1枚と味玉半分が麺の横に添えられています。
このポークステーキの様な叉焼はホロホロと崩れませんが大迫力で凄まじいですね!
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、漆黒色したつけ汁が麺肌の色を変えツルズバっと美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で追加された長葱を追いかけながら美味しく戴けました。
お店は車1台が通れる一方通行の路地に佇んでいて、わざわざ探して来ないと分からない東池袋大勝軒似の盛り付けの量の多いお店でした。

製麺機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8865863.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11599459c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

山と樹@高円寺

らぁめん

山と樹(ヤマトキ)
☆☆☆☆.3(高円寺)
つけ麵850円

Mountain & Tree

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、所々に斑点が見うけられる全粒粉入りの栄養満点な小麦粉感がしっかり分かる色白で喉ごしがとても良い麺です(麺量:茹で前230gで腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな鶏メインの清湯醤油味で、表面を覆う透明な油が軽くインパクトをしてくれて味わいのある醤油味にまとまっています。

具は細短メンマ10本位とお口に入れるとホロホロと崩れてしまう肩ロース叉焼1枚と小口切りや笹切りされた長葱がつけ汁に入れられ、海苔1枚が麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、サラっとしたつけ汁が少々デコボコした麺の表面に絡みズズズっと美味しく啜れました。
スープ割はつけ汁碗を卓上に上げると雪平鍋から直接お玉で鶏出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で食感の良い長葱を掬いながら美味しく戴き完飲してしまいました。
お店は環七に面した飲食店が並ぶ一角に佇んでいて、お隣りには以前伺ったことのある早朝から営業しているラーメン店が並んでいます。

つけ麺はじめました。はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8863468.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11597735c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まいど@阿佐ヶ谷

麺屋

まいど
☆☆☆☆.3(阿佐ヶ谷)
武蔵野うどん風和風つけ麺750円

Every Time

武蔵野うどん風和風つけ麺戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、色白で細うどんを彷彿させそうな短めな喉ごしがとても良い麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな甘口醤油味で、具の豚バラ肉から滲み出た仄かな動物系の出汁が合わさった旨味のある醤油味に仕上がっています。

具はメンマ5・6本と茹で豚バラ肉4・5枚と大量の短冊状の長四角にカットされた油揚げと大きめに笹切された長葱がつけ汁に押し込まれ、三つ葉オンザ海苔が麺に蓋をする様に乗せてあります。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、旨味の乗ったつけ汁が軽く絡みズルズルっと美味しく啜れました。
スープ割は透明な煮干しスープが入ったポットが卓上に置いてあり自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で油揚げと長葱を掬いながら武蔵野の大地に感謝しながら美味しく戴きました。
お店は幾度か伺った事がある阿佐ヶ谷駅北口スターロード商店街に佇んでいて、お隣りには老舗の丸長が並んでいます。 

三河屋製麵の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8859458.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11594924c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

兎屋@人形町

人形町

兎屋(ウサギヤ)
☆☆☆☆.3(人形町)
つけ麺850円

Rabbit Shop

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある浅草開化楼製で、多加水の麺肌が喉元を軽快に通り過ぎて行き、長めなピロピロタイプの麺相が喉ごしを楽しませてくれる秀逸な好みの麺です(麺量:茹で前240g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな比内地鶏に他の鶏や豚を上品に炊いた上に数種類の煮干しを合わせた漆黒色したの醤油味で、麺を浸して戴いている時は鶏が勝っている仕上がりにまとめられています。

具はメンマ7・8本と太めカットの短冊バラ叉焼7・8枚と小松菜とナルト1枚と長葱がつけ汁に押し込まれ、磯の香りがいい海苔1枚とサービスしてもらった今どき珍しいL玉(他のお店は大半がS玉)の味玉1つが麺の上に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、浅草開化楼の平打麺が漆黒色のつけ汁を纏い、ツルツルっと軽やかに気持ち良く啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で麺をディップしている時とは違った煮干しの風味を感じながら長葱を追いかけながら美味しく戴いていると久しぶりに完飲してしまいました。
店主さんは私の高校の同級生の弟さんで、浅草開化楼も実家から30秒の所にあるそうです。
味玉ありがとうございました。

兎屋の拘りはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8856816.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11592686c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

海汰@高田馬場・学習院下

麺屋

海汰(ウタ)
☆☆☆☆.1(高田馬場・学習院下)
冷やし塩つけ麵850円

Sea Wash away

冷やし塩つけ麺(夏季限定)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、硬茹でされたフィットチーネタイプの薄黄色したパスタの様な喉ごしが感じ良く、クラッシュアイスで冷やされていても動じないコシのある艶やかな麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁はメニューどおりの冷製な酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い、優しい鶏と魚介が塩ダレとシンクロしたつけ汁碗の底まで見通せる透明感のある塩味でオイリーに頼らないマイルドな魚介塩味にまとめられています。

具はひと口大サイズに四角くカットされたメンマ10枚位と塩麹や塩胡椒でソテーされたひと口では大き過ぎる皮付鶏モモ肉4個と海苔2枚と晒された白髪葱&糸唐辛子が麺の上に化粧され、大量の白胡麻と刻海苔がつけ汁に浮遊しています。
この鶏モモ肉が意外と塩気がありビックリしてしまいました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、白胡麻や刻海苔が麺に纏りつき軽いマイルドなつけ汁と共にズズズっとあっさり啜れました。
途中、卓上の「いりこ粉」を投入すると、鰯の独特な苦味ばしった風味が加わり勢いを増して啜れました。
スープ割はブーメラン方式に温かい魚介系出汁スープが注がれ、京うどんで使用する木製の茶色い蓮華で白胡麻を掬いながら微妙にぬるくなったスープ割を美味しく戴きました。
お店には、お一人様用のカウンター席はなく長居できそうなテーブル席が多く、複数の女性客も散見しましたので回転はあまりよくなさそうです。

限定メニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8854416.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11591059c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

せい家@大山

らーめん

せい家(セイヤ)大山店
☆☆☆.7(大山)
つけ麺500円

Wholeheartedly&Vigorous&Success House OHYAMA

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた少し短めなセンターキッチンで量産された自家製麺で、モチっと感もあってか麺自体は悪くありませんが如何せん短い為か啜り甲斐がなく喉ごしが楽しめませんでした(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリなマイルド豚骨に魚介を加えた魚介豚骨醤油味で、豚骨の粗々しい濃厚感が無いので何か忘れ物をしたかの様な仕上がりになっています。

具は細短メンマ15本位と赤身モモ肉叉焼1枚と味玉半分とナルト1枚と海苔1枚と長葱が別皿に綺麗に並べられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面ツルツルな麺に粘度微アリなつけ汁が微量に絡み短い麺なのでズルっと軽く啜れました。
スープ割は別碗に白濁し髄がちらほら見受けられる豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で6掬い投入して更にマイルドになったスープ割を千切った海苔や長葱を追いかけながら戴きました。
総評としては6種の具が別皿配膳され、麺量もほどほど有り、スープ割も別碗提供と手間暇掛かったつけ麺がワンコインで戴けるのはつけめニストしてはありがたい一品でした。
お店には一昨年の夏に「冷し中華」を戴いた以来の入店でしたが、コスパがいいのでしょう次から次へと単身のお客さんが来店していました。

店頭ディスプレーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8851920.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11589623c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

中川家@高田馬場・学習院下

らぁめん

中川家(ナカガワケ)
☆☆☆☆.2(高田馬場・学習院下)
ざるらあめん800円

Center River House

ざるらあめん戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた中西食品社製で、多加水タイプのピロピロ麺なのでツルっと喉ごしが楽しめあっという間に胃に納まっていきます(麺量:茹で前250gで腹8分目といったところで、大盛350gも同一価格です)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味微アリな透明感のある清湯醤油味で、甘味酸のノスタルジックタイプから酸味を引いたマイルドな醤油味にまとめられています。

具は細長メンマ10本位とひと口大サイズの切り落とし肩ロース叉焼10個位と大量の輪切された長葱がつけ汁に押し込まれ、粗刻海苔が麺に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、爽快な啜り心地が楽しめ刻海苔や長葱と共にツルっと啜れました。
途中、卓上のお酢を大匙1杯位投入すると、顔面から汗が滲み出てくるほどスッキリしたつけ汁に変わり春の暖かい陽気にマッチしました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴けました。
お店の屋号に「家」が付いていますが横浜家系ではなく、「らあめんほりうち新橋店」で店長をされていた方が営んでいて、メニュー構成(納豆らあめん等)が満家@大久保にそっくりなので聞いてみると「従兄弟」みたいな感じかなとお応えいただきました。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8850920.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11588427c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ひむろ@池袋

北海道らーめん

ひむろ 池袋店
☆☆☆.7(池袋)
味噌だれつけ麵880円

Icehouse IKEBUKURO

味噌だれつけ麺戴きました。

麺は平打中細ウェーブのエッジに尖りがある小林製麺製で、多加水タイプの色白な麺肌にピロピロした食感が喉ごしを刺激して流れる様に食道を通って胃に納まっていきます(麺量:茹で後420gで腹8分目といったところで、大盛630gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリな北海道味噌の甘味が主張する味噌味で、軽い豚骨と麹の香りがほんのり広がる優しいマイルドなあっさり戴ける仕上がりにまとめられています。

具はメンマ8・9本と長方形の赤身モモ肉叉焼2枚と味玉半分2つと味付海苔1枚が麺を隠す様に盛り付けされ、短冊切された油揚げ3枚と少量の豚ミンチと長葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、エコ箸で麺が掴み辛いですがまったりと絡み合いズルズルっと軽く啜れました。
スープ割はスープはマイルド豚骨スープが注がれ、陶器製の黒い蓮華で軽く数回掬って戴きました。
お店は池袋東口の定食屋や洋食屋などの飲食店が建ち並ぶ路地裏に佇んでいますが、資本系でもありながら意外と来店する複数客が多かったです。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8846184.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11585322c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 14 352805
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト