立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

宿題出した?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

GW連休前に、『事前に』出してもらえていた宿題を、
やっていないのは論外ではありますが、せっかくやったにも関わらず、
『出し忘れる』方もいると思います。


最近は提出期限に厳しい先生が多いですが、それでも、遅れてでも、
きちんと自分でやったことならば、『誠意』を持って、
学校の先生に提出すべきです。


きちんと頭を下げ、評価は低くなってもいい、減点されてでもいい、
提出させて下さい、よろしくお願いします、ぐらい言えれば、
学校の先生だって、鬼ではありませんから、次回からは気をつけろよ、
とりあえず預かっておくというふうになるはずです。


最近は、そういったことができないといいますか、あえてしない・やらないという方が多いです。


そのため、お互いに嫌悪感を高め合ってしまい、最終的には、
争いをしているかのような嫌いかたをするように思われます。


それが互いにとっての自己主張なのかもしれませんが、
その行き着く先は戦争となります。


昨今、『喧嘩』を回避するのは上手いのに、喧嘩となった後の対処の仕方が下手な方、
下手といいますか、もうそうなったら仕方ない、仲直りなどしないという方が多いように思えます。


一度、敵認定したら、一生その人は敵ということなのでしょうか。


そうなると、学校などでは先生がその『敵』なのでしょうか。


私立校・中高一貫校において、そうやって『敵』を増やした場合、
テストの点数や成績などよりも、問題になって、進級・進学できなくなることでしょう。


なぜなら、その『敵』は進級・進学の最終的な決定権を持ち、その『敵』もまた人なのですから、
少なからず『感情』が働きますので、『記録』されたものに、『記憶・感情』が上乗せされることに
なります。


若い内は特に大人などを目の敵にして、人の好き嫌いが激しくなる傾向がありますが、
私立校・中高一貫校の場合、それをこじらせると、3年間、ないしは6年間、
『敵』と一緒にいることになり、さらにはその『敵』によって、自分の進路を
大きく変えることになります。


一度や二度、嫌な思いされられて、本当に嫌で敵のように思える先生に対しても、
『味方』に出来るようにしておかないと、その癖や傾向は社会や世間に出ても出てくることになります。


学生時代の内に、そういった癖や傾向は直しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11599818c.html
その他

GW連休終了、ここから先は待ったなし

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

まだ連休の休みボケで、休み感覚でいられる方も多いとは思いますが、
もう『連休』はありません。


ここから先、中間テスト、期末テストと待ったなしになります。


一か月後、二か月後には、全ての『結果』が出ることになります。


そのことの意味をよく考えて行動するようにして下さい。


早い方だと、この一学期で進学・進級が決まることになります。


それは『良くも悪くも』です。


積み重ねた点数、成績で進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、
一発逆転も、奇跡もありません。


『記録』された『数字』が、『可能性』を否定することになります。


一学期といえど、二回の定期テスト、一回の成績が決まるわけですから、
残りのテスト、成績で、『挽回』不可能という数字となることもあります。


正確に言えば、残りのテストで、百点満点を『取り続ければ』、また、
成績に関しては、最高の成績、つまり『5』や『A合格』などの成績を
『収め続ければ』、挽回は可能かもしれませんが、
今までサボりにサボった方が、それを『可能』とできるかどうかということになります。


また、この一学期を点数、成績を落しておいて、『今まで通り』の授業態度を
続ける方は、まず先生の心証が悪いと思って下さい。


そうなると、仮にテストで百点満点を取ったとしても、『成績』は下げられることがあります。


平常点とテストの点数の比率次第ではありますが、平常点が取れない限りは、
最高の『成績』を取ることはまずできません。


そもそも、私立校・中高一貫校での、最高の成績を取るということがどれくらいの条件か、
知らない、軽んじている方、これは残念ながら親御さんすらもわかっていない方が多いです。


テストでは80点90点は当たり前、平常点は満点近く、やる気もあり、
授業にも積極的に参加し、提出物などは完璧となって、初めて成績が上がります。


よく大げさに、『挽回』するためには、生活を一変するくらいでないと難しいですよと
書いているのはこのためです。


私立校・中高一貫校では、下位の『成績』を取るのは簡単ですが、上位の『成績』を
取るためには、他の方を頭一つ抜きんでるのはもちろんのこと、品行方正になり、
その学校の学生としてのモデルケースになるくらいの人物にならないと、
取ることはできません。


ただ、勉強が出来ればいいわけではないということです。


失礼ながら、これは親御さんも勘違いされている方が多いです。


そして、下位の成績、『1』や『2』、『不合格』といった成績を取った後、
『次(勉強を)頑張ればいい』と考えられます。


ほとんどの場合、そうではありません、勉強を頑張るのは『当たり前』であって、
部活動や学校生活、生活態度、授業に対する姿勢など、『全て』頑張るか、
一変するつもりでなければ、成績は“変わらない”ことでしょう。


進級・進学ができない方、ご家庭・親御さんのほとんどは、頑ななまでに、
この考えを拒否されることが多いです。


おそらく、“単位制”“絶対評価”の私立校・中高一貫校なのだから、
『勉強』ができれば、他は文句を言われないと、また、
そういった学校生活や生活指導は、ご家庭の躾け・教育方針に大きく関わってくるものですから、
『ソコ』をうるさく言われるのは大きなお世話、癪に障るのかもしれませんが、
それらを放置すればするほど、問題は大きくなっていくことになります。


昨今は、パワハラなどの問題で、学校・先生が生活指導などを率先して行うということが
ありません。


全て、『記録』のもと、『断罪』する形になっていますので、
『平常点』はどんどん悪くなっていることでしょう。


そうして、学力も追いつかなくなると、もう進級・進学できないことが
『決まる』まで待つだけとなります。


最近は、私立校・中高一貫校で、進級・進学できないとなった方が、
その後、再起した、つまり、通っていた学校以上のレベルの学校に返り咲きしたという話を
ほとんど聞きません。


むしろその逆、転校した学校でも成績を落としていき、
中退・留年されることが多くなっているように思えます。


昔なら、言い方が悪いですが、腐っても鯛、つまりどんなに悪いといっても、
私立校・中高一貫校で学んだこと、教養は、他の学校よりもレベルが高く、
むしろ、転校先で活躍し、自信を取り戻し、返り咲きを果たすという話が
多かったように思えます。


私立校・中高一貫校での『教え』は素晴らしいものであり、
その素晴らしさを、皮肉なことに、学校を出てから気づいたということですが、
今は、その『教え』すら無視するようになっていると思います。


そうなれば、当然、進級・進学できないで、学校を追い出されるようにして、
さらにその先でも同じような悲劇を繰り返してしまうのだと思います。


連休明けから、うるさい説教かもしれませんが、そういったことまでも危機感として持って、
この一学期、残り二カ月をよく考えて、行動するようにオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11599433c.html
その他

連休終了、ここからは休み無し

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

“まだ”連休中気分のところかもしれませんが、残念なお知らせがあります。


明日からは“もう”連休がありません、期末テストが終わるまで。


約2か月間の話ではありますが、『休み無し』ということは、
精神的にも、肉体的にもつらくなっていくことでしょう。


正確には、『連休』がないということではありますが、
部活動などによっては、“本当に”休み無く、活動することになります。


学校の創立記念日、振替代休などで、連休・祝日がある、
学校行事の体育祭、修学旅行、林間学校などがあり、
『授業』『勉強』は休みかもしれませんが、
中間テスト、期末テストまでの予定、カウントダウンは、
『お休み』になることはありません。


ここから先、部活動や学校行事を『理由』に『言い訳』される方が
多くなっていきますが“それら”は『理由』にも、
ましてや『言い訳』すらもなりません。


それらを理由や言い訳にするなら、今すぐにそれらを辞めるべきです。


それは文武両道ができない、やれないと言っていて、
それが理由で『文』のみ一方的にできない、やれないと言っているものです。


そして、その『文』によって、自分の進級・進学が、進路が、人生が
決まってしまうということを軽んじていることになります。


であれば、その『文』、それも“記録”され、積み重ねられる『文』=
点数、成績によって、進級・進学が『決まる』私立校・中高一貫校には、
『向いていない』といえます。


少し厳しい言い方のように感じられるかもしれませんが、
それほどまでに重く真剣に考えなければ、これから先はいばらの道を
歩むことになります。


自分なり、自分的に一生懸命、頑張っているのに、認められない、
怒られる、信じてもらえない、否定されることが多くなってきます。


それは、親御さんからかもしれませんし、学校・先生からかもしれませんし、
友人知人かもしれませんし、全く知らない赤の他人かもしれませんし、
最終的には社会、世間といった大きな存在からになるかもしれません。


どちらもうまくやるといったのに、片方をおろそかにする方、
そして、それで権利主張や開き直りをする方に対して、
情報化が進む今後は認められなくなる傾向により厳しくなるでしょう。


昔であれば、そんなことを口にしたけど、やっぱり無理があった、
自分ではできませんでした、すみませんで済んだものですが、
昨今は『記録』された過去のことを糾弾されるようになっているように
思えます。


一時の迷いや失言に対して、地位や立場に基づき、
軽率だ、人としてどうなのかと追及が厳しいものになっていると思います。


個人的には、人間なのだから一回二回の間違いぐらい、
(許してあげても)いいじゃないか、失敗したからといって、
その人の今後や未来・将来、権利までをも奪い取るようなことを
しなくてもいいじゃないかとは思いますが、それを世間が、社会が
許さなくなってきているように思えます。


年々、そうした厳しさを増してきている中、極端に格差が出来てきており、
失敗者に対する対応がより厳しくなっているように思います。


ただ、これの最大の問題は、そうした失敗を、“本人”が気づかずに、
何が問題なのだと権利主張や開き直りすることで、追い込まれてもなお、
一方的な主張をし続けることだと思います。


こういった問題が浮き彫りになった時、そこから先は、『記録』をもとに、
全てが決まっていくことになりますので、よく考えての言動、態度、姿勢を
取るようにして下さい。


正確には、始業してから、『記録』が始まっていることになりますが、
明日から先は、“本格的に”『記録』されていくことになりますので、
気を引き締めていくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11599110c.html
その他

そろそろ宿題でも・・・

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今日、学校に投稿した方も、今日まで含めてお休み中の方も、
そろそろ溜めていた宿題に目でも通そうというところでしょうか。


嫌味に聞こえるかもしれませんが、諸先輩達の失敗談を
散々目の当たりにしてきた苦言だと思って下さい。


今日明日で『答えを丸写し』で宿題完了。


何だ、これで“許される”なら、宿題なんて、
どれだけ出されても余裕じゃん。


部活動や遊び、趣味に忙しく、『効率』を求めての結果なのでしょうが、
その言動、態度、姿勢では、必ず破綻がきます。


特に授業の進度が早い、私立校・中高一貫校の場合、
宿題はそのまま『演習』として扱われることになり、
授業内で行う一定量の演習は、最低限に留めて、
とにかく教科書の内容をどんどん進めることになります。


『演習』は『宿題』で当然やっているわけですから、
教科書の内容がどんどん進んでも、
“理解”できる、“ついて”いけるものとして、
授業は突き進んでいきます。


そうして、授業の内容に置いていかれるのはもちろん、
勉強に必要な最低限の演習量すらも、『ただの作業』で済ました方は、
確実にテストで点数が取れません。


そして、その時、その『宿題』は、『答えを丸写し』したものと
判明することになり、平常点がもらえなくなったりします。


紛いなりにも自分で解き、自力でやった方なら、
必ずそれがテストで点数に繋がります。


しかし、中には、本当に自分で解いて、自力でやったけど、
なかなかテストの点数に結びつかない方もおります。


途中式や勉強した証が書いてあれば、『答えを丸写し』したとは思われないかも
しれませんが、そういった形跡なく、答えだけを書いている場合は、
やはり『答えを丸写し』したと疑われることになります。


そうならないためにも、宿題はきちんと自分で解き、
自分でやったという証拠を残すようにして下さい。


そしてテスト前は、必ずもう一度、宿題を“やり直して”下さい。


こう書くと、『間違えたところ』だけ、やり直すという方が多いですが、
その時は解けた(と思う)問題も、もう一度やり直すことをオススメします。


塾でも多いのですが、これを頑ななまでにやらない方が多いです。
失礼ながら、さすがはご家庭の躾け、教育の賜物と言うべきでしょうか。


『効率』を求める姿勢、態度を否定はしませんが、勉強において、
そこまで効率を求めるのであれば、さっさと高認試験を受けて、
大学を目指されることをオススメします。


勉強において、一定量の演習を拒否し、一度解けた・できた問題は、
絶対に間違えないというのであれば、小学校・中学校・高校などの教育機関は
必要ありません。


多くの方は“そうではない”から、『もう一度』、『何度でも』“確認”をして、
自信をつけて、テストに向けて、“時間内に解ける・できる”ように、
『早く』『正確に』できるように『演習』するわけです。


それを自分だけは大丈夫、自分だけは効率良くという考える方から、
その演習量に見合った修学となり、テストの点数となり、成績となります。


何でテストの点数、成績が取れないかわからない、
勉強の仕方がわからないという方のほとんどが、
単純に演習量が足りないということが多いです。


絶対的に必要な演習をしないで、『わからない』というのは、
効率を求める傾向の成れの果てのように思えます。


スポーツや芸術の世界ならわかってもらえるのでしょうが、
それらですら、たった数時間、数日、頑張っただけで、
プロになるのはもちろん、練習試合やコンクールで勝てないのは、
わかることでしょう。


そこに効率を求めて、何で勝てないのか、何でプロになれないのかなどと、
考えないでしょう。


しかし、勉強にだけは効率良くと考えられる方は、これは親御さん、ご家庭でも多いです。


一日1・2時間、数十分の勉強で有名国公立・難関私立大学合格した方の、
『効率的な勉強法』のような話をうのみにされているのかもしれませんが、
そういった方々は、もともとも『素養』があり、そして、その方々ですらも、
『一定量の演習』をこなしてきているということに気づかない限り、
効率、効率と追い求めるように、様々な勉強法に手を付けられることでしょう。


このブログでも、私立校・中高一貫校における勉強に対してではありますが、
『効率良く』勉強しましょうと提案しております。


それは昨今の部活動などの忙しさを考えてのことではありますが、
イコール演習しないで、魔法のような方法で点数UP、成績向上を
謳っているわけではありません。


むしろ、こういった『学校から渡される(用意してもらえる)』“宿題”を、
うまく使って、効率良く、点数を、成績を取っていきましょうと提案しています。


持論ではありますが、これ以上の効率、
つまりこれらを(時間をかけて)『やること』“すらも”
効率良くやりたいという方の中から、修学は遅れていきます。


そうして、進級・進学できなくなっていくわけですが、
恐ろしいことに昨今は、“こういったこと”を、親御さんが、ご家庭が
求めてくることが多いです。


塾の場合、もう塾に来なければならない時点で、『効率』が悪くなっているというのに、
それでもまだ効率良く効率良くといわれる方の多くが、進級・進学できない結果になっています。


本来、私立校・中高一貫校の勉強は、『学校の授業』をきちんと聞いて、
『ノート』をしっかり書いて、『宿題=演習』をきちんとやり、
『テスト前』にそれらを再確認すれば、高得点は難しいかもしれませんが、
平均点は取れるように、体系だっています。


それを愚直に行うことが、最も『効率』が良いというのに、それをやらずに、
別の、もっと良い『効率』があると、探されるのが、最も非効率です。


それは、もっと良い『効率』ではなく、『自分にとって』『親御さん・ご家庭にとって』、
『都合の良い』妄想です。


そのことを気づかない限りは、どんな勉強法を試そうとも、
通っている私立校・中高一貫校では通用しないでしょう。


うるさい説教になってしまいましたが、そこまでわかって、この学校・先生から出される
『宿題』を、ただの『作業』として済ませるのかどうか、よく考えて下さい。


そうしなければ、今後、その『宿題量』=『演習量』が、そのまま『学力』として、
評価されていくことになります。


サボればサボるほど、そのツケは、点数に、成績に反映されますので、
これは、親御さん、ご家庭も、気を付けて見ていないと、
悲劇へと一直線となりますので、注意して下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11598842c.html
その他

休みを満喫中

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

カレンダー通りのお休みだった場合、一応明日土曜日は登校日となりますが、
そのまま連休の方もいると思います。


明日、学校に登校する方も、今週月曜・火曜のように、
あってないような日で、ほぼほぼ休み感覚を持っていると思います。


お休み中なのだから、休んで何が悪いと言われる方も多いと思いますが、
そのことそのものは何一つ悪くありません。


ただ、休み前に学校・先生と交わしている約束を
『やっていない』『忘れている』となれば、
昨今は全て『悪い』という風に叩かれることになります。


もちろん、進級・進学、成績を付けるという立場、
つまり権力を持っている学校・先生が、そんなことをすれば、
逆に学校・先生が『悪』となりますので、学校・先生は、
“何も言わず”に『記録』を付けるだけです。


そして、その『記録』は大事に保存され、ある程度積み重ねた時に『審査』し、
一定の基準に達していない場合、その『記録』=『証拠』を持って、
断罪してきます。


まるで裁判や刑事ドラマで犯人を追い詰めるかのような書き方をしましたが、
実際のところ、単位制絶対評価の点数、成績で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校においては、まさにこれを彷彿させるようなことが起きます。


一学期・二学期と明らかに学力面においての遅れを持っている方に対して、
“何も言わない”あるいは“まだ進学できる可能性はある”と煽り、
『今まで通り』の生活をしていても、一切何も言わないで、言い方を上記に合わせると、
そうやって犯人を泳がせておいて、『記録』=『証拠』が集まった瞬間、
逮捕・断罪という流れで、学校から強制的に出てってもらう。


進級・進学できなかった方は、そのことを痛感・体感したと思いますが、
『記録』がある以上、文句を言えない後ろめたさも持っていることでしょう。


それが記録されるということの怖さだと思って下さい。


特に、受験なく、定期テスト、成績の結果で進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校においては、その怖さは、『進路が変わる』だけでなく、
場合によって、著しい学力の低下によって、
『進路が無くなる』『人生までも変わる』可能性があります。


日本では、中学校までは義務教育ですが、
今はほとんどの方が高校まで義務教育のようになっています。


ですから、最低限中学までの知識は身につけたものとして、
扱われるのですが、授業の進度の早い私立校・中高一貫校の場合、
中学の知識を身につけずに、中学卒業となるため、
中学の勉強をもう一度受けなおすということができません。


正確に書くと、一般の教育機関において、時間をかけて、
再度丁寧に“教えてもらう”という機会がほとんど無くなります。


そうなると、その先の高校、大学という道はかなり険しい道となります。


私立校・中高一貫校において、遅れてしまう、落ちこぼれてしまうということは、
それほどまでに追い込まれる可能性があるということに危機感を持たないと、
本当に気づいた時には、遅かったというところまできてしまうことがあります。


もちろん、こんなことは一部の、ほんの一握りの人の話で、
ほとんどありえないことではありますが、事実として、
進級・進学できない方が各学年において、毎年数名出てきます。


最近はその格差の激しさが、酷くなってきており、よく書いておりますが、
光り輝く人がより輝くようになっている分、その影はより色濃くなっているように
思えます。


そういった危機感を持ちながら、この一学期の結果を真摯に受け止め、
二学期からの『決断』をしないと、影の部分に飲み込まれていくことになります。


昨今は、親御さん、ご家庭もそのことを意識していないのか、
いつまでも決断せずに、どちらつかずに、というよりも、
やはり理想としての文武両道を、そして無限の可能性を否定するのは
悪というお考えなのでしょうが、そのことに固執することで、
その理想を、可能性を、無くしてしまうこともあるということを、
よく考え直してみることをオススメします。


話が壮大に脱線しましたが、この連休は、皆さんの言うように『お休みの日』です。


ですから、お休みされるのは構いませんし、その権利は十分あります。


しかし、事前に交わしていた『約束』を反故にして、権利主張をして
『義務』を果たさないという『記録』がつき、その『記録』が積み重なった後の、
『自己責任』は重くなると思って下さい。


受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校では、
この『記録』が、この『自己責任』が年々重さを増してきております。


押しつぶされて、追い出されるようなことのないようにしておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11598245c.html
その他

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト