立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

そろそろテストを意識する

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

中間テストは10月から、それも中旬、下旬だからと思っていた方も、
さすがに10月一週間経って、テストを意識し始めたと思いますが、
いかがでしょうか。


そして、二ヶ月後の今頃、期末テストが始まる、あるいは“終わる”と
いうことまで考えられていますでしょうか。


二学期始業から中間テストまでの期間が長いということは、
テスト範囲は広くなり、また期末テストまでの期間が短くなることになります。


今週テストがあった方を横目にまだまだ余裕と思っているかもしれませんが、
今週テストを終えた今では、むしろ、追い込まれてきているのは、
中旬、下旬に中間テストを迎える方です。


さらにその前後に部活動、学校行事などあった場合、
その対応と共にテスト勉強を行うのですから、
物理的な時間も追い込まれていくことでしょう。


テストの日程や学校行事の日程、さらには部活動の大会日程などは、
各学年、各部活動で異なることでしょうが、定期テストそのものは、
同じものを、同じ日程で受けるわけですから、その『結果』に対しては、
平等で公平に扱われることになります。


部活動などで『公欠』となった場合、同じ“授業”を受けれていないという点では、
不平等、不公平になるかもしれませんが、そうして『授業を休むこと』を、
“自主的”に選んだわけですから、それで不平不満を言える立場ではありません。


今後はこういった判断・決断に対して、自己責任が強くなっていくことになると思います。


そして、これは親御さん、ご家庭においての判断・決断も同様に、いえむしろ、
親御さん、ご家庭に関してはより重い責任を背負わされることになるかもしれません。


生徒の自由・自主性の尊重、文武両道の推進、パワハラなどの諸問題の対策として、
言い方が悪いですが、学校・先生側はどんどん『責任』を放棄して、
生徒、お子さん本人、親御さん、ご家庭に『委任』して、
学校・先生側が取る『責任』を回避、あるいは軽減してきているように思えます。


もっとも、“そう”なることが、社会全体、親御さん、ご家庭、生徒、お子さんが、
望んだ結果なのかもしれませんが。


かなり歪んできているようにも思えますが、単位制絶対評価の私立校・中高一貫校では、
この傾向を、この方針を強く厳しく行うことができますので、
親御さん、ご家庭が、生徒、お子さんが望めば望むほど、この傾向が、方針が、
より強くなっていくことでしょう。


加えて、2020年度の教育改革、2019年度から始まる、
『高等学校基礎学力テスト(仮称)』、東京では今年度から始まった、
私立高校の授業料無償化・学費支援・補助金制度などにより、
入学される生徒の模様も変わることを考えると、
これから3〜5年は多くの学校でがらりとその様相が変わってくると思われます。


どういった生徒を獲得するのか、また、どう指導し、育てていくのか、
どういった結果を目指すのか、学力は、ブランドはと、まだまだ検討段階、
実験段階だとは思います。


しかしながら、まだまだゆとり教育の影響があった去年度までは、移行が難しかったものの、
今年度以降の学年は一応、脱ゆとり教育を受けてきた世代として、
扱われるようになることを考えると、『楽』になることは決してないでしょう。


むしろその逆に、高い要求基準が設けられ、ついてこれない、
遅れを取る方は、切って捨てるつもりで、推し進められる可能性が高くなると思われます。


そして、この変化に生徒、お子さんが気付いていない・ついていけていないどころか、
親御さん、ご家庭においても、意識・認識がついていけていないようにも思えます。


塾という立場から宣伝文句で煽っているのだろうと思われるかもしれませんが、
子供達の状況・状態を見ている立場として、これは大きな問題になると懸念しております。


脱ゆとり教育が始まった2010年代から、学習、勉強の質と量が上がっているにも
関わらず、部活動や学校行事の活発化も伴って上がっている傾向にあるのには、
危機感を覚えます。


さらに、親御さん、ご家庭では、唯一の休日、自由な時間にも、
習い事などを詰め込んで、ブラック企業のような忙しさを、
子供達に要求している様を見ると、受験戦争と言われていた時の、
詰め込み型学習が、詰め込み型課外活動に変わっただけのように感じられます。


今年度から始まった改革に対して、授業の進度、範囲、質・量を考えると、
このまま、どんどん余裕が無くなっていくと、より格差が拡がっていくことが
予想されます。


このことは、親御さん、ご家庭も、今一度よく考えて、
今後をどうするのか判断・決断されることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11668184c.html
その他

テスト前の連休を有効に

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週、今日、明日でテストを終えた方、終える方はお疲れ様でした。


二学期始業して、たった一カ月ほどでテストというのも過酷だったと
思いますが、それでもこれは『事前に予定』されていたことですから、
『なってみてわかった』では済まされることではありません。


来週以降の結果次第では、最終的な進級・進学の合否も決まる方も
いるとは思いますが、今週末の連休はゆっくりとこの中間テストまでのことを
振り返ってみて下さい。


そして、できれば一日も早く、期末テストに向けての計画を立てて、
今後をどうするのか決めておくことをオススメします。


さて、今週末の連休を経て、テストを迎える方、テスト前を迎える方は、
この連休が最後の『自由な時間』だと思います。


部活をやっている方は、この連休こそが大会、あるいは大会前で佳境と
なっているかもしれませんが、勉強も宿題も、そうなっていることを
お忘れなく過ごして下さい。


毎度毎度うるさいかもしれませんが、部活動や学校行事で忙しいのは
理由にはなりません。


それに参加するしないも、自由・自主性に任せている学校・先生側にとっては、
関係ないことになります。


仮にそれで、進級・進学できなくなったとしても。


それは『自己責任』ですので、結果次第でばっさりと切り捨てられることも
否めないことになるでしょう。


この連休を、『それ』に費やすというのであれば、それに伴う、
『失った時間と機会』に関して、『自己責任』を取って下さい。


もう時間は戻せませんので、これまで『それ』に費やして失った時間は、
これからの時間で取り戻すしかありません。


今まででできていること、できていないことを確認し、今後の計画を見直し、
テストまでに間に合わせるようにして下さい。


二学期は連休や祝日が多い分、『時間』はあった、与えられていたという意識で
見られることになります。


つまり、結果として『それでもできなかった』は『サボった』『頑張らなかった』と
厳しい評価を下されることもあります。


部活動や委員会などを引率している顧問の先生は、多少の理解を示してくれるかも
しれませんが、それ以外の先生は、特に今年度以降は、それを断罪してくるように
なってくると思います。


昨年度までは授業中寝ていても、温情で点数をくれる、
あるいは、テストそのもので、点数を取って、成績点の帳尻を
合わせることができたかもしれませんが、今年度の授業の進度は、
それを許さないものにしてくると思われます。


そのことを『わかっていようと、わかっていなかろうと』、
『わかっている』ものとして、扱われていくようになっていくでしょう。


そうして、結果が出せなければ、ばっさりと切り捨てられるとなることが
多くなってくると思います。


一学期からその傾向があった教科・先生は、この二学期で、
進級・進学の合否が出せるように、加速してくる可能性がありますので、
部活動・学校行事で忙しいかもしれませんが、気を抜くことのないように、
しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11667907c.html
その他

テスト中の人の状況・状態を見る

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

テスト中の方は、まさかたった一カ月で、ここまでの範囲を、
しかもこの難しさを、テストされるとは思っていなかったことでしょう。


テスト前の方は、そんなテスト中の他校の友人・知人の状況・状態を
確認しておくことをオススメします。


それは数日後、1・2週間後の自分の姿と重なることになるでしょう。


他人のふりを見て、我がふり直せとはよく言ったもので、
情報化・記録化が進んだ昨今は、多くの方が、『自分の状況・状態』を
面白おかしく“載せて”いることでしょう。


その結果どうなったかまで書いてあることは少ないかもしれませんが、
『書いていない』ということは、どんなことになったかは容易に想像がつくことでしょう。


もしうまくいっていたのなら、それこそこの世の天国と、
さらに面白おかしく書いてあるはずのものが、書いていないわけですから、
結果は言わずもがなというところでしょう。


そうすることで優越感に浸れ、他人を馬鹿にしろというわけではありませんが、
少なくとも、『自分も同じこと』になるようなことは無いようにして下さい。


今では、そういった同年代の他人の状況・状態はもちろんのこと、
諸先輩の過去の状況・状態から、現在に至るまでの経緯なども、
簡単に見ることができるのですから、こういったことこそ、
最新のツールを使って、学び、勉強すべきだと思います。


今後はそういった確認をしなかった方と、確認し、他人の失敗から
多くを学び得て、自分の人生をより充実させた方との格差は、
現在の社会格差よりも拡がると思われます。


そんなことも知らなかったの、わからなかったの、
何で調べないの、何で探そうとしないのと責め立てられることはないでしょうが、
今後は無言の圧力で、差別に近い区別をされていくと思われます。


無知であることが罪だと言うわけではありませんが、
調べれば簡単にわかることを『やらない』『できない』『わからない』というのは、
幼すぎる言動、態度、姿勢のように思われます。


時間が無い、忙しいのかもしれませんが、むしろ、そんな状況・状態だからこそ、
しっかりと確認し、予想できることは予想して、計画を修正していかないと、
情報化・記録化が進む現代ではより置いてけぼりにされていってしまうことに
なると思います。


仮に、“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことが、できない、できなかったとしても、
こういったことを学び、勉強しているのであれば、社会に出ても困ることはないでしょう。


もっとも、こういったことを学び、勉強したのであれば、
“たかだか”学校の勉強“ごとき”のことで苦しむこともないでしょうが。


教えてくれる先生、教科書などのツール、さらにはプリントや問題集などの
練習・演習材料までも用意してくれているものは、これから先も、
学校という『教育機関』でしか無いと思います。


できるだけそういったことを早く早くに気づいて、
進路や将来・未来の選択肢の幅を広げられるように、
しておくことをオススメします。

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11667571c.html
その他

授業が進んでいないなら

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

この時期、学校行事で文化祭や体育祭などの前後、部活動の大会などの前後、
その準備期間なども含めて、先生も忙しく、自習になったり、お休みになったりして、
授業が進まないこともあるかと思います。


しかし、宿題はきっちり出されていて、それも、『出来る方』『予習する方』に
合わせて、テスト範囲までの宿題を一気に出されたりすることもあるでしょう。


そうなった場合、『コレ』によって、学校の先生は最低限の『義務』を
果たしていることになります。


授業でやった範囲の復習、演習はもちろんのこと、予習することだって、
出来るわけですから、『やらなかった』のは、お子さん、生徒本人の問題、
『やらせなかった』のは、親御さん、ご家庭のしつけ・教育の範疇ということで、
テストで点数が取れない、成績が下がることはもちろんのこと、
学校生活における基礎学力の修学が行われなかったのは、『自己責任』ということになります。


たとえそれが、学校行事や部活動で忙しかろうが、何だろうが、
自学『勉強』できるツールを渡し、さらには、『自由な時間』を
与えられているわけですから、そのツールを、その時間を、
どう使うかの問題は、お子さん、生徒本人、親御さん、ご家庭のしつけ・教育の範疇と
なります。


本来、私立校・中高一貫校では、このくらいぶっきらぼうに授業を、勉強を
進める傾向にありましたが、昨今の文武両道の推進、さらにはパワハラなどの諸問題から、
このぶっきらぼうが加速してきているように思えます。


究極的になりますと、勉強するもしないも自由ですよ、授業を受けるも受けないも自由ですよ、
ただ、単位を得るためにはテストで一定の点数を取って下さい、成績で一定の点数を
取って下さい、その『審査』だけをするという機関になってしまうことになると思います。


そこまでいくと、極端な例となりますが、実際に情報化・記録化が進む現状を見ていると、
学校は“教育”機関というよりも、学位・品位の“審査”機関となっていくように
思われます。


そうならないために、各校、情操教育の一環として、学校行事やイベント、鑑賞会、
短期留学などの充実化、さらには文武両道の推進で、全生徒の部活動加入の促進をしていますが、
これらを別の角度で見ますと、青春時代の『思い出作り』の企画であり、
その裏側では、徹底した記録される結果、点数、成績の『審査』が行われています。


そうなると、学校はまるで予備校と旅行・イベント会社のような役割で、
それに参加するもしないも、全てお客様の自由、自主性に任せ、
その結果を審査し、記録し、大学という教育機関に書類を提出するだけに
思えてきます。


この傾向が良いのか悪いのかは別の議論となりますが、この傾向が強くなればなるほど、
表現が悪いですが、お客様となる親御さん、ご家庭のしつけ、教育方針、意向が、
全て反映される形で、『審査』結果が出ることになります。


何とも嫌味な書き方になってしまいましたが、私立校・中高一貫校で、
進級・進学できなかった方とできた方の末路の格差を考えますと、
あながち言い過ぎとは言えないでしょう。


私立校・中高一貫校での進級・進学の合否はまさにその後の明暗を
くっきり分けます。


同じ校舎、同じ先生、同じ授業を受けていたにも関わらず、
その後の進路が明確に分かれ、進級・進学できた友人・知人の『普通』と、
進級・進学できなかった方の『普通』が異なることになります。


そのことがどういう影響を与えるかはまだまだわからない、
難しい問題となると思いますが、昔と異なり、情報化・記録化が
進む社会・世界においては、『記録』された『結果』に大きな
意味を持たれてしまうのではと懸念しております。


昔であれば、そんな過去のことなど、今では良い笑い話、
会話を弾ませる話題のようなもので済んだことでしょうが、
今は“それ”が複雑な意味を持ち、触れてはならないタブーのように
扱われるように思われます。


また、“そんなこと”がと思われるかもしれませんが、“そのこと”が
偏見や差別などまで生むようなことになってからでは遅すぎる、
決して解決できない問題となってしまうように思われます。


話が壮大に脱線しましたが、冒頭にも書いたように、授業が進んでいない期間に
関しても、宿題などが出され、家でもきちんと勉強をすることができるように
なっている場合、『やらなかった』のは、お子さん、生徒本人の問題、
『やらせなかった』のは、親御さん、ご家庭のしつけ・教育の範疇ということで、
全て『自己責任』ということになります。


部活動や学校行事などで忙しい、忙しかったかもしれませんが、
その理由を、学校・先生がどう『審査』するかは、わかりませんので、
よく考えて、行動することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11667138c.html
その他

時間は平等に流れる

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

テスト中の方は、テスト前、それもまだまだ2・3週間もの時間があり、
余裕を見せている方を見て、『時間は不平等に流れている』ように
感じるかもしれません。


頑張っている、苦しんでいる自分を横目に、まだまだ余裕とふざけあっている方を
見ていると、イライラしたり、理不尽を感じるかもしれませんが、
そうやって頑張っている、苦しんでいる自分と余裕を見せてふざけている方との、
時間は“平等”に流れています。


同じ時間軸を過ごしているにも関わらず、余裕を見せている方を羨ましく思うのは、
『時間の無駄』です。


そんな思いにかられている時間があるのであれば、少しでも手を動かし、頭で考えて、
覚えて、解いてと、研鑽を重ねて、テストに臨んで下さい。


そして、できれば、そんな苦しみを、もう二度と味わうことのないように、
計画・予定をきっちりと立てて、テスト前でも余裕を見せれるようにして下さい。


また、今はまだ、テストは2・3週間後で、まだまだ先の未来のことと、
余裕を見せている方も、同じ時間軸で濃密に勉強を頑張っている方がいることを
無視しないようにして下さい。


失礼ながら、進級・進学できなかった諸先輩の姿を見て、
いやいや自分は“あんな風”にはならないと侮っている方ほど、
その“あんな風”になって恥ずかしい思いをすることになります。


今ある余裕を、与えられたものかのように感じているかもしれませんが、
その余裕のほとんどは幻想です。


一・二年次における余裕は、まだまだ時間がある、機会があるという
思い込みによって作り出されるものですが、そうして油断して、
点数・成績を落していったのが、その“あんな風”になった諸先輩たちです。


同じ学年に自分よりもっとひどい方がいる、まだまだ下がいると安心している方も
いるかもしれませんが、ある意味安心して下さい、そういう方は、
今年度以降、上に上がれずに退学・転校ということがどんどん決まっていくことに
なるでしょう。


そうして、もっとひどい方、下にいた方が、“いなくなった”時、
今度は自分の番がやってくるということになりますが、
その時になってから、やる気になってでは遅いということを、
指し示してくれたのが、3年生に上がったにも関わらず、
“あんな風”に進学できなかった方ということになります。


部活動の先輩などを見ていてもわかると思いますが、
3年次になって余裕を見せていられる方は、
進学に全く問題ない方か進学を諦めた方のどちらかです。


それ以外の方は、ギリギリの成績で最後の最後まで苦しむ、
不安の中、虚勢を張って、上記した方々と一緒になって、
騒いでいるだけです。


そうして、進学できなくなった後、学校内で見かけて、
“あんな風”になるわけです。


今後は、最後の最後まで真剣に、本気になれずに、
中途半端に余裕を見せている方から、3年次を待たずに断罪されていくことに
なると思いますが、まだあと数年は、前カリキュラム、進級・進学要綱の基準で、
3年次の最後の最後までもつれることがあると思います。


その『姿』を見て、自分も、自分の学年も、大丈夫だろうと思うのは、
止めておいてほうがいいでしょう。


特に中高一貫の場合、高校生とも部活動を一緒に行われていると、
高校の先輩はふざけて、中学時代なんか勉強しなくても何となくで進学できるなどと
言う方が“まだ”いることでしょうが、そういった方も、おそらく今後は、
『消えて』いくことになるでしょう。


そんなことを言っている方は、今年度以降、“一気に”進級できなくなり、
昨日も書いた通り、進級できない=退学・転校を余儀なくされることに、
なっていくと思います。


そのことをこの二学期に証明することになると思いますが、
もし、そこで多くの先輩が“そう”なった場合、自分たちの代は、
より厳しくなっていると思って下さい。


特に今年度は、2020年度に向けて始動し始めた年度であり、
順当にいけば、来年度高校生になる方が、この2020年度に、
大学への進学を迎えることになります。


ですので、今高校生の方は、この移行期間の実験段階となり、
学校側が極端に厳しくする可能性があります。


今年度の高校一年生に限っては、2019年度から始まる、
『高等学校基礎学力テスト(仮称)』を受ける対象になりますので、
学校内の偏差値等を上げるつもりであれば、言い方が悪いですが、
学校の品位を、ブランドを著しく下げる可能性がある方には、
受けないでもらう=出てってもらうという方針になると思います。


あくまでも可能性の話ではありますが、現在の授業の進度や量・質、内容を
考えますと、高校2年次までに、『そのテスト』の対応ができるように、
カリキュラムを進めてきているように見えることから、
高校2年次までに振り落とす(進学させない)線引きを高めているようにも思えます。


そうなった時、それも高校2年次の今頃になってからでは、
挽回の余地が無くなることになるでしょう。


これが中学でも行われる場合、同様に中学2年次の二学期、
つまり8回ある学期の5回目を終えた時点で、14〜16回ある定期テストの、
8〜9回を終えた時点で、決定することになります。


こういったことを知らずに、なってみてからわかったでは、
もう取り戻せませんので、覚悟を決めて下さいとしか言えません。


今年度から始まる、私立校・中高一貫校の授業料無料化なども相まって、
私立校・中高一貫校での変革が一気に始まっているように思われます。


その変革の犠牲者となり、さらには、そのことによって、
編入や転校といった道にも障害となると、私立校・中高一貫校で、
進級・進学できないことが、本当に人生が変わる出来事になってしまうことを
懸念しております。


基本的には、そうならないように、学校・先生が考えてくれているとは思いますが、
それでもそうなってしまった(進級・進学できなくなった)時、その後の対応は、
学校も先生も未知のこととなりますので、親切な対応や相談を望まれても、
希望は叶うことはないと思います。


システムや制度、さらにはカリキュラムや教育の抜本的な見直しがなされている中、
対応や判断・決断が遅れることは、その後の人生全てにおいて、
大きく関わってくることを、親御さん、ご家庭を含めて、よく考えておくことを
強くオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11666741c.html
その他

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト