立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

挽回に必要なことは? 点数は?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

『次頑張ろう』『次は頑張る』、日本人特有な文化かもしれませんが、
こういった抽象的な“気持ち”や“根性論”が先走ってしまい、
具体的にどうするという計画を立てる、そして実行するのができないように思えます。


しかし、社会は、世界は、デジタル化、情報化、記録化が進み、
数値・数字によって、管理され始めてきています。


『記録』されるテストの点数、成績の『結果』で進級・進学の進路が決まる
私立校・中高一貫校においては、進級・進学要綱、基準が
明確な数値・数字によって決まります。


一昔前までは、泣きの一回、追試や課題で何とかしてもらえていた時代もありましたが、
昨今はむしろ、そういったことをすることは、真面目にやってきた方が差別されることになり、
不真面目にやった責任を取っていないように映っていると思えます。


今後は、昔のことを蒸し返して、
今の状況・状態を見てもらえない(評価してもらえない)ということに、
なっていくのでは懸念しております。


私立校・中高一貫校においては、ここ数年、その傾向に突き進むかのように、
デジタル化、情報化、記録化が進んできており、授業中の進捗具合までも、
データ管理されているように思えます。


加えて、高校在学中に、基礎学力の“評価”をテストする
『高等学校基礎学力テスト(仮称)』の結果も、内部進学に
関わってくることを考えると、今後はより結果を重視することに
なっていくことになると思います。


時代、社会、世界の流れがそうなっているにも関わらず、
相変わらずの『次頑張ろう』『次は頑張る』の抽象的な“気持ち”や“根性論”では、
その結果に断罪されるように追い込まれていくことになると思います。


今回の中間テストの結果から、次は具体的にどうするかを考える際に、
中間テストまでに行ったこと、行わなかったことを考えてみて下さい。


そのバランスが『原因』となることが多いのですが、
行わなかったことの多くが『時間ない』『忙しい』というのではあれば、
行っていることを“見直して”、あるいは“止めて”、時間を作るしか、
次も『行えない』でしょう。


文武両道を“目指す”という方も、今回の結果が『目指せたか』どうかの指標となります。


目指したけど、できなかったのであれば、やはりもう一度根本から見直さないと、
今年度・来年度は、その判断・決断が命取りとなります。


問題を後回しにすることは最もひどい判断・決断となりますが、
それ以上に、記録されるということの危機感を持てないのは、
私立校・中高一貫校では、進級・進学に関わり、さらにその先の大学入試までの
道のりにも大きく関わってくることになります。


今後の大学側の対応にもよりますが、
一発試験だった入試“だけ”を評価する仕組みでなくなった場合、
今年度・来年度以降からの学校の成績はもちろん、上記した、
『高等学校基礎学力テスト(仮称)』の結果も、大学に入るために、
関わってくることが懸念されます。


そうなると、今年度・来年度以降から『積み重ねていく』“記録”が、
大きく関わってくるので気を付けて下さい。


私立校・中高一貫校同様とまではいいませんが、
今後は一発逆転を許さない傾向になっていくとなると、
たかだか一回二回の失敗を、人生長い目で見て・・・とは、
言えなくなるかもしれません。


記録される約14回の定期テスト、8回の成績で、
進級・進学、進路が決まる私立校・中高一貫校では、
昔からその傾向がありましたが、より厳しくなっていくことが予想されます。


今までは誤魔化し誤魔化しでうまくやってこれたかもしれませんが、
今後はそうならないと思って、よく考えての判断・決断をして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11618818c.html
その他

結果を真摯に受け止める

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

先週、今週には中間テストの結果が出てくると思います。


その結果を真摯に受け止めて、期末テストに向けて、
どうするかよく考えて下さい。


特に、親御さん、ご家庭の方が。


この時期、忙しいからといって、サボる、問題を後回しにするのは、
実は親御さん、ご家庭のほうが多いです。


その『背中』を見て、育ったお子さんが、同じようにすることが多いです。


記録されるテスト、成績の結果によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校において、そのように育つことは、
進級・進学に大きく影響します。


中間テスト“程度”の結果なんて、親御さん、ご家庭にとっては、
大したことない、関係ないことかもしれませんが、その言動・態度・姿勢を、
模範として、お子さんは学ぶことになります。


一回一回のテストをうるさくいうのはどうかと考えられる方もいると思いますが、
お子さん本人が、そういう言動・態度・姿勢を示しているのであれば、
それを正しく、導くことができるのは親御さん、ご家庭だけです。


でなければ、私立校・中高一貫校では、その一回の『記録』がついて回ることになります。


一昔前であれば、ここまでの厳しい書き方をしなくとも、学校の先生から、
厳しい指導が入り、お子さん本人が気づけたものではありますが、
今は、そういった指導なく、ギリギリまで『応援』するのが、
教育であり、その結果、『進級・進学できなくても』仕方ない、
学歴、学校の勉強だけが全てではないと、美談や理想論で“丸めこんで”、
学校を出ていってもらうようになっております。


私立校・中高一貫校において、そうなってしまうと、学力・勉強も含めて、
かなり抜け落ちた状況・状態で、他校へと行くことになり、
そこから挽回するというのも難しいことになります。


親御さん世代であれば、まだ、『腐っても元私立校生』、他校に行っても、
そこそこできるのは当たり前で、むしろ上位の成績を収められるという話を
聞いたことがあるでしょうが、昨今は皆無といっても過言ではないでしょう。


それほどまでに、私立校・中高一貫校において、一度落ちこぼれてしまうと、
学力・勉強が追い付けなくなり、やらない・できないで問題を放置してしまい、
さらに悪循環となってしまい、最悪の状況・状態で学校を去ることになります。


一学期中間テストの段階で、そんなことまで考えなくてもと思われるかもしれませんが、
2020年度の大学入試改変や教育課程の追加・見直しなどに対して、
その転換期を迎えるのが今年度・来年度以降ということを考えると、
今年度・来年度は実験的になる可能性が高く、さらに、どんなことになっても、
対応できるようにと、学校・先生は躍起になってきています。


当然、そのしわ寄せが、授業やテストに反映されることになるわけですが、
残念ながら、そういったことまで予想・想定されている方は、これは
親御さん、ご家庭すらも、ほとんどおりません。


今年度・来年度、在校生の方は、もし万万が一、通っている私立校・中高一貫校で、
大学付属などで推薦進学できなかった場合、その改変される大学入試を受けることになります。


もちろん、大学付属でない進学校は、その入試に向けて、今年度・来年度から、
対応するように、学校側がカリキュラムを作ってきているはずです。


そうなると、前例がない状況・状態となりますので、『今までの』『今まで通りの』
考えややり方で、“こなして”いればいいというわけにはいかなくなります。


学校任せで、後は勝手にやってくれるだろうと思われる親御さん、ご家庭も少なくないと
思われますが、私立校・中高一貫校といえど、いえ、むしろ、私立校・中高一貫校だからこそ、
学校・先生は、より厳しく、より早く、より難しい要求を突き付けてくることがあります。


そうなると、その負担は一気に子供達に背負わされることになります。


その第一弾としての『結果』が、この一学期中間テストとなります。


この結果を、基に、今年一年、来年度以降をも見据えた判断・決断ができないと、
来年度・再来年度となるにつれて、自己責任がより一層重くなっていくことになるでしょう。


平均点が異常に低くなっている、あるいは高くなっているにも関わらず、
お子さんの点数は、平均点以下、赤点を取っているということであれば、
それは今年度・来年度の学校の改革に、確実に影響を受けていることになります。


“たまたま”や“一回や二回”の話で済むかどうか、判断しづらいかもしれませんが、
部活動を含めた普段の生活をよく見直してみないと、期末テストも同じ結果どころか、
さらにひどい結果となって、『成績』を記録してからでは、もう遅いということになります。


今年度・来年度だけの話かもしれませんが、少なくとも今年度・来年度は、
2020年度に合わせた・対応させたものとなりますので、
今年度・来年度の“結果”には気を付けて下さい。


そして、今年度・来年度は文武両道を“試す”にはあまり適さないということに
早め早めに気づかないと、手遅れになるかもしれませんので、
できれば今回の中間テストの結果で、遅くとも一学期の結果が出た時点で、
考え直すことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11618416c.html
その他

テスト後のお休み?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週テストだった方はお疲れ様ではあると思いますが、
だから休んでOKというわけではありません。


残念ながら、すでに期末テストまで一カ月前を切っているので、
今日はテスト後のお休みであると同時に、期末テスト前の、
貴重な休みの日でもあります。


この中間テストのテスト前で時間がない、忙しいのはもう経験済みだと思います。


“そう”なったのは、先月の今頃、GW明けの週に、週末に、
何をしたのか、何をしなかったのか、よく考えて下さい。


『それ』を期末テストでも繰り返しますか。


一学期の中間テストと期末テストまでの期間は短い上に、
部活動の大会、学校行事なども詰め込まれていることが多いです。


そういったイベント事を、一つ一つ終える度に、
ご褒美の『休み』=何もしない(主に勉強をしない)日を作れば作るほど、
授業に勉強に遅れていくことになります。


特に今年度・来年度からは、2020年の大学入試の改変に向けて、
各校、各先生で、授業の進度が早くなっていることがあります。


おそらく高校2年次の二学期、あるいは一学期までに、
受験に必要な教育課程を終わらせることを目標にしているように思えます。


今までは、高校3年次から受験対策できるように、高校2年次までに、
終わらせるようにしている学校が多かったです。


しかし、今年度・来年度は、2020年度の改変に合わせるためにも、
高校2年次の早い段階で過程を終わらせて、約1年近くかけて、
受験に対応するつもりなのだと思います。


そのため、授業の進度はさらに早くなっていくことになります。


今までもついていくのがやっとだったという方は、今年度から、
ついていけなくなるかもしれません。


この中間テストでもすでに感じ取った方もいるとは思いますが、
実際に塾でも昨年の授業進度より早く進んでいることを、
テスト範囲で確認できました。


昨年度までは期末テストの範囲となっていたのが、
今年度は、中間テストの範囲にされている個所がありました。


これが続いていくと考えると、学期を重ねるごとに加速度的に、
進級・進学に問題がある方が現れることになるでしょう。


この中間テストの結果で、いえ、手ごたえで危機感を持てれば、
まだ間に合うかもしれません。


期末テストまでの日程を見直し、
“今まで通り”の生活を続けるのどうか、
よく考えて、残り3週間をどうするか決めて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11617950c.html
その他

1か月後の今頃、全てが決まる

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

1か月後の今頃には期末テストも終えて、テスト休みになっている学校が多いと思います。


つまり、その後はどんなに取り繕うが、『結果』は変えられません。


それまでに“記録”してきた数字・数値によって、
一学期の成績が決まることになります。


私立校・中高一貫校では、こういったことを数回、正確に言えば、
1年生であれば残り8回、2年生であれば残り5回、
3年生であれば残り2回の『機会』で、“決定する”ものだと、
“気付かなければ”、進学できないことが早め早めに決まることになります。


よく危機感、危機感と書いているのは、このためです。


無限の可能性を否定するなと言われる方の多くが、
この有限の機会を全くもって現実的に見られていない方が多いです。


可能性は無限にあっても、機会は有限にしかありません。


特に、私立校・中高一貫校での進学に関しては、上記の回数しかありませんので、
悠長に、いつまでも、問題を放置していると、あっという間に追い込まれることになります。


一学期中間テストを終えた今なら、少しはわかってもらえると思いますが、
いかがでしょうか。


この中間テストでも、まだ(勉強しなくとも)大丈夫、まだ(わからないところがないから)余裕と、
テスト勉強を伸ばしに伸ばして、テストを受けてみて、結果は、手ごたえは、どうだったでしょうか。


ソコソコの点数で満足して、安心している方もいるかもしれませんが、
それは、もうちょっと努力すれば『本来、取れていたはずの点数』を取れなかったことを
意味します。


その『本来、取れていたはずの点数』が後々に大きな後悔の種となっていくのですが、
そのことがわかるのが、『なってみて』からとなりますと、結果は覆らないものとなりますので、
気を付けて下さい。


うるさく書いておりますが、記録された『結果』=点数、成績によって、
進級・進学の合否が決まることになる私立校・中高一貫校において、
こうなることが、最も非効率的であり、その後の人生においても、
大きく影響するものとなります。


昨今は、文武両道を行いながら、青春を楽しみながらも、
効率よく勉強していこう、進級・進学していこうと思われる方ほど、
結果にこだわらないことが多くなっています。


これは残念ながら、親御さん、ご家庭においても、その傾向が強いように思えます。


どちらも頑張っていて、今回はたまたま、あるいは、次回からより頑張ってくれるだろうと、
進級・進学が大いに関わる『文』においての問題を放置することが多いです。


私見ではありますが、文武両道を試せる、続けさせてみるというのは、
最長でも一年次の一年間、最短ではこの一学期までだと思います。


それ以上引き延ばせば引き延ばすほど、進級・進学の可能性は下がっていくことになるでしょう。


そして、その判断基準は、簡単です。


進級・進学要綱に記載ある基準の点数、成績を取れているかどうかです。


ほとんどの方が、これは親御さん、ご家庭も含めてですが、
成績をきちんと計算して、それが本当に進級・進学に問題ないかどうか、
確認される方はおりません。


かなり危ない段階になって、学校の先生から言われて、慌てて確認してみて、
危機感を持たれることが多いです。


学校の先生から言われるようになる、つまり面談や呼び出しなどによって、
忠告された場合、かなり崖っぷちにきていることになります。


昨今、パワハラやアカハラ、精神的体罰、差別などの諸問題から、
学校の先生は、そうそう厳しいことを子供たちに言うことがなくなりました。


その分、結果だけを見るようになり、その結果、数字・数値に関しては、
かなりシビアに見てきています。


それは、無限の可能性を否定する唯一の材料であり、『証拠』『事実』ですから、
パワハラでも体罰でも差別でもありません。


それを突き付けて、どうするか考えて下さい、判断してくださいで、
問題を親御さん、ご家庭に丸投げしてきます。


もっとも、これは、生徒の自由・自主性を認めた『最初の段階』、
つまり『入学時』から、“説明”されてたことですので、その時点から
問題の責任の所在は、親御さん、ご家庭のものとして、扱われていることになりますが。


ただ、親御さんの中には、名のある私立校・中高一貫校に入学させたのだから、
高い学費を払っているのだから、素晴らしい(しつけや人間形成も含めた)教育を、
学校が先生が“うまくやってくれて”、子供たちが“自ら学んでくれて”、
親の手を離れてくれて、成長していってくれると、勘違いされることがあります。


そういった人間形成や社会に適合する能力を、身につけれると謳う学校もありはしますが、
それを学校、先生が親身になって、熱心にというのは、
昨今のパワハラ問題などからの観点から見ますと、疑問が残ります。


下手に“強制”すれば、虐待、体罰ともなりますので、あくまでも行うのは、
生徒の自由・自主判断としていることが多いでしょう。


そして、それは授業中においても、その対応となっていると思います。


授業中寝ていようが、遊んでいようが、宿題を忘れようが、
今は注意する先生は少なくなってきたと聞いております。


ただ、『記録』だけはしておき、それを『結果』に反映させるという作業を
行うことになります。


人の話を聞きなさい。大事な内容はメモしなさい。宿題・課題などを出しなさい。


昔であれば、先生がうるさく注意していたようなことを、
今では、『“親御さん、ご家庭”でしつける、教える』ものとされておりますので、
学校・先生が、『しつけてくれる、教えてくれる』ものだと勘違いしないようにしてください。


こう書くと、学校・先生の“対応”が悪いように思われるかもしれませんが、
何でもかんでも問題になる現状では、これこそが求められた教育現場の在り方なのかもしれません。


予備校や塾のように感じられるかもしれませんが、今後の私立校・中高一貫校は
結果・記録主義、実力主義で突き進むようになっていくと思われます。


話が長くなりましたが、その結果・記録が、一か月後には『変えることのできない』、
つまり、無限の可能性ではなくなり、有限の結果として、出ることになります。


結果がまだまだわからない『今』なら、『今から』なら、
無限の可能性を示すことができます。


中間テストの結果も踏まえて、よく考えての行動をすることをオススメします。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11617622c.html
その他

中間テストが終わったら・・・

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

中間テストを終えるとこの世の天国とばかりに浮かれる方もおりますが、
この一学期に関してはテストを終えても気を抜くことができません。


何度も書いておりますが、一か月後には期末テストが『終わっている』ことに
なることを考えると、期末テストまであと何週、何日か、わかると思います。


一学期は中間テストと期末テストまでの期間が短いです。


そのことを無視した言動、態度、姿勢を示すと、あっという間に、
成績を落として、早速の呼び出し、面談となります。


私立校・中高一貫校においては、この一学期で呼び出し、面談となることは、
今学年の成績を見越しての『忠告』となり、学年が上がるごとに、それは
『進学』“できない”ことを示唆する忠告となります。


そうなった場合、学校・先生側は、『忠告はした』のだから、
その後の責任は一切合切、ご家庭の問題として、片づけることになります。


一年次、二年次ですと、進学は“まだまだ”先のこととタカをくくられることが多いですが、
むしろ、一年次、二年次の、しかも一学期に呼び出し、面談となったことは、
危機感を感じないと、その後、記録が積み重なっていくごとに苦しめられることになります。


4月からうるさく書いておりますが、この一学期は、それもこの中間テストは、
最も点数が取りやすく、取るべきテストとなっております。


その中間テストですら、平均点を取れない場合、通っている学校のレベル、
勉強、教育の質と、お子さんの学力、努力を、もう一度見直さないと、
私立校・中高一貫校の悲劇へとまっしぐらとなります。


記録される結果、つまりテストの点数、成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校においての悲劇は、『高い学費』を払って、
『進級・進学できない』ことだと思います。


“普通”に勉強していれば、“普通”に進級・進学していくものではありますが、
そこから外れた場合、失礼ながら、一般の学校よりも学力が低くなる可能性が高いです。


進度が早く、内容も充実した私立校・中高一貫校の教育、勉強は、
“ついていければ”、例え他校に行くことになっても、何の問題もなく、
進学していけるものではありますが、一度、道を外れると、大幅な遅れとなって、
問題となることがあります。


昨今、そうなって、私立校・中高一貫校を去っていった方が、返り咲く、
つまり、通っていた学校のレベル・偏差値以上の高校・大学へと進学していったという話を
聞きません。


むしろ、かなりレベル・偏差値の落ちた高校・大学へすらも、
進学できずに、もがき苦しんでいるという話をよく聞きます。


情報化・記録化が進む昨今、自分が理想とした、あるいは、『与えられていた』はずであった、
進学、進路、人生を、かつての友人・知人が面白おかしく、“発信”してくることを、
考えると、よりみじめに、より落ちぶれた感を感じられることだと思います。


これはごくごく一部の方の話ではありますが、私立校・中高一貫校に通う方の多くは、
こうなる可能性を秘めていると考えていないと、あっという間に、『自分だけ』、
あるいは『自分の子供だけ』がそうなることになります。


多くの私立校・中高一貫校生を見てきての苦言となりますが、そうなる方の多くは、
親御さんにもある傾向があります。


いつまでも『結果』を軽んじて、『次』頑張ってくれればと、『記録』されたものに対して、
危機感を持たれない方が多いです。


情報化・記録化が進んだ今だからこそ、どういう結果、傾向があれば、どうなるということが、
よくわかっているはずではありますが、自分の子供“だけ”は大丈夫と考えられる方が多いです。


そう思い込めば思い込んだ時間だけ、そしてその間に、記録された結果だけ、
絶望・失望されることになります。


こうなると、親御さん、ご家庭の自己責任は重く、深く、取り返しのつかないところまで、
いくことになります。


具体的な指標や実例がないため、わかりづらいかもしれませんが、
私立校・中高一貫校において、呼び出し・面談となるということは、
一時の気の迷いや失敗、学力の危機ではありません。


それは、進級・進学、進路の危機として、このまま、『今まで通りの生活』を続けていれば、
確実に進級・進学できないものとなっていることが多いです。


そういった意識を、覚悟を持たない方、いえ、これはむしろ、
親御さん、ご家庭が持たない場合、高確率で進級・進学できないように
なっているように思えます。


お子さんの人生を考えて、自由に、のびのびとやらせたいというのであれば、
私立校・中高一貫校においての進級・進学などは考えなくても良いことではありますが、
多くの親御さん・ご家庭が、“そうは言っても、そうは思っても”、最後の最後、
通っている私立校・中高一貫校での進級・進学を望まれることが多いです。


しかしながら、昨今の教育の流れから、『あわよくば』で何とかなるものでは
無くなってきています。


特にここ数年、脱ゆとりや2020年の教育(大学受験などの)改革に、
各学校が対応している中、制度や進級・進学要綱が変わってきています。


そのことを知らずに、感じ取らずに、名のある私立校・中高一貫校に入学させたのだから、
あとは子供が、学校・先生が、勝手に、うまくやってくれるだろうと、
思い込んでいる親御さん、ご家庭が、いまだにいます。


話がだいぶ脱線しましたが、そういった親御さん、ご家庭の危機感の無さは、
確実にお子さんにも継承され、言動、態度、姿勢に現れることになります。


そうなった時、通っている学校と、親御さん・ご家庭と、お子さんとでの、
認識、意識、覚悟の『誤差』が『結果』として表れることになります。


今回の中間テストの結果だけでというつもりはありませんが、
少なくとも、その『片鱗』が現れるものだと思って、
きちんと確認しておかないと、期末テストを終えて、成績の『結果』が出た後に、
悔やんでも『記録』は変えられないことに苦しむことになります。


中間テストを終えても、“まだ”期末テストがあることは事実ではありますが、
その期末テストで、この一学期の成績を『記録』されてしまうこともまた事実です。


人生に一回二回の失敗くらいという考えも否定しませんが、
記録される結果によって進級・進学が決まる私立校・中高一貫校においては、
その一回二回“くらい”の『程度』をどう判断するか、また、どこで決断するかが
問題になってくるということを、よくお考えになることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11616987c.html
その他

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト