赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

俺の出番@向原

疾風怒涛
俺の出番(オレノデバン)
☆☆☆☆.2(池袋・向原)
醤油つけ麺800円

My Turn

醤油つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある好みのタイプ(製麵所分からず)で、気持ち硬茹でされていますがとても喉ごしを楽しませてくれる以前何処で戴いた豊華食品に似た好みの多加水な平打麺です(麺量:茹で前300gで腹9分目といったところで、200gと同一価格です)。
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味微アリな清湯系醤油味で、様々な魚介と鶏と豚のバランスの良さに濃厚なカエシが冴える濃厚醤油なつけ汁にまとめられています。

具はメンマ5・6本と小さく刻まれた肩ロース叉焼沢山とカイワレと微塵長葱と大量の白胡麻と超微塵切された無臭大蒜でしょうか?が底に沈んいて大きな水餃子1つがつけ汁の表面で存在感を表していて、1口大にカットされた香り高い海苔10枚位が麺の上に乗せられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、薄黄色した麺に濃厚醤油が絡み麺肌を褐色に染めツル・ツルツルっとリズム感よく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で底に沈んでいる超微塵切された無臭大蒜?を掬い上げながら美味しく戴けました。
お店はサンシャインやサンシャインシティが立ち並ぶ北側に佇んでいて、店頭には4台のジュース等の自動販売機が入口を囲むように配置され、灰皿が設置されているので通行人の喫煙者の憩いの場になっています。

俺の拘りはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9073394.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11718350c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

裏Noodles Stand TOKYO@原宿

裏Noodles Stand TOKYO(ウラヌードルスタンドトウキョウ)
☆☆☆☆.2(原宿)
濃厚サバトンつけ麺850円

Bottom NST

濃厚サバトンつけ麺(中盛)戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに丸みを帯びた浅草開化楼製で、麺肌が光っているのに持ち上げのいい啜るのに意外と苦労する味わい深いこれぞ開化楼といった麺です(麺量:茹で前270gで腹8分目といったところで、並盛180gから中盛迄が同一価格でランチタイムにはお米マイスターがプロデュースした美味しいご飯1杯もサービスです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリな濃厚豚骨魚介に似た白茶濁した鯖豚骨味で、豚骨とサバ節なのでしょうか?濃厚の中にサバのサッパリ感がある不思議な味に仕上がっています。

具は軟らか極太メンマ3本と大きくスライスされた肩ロース叉焼1枚と海苔1枚と白黒ナルト1枚が麺の上に飾られ、青葱がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度アリなつけ汁が麺肌を白茶濁に染めて汁跳ねに注意しながらテンポ良くなく啜りました。
スープ割はお願いすると背中側の台に乗った保温式ポットをセルフで取りに行くよう促され(ただでさえ席間が狭く動き辛いのに)魚介系出汁スープを自分好みに調整し、プラスチック製の赤茶色した蓮華で青葱を掬いながら戴きました。
お店は原宿駅前通りのビルの地下に佇んでいますが、金曜日だけ営業する「裏」を求めて次から次へと男女問わず来店していました。

美味しいご飯の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9071510.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11717280c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

やすべえ@渋谷

つけ麺屋
やすべえ 渋谷店
☆☆☆☆☆(渋谷)
つけ麺780円

Yasubee SHIBUYA 5

一昨年の9月のリニューアル以来約1年半ぶりに伺い、

つけ麺(中盛・つぶし生にんにく)戴きました。

麺は言わずと知れた角極太ストレートのエッジに尖りがあるサッポロ製麺製で、食品サンプルの様に手櫛で綺麗に揃えられた極太でモチモチ感のある啜るとお口いっぱいに広がる小麦風味が鼻腔をくすぐる喉ごしには優しくないですが頬張るとウマウマの秀逸な麺です(麺量:茹で後330g位で腹8分目といったところで、並盛220gから大盛440g迄同一価格です)。
つけ汁は粘度が無い酸味超微アリな甘辛味とオイリー感が共に微アリな動物魚介で、皆が言う「やすべえは甘い」からいつしか甘味が抑えらた戴き易いつけ汁に変化していました。

具は長めのメンマ7・8本と短冊切されたホロホロ崩れてしまった肩ロース叉焼と直角に差し込まれた海苔1枚と輪葱がつけ汁の中で出番を待っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極太麺に軽くつけ汁が絡みズルッズルズルっとテンポよく啜れ極太なのに食道を通って胃に落ちる感覚が確認できます。
途中、別皿提供してもらった「つぶし生にんにく」を加えると大蒜の辛味がつけ汁とシンクロし軽い甘味と辛味がいい具合に融合し一気に残りの麺を啜り切りました。
スープ割は日本蕎麦の蕎麦猪口みたいな別容器に動物系出汁スープが提供され自分好みに調整でき、よく掻き混ぜながら蓮華がないので(スープ割の戴き方によると、まずはそのまま割スープを飲んでみてと記されていますが、蓮華がないのでこれは無理ですが、つぶし生にんにくのお皿に“おとそ”の様に垂らして少し飲んでみましたが普通でした)直接つけ汁碗にお口を付けて美味しく戴きました。
やすべえは進化してますね。



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11716281c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

龍麺@赤羽

龍麺(リュウメン) 
☆☆☆.8(赤羽)
つけ麺850円

Dragon Noodles

つけ麺(大盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた豊華食品製で、きちんと冷水で〆られたツルモチっとした食感が喉ごしを楽しませてくれる豊華食品ならではの艶のある麺です(麺量:茹で前2玉で280g位で腹8分目といったところで、大盛サービスで並盛1.5玉と同一価格です)。
つけ汁は酸味と粘度の無いオイリー感と辛味が微アリな臭みの無い豚骨で、博多ラーメンの豚の頭まで煮込んだ白濁した豚骨とは違う、ゲンコツを主とした薄茶濁した俗に言う「東京豚骨」の様に仕上がっています。

具はメンマ5・6枚とサイコロ状にカットされたバラ叉焼10個位と青葱がつけ汁に軽く浮遊していて、刻海苔が麺の上に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、エッジの丸い麺に軽く豚骨が絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。
途中、卓上の業務用おろし大蒜を小匙4杯と紅生姜を1掴み投入すると、豚骨の甘味と大蒜の辛味・紅生姜の辛味がブレンドして啜るスピードが加速しました。
スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で青葱を追いかけながら美味しく戴きました。
お店は赤羽駅南改札近くの立ち飲み屋やピンク系のお店が多い地区に佇んでいて、豚骨ラーメン(細麺・中太麺)を売りにしているお店ですが先着で食べていた私も含めて後から来店した3人が全員「つけ麺」を注文していました。

営業時間はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9068184.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11715689c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

寿楽@大久保

中華
寿楽(ジュラク)
☆☆☆.9(大久保)
つけ麵620円

Congratulations Comfort

つけ麺(大盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある平打気味なメニューに記されていることによると自家製麺で、気持ち硬茹でされていて捻りもある為、啜ると汁跳ね要注意のなかなか味わい深い中華屋さんであまり見掛けない低加水の立派な麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところで、いつでも大盛サービスです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感が弱アリな粘度微アリな魚介と動物系のダブルスープの醤油味で、メニューの写真は清湯系の醤油味に対し動物系をブレンドした野菜の甘味も感じられる無化調なつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ5・6枚と形が歪な巻き巻きバラ叉焼1枚と茹でモヤシと大きいL玉のトロトロ半熟茹で玉子半分と海苔1枚がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、半茶濁したつけ汁と共に茹でモヤシが絡みジュルジュルっとテンポはよくないですが汁跳ねに注意しながら美味しく啜れました。
スープ割はお願いしたところ厨房の中の方が間違えて処分してしまったらしく険悪なムードで口論していましたが、新しく長葱が入った熱々のWスープが配膳され、プラスチック製の黒い蓮華で青葱を追いかけながら動物系の旨味と野菜の甘味を感じながらフーフーして美味しく戴きました。
お店はたまに通る小滝橋通りと大久保通りがクロスする小滝橋通り側に佇んでいて、ランチタイムには近くで働く中高年の会社員が我先にと来店していました。
ランチタイムも喫煙可なので座る席に要注意です。

中華定食メニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9066406.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11714947c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

こはる@三越前

日本橋麺処
こはる
☆☆☆☆.2(三越前)
濃厚白湯つけ麺800円

Late Autumn

濃厚白湯つけ麺戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに丸みを帯びた綺麗に手櫛で整えられた麺で、プニャモチっとした食感が啜り心地を楽しませてくれる国産小麦100%使用の拘りが感じられる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな濃厚豚骨魚介ならぬ濃厚鶏白湯魚介で、白濁した鶏白湯に煮干し等の魚介を合わせた薄茶濁した鶏の濃厚感が伝わってくるつけ汁に仕上がっています。

具は細メンマ10本位と小さく薄くスライスして薔薇の花の様に飾られたレア感抜群な低温調理の肩ロース叉焼7・8枚と炙りの入ったバラ叉焼1枚と水菜とチビ海苔2枚が麺の上に華やかに飾られ、長葱が軽くつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に魚粉の点々と薄茶濁したつけ汁が軽く絡みズルズルっと啜れました。
スープ割はお願いすると魚介系出汁スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で千切った海苔や水菜を掬いながら鶏の旨味と魚介のハーモニーも感じて美味しく戴きました。
お店は三越前の路地裏に佇んでいて、私道を入った一角にある為なかなか見つけられず一方通行の多いこの界隈で彷徨ってしまいました。

こだわりはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9062780.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11713705c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

俺流@渋谷

俺流(オレリュウ)
塩らーめん 渋谷三丁目店
☆☆☆☆.3(渋谷)
俺流つけ麺780円

One's own way SHIBUYA3chome

俺流つけ麺(こってり・中盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大黒屋製麺所製で、少し硬めに茹でられ且つかなりのウェーブのかかった麵ですが力強く啜るとそのウェーブが喉元を刺激して喉ごしが十分楽しめる麺です(麺量:茹で前270g位で腹7.5分目といったところで、並盛〜大盛360g迄同一価格です)。つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度が超微アリな白濁した塩味で、大量の鶏ガラと豚のゲンコツと葱を圧力寸胴鍋で短時間煮込んでも臭みの無い旨味と甘味が醸し出す上品な塩味なつけ汁にまとめられています(一部、HP参照)。

具は青椒肉絲に使用さてもおかしくない細メンマ10本位とつけ汁に投入すると蘇生する巻き巻きバラ叉焼1枚とほうれん草と細短冊切り長葱と柚子皮が麺の上に綺麗に立体的に盛られ、青葱と白胡麻がつけ汁の表面に軽く浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に白濁したつけ汁が薄っすら絡みウェーブに負けずにズズ・ズズズっズズズっと軽快に啜ることができました。
途中、指南書に従いまずは「岩のり」を4掴み投入してみると、白濁したつけ汁に真っ黒い氷山が浮かび滑らかな岩のりのヌルヌル感を麺に纏わせ啜り、続いて「とろろこんぶ」をくっ付いたままの大量1掴み投入してみると、昆布の塩気が乗り移りネバネバ感も纏わせ啜れ、続いて「俺流マーニンニク」を大匙1つ程を麺に絡めてから浸してみると、味噌にシンクロした大蒜が途轍もないパワーを加え(こってり塩味も崩壊させ?)思ってもいなかった味変ができました。
スープ割はお願いすると和風情緒たっぷりな別碗に弱火でじっくり煮込んだ方の優しいスープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で岩のりやとろろこんぶやマーニンニクで色々分離して見かけが非常に悪くなってしまったスープ割を美味しく戴きました。
お店は毎日数回は店前を通り過ぎるオフィスから2番目に近いラーメン屋さんですが、オープンして約11ヶ月してからやっとのことで伺うことができました(道玄坂上の本店と東急本店前の餃子楼に伺っているので)。

各種味変アイテムはこちら⇨  http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9061152.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11712986c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

天龍@中村橋

天龍(テンリュウ) 
☆☆☆.9(中村橋)
つけ麺700円

Sky Dragon

つけ麺戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに丸みを帯びた黄色が鮮やかな中華麺で、プラスチック製の透明な麺皿に涼しげに盛られ、しなやかな麺肌が喉元を通ると啜り心地と喉ごしが同時に楽しめる麺同士のくっ付きもない綺麗な細麺です(麺量:茹で前300g位で腹9分目といったところで麺量は大満足できます)。
つけ汁は辛味が無い酸味と粘度とオイリー感が微アリな豚骨に野菜の甘味が溶け出した清湯スープを合わせた一風変わった薄口な豚骨醤油で、白胡麻の風味も合わさり酸味や野菜の甘味と豚骨がシンクロしたあまり見かけないつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ5・6枚と巻き巻きバラ叉焼1枚と味玉1個と長葱と大量の白胡麻がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、白胡麻や長葱と共につけ汁が持ち上がりズズ・ズズズズっと拍子良く啜れました。
スープ割はお願いすると別碗に半白濁した豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い先割れしている蓮華で底に沈んで隠れてしまった軟らかい長葱を掬いながら胡麻風味を感じながら戴きました。
お店は千川通りに面していて派手な店構えで時折通った時に存在は気づいていましたが、店頭に店名の屋号が記された看板が出ていないので1度お店に入って「天龍さんですか?」とお尋ねして確認後にバイクを停めて入店しました。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9049259.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11712263c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

日勝屋@新大久保

らーめん
日勝屋(ニッショウヤ)
☆☆☆.6(東新宿・新大久保)
魚介つけ麺750円

Day Win Shop


魚介つけ麺戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに丸みを帯びたらーめん類と同じ物で、チープ感が歪めない多加水麺ですがつけ汁との絡みと啜り具合は心地良く夏場の暑い時期に戴きたい感じの細麺です(麺量:茹で前240g位でも細麺の為、膨張率が低いので腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感弱アリな清湯醤油で、酸味が無いのでノスタルジック調とは少し違いますがカエシの塩味(えんみ)が効いていて浸し過ぎると麺が黒くなりショッパ味が広がります。

具は甘口味に味付けされたメンマ20数枚と中華料理の味付けで使われる独特な風味を醸し出す「八角」の風味がするベーコン状バラ叉焼1枚と味玉半分が別皿で配膳され、多めの長葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺に漆黒色したつけ汁が容赦なく絡みショッパ味を感じながらツル・ツルツルっと心地良く啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、赤茶色した蓮華で表面に漂っている長葱を掬いながら戴けました。
お店は以前(3年程前)に伺ったビルの中2Fの「かな井」の跡地に佇んでいて、らーめん類の他にもチャーハンや中華定食が戴ける大陸系の方々が営んでいるお店でした。

スープの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9030900.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11709940c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

弥生亭@王子

ラーメン
弥生亭(ヤヨイテイ) 
☆☆☆.9(王子)
みそつけ麺720円

YAYOI Tei

みそつけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた玉藻製麵社製で、中華麺の独特な黄色している多加水なのにモチっと感が喉ごしを心地よくしてくれる食感のいい麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところで、配膳時に小声で「小ライス食べるかい」っと耳元で呟かれました)。
つけ汁は片手で持つのが限界な大きいつけ汁椀に酸味とオイリー感が無い粘度微アリな辛味弱アリなピリ辛味噌味が注がれ、江戸甘みそと信州みそに北海道みそをブレンドしたであろう?合わせ味噌に辛味を合わせた街の中華屋さんでよく見かける寒い季節には持ってこいのピリ辛味噌味にまとめられています。

具はメンマや叉焼や長葱や海苔は無く、具沢山の炒め肉野菜(豚肉・キャベツ・モヤシ・人参・玉葱・ニラ・キクラゲ)がつけ汁にギューギューに押し込まれています。
何処ぞの全国展開している「ちゃんぽん屋」さんよりも野菜の量が多く、日頃の野菜不足な食生活を助けてくれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、黄色いモチっと麺につけ汁の熱と味噌味が絡みズルズルっと美味しく啜れました。
途中、卓上の業務用おろし大蒜を投入するつもりでいましたが、あまりの麺とつけ汁の絶妙な組み合わせに投入するのを忘れてしまいました。
スープ割は配膳時にプラスチック製の赤茶色した大きな急須に軽く透明な清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の薄緑色した蓮華で底に沈んで隠れてしまった炒め野菜を掬いながら美味しく戴きました。
店内は終日喫煙可能らしく、伺った11:30過ぎで私以外の方は皆喫煙していました。

玉藻製麵の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9029664.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11708738c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 46 360098
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト