赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

皇雅@新宿・都庁前

皇雅(コウガ) 
☆☆☆.5(新宿・都庁前)
濃厚醤油つけ麺800円

Emperor Elegant

濃厚醤油つけ麺戴きました。

麺は角極太ストレートのエッジに丸みがあるあまり見掛けないタイプで、啜り心地を楽しむよりも麺自体の弾力を歯で噛み締めて味わう極太なのに多加水な消化の早そうな麺です(麺量:茹で前180g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味弱アリな赤茶色した魚粉風味が香る醤油味で、カエシのショッパ味や黒さがないので言われてみないと醤油味だと分らない仕上がりになっています。

具は短メンマ5本と一際存在感がある大振り巻き巻きバラ叉焼1枚と佐々切長葱が麺の上に飾られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極太麺にはシャバ系つけ汁が絡む訳もなくお茶漬け喰いスタイルで戴いてしまいました。
スープ割の提供は無いとのことでしたので、プラスチック製の黒い蓮華で直接つけ汁の飲んでみるとあまりショッパ味が感じられず魚粉風味が襲ってきました。
お店はキャパもあり新宿西口の超高層ビルに勤めている方々の胃袋を満たしていました。

店頭ディスプレーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8814225.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11559789c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

賀丸屋@高田馬場

賀丸屋(ガマルヤ)
☆☆☆.9(高田馬場・西早稲田)
つけ麺780円

Celebration Circle Shop

つけ麺(クーポンモヤシ)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた輝きのあるツルシコのピロピロタイプで、喉ごしが良く啜れる多加水タイプですが、腹持ちが宜しくない早く消化してしまう満腹中枢があっという間に過去のものになってしまう麺です(麺量:茹で後350g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな煮干し系の魚介が鼻腔をくすぐる魚介醤油に豚骨を軽く合わせたマイルド魚介豚骨で、仄かに香る大蒜が他店と差別化されたワンポイントなりオリジナリティを醸し出しています。

具は材木太メンマ3本と薄味玉1つとクーポン茹でモヤシが麺の上に置かれ、炙りの入った長四角のバラ叉焼と九条葱がつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ピロピロ麺に軽くつけ汁が絡み魚介風味を感じながらズルズルっと啜れました。
スープ割は優しい豚骨スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で九条葱を追いかけながら美味しく戴きました。
券売機の横に置いてあったフリーマガジンのお得なクーポンでモヤシを戴き、大蒜臭のケアでプレスケアまで戴いてしまいました。

クーポンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8811516.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11557240c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

PiQueR@恵比寿

PiQueR Bar d' Ori(ピケ バル デ オリ)
☆☆☆☆.1(恵比寿)
濃厚カニ味噌つけ麵980円

刺し子

濃厚カニ味噌つけ麺(選べる小鉢からサラダとリゾットボールをチョイス、他にプチデザートがあります)戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある低加水の2色の麺で、竹炭入りの真っ黒い麺と全粒粉入りの色白麺が編み合わされた様に混じり食感に緩急をつけ喉ごしを楽しませてくれます(麺量:茹で前160g位で腹6.5分目といったところで、〆のリゾットで腹7分目迄膨らみます)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリアリな回転寿司で回っている灰色のカニ味噌を想像していましたが、薄黄色した上品なカニ味噌をとろ〜りクリームスープで伸ばした癖のない濃厚な味にまとめられていてブラックペッパーが振り掛けられています。
具はメンマや叉焼は無く、水菜と苦味のあるもう1種類のグリーン葉と半熟茹で玉子半分(サービス)が麺の上に飾られ、パルメザンチーズの山がつけ汁に盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、気持ち硬茹でされた麺が濃厚つけ汁と絡みまくり少し汁跳ねしながら楽しく啜れました。
スープ割は鰹の一番出汁スープが入ったかわいい陶器製ポットが提供され自分好みに調整でき、金属製の銀色のスプーンでカニ味噌と鰹出汁との融合を味わい、

焦げ目の入った大福大のリゾットボールを投入してスプーンで崩しパルメザンチーズと共にリゾットとして楽しみました。
つけ麺の前に配膳された契約農家直送のサラダはシャキシャキした白菜でしょうか?がメインのグリーンサラダにラディッシュの赤みがポイントのフレンチドレッシング掛けで日頃の野菜不足が補えました。
お店は2016年9月にリニューアルしてランチに洋風つけ麺を提供していますが、偶然通りかかって「つけめん」の文字が視界に入ってしまい、伺うこと2度振られ3度目でやっとカニ味噌に出会えました。
豆乳つけ麺もとても気になります。

契約農家直送のサラダはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8808013.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11554001c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

昌平ラーメン@新宿

昌平(ショウヘイ)ラーメン

新宿西口店
☆☆☆☆.1(新宿)
つけ麵650円

Vigorous Flat

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、断面が楕円状した超多加水麺だそうで、戴いている間は山盛りなので完食できるか不安でしたが喉ごしがとても良くあっという間に完食でき消化が良いので数時間するとお腹が空いてきました(麺量:茹で前300gで腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味弱アリな辛味とオイリー感が微アリな粘度が無い薄白濁した鶏ガラ魚介醤油味で、ノスタルジックな甘辛酸の鶏ガラ醤油味と違って鶏の濃厚感が全面に出た仕上がりにまとめられています。

具はメンマ3・4本と切り落とし肩ロース叉焼3枚と長葱がつけ汁に入れられ、雲丹トゲ刻海苔が麺の頂上に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、刻海苔や長葱と共につけ汁が絡みズルズルっとお茶漬け喰いスタイルで啜れました。
スープ割は白濁した魚介スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で長葱を掬いながら美味しく戴きました。
着席してからお冷やと共に無言で配膳された「お通し」のモヤシナムルは気持ちオイリー感があり酸味はないのでいい箸休めになりました。
お店のお昼時は近くのサラリーマンが押し寄せて来て、てんやわんやの店内でした。
以前、新宿駅から離れた成子坂店に伺いましたが、つけ汁の雰囲気が新宿西口店は違うと感じました。

モヤシナムルはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8805343.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11551598c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

圓@新宿

老麺処

(エン)
☆☆☆.8(新宿)
つけ麵820円
Circle

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた艶やかなツルモチ多加水タイプで、中太ですが喉ごしが良く多加水麺が喉元を軽く通り抜けて行くのが分ります(麺量:茹で後500gで腹9分目といったところです)。
つけ汁は黒酢入りの酸味弱アリな辛味微アリなオイリー感と粘度が無い甘辛酸のノスタルジック調な清湯醤油味で、漆黒色していないのでカエシのショッパさが和らぐ優しい仕上がりにまとめられています。

具は幅広短メンマ15枚位と短冊切肩ロース叉焼10本位と味玉半分と長葱がつけ汁に沈められ、申し訳程度の雲丹トゲ刻海苔が麺の頂上に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、軽い感じ同士の麺とつけ汁に黒酢酸味が絡み付きズルズルっと噎せずに啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で酸味が和らいだところで長葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店は改札口の外に佇んでいますが、雨にも濡れない好立地な百貨店の地下のオープンな一角でひっそり営業していて、イチ押しはタンメンだそうです。

サンプルディスプレーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8802045.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11547695c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

紫くろ㐂@浅草橋

紫 くろ㐂(ムラサキクロキ)
☆☆☆☆.5(浅草橋)
鴨つけそば900円

Violet Black One's seventy

鴨つけそば戴きました。

麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、低加水で少し硬茹でされているのでパキパキ感が楽しめとても喉ごし良く啜れ、中華麺を啜っているより太めの更科蕎麦を啜っている感覚に悩まされます(麺量:茹で前240g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな上品な鴨出汁が味わえる淡麗醤油味で、鴨の独特なオイリー感を最小限に極めた戴き易い醤油味にまとめられています。

具は鰹出汁で軟らかく煮込まれた煮物の様な材木太メンマ2本と低温調理された鴨ロース叉焼2枚と春菊麺の上を飾り、大きめに四角くカットされた長葱と軽く大蒜油に漬けられた玉葱と輪切されたカボス1枚がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、最初はオイリーに負けてつけ汁が乗ってきませんでしたが徐々に上品な鴨出汁醤油と麺が絡みズルズルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に昆布出汁の様なスープが注がれ、陶器製の白い蓮華でまだまだ浮遊している長葱を掬いながらとても美味しく戴けました。
お店は金曜日だけ営業する二毛作営業ですが、行列もさぞかしながら回転が早いので20分位で着丼しました。

食材や麺の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8800674.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11546397c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

小滿@高田馬場

居酒屋

小滿(ミチル)
☆☆☆☆.1(高田馬場)
つけ麺500円通常700円(試食まつり)

Rise

魚+羊つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがあるボソっと感がある短めなつけ汁をよく吸うタイプで、チープ感がどうしても歪めないつけ麺には向いていない様な食感が残る麺です(麺量:茹で前175g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリな豚骨ならぬラム骨魚介味で、臭みのある豚よりも上品な羊のまったりとした円やか口当たりと鰹魚粉の魚介風味が楽しめる、後楽園近くで戴いた豚骨とラム骨の濃厚感のある煮干しを合わせたつけ汁と違い、ラム骨と鰹の軽い仕上がりにまとめられています。

具は幅広と細いメンマ合わせて10本位とラム肉4枚と長葱と玉子焼きや湯葉に間違えそうな大量の漬けお麸と豆モヤシが麺皿の半分を占領し、白黒胡麻と青葱がつけ汁に浮遊しています。
一見「鯨肉」に間違ってしまいそうな羊肉はボソっとした食感でしたが、つけ汁に浸して置くと軟らかくなりジューシー感が楽しめました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ボソボソ麺の表面からつけ汁が染み込み意外にもラム骨出汁の風味が口内に広がりズズっと違和感なく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華で長葱や胡麻を追いかけながら美味しく戴けました。
お店はまだ認知度が低く、たまたまふらっと入った路地で「ラーメン」の提灯を見つけてしまい店頭のメニューを見ると「つけ麺」もあったので立ち寄ってみましたが、中国系の方が一人で切り盛りしていて応援したくなりました。

試食まつりの期間はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8797431.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11542902c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大成@新宿御苑前

つけ麺

大成(タイセイ)
☆☆☆.7(新宿御苑前)
つけ麺800円

Success

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた汁跳ね防止でしょうか?気持ち短く、中太ウェーブ麺としては啜るには困らない仕様で弾力も楽しめます(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリアリな濃厚動物魚介に玉葱や人参などの甘味のある野菜スープを合わせたベジタブルポタージュ(略してベジポタ)で、只の「また、お前もか系」の濃厚豚骨魚介と違って野菜の甘味が加えることによって戴き易い臭みの無いたまに柚子が香る仕上がりにまとめられています。

具はメンマ5・6本位と幅広にカットされた短冊切肩ロース叉焼3・4枚と白髪葱と水菜と柚子皮片がつけ汁に押し込まれ、海苔1枚が麺の上に置かれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、とろ〜りつけ汁に中太麺が絡みズズズっと水菜と共に啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で水菜を掬いながら美味しく戴きました。
お店は以前伺った事のある駅から少し離れた場所で、麺の量がデフォだとお腹一杯にならないので大盛サービスなどあったらいいですね。

つけ汁の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8795301.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11540872c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

松ちゃん@ときわ台

めん屋

松ちゃん(ショウチャン)
☆☆☆.8(ときわ台)
つけ麺(白)800円

Pine Chan

つけ麺(白・平打麺・中盛)きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある硬茹でされたパツパツ感が残る何とも言い難いモチっと感が出る前に冷水で〆られた様な食感です(麺量:茹で前270g位で腹8分目といったところで、180gも同一価格で、麺種が他に中細麺・中太ストレート麺から選べます)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が微アリなマイルド鶏白湯塩味で、表面に漂う鶏油みたいな物が甘味を加えて戴き易い仕上がりにまとめられています。

具は穂先メンマ2本と皮付鶏ムネ肉の切り落とし数個と微塵玉葱と青葱がつけ汁に押し込まれ、カットレモン1片が麺の上に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、硬茹で麺ではどうしても持ち上げが弱く気持ち長めに浸して戴くと麺に熱が入り軟らかくなりズズっと啜れました。
途中、カットレモンを麺に搾って戴いてみると、柑橘系の酸味が広がり楽しめました。
スープ割は別碗に鶏スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で微塵玉葱を掬いながら美味しく戴けました。
お店は環八を挟んだお隣りの中板橋の高樹の姉妹店とのことですが、日曜以外は夜営業しかしていないのが残念ですね。

麺をお豆腐に替えられるそです ⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8792346.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11539099c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

龍栄@下落合・高田馬場

拉麺

龍栄(リュウエイ)
☆☆☆☆.1(下落合・高田馬場)
ダヌダヌつけ麺700円

Dragon Prosperity

ダヌダヌつけ麺戴きました。

麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある日本蕎麦の更科蕎麦の様な色白なしなやかな自家製麺で、掴み心地や啜り心地も気持ち良く戴けるサラっとした喉ごしが楽しめる秀逸な麺です(麺量:茹で前240g位で腹8.5分目といったところで丁度よく、170gと同一価格です)。
つけ汁は酸味と粘度が微アリな辛味アリなオイリー感の無い担々味で、円やかな胡麻の風味の中に辛味がジンワリ効いてくる甘味と辛味が共栄する本格的な無化調の担々味に仕上がっています。

具はメンマと叉焼と長葱は無く、炒められた豚ミンチとモヤシとニラと白胡麻と鶏つくね団子1つがつけ汁に押し込まれ、カットレモンが麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、橙白濁したつけ汁が色白麺を橙色に染めズズズっと爽快に美味しく啜れ、頭皮や顔面から汗が吹き出しました。
途中、添えてあるカットレモンを麺に搾って戴いてみると、柑橘系の酸味が口内を爽やかにしてくれ更に汗が滴れ落ちました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で底に沈んでいる豚ミンチやモヤシを探しながら汗を拭き拭きしながら美味しく戴きました。
ダヌダヌとは中国語で「担々」を発音するとそのように聞こえるそうです。
お店は西武新宿線の下落合が最寄りですが、高田馬場から神田川を意識しながら宮田商店会を抜けて行くと突然住宅街の中に佇んでいます。

他のメニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8788001.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11536455c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 63 352163
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト