赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

ゆきかげ@浅草

濃厚鶏麺

ゆきかげ
☆☆☆.8(浅草)
濃厚鶏つけ麺(黒つけ)800円

Snow Shadow

濃厚鶏つけ麺(黒つけ・醤油)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある、気持ち硬茹でされたパツパツした食感が喉元を刺激するも喉ごしが楽しめる好みのタイプです(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が弱アリな鶏白湯で、料理名には「濃厚」と記されていますが丸鶏を長時間煮詰めたシチューの様なトロトロ濃厚ではなく、表面を覆っているオイルで濃厚を表現している仕上がりになっています。

具は穂先メンマ2本と大きな大判海苔1枚が麺の横に突き刺さり、小さな鶏団子1つと皮付モモ肉の小さな切り落とし7・8個とW葱(青葱・玉葱)がつけ汁に沈んでいます。
手のひらより大きい大判サイズの拘りの浅草海苔をつけ麺でお目にかかるのは「麺バカ息子徹@京急川崎(移転)」以来久しぶりですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面を覆うオイルに麺が跳ね返されなかなかつけ汁が絡まず千切った海苔につけ汁を吸わせ味を確認しました。
スープ割は鶏ガラスープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で海苔やW葱を掬いながら戴きました。
お店は観光地、浅草は雷門近くの路地裏に佇んでいて、何かのガイドブックに掲載されているのでしょうか?外国からのお客さんが数多く来店していました。

浅草海苔の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8753833.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11513845c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

幸楽@東武練馬

中華料理

幸楽(コウラク)
☆☆☆.7(東武練馬)
つけ麺650円

Blessing Comfortable

つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びたラーメン類と同じ中華麺で、中細麺のここぞという喉ごしが楽しめるとても安定感のある多加水麺です(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い清湯醤油味で、酸味がないのでオーソドックスな甘辛酸タイプと違って優しい円やか醤油味にまとめられています。

具は軽く醤油味付された短メンマ7・8本と短冊薄切肩ロース叉焼10数枚とハードボイルド茹で玉子半分が麺の横に添えられ、刻海苔と白胡麻が麺に化粧され、長葱がつけ汁に散らされています。
茹で玉子に飾り包丁が入っていると、昭和の感じがして懐かしいですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、どうしてもシャバ系つけ汁では絡みは期待できませんが、こういう時のための「お茶漬け喰い」スタイルでズズっと啜り麺とつけ汁のハーモニーを楽しみました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の青緑色した蓮華で刻海苔や白胡麻を追いかけながら滋味深い清湯醤油スープを戴きました。
お店は東武練馬駅から少し離れたディープな小さなアーケード内に佇んでいて、以前から気になっていたので勇気をふり絞って入店すると優しい女将さんが出迎えてくれました。

食品サンプルメニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8749927.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11510642c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

赤おに。@本蓮沼

ラーメン

赤おに。(アカオニ)
☆☆☆.8(本蓮沼)
辛みそつけ麺790円

Red Ogre

辛みそつけ(辛味別盛)麺戴きました。

麺は丸中細ウェーブのカネジン食品社製で、ツルツルとした喉ごしがとても良く啜れ多加水麺の醍醐味が味わえます(麺量:茹で前300g位で腹9分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味(最初はなし)とオイリー感と粘度の全てが無い、つけ汁碗の底に大豆の細かい粒が沈む長期熟成の甘辛仙台味噌を中心にブレンドされた味噌味で、札幌味噌ラーメンとはひと味違った仕上りになっています。

具はメンマ7・8本と長四角にカットされた肩ロース叉焼2枚とナルト1枚と長葱とワカメが麺の上に並べられています。
叉焼はつけ汁に入れると軟らかく蘇生すると思いましたが、意外と硬かったです。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺に大豆の粒と共につけ汁が持ち上がりツルツルっと爽快に啜れました。
途中、別盛にしてもらった辛味をお箸で2・3掴みしてつけ汁に混ぜてみると、軽い唐辛子の辛味と味噌味がシンクロして辛味噌味が楽しめました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の黒茶色した蓮華でワカメを追いかけ辛味で額から汗を滲み出しながら美味しく戴きました。
お店は最寄り駅から少し離れた場所に佇んでいて、脱サラした様な接客に慣れていないオジサン2人が営んでいました。

辛味はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8746281.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11507757c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ごえん@東長崎

麺処

ごえん
☆☆☆.8(東長崎)
つけ麺650円

Relation

つけ麺(小)戴きました。

麺は角中太ストレート(平打気味)のエッジに尖りがあるカネジン食品社製で、ツルモチの食感が気持ち良く喉ごしが楽しめるカネジン食品社独特なたまに他店でも見掛ける麺です(麺量:茹で前200gで(小)でも腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感微アリな粘度弱アリな俗にいう「また、お前もか系」の濃厚豚骨魚介で、臭みの無い初級者向けの豚魚にまとめられています。

具は珍しく賽の目に刻まれたメンマ5・6個と同じ様に刻まれたバラ叉焼7・8個とナルト1枚と青葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、艶やかな麺の表面につけ汁が絡みズズズっと啜れました。
スープ割は卓上に魚介スープが入ったポットが置かれ自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華でコロメンマやコロ叉焼を探しながら普通に戴きました。
お店は駅から近い場所に佇んでいるので、お隣りに格安な資本系の中華店が並んでいてもポツリポツリとお客さんが来店していました。

クーポン券いただきました。⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8744829.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11506526c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鶏千@高田馬場

廻麺

鶏千(トリセン)
☆☆☆☆.1(高田馬場)
旨辛海老塩つけ麺850円

Chicken Thousand

旨辛海老塩つけ麺(中盛・味変生姜・期間限定)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麺製で、モチっとした食感が心地よく啜り甲斐があるいい麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、並盛150g〜大盛300g迄同一価格です)。
つけ汁は酸味とオイリー感の無い辛味弱アリな粘度ドロドロな濃厚鶏白湯に辛味の付いた桜エビを浮かべた塩味で、鶏の凝縮した旨味が塩ダレと調和した仕上がりにまとめられています。

具はメンマ10本位と焼き目の入ったバラ叉焼2枚と味玉半分と水菜が麺を覆い、桜エビとW葱(長葱・玉葱)がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁が絡みまくりズルズルっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
途中、味変アイテムの刻生姜を投入すると、サッパリとした風味が広がりお箸が進みました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ桜エビとエシャロットの煎った物が浮かされ、陶器製の黒い蓮華でスープというよりもシチューの様なドロドロを掬いながら美味しく戴きました。
お店は早稲田通りから離れた辺鄙な場所に佇んでいますが、何処からかポツリポツリとお客さんが来店していました。

刻生姜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8742073.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11504643c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

真白@野方

濃厚鶏そば

真白(マシロ)
☆☆☆.9(野方)
濃厚鶏つけ麺(魚介香る醤油)780円

Pure White

濃厚鶏つけ麺(魚介香る醤油)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジが平たく楕円状になっている様に丸みを帯びたつけ汁との相性を考えられた汁跳ね注意の暴れん坊タイプで、啜るのには注意が必要ですが喉ごしも楽しめる啜り甲斐のある麺です(麺量:茹で前180gで腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が微アリな魚介が微かに香る鶏白湯で、丸鶏だけのクリームシチュータイプの鶏白湯ではなく、醤油ダレを合せた濃厚というよりもマイルドな鶏魚介醤油に仕上がっています。

具はメンマは無く、ほぐし鶏叉焼とキクラゲとW葱(青葱・微塵玉葱)がつけ汁に隠され、海苔2枚が麺に添えられています。
大好きなキクラゲが入っている鶏白湯は珍しいですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、青葱やキクラゲが麺に絡まりつけ汁を持ち上げ汁跳ねに気使いながらズズっと啜れました。
途中、卓上には置いていないお願いすると冷蔵庫から小皿で提供される「おろし生姜」と「柚子胡椒」を麺にお刺身感覚に乗せて戴いてみると、おろし生姜は業務用の為化学的な風味が主張してしまい1口でゴメンなさいで、柚子胡椒は業務用ですが化学的な風味が少ないので、おろし生姜の後だったせいもあって満足できる味変が楽しめました。
やはり、業務用の味変アイテムは独特な風味がして戴けませんね。
スープ割はお願いすると鶏スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で底に隠れてしまったキクラゲを探しながら、またゴロゴロと底に沈んでしまっているほぐし鶏叉焼を掬いながら美味しく戴きました。
お店の周りには有名店も含めて店頭から目視で3軒のラーメン店が確認でき、野方もラーメン大激戦地区で大変かつ選び放題と確認できました。

業務用はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8739048.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11502661c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あづま家@大久保

ラーメン 

あづま家(アヅマヤ)
☆☆☆.8(大久保)
つけ麺420円

East House 2

つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがある黄色が鮮やかな喉ごしが楽しめる啜り易い麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い甘辛なノスタルジック調の清湯醤油味で、野菜の甘味とカエシのショッパさが丁度いい仕上がりにまとめられています。

具はメンマ等の具は無く、雲丹トゲ刻み海苔が麺に化粧され、おろし生姜が麺の横に添えられ、青葱がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、酸味が無いのでサッパリとはしませんが甘辛なつけ汁が絡みズズズっと心地良く啜れました。
途中、おろし生姜を「お刺身」を戴く様に麺に乗せて啜ってみると、爽やかな生姜の香りが鼻腔を抜けて美味しく啜れ、辛味(唐辛子と大蒜を粉末した物)を極僅か振ると味が〆まり美味しく戴けました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、陶器製の絵柄入りの蓮華で青葱を追いかけながら美味しく戴きました。
お店は淀橋市場の中に佇んでいて朝5:30〜昼12:30迄営業しています。

辛味はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8738216.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11501983c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大章@田端

麺処

大章(タイショウ)
☆☆☆☆.2(田端)
醤油つけ麵780円
Big Chapter

醤油つけ麺戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある小麦粉感抜群な自家製麺で、低加水で重量感もあるのに喉ごしがとても良く、丁寧に造られた自家製麺が楽しめます(麺量:茹で前200g位で腹9分目といったところです)。
つけ汁は酸味弱アリな辛味とオイリー感と粘度が無い漆黒の甘辛酸タイプの醤油味で、カエシの尖るショッパ味が主張して自家製麺に負けない仕上がりにまとめられています。

具は短長不揃いなメンマ10本位と短細短冊切肩ロース叉焼沢山とワカメと長葱がつけ汁に押し込まれています。
カエシが効いているつけ汁にはワカメがよく合いますね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面がツルツルしていない自家製麺にショッパつけ汁が絡みズルズルっと美味しく啜れました。
スープ割は配膳時に清湯スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の茶色い蓮華でワカメや短冊叉焼を掬いながらショッパ味が癖にならないうちに程々戴きました。
お店はたまに赤バイクで通っている不忍通りに面した大きな交差点角に佇んでいますが、全くもってその存在に気がつきませんでしたが、自家製麺の美味しさで人気がでるといいですね。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8735416.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11500341c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

牛麺@代々木・新宿

牛すきやき麺

牛麺 GYUUMEN(ギュウメン)
☆☆☆☆.1(代々木・新宿)
牛すき汁つけ麵920円

Cow Noodles

牛すき汁つけ麺戴きました。

麺は平打極太ストレートのエッジに尖りがある、まるでパスタのフィットチーネを彷彿させるカンスイ未使用のビロビロ麺で、喉ごし的には悪くありませんがお箸で戴くよりもフォークとスプーンでクルクルと丸めて戴いた方がお似合いな感じの麺です(麺量:茹で前150gで腹6.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度の無いオイリー感微アリな鰹出汁が引き立つ上品な甘味が広げる鶏醤油味で、料理名どおりのすき焼きのワリシタに鰹出汁を合せた無化調の仕上がりにまとめられています。

具はメンマは無く、牛すき焼き肉30g位と焼豆腐2つと生卵と鰹の粗削り節(花かつを)と笹切長葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、幅広ピロピロ麺につけ汁が馴染みビロツルっと啜れました。
途中、つけ汁の中の生卵の黄身の部分を蓮華で掬い、カルボナーラの様に麺に絡めて戴いてみると、黄身の甘味とワリシタの甘味がシンクロしてお箸が進みました。
スープ割は配膳時にプラスチック製の変わった容器に鰹節出汁スープが提供され自分好みに調整でき、金属製の銀色の蓮華で牛肉の破片を探しながらとても美味しく戴きました。
店内は2人掛けテーブル席が2つづつ入った個室になっている変わったレイアウトになっていて、大行列店「風雲児」の裏道に佇んでいて、隣りのうどん屋さん「慎」にも行列が形成されていました。

個室はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8733890.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11498851c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

KEMURI@要町・池袋

KEMURI(ケムリ)
☆☆☆☆.1(要町・池袋)
味噌つけそば850円
Smoke

味噌つけそば戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた色白な、くっつき防止に何か油で軽く和えてある喉ごしが楽しめる艶麺で、つけ汁との相性もピッタリな味噌つけ麺には珍しい細麺タイプです(麺量:茹で前225gで腹7分目といったところで、ランチは大盛300gも同一価格で、学生さんは半ライスorくんたまもサービスです)。
つけ汁は酸味の無い辛味と粘度が微アリなオイリー感弱アリな江戸甘味噌と信州味噌でしょうか?をブレンドした少し甘口な魚介が微かに香る味噌味で、味噌も燻製しているのでしょうか?今まで出会った事のない風味と香りが漂う仕上がりにまとめられています。

具は燻製された細メンマ10本位と焼き目の入った皮付鶏ムネ肉の切落し3個と揚玉と鶏ミンチとナッツ類がつけ汁に隠され、カイワレとカットレモンが麺の上に添えられています。
ナッツ類は時折噛み締めると歯応えが面白いですが、歯に引っ掛かると厄介ですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、揚玉やナッツ類がつけ汁を持ち上げてくれてズルズルっと汁跳ねに注意しながら美味しく啜れました。
途中、カットレモンを搾ったり燻製オリーブオイルを麺に馴染ませてみると、燻製度合が増して楽しめました。
スープ割はブーメラン方式に魚介スープが注がれ、陶器製の白い小さな蓮華で鶏ミンチやナッツ類を探しながら美味しく戴きました。
お店は行列店バッソドリルマンの系列店「しながわ」のお向え近くに佇んでいて、イケメン店員さんの噂が流れたのか?女性の一人様やグループが来店していました。

燻製オリーブオイルはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8732014.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11497806c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 10 349521
コメント 0 34
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト