赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

十文字@早稲田

十文字(ジュウモンジ)
☆☆☆.7(早稲田)
豚つけそば780円

Cross

豚つけそば(中盛・標準、他にカレーと辛味噌から選べる)戴きました。

麺は角中太ウェーブ(平打気味)のエッジに丸みを帯びた麺の麻生社製で、熱盛(熱いというか温い)で配膳される表面がツルツルしていないザラザラしたボソっとした食感のあるあまり見掛けないタイプです(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところで、小盛160gから大盛320g迄同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度微アリな巷でよく表現されている「またおま系」の濃厚感の無い豚骨魚介味で、豚骨が主張しすぎているせいか魚介の風味が優しく感じてしまう仕上がりにまとめられています。

具はメンマは無く、薄切り長方形のバラ叉焼1枚とホウレン草と長葱がつけ汁に寂しく入り、海苔1枚が麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、微粘度のつけ汁が表面ザラザラの麺に絡みズルズルっと啜れましたが、何か忘れ物をした様な錯覚が脳裏を横切りました。
途中、一味か七味で軽く味変しようと試みましたが卓上にはタバスコ2種とカイエンペッパーが置いてあり辛そうなのでやめておきました。
スープ割はブーメラン方式に魚介出汁が注がれ、京うどんを戴く時によく使用するお玉みたいな木製の茶色い蓮華で刻んだ海苔を追いかけながら戴きました。
カウンターの下の荷物置場と椅子の高さが合わず、ついついガニ股スタイルで戴いてしまいました。

カウンターと椅子の様子はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8773200.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11526921c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

みつヰ@浅草

みつヰ(ミツイ)
☆☆☆☆.1(浅草)
おろしそば350円×2

Three Wells

おろしそば戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの日本蕎麦にも見えてしまう様な麺相で喉ごしがとても良く楽しめる麺です(麺量:茹で前100gで腹3.5分目といったところですが、「つけ麺」と「ぶっかけ」用に2つ注文したので腹7分目迄膨らみました)。
つけ汁は冷製な酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鰹出汁の醤油味で、料理名どおりの大根の「おろし」が多めに入り和風の仕上がりにまとめられています。

具はメンマや叉焼は無く、潔く輪切長葱と粗くスライスされた鰹節が麺の上に乗せられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、茶色くつけ汁色に変化したおろしと共に鰹出汁を感じながらズズズっと爽快に啜れました。
スープ割はブーメラン方式に温かい節系出汁スープ注がれ、陶器製の白い蓮華で戴こうと試みましたが蓮華が多きすた為、直接つけ汁碗から大根おろしと共にあっさり美味しく戴けました。
続いて、

ぶっかけで戴きました。
麺と具は同じ物ですが「汁」はぶっかけ用にと少し濃いめにカエシを調整してくれました。
麺に直接掛けることによってつけ麺スタイルとは違った「浸す」から「浸されている」と少し違った啜り心地が楽しめました。
途中、味変用にと提供されていた「ネギ油」を合わせてみると、ず〜っとサッパリしていた口当たりからネギ油の濃厚感が若干加わり「冷したぬき蕎麦」みたいな感覚で戴けました。
お店は2週間前にオープンしたばかりですが、やはり注目店とのことでひっきりなしにお客さんが来店していました。

ネギ油と2種類のつけ汁は違いはこちら ⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8770410.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11525152c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

リッキーズ@本蓮沼

リッキーズ
☆☆☆.9(本蓮沼)
つけ麺690円

RIKKIE'S

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大栄食品社製で、気持ち硬茹でされているので麺自体の弾力が楽しめ、喉元を軽く刺激して食道を通っていくのが分ります(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と粘度の無い辛味微アリな背脂のオイリー感が弱アリなカエシが主張している豚骨醤油味で、家系の豚骨が主張している豚骨醤油と違いピリ辛な醤油主体の豚骨醤油にまとめられています。

具はメンマは無く、短冊切バラ叉焼10本位と茹で野菜(モヤシ・キャベツ)と味玉半分と微塵長葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺に背脂が絡みズズズっとカエシの存在を確認しながら啜れました。
スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ、プラスチック製の茶色い蓮華で背脂を掬いながら美味しく戴きました。
お店は以前ドロップハンマーがあった場所で、2号店として本蓮沼駅近くで営業していたリッキーズが移転というかたちで戻ってきました。

おすすめの食べ方はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8767275.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11523070c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

味噌一@本蓮沼

味噌らーめん専門店

味噌一(ミソイチ)大原店
☆☆☆☆.1(本蓮沼)
つけ麺850円

Soybean paste One OOHARA

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた気持ち硬茹でされたパツパツ感が残る、啜るとピンと尖った麺の端から汁跳ねが気になる喉ごしも楽しめる麺です(麺量:茹で前280gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いマー油のオイリー感と粘度が微アリな西京味噌の様な白味噌ベースの米糀味噌味で、仙台や秋田味噌もブレンドされた仕上がりにまとめられています。

具は少し辛味の付いたメンマ6・7本位とバラ叉焼1枚と茹で野菜(キャベツ・モヤシ・玉葱・ニンジン)とカイワレとワカメと茹で玉子半分が麺皿の三分の一を占領し、クコの実と白胡麻がつけ汁の表面に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、マー油と白胡麻と共につけ汁が絡み汁跳ねに注意しながらズズっと啜れました。
途中、卓上の「刻みニンニク」を小匙でてんこ盛り1杯投入すると、普通の「おろしニンニク」とは違ったニンニクの粗々しさを感じながら啜れました。
スープ割は動物系スープが入った小碗が提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で茹で野菜を探しながら美味しく戴けました。
お店は首都高速の高架下の狭い道路脇に佇んでいて、駐禁対策の店外カメラも設置している朝5時迄営業しているお店でした。

味噌は「身礎」はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8764706.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11521393c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

じゃかじゃか@落合

拉麺

じゃかじゃか
☆☆☆☆.2(落合)
芳香醤油つけ麺730円

Blare

芳香醤油つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた厚みのある自家製麺で、所々に斑点が見受けられる栄養価の高い全粒粉入りのモチっと感が喉元を優しく刺激する喉ごしも楽しめる秀逸な麺です(麺量:茹で前280gで腹9分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無い背脂からのオイリー感弱アリな微かに魚介が鼻腔をくすぐる醤油味で、メニュー表記の「芳香」とあるようにカエシの醤油ダレがしょっぱくなく、魚介出汁と甘味のある背脂との三巴で芳しい仕上がりにまとめられています。

具は軟らかメンマ10本位と厚みが1pはあるだろう大きな赤身モモ肉叉焼1枚と青葱がつけ汁に隠されています。
この叉焼がとても軟らかくお箸で掴んで軽く歯で噛むとホロホロと肉離れしてお口の中で崩れていき、脂身はありませんが満足できる叉焼でした。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、背脂や青葱に委ねられる様につけ汁が絡みズルズル・モチモチっと美味しく啜れました。
スープ割は魚介スープが入ったお洒落な器が提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の茶色の蓮華で青葱を追いかけながら美味しく戴きました(スープ割時に柚子皮発見しましたが、風味は分からず)。
お店は今まで数え切れないほど店頭を通っている早稲田通りに面していて、いまいち外観からチープな感じがして敷居を跨ぐのを躊躇していましたが、初めて伺った店内ではジャズが静かに流れ落ち着いた雰囲気の中で食事ができ、自家製麺も美味しく戴けた満足な1杯を楽しめました。

ホロホロ叉焼のアップはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8762012.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11519527c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

海坂屋@東中野

海坂屋(ウナサカヤ)
☆☆☆☆.1(東中野)
鯛つけ麺(塩)800円

Sea Slope Shop

鯛つけ麺(塩)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたモチっとした食感が気持ち良い、啜って喉ごしを楽しむよりも麺自体の弾力した食感を歯で噛み締めて味わうタイプです(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、中盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が微アリな味で、見た目は黄白濁した鶏白湯に見える代物で、味についても料理名の「鯛」はあまり感じられず店頭に貼られている料理の説明書の「濃厚」であれば鯛白湯と鶏白湯であろう仕上がりにまとめられています。

具は細メンマ2本とカイワレと岩海苔とすだち半分と微塵赤蕪が麺の上を彩り、クレイジーソルトっぽい味付けされた賽の目切叉焼10個位と粗めにカットされたアーリーレッド(赤玉葱)がつけ汁に隠されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中太麺にはこの手のつけ汁はなかなか絡まず、お茶漬け喰いスタイルでズズっと啜りました。
途中、珍しい微塵赤蕪を麺に絡めてみましたが酸味がある訳でもなく至って普通で、すだちを搾って戴いてみると爽やかな酸味が広がり楽しめました。
スープ割は鯛の香りがするスープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で岩海苔やアーリーレッドを掬いながら麺を戴いていた以上に美味しく戴けました。
お店は店頭チラシで唐揚げをサービスしてもらった以前伺った事がある場所で、こちらのお店に代わってから1年ちょっと経ちますが11時開店からポツポツとお客さんが訪れていました。

微塵赤蕪はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8760014.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11517973c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

いち@早稲田

ワンコインらーめん

いち
☆☆☆☆.1(早稲田)
つけ麺500円

One

つけ麺(麺ふつう・味濃いめ・脂少なめ)戴きました。

麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある麺の麻生社製で、博多ラーメンの様な極細パツパツ感が喉元を軽く抜けていき喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前240g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度微アリなこげ茶濁した魚介醤油味で、鰹の香りがほんのり鼻腔をくすぐる仕上がりにまとめられています。

具はメンマは無く少しレアかかった肩ロース叉焼1枚と海苔1枚と笹切長葱が麺の上に並べられています。
ワンコインなのにレア叉焼とはクォリティが高いですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺の間にこげ茶濁したつけ汁が麺の色を変える様に絡まり味濃いめでズルっと啜れました。
途中、卓上の業務用おろし大蒜を大匙1杯投入すると、パンチが効いた魚介醤油味に変化しお箸が進みました。
スープ割は魚介スープが入ったポット置場からセルフでポットを持ってきて自分好みに調整し、陶器製の白い蓮華で千切った海苔を追いかけながら美味しく戴きました。
お店は学生の街、早稲田ということもあってか「いちの日サービス(100円引)」や「トッピングサービス券」や「お子様らーめん」やらサービス満載のお店でした。

麺・味・脂の調整表はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8757548.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11516637c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ゆきかげ@浅草

濃厚鶏麺

ゆきかげ
☆☆☆.8(浅草)
濃厚鶏つけ麺(黒つけ)800円

Snow Shadow

濃厚鶏つけ麺(黒つけ・醤油)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある、気持ち硬茹でされたパツパツした食感が喉元を刺激するも喉ごしが楽しめる好みのタイプです(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が弱アリな鶏白湯で、料理名には「濃厚」と記されていますが丸鶏を長時間煮詰めたシチューの様なトロトロ濃厚ではなく、表面を覆っているオイルで濃厚を表現している仕上がりになっています。

具は穂先メンマ2本と大きな大判海苔1枚が麺の横に突き刺さり、小さな鶏団子1つと皮付モモ肉の小さな切り落とし7・8個とW葱(青葱・玉葱)がつけ汁に沈んでいます。
手のひらより大きい大判サイズの拘りの浅草海苔をつけ麺でお目にかかるのは「麺バカ息子徹@京急川崎(移転)」以来久しぶりですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面を覆うオイルに麺が跳ね返されなかなかつけ汁が絡まず千切った海苔につけ汁を吸わせ味を確認しました。
スープ割は鶏ガラスープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で海苔やW葱を掬いながら戴きました。
お店は観光地、浅草は雷門近くの路地裏に佇んでいて、何かのガイドブックに掲載されているのでしょうか?外国からのお客さんが数多く来店していました。

浅草海苔の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8753833.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11513845c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

幸楽@東武練馬

中華料理

幸楽(コウラク)
☆☆☆.7(東武練馬)
つけ麺650円

Blessing Comfortable

つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びたラーメン類と同じ中華麺で、中細麺のここぞという喉ごしが楽しめるとても安定感のある多加水麺です(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い清湯醤油味で、酸味がないのでオーソドックスな甘辛酸タイプと違って優しい円やか醤油味にまとめられています。

具は軽く醤油味付された短メンマ7・8本と短冊薄切肩ロース叉焼10数枚とハードボイルド茹で玉子半分が麺の横に添えられ、刻海苔と白胡麻が麺に化粧され、長葱がつけ汁に散らされています。
茹で玉子に飾り包丁が入っていると、昭和の感じがして懐かしいですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、どうしてもシャバ系つけ汁では絡みは期待できませんが、こういう時のための「お茶漬け喰い」スタイルでズズっと啜り麺とつけ汁のハーモニーを楽しみました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の青緑色した蓮華で刻海苔や白胡麻を追いかけながら滋味深い清湯醤油スープを戴きました。
お店は東武練馬駅から少し離れたディープな小さなアーケード内に佇んでいて、以前から気になっていたので勇気をふり絞って入店すると優しい女将さんが出迎えてくれました。

食品サンプルメニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8749927.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11510642c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

赤おに。@本蓮沼

ラーメン

赤おに。(アカオニ)
☆☆☆.8(本蓮沼)
辛みそつけ麺790円

Red Ogre

辛みそつけ(辛味別盛)麺戴きました。

麺は丸中細ウェーブのカネジン食品社製で、ツルツルとした喉ごしがとても良く啜れ多加水麺の醍醐味が味わえます(麺量:茹で前300g位で腹9分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味(最初はなし)とオイリー感と粘度の全てが無い、つけ汁碗の底に大豆の細かい粒が沈む長期熟成の甘辛仙台味噌を中心にブレンドされた味噌味で、札幌味噌ラーメンとはひと味違った仕上りになっています。

具はメンマ7・8本と長四角にカットされた肩ロース叉焼2枚とナルト1枚と長葱とワカメが麺の上に並べられています。
叉焼はつけ汁に入れると軟らかく蘇生すると思いましたが、意外と硬かったです。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺に大豆の粒と共につけ汁が持ち上がりツルツルっと爽快に啜れました。
途中、別盛にしてもらった辛味をお箸で2・3掴みしてつけ汁に混ぜてみると、軽い唐辛子の辛味と味噌味がシンクロして辛味噌味が楽しめました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の黒茶色した蓮華でワカメを追いかけ辛味で額から汗を滲み出しながら美味しく戴きました。
お店は最寄り駅から少し離れた場所に佇んでいて、脱サラした様な接客に慣れていないオジサン2人が営んでいました。

辛味はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8746281.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11507757c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

前へ    4  |  5  |  6    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 21 351006
コメント 0 34
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト