いけぶくろピックアップ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/bukuro

豊島区の上空を飛行機が飛ぶようになる 3月24日説明会


新飛行ルート
 外国人旅行者の増大や2020年の東京オリンピック・パラリンピックに備えて羽田国際空港の機能を強化するため、飛行機が羽田空港から離着陸するルートを変更する計画がある。その計画には、豊島区の上空を飛行する計画はなかったが、2016年4月に、南風のときC滑走路に着陸する便が豊島区の西武鉄道東長崎駅周辺の上空を通過する案が示された。高度は4000FT(1219m)から3000ft(914m)の間での飛行が想定されている。このルートは北区、練馬区を通過し東長崎を経て新宿の上空から羽田空港に着陸する。
 この計画についての国土交通省の説明会が、豊島区では3月24日南長崎第四区民集会室で開催される。 国土交通省は「羽田空港のこれから」というホームページを開設してPRに努めている。
<参考、東京スカイツリー634m、東京タワー333m サンシャイン60 226m。大井町駅付近では東京タワーより低い約三百メートルまで下がる。予想される騒音は同駅付近で76〜80デシベルで窓を閉めた地下鉄車内に相当するという。>
■豊島区役所 https://www.city.toshima.lg.jp/153/machizukuri/1507011358.html
■東京都庁 http://www.toshiseibi.metro.tokyo.jp/kiban/haneda/
■羽田空港のこれから http://www.mlit.go.jp/koku/haneda/haneda/


羽田着陸ルート 豊島区上空

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11575383c.html
街づくり | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

池袋の街はどんな街 人口 世帯 外国人

 池袋の街と言っても、どこからどこまでか?豊島区役所は豊島区内を東部・北部・中央・南部・西部の5地域に分けていて、中央地区はJR池袋駅を中心に西は川越街道、山手通り、東は春日通り、都電に囲まれた地域{東池袋、南池袋(一部)、西池袋(一部)、池袋}としているので、この範囲の地域が『池袋の街』と言えるだろう。
 その池袋の街の人口は、51,905人(豊島区284,307人)でそのうちの16.7%(豊島区全体で27,080人)が外国籍住民で、千早や南長崎などの西部地域の外国籍住民は4.6%で比率は4倍ほど高くなっている。街なかには中国の食品や書籍を販売する店やネパール、トルコ料理などの飲食店も多く、池袋の街は外国籍住民の存在なしには成り立たない街となっている。
 人口構成・世帯構成では豊島区全体の傾向と同じく、人口構成は14才以下の子どもは7.0%(豊島区全体9.15%)、65才以上高齢者は子どもの2.5倍の16.8%(豊島区全体で22.1%)。家庭形態でも地域内の世帯数は32,290世帯、そのうちの65.5%が一人住まい(単独世帯)、ファミリー世帯は18%と少ない。
 出典(「豊島未来戦略推進プラン2017」)は、案の段階で区民から3月30日まで意見を求めている。
■未来戦略推進プラン http://www.city.toshima.lg.jp/002/kuse/iken/publiccomment/1702161355.html


池袋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11571732c.html
豊島区 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

東京空襲資料展 東京芸術劇場で

東京空襲資料展 2017
 3月10日は「東京都平和の日」。1945年3月10日に米軍による下町(現在の江東区、墨田区、台東区、中央区など)を中心に大空襲があった。その日を1990年に東京都が「東京都平和の日条例」として定めた。資料によると空襲は米軍のB−29爆撃機325機が大量の爆弾と焼夷弾を投下し、死者約8万-10万、負傷者は4万-11万名、被災者は100万人を超え、被災家屋26万戸以上あったと言われている。
 豊島区が大きな被害にあったのは、下町の空襲のあとの4月13日に東京西北部一帯を襲ったの城北大空襲で、豊島区域の7割を焼失、死者778人、負傷者2,523人、焼失家屋34,000戸、罹災者161,661人になった。
 平和の日記念式典は3月10日に東京都庁で開催され、空襲関連資料・写真パネルの展示・証言映像の放映が行われる。「東京空襲資料展」は池袋と福生市、東大和市の3ヶ所で開催される。池袋では3月7日から12日の予定で東京芸術劇場地下1階のアトリエウエストで。
■東京都平和の日  http://www.seikatubunka.metro.tokyo.jp/bunka/keishou/0000000716.html


空襲資料
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11566984c.html
イベント | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

人工知能と共に歩める未来社会 学習院で講演会

 プロの将棋棋士がコンピュータに負けたなど、さいきん人工知能についてのニュースが多くなっている。人工知能の発展は私たちにどのような影響を与えていくのだろうか? そんな問いにヒントになるかもしれない講演会「人工知能と共に歩む未来社会にむけて」という講演会が3月4日午後1時から学習院大学で開催される。講師は「ドワンゴ人工知能研究所」所長の 山川宏さん。
 従来の人工知能から最近の深層学習(ディープラーニング)の発展で認識や運動に関わる子供の知能を急速に獲得しつつあるという、そうした人工知能との関わる未来社会についての講演だそうだ。受講には下記の学習院大学ホームページから事前申込が必要
■学習院大学計算機センター https://event.cc.gakushuin.ac.jp/
■ドワンゴ人工知能研究所 http://ailab.dwango.co.jp/


人工知能  学習院
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11560003c.html
大学 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

「ふるさと納税」で豊島区役所は7億円収入減に

 豊島区民の「ふるさと納税」で、2017(平成29)年度に豊島区役所の収入はおよそ7億円減収になるという。この数字は2月8日に豊島区長記者会見で発表された2017年度の予算発表の資料で公表された資料によると、2016年度はおよそ4億円だった寄付金控除額の減収が約7億円に拡大すると予想している。
 発表によると、豊島区の2017年度の一般会計予算は1,167億1百万円、国民健康保険、介護保険、後期高齢者保険などを含めると 1,815億9百万円となっている。収入では特別区民税は274億83百万円、消費税の一部である地方消費税交付金は73億46百万円、特別区財政調整交付金(法人事業税と固定資産税は東京都と23区で分配)は、豊島区には前年度に比べ6億円源の291億円が配られる。
 ふるさと納税での減収は、一般会計の0.5%ほどだが7億は大きな金額、区役所は<本来区が提供する住民サービスに充てることができた財源であり、これ以上の拡大は看過できません。>と予算説明書で記述している。
 豊島区役所も「ふるさと納税」の受付をしている。全国1,788自治体全ての自治体のふるさと納税について紹介している「ふるさとチョイス」というサイトによると豊島区役所は最高が2012年に106万1千円、少ない時は2014年の4万2千円の寄付であった。
■豊島区長記者会見 http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/kaiken/1702071211.html
■ふるさとチョイス https://www.furusato-tax.jp/japan/area/3#tokyo


ふるさと納税
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11557757c.html
街づくり | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

柳家三三が芝居に 2月15日から「あうるすぽっと」

  東池袋の劇場「あうるすぽっと」で落語の柳家三三(さんざ)さんが劇団「イキウメ」とコラボする芝居がある。柳家三三さんは若手のホープとして注目されている落語家。劇団「イキウメ」は2003年に旗揚げした劇団で、読売演劇大賞や鶴屋南北戯曲賞などを受賞している。その劇団イキウメの<カタルシツ演芸会『生きてる時間』>と題する公演。2月15日から18日まで5回公演する。
 噺は<時給500円で人間やってます。時間を切り売りする奇妙な街の物語。>で、三三さんと「イキウメ」の安井順平さん、盛隆二さん、田村健太郎さんが出演する。作・演出はイキウメのの劇作家前川知大さん。<三人の演劇、一人芝居、落語と、語り口を変えながらひとつの噺を語るSF与太話だそうだ。
■あうるすぽっと http://www.owlspot.jp/performance/170215.html
■カタルシツ演芸会『生きてる時間』http://www.ikiume.jp/katarushitsu.html
■柳家三三 http://www.yanagiya-sanza.com/index.html


柳家三三
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11554546c.html
落語 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

豊島区の小中学校の改築が進む

 区立池袋第三小学校が1月から西池袋3丁目の改築された新しい校舎で授業を開始した。改築期間中は、西武椎名町駅近くの旧真和中あとの仮校舎を利用していた。豊島区の小中学校改築計画で前期計画の西池袋中学、池袋中、目白小、池袋第3小の改築がすみ、残る池袋第2小学校と巣鴨北中の建設工事も進んでいる。
 区の小中学校の改築は、2008(平成20)年から30年間にわたる計画に基づくもので、前期の10年で6校(統合新校を含む)・中期(10校)・後期(10校)を改築する計画となっている。ただこの計画の以前に改築された千登世橋中学(平成13年統合改築)、南池袋小学校(平成15年統合改築) 明豊中学(平成17年統合改築)は対象外となっている。
■池袋第3小学校新校舎 https://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h2901/1701251936.html
■区立小中改築計画 http://www.city.toshima.lg.jp/356/kosodate/gakko/gakkoshisetsu/1503021656.html


学校改築
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11548334c.html
街の風景 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

池袋演劇祭2017 参加劇団募集中

 2017年9月に開催される「第29回池袋演劇祭」が参加団体の募集を開始した。締め切りは4月9日。参加できる条件は、プロ、アマチュア劇団(個人、団体)で、2017年9月中に豊島区内の劇場・ホール等で2日間、2回以上の公演ができる劇団であること。
 この演劇祭の特徴は全ての審査員を公募し、審査員の採点によりて池袋演劇祭大賞(副賞 賞金30万円)、優秀賞(副賞 賞金15万円)、豊島区長賞などを決定している。審査員の募集は昨年の例では5月上旬から6月中旬に行われている。
 なお大賞受賞団体には、翌年度の演劇祭に招待公演としてあうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)の無償提供される。 演劇祭の記録>>●
■池袋演劇祭 http://www.ikebukuroengekisai.jp/participation/index.html


池袋演劇祭2017
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11546174c.html
演劇 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

花粉飛散 2月15日から18日ごろから始まる 都予測

 花粉症で悩んでいる人には厳しい苦節が近づいてきた。東京都の花粉症対策検討委員会が都内の2017(平成29)年の春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測を行い、その検討結果を1月19日に発表した。
 公表された予測によると、花粉の飛散開始日は2月15日から18日ごろで例年並みで、(過去10年間の平均では2月16日)、花粉が多い日は30日程度との予測をしている。多い日とは「花粉捕集器に1日あたり30個/平方センチメートル以上の日」だそうだ。過去10年間の平均では5,400個で、最大だったのは平成23年の15,112個/平方センチメートル、次は平成25年の9,851個、今年の予測では平均より少ない3,800個から5,200個の間となっている
 花粉飛散情報は2月1日からインターネット、電話サービス050-3535-1187(イイハナ)、メールでの提供を始める。メール(登録が必要)では、1日最大4件まで希望する2地点の花粉予報を配信される。
■東京の花粉情報 http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/
■東京花粉ネット http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=KafunEtcTable
■花粉予報メール http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=MailSendInfo


花粉症
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11544035c.html
自然 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

農業で独立、興味・就職 そんな人に「新農業人フェア」

 サンシャインシティで2月18日に「新・農業人フェア」というイベントが開催される。独立して農業を始めたい人、就職・転職先として農業を考えている人、農業に興味がある人そんな人のためのイベント。
 気軽に農業について相談できる4つの種類のブース(出展数約180団体)が設置される。就職先・転職先として考えている人向けに農業法人や個人事業主の「求人募集ブース」、研修生を募集している農業法人や就農支援団体などの「研修生募集ブース」、農業学校などの「生徒募集ブース」、地方自治体なや地域の就農支援窓口がある「就農支援・相談ブース」。
 2015年度に、このイベントに参加した人は延べ8,228名で年代別では10代7%、20代33%、30代29%、40代19%、50代9%、60以上3%と幅広い年齢層の人が参加している。
 フェアは東京・大阪・札幌・仙台・名古屋・広島・福岡で開催されている。サンシャインシティでは9月、11月にも開催されていて今回で3回目(2016年度)。農林水産省の補助事業として、リクルートジョブズが主催・運営している。
 ちなみに農林水産省の統計によると平成28年の農業就業人口は192万2千人で、うち65歳以上が125万4千人新規就農者6万5千人(平成27年)で新規自営農業就農者は5万1千人。
■新・農業人フェア http://shin-nougyoujin.hatalike.jp/index.html
■農林水産省 http://www.maff.go.jp/j/tokei/sihyo/data/08.html


農業 就職
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11541432c.html
仕事 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ぶくろの住人イメージ
ぶくろの住人
プロフィール
いけぶくろ周辺のさまざまな話題
「いけぶくろねっと」のブログ版
http://www.ikebukuro-net.jp/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 11 1102729
コメント 0 17
お気に入り 0 6

お気に入りリスト