いけぶくろピックアップ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/bukuro

花粉飛散 2月15日から18日ごろから始まる 都予測

 花粉症で悩んでいる人には厳しい苦節が近づいてきた。東京都の花粉症対策検討委員会が都内の2017(平成29)年の春のスギ・ヒノキ花粉に関する飛散予測を行い、その検討結果を1月19日に発表した。
 公表された予測によると、花粉の飛散開始日は2月15日から18日ごろで例年並みで、(過去10年間の平均では2月16日)、花粉が多い日は30日程度との予測をしている。多い日とは「花粉捕集器に1日あたり30個/平方センチメートル以上の日」だそうだ。過去10年間の平均では5,400個で、最大だったのは平成23年の15,112個/平方センチメートル、次は平成25年の9,851個、今年の予測では平均より少ない3,800個から5,200個の間となっている
 花粉飛散情報は2月1日からインターネット、電話サービス050-3535-1187(イイハナ)、メールでの提供を始める。メール(登録が必要)では、1日最大4件まで希望する2地点の花粉予報を配信される。
■東京の花粉情報 http://www.tokyo-eiken.go.jp/kj_kankyo/kafun/
■東京花粉ネット http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=KafunEtcTable
■花粉予報メール http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php?action=MailSendInfo


花粉症

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11544035c.html
自然 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

スギ花粉飛散情報


  花粉症の人には厳しい2月〜5月、東京都健康安全研究センターは「とうきょう花粉ネット」というホームページで「花粉予報マップ」を公開している。2月〜5月はスギ・ヒノキ花粉予報、5月〜11月には草本花粉情報を提供している。
 スギ・ヒノキ花粉予報は花粉予報マップ(48時間先までの花粉予報)として都全体、多摩地区、区部などを6地域で大まかな予報、そして区別など細分化し た地域の予報をしている。豊島区内では池袋本町が対象地点となっている。このサイトの花粉情報を自動的に得たいという人は、登録すると1日に何回か予報 メールを受けることができる。
■とうきょう花粉ネット http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/index.php
■とうきょう花粉ネット携帯向け http://pollen.tokyo-kafun.jp/kafun/MyNetInfo.php


花粉予報
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11012211c.html
自然 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雑司が谷で冬鳥を

「冬鳥観察会」が2月7日午前9時〜11時半
 池袋のグリーンゾーン雑司が谷霊園には、冬鳥や留鳥が多数立ち寄り生息しているという。冬鳥は越冬のために日本より北の国からの渡り鳥で、留鳥とは年間を通して同じ場所に生息し、季節による移動をしない鳥でスズメ、メジロやキジバトなど。
 その雑司が谷霊園で冬鳥の生活を覗く「冬鳥観察会」が2月7日午前9時〜11時半に開催される。冬鳥のアオジやキクイタダキに会えるかもしれないそう だ。参加希望者は主催の豊島みどりの会にファクスで申込が必要。会費200円。豊島みどりの会FAX03-3982-5569
■豊島みどりの会 http://geocities.yahoo.co.jp/gl/esjcr2525/
■日本野鳥の会 http://www.wbsj.org/index.html


冬鳥観察会
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p10818733c.html
自然 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

水から考えた都会と山のつながり

 生活に欠かすことのできない「水」。その水をめぐって「水から考 えた都会と山のつながり―クマの棲める森が都会の水を生む」というシンポジウムが9月18日(日)午後1時30分から5時に立教大学で開催される。シンポ は、水を支えているのは森の樹木、その森を大切にしてこなかった付けが、現在の水問題となり、そして熊などの野生動物の生息地を奪ってしまっているという 視点から水と奥山のつながりを考えるそうだ。講師はジャーナリストの橋本淳司さん、NPO法人森の蘇りの大西義治さん、日本熊森協会の川嵜實さん、動物写 真家の横田博さん。主催は日本熊森協会と立教大学ウエルネス研究所。後援団体は銀座ミツバチプロジェクトなど。
■立教大学 http://www.rikkyo.ac.jp/events/2010/09/7375/
■日本熊森協会 http://homepage2.nifty.com/kumamori/
■銀座ミツバチプロジェクト http://www.gin-pachi.jp/


都会と山のつながり
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p10293564c.html
自然 トラックバック( 0)

南極大陸からのメッセージ

 南極大陸からのメッセージ〜オーロラ、オゾンホールと地球温暖化〜と題する講演会が5月12日(土)午後1時30分から豊島区役所近くの生活産業プラザで開催される。講演者は南極観測昭和基地の越冬隊長、観測隊長を歴任した平澤威男さん。先着70名で申し込みは下記のホームページ参照。
 主催するのは「豊島みどりの会」。この会は「エコとしま2006プロジェクト」と「豊島野鳥の会」などが統合したグループで都区内で継続的に自然観察、木に名前をつけちゃおう作戦などをしているグループ。

■豊島みどりの会 http://homepage3.nifty.com/tokyoworks/EcoToshima/report2-2.html
■南極観測ホーム http://www.nipr.ac.jp/jare/



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p10027341c.html
自然 トラックバック( 0)

このブログトップページへ
ぶくろの住人イメージ
ぶくろの住人
プロフィール
いけぶくろ周辺のさまざまな話題
「いけぶくろねっと」のブログ版
http://www.ikebukuro-net.jp/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 46 1103078
コメント 0 17
お気に入り 0 6

お気に入りリスト