いけぶくろピックアップ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/bukuro

赤ちゃん連れて音楽会へ 東京芸術劇場

 春休みの一日、子育てて忙しい毎日を送っているお母さん・お父さん、子どもと一緒に東京芸術劇場で優雅な音楽会へ。音楽会は「0才から聴こう!! 春休みコンサート 〜春が来た!キラキラわくわくオーケストラ〜」3月30日(水)で題名通り小さな子ども連れで入場できる。それも午前11時半からと、13時半からの2回公演。
 曲はカルメン前奏曲、トルコ行進曲、ツィゴイネルワイゼンなど、50分公演。演奏は読売日本交響楽団、指揮は梅田俊明さん、バイオリンは二瓶真悠さん、ナビゲーター中井美穂さん。
入場料はS席3,500円 A席2,500円(全席指定) こども(3才以上小学生まで)1,000円(2才児まで保護者の膝上の場合無料)
■東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/performance/concert078/


赤ちゃん 音楽会

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11364237c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

読響20回と都響8回 マチネー公演 芸劇で 2016年

 2016年度に「読売日本交響楽団」は東京芸術劇場で土・日の昼間(マチネー)のコンサートを20回開催する。2015年度は芸劇で平日夜の「読響メトロポリタン・シリーズ」と「日曜マチネーシリーズ」を開催していたが、2016年度からは11月と1月を除く毎月、土曜マチネー、日曜マチネーに統合して開催される。
 東京都交響楽団(都響)は2016年度の定期演奏会はA・B・Cの3シリーズで、Aシリーズは上野の東京文化会館、Bシリーズはサントリーホール、Cシリーズは芸劇で開催する。Cシリーズ8回はすべて午後2時からのマチネーコンサート。それも土・日が5回、平日が3回。平日の入場料は土日より割安。
■読売日本交響楽団 http://yomikyo.or.jp/index.php
■東京都交響楽団  http://www.tmso.or.jp/


マチネー公演  読響20回と都響8回
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11335551c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芸劇でショパンコンクールの入賞者6人がコンサート

 2015年10月にポ−ランドのワルシャワで開催された「第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」の入賞者6人のコンサートが1月28・29日に東京芸術劇場で開催される。
 このコンクールはポーランドの生んだ作曲家兼ピアニストのフレデリック・ショパンを記念したピアノ演奏のコンクールでワルシャワで1927年(第1回)から5年に1回開催されている。出場資格は16歳以上30歳以下でピアニストを目指す若者にとっては最高の登竜門とされている。
 28日は1位のチョ・ソンジンさんが「ショパン協奏曲1番」と5人がピアノ曲を独奏、29日は2位のルル・リシャール=アムランさんが「ショパン協奏曲1番」と3位のケイト・リウさんが「ショパン協奏曲2番」を、そして4人がピアノ曲を演奏する。伴奏するオーケストラはワルシャワ国立フィルハーモニー管弦楽団 、指揮はヤツェク・カスプシックさん。
■東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/performance/concert079/
■ジャパン・アーツ https://www.japanarts.co.jp/concert/concert_detail.php?id=378&lang=1


「第17回ショパン国際ピアノ・コンクール」
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11332061c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

野田さん新演出の『フィガロの結婚』

野田さん新演出の『フィガロの結婚』

 東京芸術劇場で10月22日と24日25日にオペラ『フィガロの結婚』 〜庭師は見た!〜の公演がある。今回の公演は全国共同制作で、5月から11月まで金沢・大阪・兵庫・香川など10会場で14回の公演だ。オペラは通常はオ ペラ専用の劇場で行なわれるがコンサートホールでの公演。
 『フィガロの結婚』はモーツアルトの人気がある代表作品だ。今回は芸劇の芸術監督の野田秀樹さんの新演出だそうで、どんな「野田芝居」カラーのオペラに なるのだろう。指揮・総監督はオーケストラ・アンサンブル金沢の井上道義さん。ソリストも豪華なメンバーを揃えているようだ。合唱は新国立劇場合唱団が、 東京公演のオーケストラは読売日響が担当する。東京公演は24・25日の公演のみだったが22日公演が追加され22日はまだ余裕があるようだ。。
■東京芸術劇場 https://www.geigeki.jp/performance/concert054/


フィガロの結婚 野田秀樹さんの新演出
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11265826c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

オーケストラの聴き比べ

ひな人形(東武百貨店池袋店)
ひな人形
(東武百貨店池袋店)
 東京に本拠を置く8つの交響楽団の演奏会が、東京芸術劇場で1月28日から3月28日までの期間に開催される。東京都が主催する『都民芸術フェスティバル』のオーケストラ部門の演奏会で1月は東京シティ・フィル、読売日響、2月は東京フィル、新日本フィル、東京都響、N響、3月は日本フィル、東響の演奏会がある。
 東京シティ・フィルは1月28日でラフマニノフ、ピアノ協奏曲第2番、チャイコフスキー交響曲第6番「悲愴」など指揮は宮本文昭さん、ピアノ若林顕さん、1月31日は読売日響でドヴォルザーク交響曲第8番など指揮は沼尻竜典さん。
 今年の都民芸術フェスティバルは、オーケストラ、室内楽、オペラ、現代演劇、バレエ、現代舞踊、邦楽、日本舞踊、能楽、寄席芸能、民俗芸能の11分野に おける計36演目の公演がある。フェスティバルの公演はすべて入場料も通常の演奏会よりも安く設定されている。A席3,800円B席2,800円C席 1,800円【学生券あり】
■都民芸術フェスティバル http://tomin-fes.com/


オーケストラ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11158550c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

週末の午後 芸劇で音大オーケストラを

週末の午後 芸劇で音大オーケストラを

  12月6・7日は東京芸術劇場で音大生のオーケストラの演奏会がある。芸劇とミューザ川崎シンフォニーホールとの共同企画で首都圏の音楽大学のオーケストラの連続演奏会。
 12月6日は国立音楽大学でブルックナー交響曲第7番を高関健さんの指揮で、桐朋学園大学はブラームス交響曲第1番などをラデク・バボラーク(元ベルリン・フィルTopホルン)さんの指揮で。
 12月7日は東邦音楽大学でブラームス交響曲第4番を指揮を田中良和さん、そして最後は地元雑司が谷の東京音楽大学でR.シュトラウス交響詩「英雄の生涯」を東京音大卒業生で神奈川フィルの常任指揮者で若手のホープ川瀬賢太郎さんが指揮をする。
 午後3時開演、入場料1,000円。忙しい年末の午後ゆったりと名曲を。
■芸劇12月6日 http://www.geigeki.jp/performance/concert046/046-3/
■芸劇12月7日 http://www.geigeki.jp/performance/concert046/046-4/


音楽大学 オーケストラ
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11137336c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芸劇で第9演奏会が7回

芸劇で第9演奏会が7回

サンシャインシティのクリスマス
サンシャインの
クリスマス
 冬の季語とも言えるベートベンの「第9交響曲合唱」の演奏会、池袋の東京芸術劇場では7回の演奏会がある。12月の最初の演奏会は、11日の佐渡裕さん 指揮のケルン放送交響楽団、続いて18・20日は読売日響、21日は日本フィル、24日は都響、26・28日も日本フィル。26・28日はアマチュアの合 唱団で26日は武蔵野合唱団、28日は日フィル合唱団。
 音楽情報誌「ぶらあぼ」によると12月に全国で185回の第9演奏会が開催され、東京・関東では101回だそうだ。会場では東京芸術劇場は全国で2位の7回、1位はサントリーホールの15回となっている。オーケストラでは9回の演奏で日本フィルが1位。
■東京芸術劇場 http://www.geigeki.jp/
■ぶらあぼ http://ebravo.jp/archives/14374
■音楽の友 コンサートガイド  http://www.ongakunotomo.co.jp/concert/index.php


第9交響曲合唱
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11136989c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

子育中の親子のためのコンサート

子育中の親子のためのコンサート

  東京芸術劇場で子育中のお母さん・お父さんのためのコンサート『0才から聴こう!! 「春休みふれあいコンサート」』が3月25日にある。表題のとおり0才の子供を連れても入場できるコンサートだ。1時半からと3時半からの2回公演。
 演奏は読売日本交響楽団(指揮は北原幸男さん)とソプラノ歌手の清水理恵さん、そして司会は中井美穂さん(元フジテレビアナ)。曲はヨハン・シュトラウスのワルツやJ.S.バッハのアヴェ・マリアなど親しみやすい曲がたくさん。
 入場料もS席3,500円 A席2,500円 こども(3才以上小学生まで)1,000円、そして2才児までで保護者の膝上の場合は無料。
■東京芸術劇場  https://www.geigeki.jp/performance/concert031/


親子のためのコンサート
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p11015131c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

キッズとミドルのクラシック入門

キッズとミドルのクラシック入門

なんでも!クラシック2014
 2月6日から11日に東京芸術劇場で「なんでもクラシック2014」(主催テレビ朝日)が開催される。その中で5歳以下のキッズと55歳以上のミドルを主な対象としたコンサートがある。
 「ヴァイオリンってなに?キッズから“はじめる”クラシック」、「ヴァイオリンってなに?ミドルエイジから“はじめる”クラシック」と題したコンサー ト。主な対象者の5歳以下及び55歳以上の入場料が550円と格安、その他の年齢の人は2,550円。ピアノ、歌、ギターについても同じキッズ、ミドルを 主な対象としたコンサートがある。ヴァイオリンはに奥村愛さん、ピアノは仲道祐子さん、歌は佐野成宏さん、ギターは大萩康司さんが出演する。
 このイベントは2月6日の『「黒柳徹子の部屋」クラシック2014』で始まり、2月11日の小林研一郎さん指揮で東京交響楽団の演奏による「届けよう福 島へ!ふたつの第九 新世界&歓喜の歌」演奏会で終わる23のコンサートが開催される。最後のコンサートのベートベンの「第9歓喜の歌」には福島県立安曇 高校合唱部が参加する。 
■なんでも!クラシック2014 http://nandemoclassic.jp/


クラシック  黒柳徹子の部屋
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p10989598c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

芸劇で在京8オーケストラを

芸劇で在京8オーケストラを

  1月から3月まで約3ヵ月間にわたって「2014都民芸術フェスティバル」が開催される。そのうち東京に拠点を置く8つのオーケストラの演奏会が東京芸術劇場で開催される。
 1月14日に東京都交響楽団でドヴォルザーク・チェロ協奏曲などを指揮・アンドレ・デ・リッダーさん、チェロを堤剛さんで、続いて1月23日には東京交 響楽団でグリーグ・ピアノ協奏曲などを指揮は飯守泰次郎さん、ピアノは居福健太郎さんで、3回目は1月30日には日本フィルハーモニーでモーツァルト・ピ アノ協奏曲など、指揮は藤岡幸夫さん、ピアノは萩原麻未さんの演奏会が開催される。
 2月には読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、3月は東京フィルハーモニー、NHK交響楽団、東京シティ・フィルハーモニックの演奏会が予定されている。NHK交響楽団や新日本フィルなどあまり芸劇での演奏会が少ない楽団を聴けるいい機会だ。
 入場料は都民芸術フェスティバルということで A席3,800円、B席2,800円、C席1,800円学生券がA席3,000円、B席2,200円、C席1,400円と格安となっている。
■都民芸術フェスティバル http://tomin-fes.com/  
■都民芸術フェス オーケストラ http://tomin-fes.com/list/index.html#orchestra


都民芸術フェスティバル
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002136/p10983518c.html
クラシック | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
ぶくろの住人イメージ
ぶくろの住人
プロフィール
いけぶくろ周辺のさまざまな話題
「いけぶくろねっと」のブログ版
http://www.ikebukuro-net.jp/
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 12月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 64 1117817
コメント 0 18
お気に入り 0 6

お気に入りリスト