サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

まちかど回遊美術館2017に行ってきました!


ただいま開催中の
「第12回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」(5月18日〜5月31日)

“街のどこもが美術館”をテーマに池袋の様々な場所でアート展示やワークショップ
を開催、街歩きをしながらアートを楽しめるイベントです。

みんたんがぐるぐるしてきたアートをご紹介。



WACCA(ワッカ)では「ぼくらのアトム展 in WACCA」



アーティストが手がけたアトムこけしがかわいい!
手書きアートTシャツも素敵でした。



お!これは・・
ウランちゃん気分で顔ハメしてみましょうか。




こちらは豊島法人会館の「デコぬりえ作品展示会」
デコぬりえ考案者のyunさんの作品や、
要町のcafeまめのき開催のワークショップ作品などを展示。



こちらは2年前池ポス展でyunさんとデザイナー河村誠さんが
手掛けたcafeまめのきのポスター。
愛にあふれてる!

みんたんもデコぬりえワークショップに何度か参加していますが、
たくさんのパーツから選ぶワクワク感とバランスを考えて接着して、、
の創作がホント楽しいです。

cafeまめのきでのデコぬりえ教室は6月10日に開催予定。オススメですよ!



回遊美術館期間中は旧江戸川乱歩邸も特別公開しています。
アート巡りの途中で立ち寄りました。
乱歩先生の姿に思いを馳せながらここを覗くのが好き。
“幻影城”と呼ばれた土蔵。



「池ポス3展」
作家とグラフィックデザイナーがタッグを組んで
池袋周辺のお店のポスターを制作します。



みんたんが気に入ったのは写真右側の「Teishoku 美松はなれ」
美松は大好きな定食屋ですが、食や器など店主のこだわりを
一枚で感じるポスターです。
まずは、おむすび専門店の“はなれ”に行かなければ!



東京芸術劇場5Fギャラリーでは
「池袋アートギャザリング公募展IAG AWARDS 2017」
プロアマ問わず200名を超える応募者から選ばれた作品が勢揃い。



水におとされた時計の姿を切り取ったような作品。
中で時計が動いているんですよ。



自由学園明日館では「書花ニョロ展in明日館」



昨年も明日館に生息?していたニョロたちと書と花のコラボが楽しい。



書がニョロ素材で表現されるとこんなにチャーミング。



ところどころで顔を出すニョロ達。
一年ぶりの再開に胸キュンです(*´ω`*)


最後は区庁舎1Fとしまセンタースクエア「まちかどこども美術展」



ここでは「みんなでアトリエ村を作ろう」という企画で、
ペーパークラフトによる家を作ることが出来ます。



窓として貼るシールは携帯でアプリをダウンロードしてみてみると、、
窓の中の動物たちが動き出すんですよ!
子供たちが夢中で家作りしていました。



区内の小中学生の絵画や立体作品も展示されており、その展示方法も必見!
銀色の風船にふわふわ浮いた作品を見るのはなんとも楽しい気分でした。



さて、回遊美術館オリジナルマグカッププレゼントが!
期間中にツイッターで「@kaiyuart」(回遊美術館公式アカウント)をフォローし、
回遊美術館期間中(5月18日〜31日)に気に入った展示作品の写真を
「#池袋アート」ハッシュタグ付きで投稿!

このマグカップ、オレンジの色の部分をみると、ある仕掛けが。。
気になる人はアート巡りしてから応募してみましょうね!

*********************************************************
新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館
http://kaiyu-art.net/

第12回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11416121c.html

第10回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11206845c.html
 
第9回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11042086c.html
*********************************************************


回遊美術館

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11609201c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

いろいろな作家さんたちの作品がみれてうきうきしますね。
東京はイベントがいろいろあってうらやましいです。
行きたくても遠いのでいけないという・・・。

[ 大通の美容室 アクセス・地図 ] 2017/05/31 21:59:09 [ 削除 ] [ 通報 ]

大通の美容室 アクセス・地図様
池袋界隈はイベントが盛りだくさんです。
特にアートイベントは散策が楽しいですね。

[ みんたん ] 2017/06/21 0:15:31 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

にしすがも創造舎、年内に全事業を終了

今まで様々なアートイベントを手がけてきた「にしすがも創造舎」が
2016年12月をもって全事業を終了します。
今後は豊島区立巣鴨北中学校の校舎建て替え期間中の仮校舎となります。

にしすがも創造舎は2001年に閉校した豊島区立朝日中学校の校舎や体育館を
そのまま残し、2004年8月にオープンしたアートファクトリーです。
アーティスト、子供たち、地域の人たちなどがいろいろなものを
創り出してきました。

豊島区文化芸術創造支援事業の一環として、「アートネットワーク・ジャパン」
と「芸術家と子どもたち」の2つのNPOが共同で管理運営し、
時には大型イベントである「フェスティバル・トーキョー」や「としまアート
夏まつり」や日常的な企画など様々なイベントを実施してきました。





みんたんは、昨年7月ににしすがも創造舎の校庭で実施された
「夜空の校庭上映会」に行ってきた思い出があります。

野外上映会の開放感も特別ですが、面白いのはスクリーンを使わずに
校舎の壁面にそのまま映像を投影するというところ。



そして映像鑑賞中に足元に大きなヒキガエルが何匹も跳ねて寄ってきたこと!
最初は主催者側の演出かと思いましたが、本当に校舎周辺に
住んでいらっしゃるカエル様達のようで、子供たちは上映会よりも
カエル様との追いかけっこに夢中でした☆

そんな思い出のある「にしすがも創造舎」の事業が終了となるのは残念ですが
今年も行ってみたいと思います。

*********************************************************
にしすがも創造舎
http://sozosha.anj.or.jp/

とっぴぃ豊島の選択 としまアート夏まつり2015(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11242395c.html
*********************************************************



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11418014c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まちかど回遊美術館ぐるぐる回ってきました!


5月19日〜6月1日に開催された
「第十一回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」
”街のどこもが美術館”ということで、期間中みんたんが訪れたアート回顧録です。



昨年に引き続き、アーティスト集団C-DEPOTがプロデュースする「池袋アートギャザリング」

今年は、東北の民芸品「こけし」をモチーフにアート作品が続々。


東京芸術劇場の地下からそびえ立つのは巨大なこけし。

なんとも存在感のあるこけしはバルーンで出来ています。



芸術劇場の5階ギャラリーには、こけしイメージでアート。
確かにこけしだねと思えるものから、これこけし?というものまで様々。



なんだかクリオネのような妖精のようなこんなかわいい作品も。
こけしのフォルムって可愛らしさに溢れています。郷土玩具ですしね。



WACCAにて。8寸の白木こけしがアーティストの手にかかるとこんな感じ。



ノーマルなこけしはこんな感じ。なんだか久しぶりに見たような気がする。。
WACCAでは宮城県のこけし職人が実際にこけしの絵付けを教えてくれる、
ワークショップも開催したようです。


こちらは自由学園明日館。



建物内に入ると、不思議ないきもの「ニョロ」がお出迎え。

このドヤ顔がたまらない。




食堂にも張り巡らされたニョロの体(?)
カラフルでモフモフしてます。フリース素材。
あれ?なにか棚の上にいませんか?


よく見ると、ニョロ夫妻の結婚式。
手もしっぽも絡めているのがシュール。



反対側の扉からはニョロのしっぽの束が出ていたのでした。
明日館が完全に謎の生物にジャックされているのは面白かったです。



創形美術学校ギャラリーでは昨年同様「池ポス展」
池袋のお店とイラストレーター、デザイナーがコラボしたポスターが。



みんたんが気に入ったのはこちら。
カフェ&ダイニング「Kichi」の壁にライブペイントで描いた絵を
そのままポスターにも使用。

とってもおしゃれ!
ぜひお店に伺ってこの絵も実際に見てみようと思います。



解体中の工事現場の仮囲いに現れた「窓」
豊島区在住アーティスト達が描く窓からは可愛い猫やゾウやキリン、
不思議な生き物たちが顔を出していました。



池袋西口公園ではライブペイントや美大生によるアートマーケットが開催。



その横で、墨を使ったトートバックが作れるワークショップも。



みんたんもレンコン柄のトートバックを作ってみましたよ☆



昨年も訪れた”日本のゴッホ”とも言われる森田茂氏のアトリエ。
目白の森に隣接するこのアトリエ自体が本当にステキです。
中の写真は取れませんでしたが、中庭にはたくさんの種類のアジサイが
咲いていました。



これは昨年長崎に滞在したホテルのロビーに飾られているのを偶然見つけた、
森田茂氏の作品「白頭獅子」
躍動感のある油絵の筆使いに感動します。



最後は豊島区役所センタースクエアにて、未来のアーティスト達の作品。
「まちかどこども美術展」

豊島区の区立、私立小中学校、ろう学校の絵画や立体作品が一同に。
奥はなぜか暗くなっていて、ミラーボールが輝いているという・・・。
ちょっと変わった演出でしたが、子供たちの作品はカラフルで楽しくなりました。


*********************************************************
新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館
http://kaiyu-art.net/


第10回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11206845c.html
 

第9回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11042086c.html

 

ぶくろマルシェEASTに行ってきました!(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11408032c.html
*********************************************************



回遊美術館
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11416121c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

雑司が谷で鶴丸のどかイラスト展

豊島区在住のイラストレーター鶴丸のどかさんの個展が雑司が谷2ヶ所で開催中です。





「雑司が谷2」雑司が谷案内処2階展示ギャラリー
2月20日〜4月20日(木曜日定休)10:30〜16:30

昨年キアズマ珈琲で開催された雑司が谷シリーズ第2弾。



鬼子母神堂、大銀杏、法明寺の桜、雑司ヶ谷霊園などお馴染みの風景が
鶴丸さんのイラストで色鮮やかに彩られています。



雑司が谷の猫たち。こののんびり感がこの街らしい。。



雑司が谷界隈のお店のイラストは昨年の展示でしたね。



この風景の中で暮らしていることをなんだか誇りに思える。
そんな鶴丸さんのイラストが大好きです。



ここに展示されているイラストは観光マップ「未来遺産 雑司が谷がやがやお散歩マップ」
にも使われています。展示ギャラリーでも入手できます。
このマップはちょっと良いですよ。みんたんも保存版にしています。



「旅の標本箱」キアズマ珈琲
2/25〜3/8(3/1、3/2休)



お隣のキアズマ珈琲では鉱物をテーマにした物語をイラストに。
また違うテイストの鶴丸ワールドが広がっていました。

こちらは鶴丸さんのイラストのキアズマ珈琲。




鬼子母神に程近い千登世橋の前にあるアクセサリーショップ「eclectic」
鶴丸さんはこのお店に並ぶ石を眺めながら、鉱物の物語をイラストにしました。



絵本の挿絵のようなイラストには、そのモチーフになった石とストーリーが並んでいます。
サンテグジュペリの「星の王子さま」のサイドストーリーを思わせるような
不思議な世界に見入ってしまいました。



アクセサリーをモチーフにしたなんとも女性的なイラストも素敵。



素敵なイラストに心癒された後は、美味しい焼きリンゴがコーヒーともに一服できる幸せ。
雑司が谷がまた一段と好きになりました。



展示されているイラストのポストカードやブックカバーなどは雑司が谷案内処で
購入できます。みんたんもポストカードを購入しました。



イラストに女心をくすぐられたら、その足で「eclectic」へ。
お気に入りの石が見つかるかもしれません。
つ目白のアクセサリーショップ eclectic(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11150785c.html


***************************************************
鶴丸のどかイラスト展公式HP
http://tsurumaru-design.com/koten.html

 

鶴丸のどかイラスト展『旅の標本箱』(facebook)
https://www.facebook.com/events/101280123591082/

 

鶴丸のどかイラスト展「雑司が谷2」(facebook)
https://www.facebook.com/events/532468540246096/

 

雑司が谷のキアズマ珈琲で鶴丸のどかイラスト展(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11171208c.html

 

初!昼バージョン第八回としま会議(後編)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11182957c.html
***************************************************



雑司が谷
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11352568c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

大地の芸術祭2015

9月中旬に新潟、越後妻有地域で開催された
「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2015」
に行って来ました。

 

「大地の芸術祭」は新潟の里山とさまざまなアート作品がコラボした芸術祭。
2000年から3年に1度開催されている国際芸術祭です。

 

越後妻有地区には世界各国のアーティストが手がけた作品が約200点常設。
田畑、民家、廃校など、里山にある生活の一部とアートが相まって
それぞれが独特な存在感をみせ、自然や里山本来の魅力を
一層感じさせてくれるのが魅力。

 

さて、第6回となる今年はどんなアートとの出会いがあるのかワクワクです!




今回の目玉とも言える作品がコレ。
「蓬莱山(ほうらいさん)」
中国を代表する現代アーティスト蔡國強(ツァイ・グオチャン)の作品。

 


中国、韓国、日本でも古来仙人が住む島として伝承されている蓬莱山に、

越後妻有の子どもたちと共に作り上げた船や飛行機などをモチーフにした

1000体もの藁細工。

東アジアの緊張状態に対し、元来持つ共存、共生の精神を問うというコンセプト。

 



中にはこんな空母のような大きなわら細工も。

戦闘機や軍艦もわら細工にするのなんだか滑稽にも見えてきます。


 


蔡國強の真骨頂ともいえる火薬アートは館内にありました。

蓬莱山を思わせる作品の上に違った飛行物体があると、

外の作品のオマージュにも見えます。

 



蔡國強展は横浜美術館でも開催。

こちらも迫力があり必見です。

 

 

 

JR飯山線下条駅にある「茅葺きの塔」遠くからでも目立ちますね。

2012年みかんぐみの作品です。

http://mikan.co.jp/archives/5352

 



「もぐら美術館」
2009年に閉校した小学校を使い、土を体感する美術館。

左官職人、写真家、陶芸家といった、土に触れる職業の人達が作品を手がけています。

 


校舎が生きてるかのごとくうごめいていそうな緻密な装飾。

階段を見上げながらすすみます。


 


木くずが広がった教室にカラカラと音をたてそうな装飾。


 


「津南のためのインスタレーション‐つながり‐」
こちらは旧機織工場。
だだっ広く細長く続く工場の部屋に陰と陽をテーマした作品が。
上には絹糸のようなものが無数に垂れ下がっています。

 


下の部屋に行くとこんな幻想的な行灯の世界が。

いやいや、これはTシャツ!?ぼんやりと先の先まで続くTシャツ行灯。




窓の外に広がる田園風景までもがアートのように切り取られていました。


 


「うぶすなの家」
古民家全体を使い焼き物や彫刻を展示。


 


無造作に置かれたように見える陶器が古い家独特の磨かれた床にしっくりと。


 


一家のお座敷ではこの地域の山菜を使った料理も頂けます。




「清津倉庫美術館」

6年前に廃校になった小学校の体育館をリニューアルし、

作品の保管庫とギャラリーの役割を持つ美術館となりました。


大きな作品にはもってこいの場所ですね。


 


「たくさんの失われた窓のために」

景色がそのままアートに。

はためくカーテンがまるで部屋の中にいるような感覚を呼び起こします。


 


「かまぼこフェイス」

この地域に数多く見られるかまぼこ型の倉庫や車庫をコミカルに装飾。

こんな生活密着の楽しいアートがあったとは。

雪の中に埋もれるこの子たちに会いに行きたいです。


アクセスも悪い場所が多いのに、越後をまるごと会場にして集積した作品群と

河岸段丘や棚田など里山の光景を味方につけ、どの会場も大勢訪れるイベントに

なりました。


なによりも作品のナビゲーターや受付に若いボランティアと年配の地域の人が

担っているのを数多く見ることができたことが嬉しかったです。

15年前はあり得なかったことを長い時間をかけて紡いできたんだ。
継続は力なり。ですね。


***************************************************
大地の芸術祭の里(公式HP)
http://www.echigo-tsumari.jp/

 

大地の芸術祭2012A絵本と木の実の美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10769367c.html

 

大地の芸術祭2012@キナーレ&越後妻有里山現代美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10768966c.html

 

夏旅回想@大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10134043c.html

 

大地の芸術祭2009(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127160c.html

 

大地の芸術祭2006 (みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10026266c.html
***************************************************



大地の芸術祭
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11268594c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

とっぴぃ豊島の選択 としまアート夏まつり2015

みんたん連載中!豊島区地域情報誌「とっぴぃ 豊島の選択」

 

 


表紙は長崎神社で開催された「第8回椎名町少年少女ちびっこ相撲大会」
元気いっぱいでいいですよね〜

 

 


さて、今月号の「みんたんの選択」は「としまアート夏まつり2015」です。

毎年、夏になると開催される「としまアート夏まつり」
豊島区内の複数の会場で、様々なジャンルのアーティストによる作品や
参加型プロジェクトが8/29まで開催されています。

 

 


人魚姫やマッチ売りの少女など、馴染み深いアンデルセンの世界が
歌とダンス満載の音楽劇「アンデルセン童話集」(8/8〜8/16)に。
有名なものから、こんな話もあるんだ!というようなものまで、
いくつもの物語が「あうるすぽっと」の舞台に飛び出します。


にしすがも創造舎ではウクレレ、アコーディオン、木琴の音色に
ちょっとシニカルなうたをのせて。
「親子で楽しむぷちライブ!」(8/29)では、二人のハーモニーが
かわいいアーティスト「すナマき」が歌います。

 

 


今年で3回目となる人気企画「おばけ教室3」(8/21〜8/23)は、
昔中学校だったにしすがも創造舎を舞台に、プロの俳優と俳優志望の
学生たちが“出演”する本格的肝だめしを開催。

夜の校舎(しかも廃校)はそれだけでも不気味ですが、舞台の怖さを
さらに極める演出されたおばけ達との出会いに耐えられるか!?
怖い!行きたくない!でも観てみたい!!!必見です。
(みんたんはビビリなので行ったら気絶しそうですが・・・)

 

 


7月25日に開催されたイベントの中から、にしすがも創造舎の校庭で
実施された「夜空の校庭上映会」にみんたんは行ってきました★

 

4回目を迎えた毎年恒例となった夜空の校庭上映会。
今年のテーマは最新作が控えているスターウォーズにちなみ"SF"でした。

 

 

 

野外上映会の開放感も特別ですが、面白いのはスクリーンを使わずに
校舎の壁面にそのまま映像を投影するというところ。
窓や梁もあるそのままの壁面なので、見づらいように思いますが、
映像作品が窓とコラボして、思わぬ物語の演出になったりします。

 

 

 

 

鑑賞中、足元に大きなヒキガエルが何匹も跳ねて寄ってきました。
最初は主催者側の演出かと思いましたが、本当に校舎周辺に
住んでいらっしゃるカエル様達のようです。

 

*********************************************************
としまアート夏まつり
http://toshima-saf.jp/

 

『としまアート夏まつり』今年も開催(豊島区)
http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h2705/1505261636.html

 

豊島の選択(みんたんの選択)
https://sites.google.com/site/ikebukuromintan/categori/sentaku

 

アートオリンピア2015展 開催中!(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11214726c.html

 

新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館に行ってきました(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11206845c.html

 

星の王子、あうるすぽっとへ行く(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10900364c.html
*********************************************************



goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11242395c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

夏はやっぱり肝試し!良い思い出になりますよね^^

[ 桶川駅 美容室 ] 2015/08/14 3:03:00 [ 削除 ] [ 通報 ]

桶川駅 美容室 様
大分別府で開催中のアートイベント「混浴温泉世界」にも恐怖の館というお化け屋敷が登場していました。
夏のアートイベントって意外に肝だめしがあるのだなと実感。

[ みんたん ] 2015/08/29 11:14:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アートオリンピア2015展 開催中!



豊島区役所新庁舎にて「第一回アートオリンピア2015展」(6/13〜6/28)が開催中です。




世界52ヶ国のアーティストから応募作品の中から選ばれた受賞、入選作品約240点を一堂に公開!
素晴らしい作品の数々に目を奪われます。

展覧会は1階のセンタースクエアーに約180点、3、4階の廊下にある回廊美術館に
約60点が展示されています。



センタースクエアの奥には受賞作品が一般部門、学生部門と並びます。
みんたんは一般部門1位の「おかえりなさい」と学生部門2位の「ハードポイルド探偵」
という作品が好きでした。

新進気鋭のアーティストの勢いのあるタッチや緻密な構成、作品の放つパワーが凄い。
また、様々な国のアーティストの作品が一緒に見られるというのも面白い。
何度でも観に行きたい展覧会です。

アートオリンピアは日本から発信する国際公募展として、世界の才能あるアーティストの発掘、
活動を支援することを目的に立ち上げられました。
第一回目となる今回は東京、ニューヨーク、パリに募集拠点を設置し約4200点の応募がありました。
各拠点での一次審査を経て絞られ、新庁舎の議場にて最終審査が行われ各賞が決定しました。

審査員の1人、画家の千住博さんのメッセージにグッと来ました。
「審査員は公平にしっかりと作品を見ています。私たちを信じて出品して下さい。
見落とすことはない、と信じて下さい。 」

“あなたの才能を見落とさない”というコンセプトにふさわしい、選ばれた素晴らしい作品の数々。
こんな身近な場所で観ることの出来る幸せを感じました。




ただ残念なのは、会期中の公開時間が9:30〜17:00であること。
仕事帰りには間に合わないですよねー。最近の美術館並に遅い時間での公開日も作って欲しいところ。

また、新庁舎の外からはアートオリンピア展をやってる事が全く分らないのです。
センタースクエアは一面ガラスで外から見えるフロアなのですが、絵画展示用に
フロア内を木の壁で囲んでしまっている為、中が見えない状態。
絵画なので、太陽光などの問題もあるのかもしれませんが、
せめて、ガラスにはアートオリンピアのポスターなど貼ってあればいいのに。

国内外に発信したいイベントなのに、近隣住民にさえPR出来ていないとは。
本当にもったいない。

アートオリンピア以外にもセンタースクエアーでの随時イベントが開催されているのですが、
豊島区はイベントスケジュールを公開しないのかな?
1年先までセンタースクエアの予約は埋まっているというウワサを聞いたのですが、
何が開催されるのか、直近の数ヶ月でさえ一覧で観ることが出来ない(´・ω・`)
区のホームページに常時掲載して欲しいのですが。なんとかならないものでしょうか?

 

*********************************************************
アートオリンピア2015
http://artolympia.jp/

 

「アートオリンピア2015」展覧会開催中(豊島区)
http://www.city.toshima.lg.jp/013/kuse/koho/hodo/h2706/1506151003.html
*********************************************************



アートオリンピア
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11214726c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

石見神楽 in 大塚天祖神社

 

6月13日(土)、おおつか音楽祭2015の一環として石見神楽が
大塚天祖神社で上演されました。


みんたん、昔島根県の温泉津温泉に行った時たまたま石見神楽を見て

その迫力に衝撃を受けた覚えがありました。

今回、地元で石見神楽が見れるということで大塚まで行ってきました。

 

石見神楽(いわみかぐら)とは島根県西部(石見地方)において
伝統芸能として受け継がれている神楽の様式のひとつです。
日本神話などを題材とし、演劇の要素を持ちます。

 

今回の演目は塩祓・八幡・恵比須・大蛇の4つ。


 

 

【塩祓】

まずは塩祓(しおはらい)
神事系の舞で衣装は烏帽子、狩衣で幣と扇を持ち

東西南北の四方を舞い清めて、神々を待つ準備を整える神楽です。

 

 

 

 

【八幡】

続いて八幡。

武勇の神、八幡宮の祭神である八幡麻呂を讃える神楽。

九州宇佐八幡宮に祀られている八幡麻呂という神様が、異国から飛来した大六天の悪魔王が人々を殺害しているのを聞き、神通の弓、方便の矢をもって退治します。

 

 

 

 

 

【恵比寿】

そして子供に人気なのがこの恵比寿。

恵比須の鯛釣りの様子を舞ったものである。
まき餌はあめ玉!!観客や子供たちがあめ玉を拾いまくります!!

 

 

 

 

 

 

【大蛇】
大蛇は石見神楽の代名詞とも言うべき神楽。

悪業のため高天原を追われた須佐之男命が出雲の国・斐川にさしかかると、

老夫婦が嘆き悲しんでいた。夫婦には八人の娘がいたが、大蛇が毎年七人の娘をとられ、最後の一人も取られるという。

須佐之男命は、毒酒を作らせ、大蛇が飲んで酔った所を退治する物語。

 

いやぁ〜久しぶりに見た石見神楽。

ダイナミックで面白かったです☆

 

*********************************************************
石見神楽
http://iwamikagura.jp/

 

温泉津温泉と石見神楽(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10037625c.html

 

石見銀山ウォーキング(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10037639c.html
*********************************************************

 

 

 

ついでに、みんたんがむかし温泉津温泉の龍御前神社で見た石見神楽を

ちょっと紹介。

 

 

 

 

神社の中で演じる【塵輪】

舞台が観客席に近くて迫力抜群!!!

 

 

 

 

 

そして外せない【大蛇】

本場の大蛇は4匹もいました。

客席のエリアまで蛇の尻尾が!!


ああ、また山陰に旅行したくなってきたな。



goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11214332c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館に行ってきました

10回目を迎える「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」が
現在開催中です。
みんたんもアートを探して街をグルグルしてみました。

今年は西口だけでなく、東口や雑司が谷にも広がり、
要町、椎名町、目白と様々な場所で楽しめる“まちかど回遊美術館”です。



サンシャイン60通りにあるユニクロのショーウィンドーをジャック!
要町に拠点を置くアーティスト集団C-DEPOTとユニクロのコラボTシャツを販売。



新庁舎1階にある、としまセンタースクエアには「まちかどこども美術展」
豊島区内の小中高の生徒の絵がたくさん!



迷路形式で回遊し、カラフルな子どもたちの絵に囲まれて楽しい気持ちに。
ここは19時まで開館しているので、会社帰りでも観に行けます。



サンシャインシティアルパ1階には、「都電・都バスに乗って豊島区ご紹介」
国際アートカルチャー都市プロデューサーのメンバーの1人、たかいよしかずさんの
カワイイキャラクターが豊島区を案内してくれています。
豊島区新キャラクター、ピンクフクロウの「そめふくちゃん」もいますね。



雑司が谷では建築事務所のウィンドウに素敵な豊島絵巻が・・。
イラストレーター鶴丸のどかさんの作品。
鬼子母神や御会式、都電、雑司が谷近辺の美味しいお店や
地域の人々がたくさん描かれた温かいイラスト。

鶴丸さんはキアズマ珈琲でイラスト展も開催していました。
つ http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11171208c.html




西口を歩くと街なかでアートに出会います。



西口五差路の植え込みにはネクタイがたくさん。
一つ一つのネクタイには願い事がかかれています。



上を見上げると西口回遊美術館のフラッグに混じってアーティストフラッグが。



東京三協信用金庫にも粒子が散りばめられたような絵画が。
サトウタカヒトさんの作品。



こんなところでもアート!?
豊島ランドリーは街のクリーニング店。
「どうぞごゆっくり〜」といわれて、店内に飾ってある絵を観てきました。



愛媛セレクトショップ「いよかん」では、
愛媛出身のマンガ家、能田達規さんのマンガ原画を観ることが出来ます。



お城の描写が細かくて思わず見入ってしまいました。
昨年も愛媛にゆかりのあるアートが展示されていたとのこと。



要町のマルプギャラリーはデザイン事務所の1Fをギャラリーに。
絵本原画展に入選した藤島つとむさんの作品展。



ご本人の藤島さんがいらっしゃったので作品のお話を聞きながら観覧。



世界の様々な場所を描いた作品は、どこも行ったことはない風景に
そこにいる人達の物語をイメージしながら描いたもの。
作品の裏話を話す藤島さんが面白く、笑い転げました(・∀・)



メイン会場の一つ、東京芸術劇場5階アートギャラリーでは「池袋アートギャザリング」
アーティスト達のグループ展を開催。
ビーズが散りばめられた自転車がなんだかフワフワしていてかわいい。



地下広場には木工造形アーティスト藤田朋一さんの作品。
上から撮ったら、周りに座っている人とアートのコラボが面白い。



西口公園ではライブアートイベントを随時開催中。



どんな作品になるのか、見守ってみるアート。



Echikaの通路沿いには豊島区に生まれ池袋モンパルナスで絵を描き、
アトリエで亡くなったという、“純度100%”池袋モンパルナスの画家
尾内健治さんの作品が並びます。



実は、、回遊美術館関連冊子が必見です!
これらは東武ホープセンターにある総合案内所や各会場で入手可能。



要町のアート会場をインタビューと共に丁寧に紹介している
「要町まちかど回遊ハンドブック」
アート会場と共に、椎名町や要町のカフェ情報が掲載されている回遊マップは
保存版にさせて頂きます。



「池ポス」は池袋周辺のお店とアーティストが組んでポスター制作。
それぞれのお店の良い所をアーティストの感性で引き出したポスターは
個性が溢れています!
ポスター展は創形美術学校1階で開催していますが、店先でも観ることが出来るので、
この冊子片手に回ってみるのも楽しいかも!



そもそも池袋モンパルナスって??という人向けなのが
「池袋モンパルナス アトリエ村の若い芸術家たち」
子供向けの冊子ですが、池袋の発展やアトリエ村の誕生などを
イラストで分かりやすく解説しており、勉強になります。これも保存版ですね。

先日日経新聞のサイトに回遊美術館とモンパルナスを紹介する動画が配信されていました。
こちらもご参考に・・。

池袋にモンパルナスの風 芸術の街の足跡をたどる (日経新聞)
http://www.nikkei.com/article/DGXMZO87141810S5A520C1000000/

 

「新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館」は5月27日(水)までの開催です。
興味のある人はぜひぐるぐるしてみてくださいね。


*********************************************************
新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館
http://kaiyu-art.net/

 

第9回新池袋モンパルナス西口まちかど回遊美術館(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11042086c.html
*********************************************************



回遊美術館
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11206845c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

回遊美術館の記事をありがとうございました。facebookの方にもリンクさせていただきました。今後とも(笑)宜しくお願い致します。(M)

[ 回遊美術館 ] 2015/05/30 16:34:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

回遊美術館様
リンク頂きありがとうございました!
回遊美術館関連の記事はまだ掲載したいと思いますのでご期待下さい!

[ みんたん ] 2015/05/30 23:42:54 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

第1回都電落語会に行ってきました

8月22日(金)、第1回都電落語会に行ってきました。
なんと、都電の中で落語を楽しむイベントです!

 

 

 

大塚駅発と三ノ輪駅発の2コースで1日4回の公演。
みんたんが参加したのは「大塚コース」
大塚駅から終点早稲田駅まで行き、折り返して荒川車庫前までのコース。
貸切で駅には止まりません。

 

 

 

乗ったのは今年6月から運行されている「都電落語会」のラッピング電車。
歌舞伎幕柄の電車はとても目立つので以前から気になっていました。

 

 


到着した電車の正面には「都電落語会」の文字が。

 

 


林家ライス・カレー子さんの夫婦漫才。なんだかホッコリ。

 

 

 

春風亭朝也さんの「新聞記事」面白かった〜ヽ(´ー`)ノ
電車の音にも負けない通る声。さすがだ。
高座に手すりがあるというのも電車ならでは!?

 

 


三遊亭王楽さんは笑点でお馴染み三遊亭好楽さんの息子さん。
三遊亭圓楽師匠の最後の弟子だそうなので、父親が兄弟子という珍しい関係。
それにしても、好楽さんに似てません。。

 

 

都電という限られたスペース、間近で落語が聞けて、短いながら電車の旅情も楽しめる、
とても粋な感じです。

次回は9月16日に開催予定。三遊亭好楽さん古今亭駒次さんらが出演です。

都電落語会は東京オリンピックが開催される2020年まで毎月行われるとのこと。
世界の注目を集める東京の魅力、古き良き伝統文化を発信する為に企画されました。

 

22日にはオープニングセレモニーも行われ、主催の林家こん平事務所から、
林家こん平さんと今回のイベントを企画した次女の笠井咲さんが出席。

 

こん平さんといえば10年前日テレ「笑点」収録中に難病の多発性硬化症を発症、
現在はまだ高座には上がれずリハビリを続けています。
30、31日の日テレ「24時間テレビ」では日本武道館で「笑点」メンバーと
久し振りのテレビ出演が予定されているそうです。

 

いつか都電の中でもこん平さんの高座を見たいですね〜。


***************************************************
都電落語会(公式HP)
http://123kompei.jp/todenrakugokai

 

都電落語会(王楽のぽよよんブログ)
http://ameblo.jp/sanyuteiouraku/entry-11913932750.html

 

こん平都電落語会、東京五輪まで月1開催(日刊スポーツ.com)
http://www.nikkansports.com/entertainment/news/p-et-tp0-20140814-1350496.html

 

患者数はALSの倍 こん平が闘う多発性硬化症にも光を(東スポWeb)
http://www.tokyo-sports.co.jp/entame/entertainment/304494/

 

池袋演芸場で落語を堪能!(みんたん記事)

http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10099711c.html
***************************************************



都電落語会
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11094371c.html
芸術・劇・音楽 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 292 9025534
コメント 0 8111
お気に入り 0 44

カテゴリー一覧