サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

みんたんの夏旅行2013(京都・五山送り火編)

さて、みんたんの夏旅行3日目は久しぶりの京都です!
8月16日は五山送り火の日です。

 

 


まずは銀閣寺方面に。
今夜の大文字焼きの山。

 

 


銀閣寺の目の前で大文字の護摩木受付所があります。
みんたんも健康を願い、護摩木に文字をを書きました(*^^)v

護摩木は今夜の五山送り火で焼かれます。

 

 


さて、銀閣寺見物でもしますかー。

 

 


銀閣寺から京都市を望みます。
それにしても京都もめちゃ暑かった。

 

 


そのまま哲学の道を通り、法然院へ。


この寺の鄙びた山門と石畳の階段が昔から好きなのですが、
なぜかここを訪れるのはきまって夕方なので、閉門(16時)に間に合わないことがしばしば。。
今回はギリギリセーブでした。

この風景を眺めると思い出すのが、三島由紀夫の「春の雪」
綾倉聡子が尼となった寺のイメージなんですよねー。
実際は奈良にある「円照寺」がモデルなんですが。

 


祇園に来たら、やっぱりコレ。
壹錢洋食のお好み焼き!
ビールとよく合います(*´ω`*)


久しぶりに来た怪しい店内が懐かしい。
ここのお好み焼きは基本辛口ソースなんですが、注文時に甘口に変える事ができます。
甘口もオススメ。

 


まだ送り火まで時間があるので八坂神社に寄りました。

 

 


なぜか八坂に来たら悪王子社にもお参りしてしまいます。。

 

 


さて、出町柳に戻り五山の送り火見学です。
はっきりと「大」の文字が見えます、感動!

 

 


ちなみに五山の送り火とは毎年8月16日、京都の五山で「大」、「法」、「妙」などの
文字でかがり火をたき、お精霊さんと呼ばれる死者の霊をあの世へ送り届けるとされます。

 

 


こちらは「法」の字

 

 


船形





翌日、宿からほど近い安井金比羅宮へ。


縁切り、縁結び、芸能の神様として有名。
ここの絵馬は縁切りに関するコワーイ願い事が書かれたものが多く必見?です。
なぜかいつ訪れてもめっちゃ蚊がいるので要注意。



くずきりで有名な鍵善良房


享保年間(1716-1736)創業の老舗中の老舗和菓子店。
人気のくずきりは昭和の始めに考案されたんだとか。
店舗奥の喫茶スペースは広々としていてお庭の見える落ち着いた空間。



みんたんにとって、京都と言えばにしんそばも欠かせません(*´ω`*)




鴨川を渡り・・


 


猛暑の中、京都市内を歩きまわりました(;´∀`)




そして京都市動物園へ。




京都に動物園?

あまりイメージが湧かないかもしれませんが、

実は上野動物園に次いで国内で2番目の歴史ある動物園(1903年開業)なのです。

動物園でも100年以上の歴史があるとは!恐るべし。

そして現在大規模な7年計画のリニューアル真最中、2015年末完成予定。




ゾウさんはちょうどエサやりの時間でした。

リンゴを器用に長い鼻でつかんで口元へ持っていく姿が超カワイイです☆




最後は平安神宮へ


*********************************************************
みんたんの夏旅行2013(広島・瀬戸内海編)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10925831c.html

 

南紀旅行回想M(清水寺千日詣り)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10300607c.html

 

夏旅回想C宇治の平等院鳳凰堂(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10134780c.html

 

夏旅回想Bこれぞ夏の京都(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10134433c.html

 

川床で流しそうめん (みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127645c.html

 

ナント凶!‥貴船神社の水占い(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127592c.html

 

縁切りなら安井金比羅宮へ(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127533c.html

 

祇園の夜(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127494c.html

 

みんたん京都に立つ(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127388c.html
*********************************************************


 




goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10926899c.html
旅行記(近畿) | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

しまなみ海道は、GWのとき行きまして、因島で
はっさく大福とかを買っていい気になってたんですが

朝の10時に大三島に着いたら道の駅に駐車できない
くらいクルマが来ていて、観光を断念してフェリーで
忠海に渡って竹原行って帰ってきました。

GWの目視した範囲での感じだと、日光より客が来てた
んじゃないかと思ってます。

[ かんぬし ] 2013/09/14 19:32:17 [ 削除 ] [ 通報 ]

書くとこ間違えました・・・。

[ かんぬし ] 2013/09/14 19:33:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

かんぬし様
みんたんは真夏だったためか暑すぎてか大三島の道の駅には
そんなに観光客がいませんでしたよ♪
そういえば、日光東照宮は小学校以来行ってないので
近いうちに行ってみようかな。
池袋からスペーシア「日光」ありますし。

[ みんたん ] 2013/09/16 8:02:41 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想M(清水寺千日詣り)

和歌山から京都に移動。この日は京都に宿泊です。
京都はいつも利用している宿が祇園のそばにあるので、拠点としても動きやすい街です。

 

 


宿でシャワーを浴びて、京都の街をお散歩に行きました。
まずは、縁切り神社で知られる安井金比羅宮でお参り。

 

 

 


法観寺にある五重塔は八坂の塔とも呼ばれています。
よし、今回は八坂道を登ってみようかな。

 

 


二年坂・三年坂(産寧坂)を登っていくと、「よーじや」がありました。
京都中至る所にある「よーじや」で友達へのおみやげを購入♪
この辺りの坂道は祇園と同じく、京都らしさが随所にあって好きなエリアです('∀'*)

 

 


更に清水坂を登って清水寺へ。
みんたん、毎年のように京都へ来てるけど清水寺に来たのはかなり久しぶり!

 

 

 


ちょうど清水寺では夏の千日詣りの時期で午後7時から始まる夜の特別拝観開始まで
あと10分というグッドタイミング!という訳でここまで来たからにはとモチロン参加!

 

ちなみにこの日に参詣すると千度参りの大功徳に相当することから千日詣りというのだとか。

 

 


午後7時となり、夜の特別拝観が始まりました。
清水寺境内に入り、後ろを振り返ると京都市街が一望できます。
きれいで幻想的ですね〜(´・∀・`)y─┛~~

 

 

 


京都タワーもライトアップしてきれいです。京都はこの京都タワー以外、高い建築物がないので
目立ちます。ロウソクみたいww

 

 


昼間の清水寺は観光で何度か来たことがありますが、夜の清水寺は初めてでドキドキです。

 

 


この後、有名な清水の舞台へ移動するも残念ながら、急速に夜の帳がおりてきて真っ暗で「清水の舞台」のいい写真が
撮れませんでした(・ω・`)乙


せっかく清水の舞台から飛び降りる覚悟でやってきたのに!
でも、清水の舞台から眺める京都の夜景は最高にキレイでした♪

 

 


清水寺境内にある茶屋で一休み。

 

 

 


夏らしくイチゴのかき氷とところ天を頂きました。

ひんやりとしたかき氷とところ天に涼を感じました。
夜の茶屋も風情があっていいもんですなぁ(´・∀・`)y─┛~~


 


そのまま清水寺を下り、八坂神社へ。

四条や河原町、祇園など京都の中心街に近くてアクセスしやすいこともあるし、
いつも利用する宿から近い場所にもあるので、みんたん、京都に寄るときは必ず祇園さんへ
お参りに行きます。


 


八坂神社境内にある悪王子社へお参り。ここもかならずお参りしています。

 

 

 


鴨川では七夕祭りを開催していました。京都の七夕は1ヶ月遅れなんですね(^▽^)
祇園の壹錢洋食で夕食。お古乃美焼のみしかないので、店員さんも何枚焼きますか?という風に
聞いてきます。


半熟卵に和牛、九条ねぎ、コンニャク・・・そして京風の甘辛ソースお古乃美焼きは絶品!


*********************************************************
清水寺
http://www.kiyomizudera.or.jp/

 

よーじや清水産寧坂店
http://www.yojiya.co.jp/pages/kiyomizu.html

 

悪王子社−暴れん坊の荒魂−
http://syoindo.noblog.net/blog/r/10290553.html

 

壹錢洋食
http://www.issen-yosyoku.co.jp/index2.html

 

夏旅回想C宇治の平等院鳳凰堂(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10134780c.html

 

夏旅回想Bこれぞ夏の京都(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10134433c.html

 

川床で流しそうめん (みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127645c.html

 

ナント凶!‥貴船神社の水占い(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127592c.html

 

縁切りなら安井金比羅宮へ(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127533c.html

 

祇園の夜(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127494c.html

 

みんたん京都に立つ(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10127388c.html
*********************************************************

 



千日詣り
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10300607c.html
旅行記(近畿) | コメント( 3 ) | トラックバック( 0)

京都満喫ですね! 9月の最終月曜日安井金毘羅さんで櫛祭り
自髪で時代祭波の行列がありますよ!

京都[ 美容室オーツー ] 2010/10/03 14:16:24 [ 削除 ] [ 通報 ]

京都満喫ですね! 9月の最終月曜日安井金毘羅さんで櫛祭り
自髪で時代祭波の行列がありますよ!美容室02

京都[ 美容室オーツー ] 2010/10/03 14:17:02 [ 削除 ] [ 通報 ]

美容室オーツー様
京都では安井金比羅宮もいつも利用する民宿のすぐ近くなのでお散歩しちゃいますねー。
不謹慎ですが、絵馬に書かれた縁切り願いは一風変わってて面白いです!
また来年も京都へ行きたいなぁ(^▽^)

[ みんたん ] 2010/10/04 23:07:58 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想L(たま駅長を訪ねて)


和歌山の井出商店のラーメンで満腹になったみんたん。

お次は、和歌山電鉄貴志駅の「たま駅長」に謁見です。

たま駅長は今や日本で一番有名な猫と言っても過言でないアイドル猫!
大の猫好きみんたんが和歌山で素通り出来るはずもありません(`・ω・´)


 


和歌山電鐵貴志川線の1日乗車券はこんなスクラッチ式でした。

 

 


乗車したのはおもちゃ電車こと「OMODEN」
他にもイチゴ電車やたま駅長のTAMADENなんかもラインナップにあります。
どうせなら、TAMADENに乗りたかったなぁ。

 

 

 


OMODENの車内は様々なフィギュアが飾ってあったり、ガチャガチャが置いてあったりで
おもしろい趣向がたっぷりでした。
子供達は大喜びの様子。赤ちゃん用のサークルまで車内にありました。

 

 


途中の車両基地でたま電車を見かけたのでパチリ!
いやぁ〜乗ってみたい('∀'*)

 

 


そうこうしているうちに終点の貴志駅へ到着。

 

 


1週間前にリニューアルしたばかりの貴志駅はネコ型の駅舎になっていました。
桧皮葺の屋根にネコ耳形の銅板飾りを付け、目と口はステンドグラスの窓で表現しています♪

 

 

 

 


地元の企業と営業活動もしているようです。
関東では見られないJ:COMとのコラボ広告。「地デジしようニャ」

 

 


今月、たま駅舎ののれんが焦げるという事件がおきましたが、たま駅長が無事でなによりです。
(この写真は事件が起きる前なので焦げていません)


 


こちらが本物のたま駅長!
残念ながら今はお昼寝の時間でした。


 

 


こーんな「たま駅長」が見たかったなぁ。触りたかったなぁ(´・ω・`)

 

 


とりあえず、オープンしたばかりの「たまカフェ」へ。

 

 


ジュースとジェラートで涼みます。カップにたま駅長のデザインがしっかりとあります。
ジュースはスイカ味でした(^▽^)

 

 


駅舎の外で、Σ(゜Д゜;)あれ?こんなところにたま駅長が!
と一瞬思ったのですが、別猫でした。この三毛もカワイイけど。。。

 

 


いろんなたま本やたまグッズを購入をGET!

 


*********************************************************
たま駅長:駅舎でのれん焦げる…和歌山電鉄(毎日)
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20100912k0000e040026000c.html

 

「たま」の新駅舎が完成、猫に見えるかニャア?(読売)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100804-OYT1T00530.htm?from=main6

 

駅長のたま
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/tama/index.html

 

人気沸騰、和歌山電鉄のたま駅長に会おう!(AllAbout)
http://allabout.co.jp/gm/gc/63227/

 

ネコ顔駅舎「貴志駅」(熟年のための「こだわり住宅」のプロ)
http://pro.mbp-osaka.com/arai-ksj/column/4063

 

市民列車でいこう!!”貴志川線応援ブログ”
http://masatosan.blogzine.jp/cb/cat5280981/index.html

 

和歌山電鉄役員一覧
http://www.wakayama-dentetsu.co.jp/company.html
*********************************************************

 

 

 

 

ここで、簡単なたま駅長の紹介♪


貴志川線が南海鉄道から和歌山電鉄に経営移管される際に、たま達の猫小屋は立退きを
迫られ、飼い主が和歌山電鉄の社長に駅の中に住まわせてもらえないかと相談したところ、

たま達を招き猫にと駅長に任命。

たま駅長就任の話題は多数のメディアにも取り上げられ、たま駅長目当ての乗客が日本各地から
訪れるようになり、たま駅長就任による和歌山県への観光客増加などによる経済波及効果が11億円
に達するという発表もあり、2008年1月には「スーパー駅長」に昇進。

 

2008年10月には和歌山県の魅力を全国に発信した功績により、県知事から「和歌山県勲功爵」
の称号を贈られた。
2009年12月には「執行役員」に昇進。実際に和歌山電鉄の会社概要の役員一覧にも掲載されている。

 

2009年3月に「たま電車」が、2010年4月には「たまバス」が登場し、2010年8月に貴志駅が
「たま駅舎」に改良となり、まだまだたまブームは続きそうです。

 



たま駅長
goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10299546c.html
旅行記(近畿) | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)


たま駅長、かわいいですねぇ。
電車の中にベビーサークルがあるなんて!
驚きとともに、アイディアに感心しちゃいました。
三毛猫が多いのかしら?たまの親戚がいるのかな。

[ あらら ] 2010/10/01 9:36:29 [ 削除 ] [ 通報 ]

あらら様
面白くて楽しい、まさにおもちゃ箱のような電車でした。
他にも、座席に木馬の頭が設置されていて、子供がまたがって座れる場所もあって、
子供たちが楽しく乗れる電車ですよ。
野良ちゃんとたま駅長に癒されました。

[ みんたん ] 2010/10/02 0:41:38 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想K(和歌山ラーメン井出商店)

旅行も4日目に突入。前日の夜レンタカーを返却したので、この日の朝は白浜駅から
久しぶりに鈍行列車へ。
駅前に飾られているパンダの置物を見ると、やっぱりアドベンチャーワールド行っとけば
よかったかな〜(^_^;)

 

 


紀伊本線を北上して和歌山市へ。途中の駅で買ったわらび餅を食べながら、車窓には
紀州灘の海景色が広がります。青い空と青い海、いいねぇ(*´∀`)

 

 


きれいな砂浜!誰も泳いでいませんね。

 

 


もくもくした入道雲に夏を感じます。
うーーーん。シーサイドドライブの海景色もいいけど、プチ乗り鉄派みんたん的には
やっぱり列車の車窓から眺める方が好きかなー。駅弁食べながらとか(´ー`)

 

 


和歌山市に到着!
目的は和歌山ラーメンを代表する名店「井出商店」です。すでに行列ができています。

 

井出商店は和歌山ラーメンブームの火付け役となった名店で、県外から訪れる客も多く
休日には長蛇の列もできるほど全国に知られる人気店です。関東では新横浜のラーメン博物館に
出店していますが、みんたんはまだ食べたことなかったので、楽しみでした。


 

 


この炎天下、待つのはつらいなー(#`Д´) でも、ここまで来たからには待つしかなかろう。
メニューはこんな感じです。「めはり」もあるのが和歌山らしいですね。


 

 


約30分程で座れました。みんたんは「特製中華そば」を注文!
コクの深い豚骨醤油にとろみのあるスープは絶品!チャーシュもとっても美味しかったです。
レベルの高いラーメンを味わうことができて大満足(^^♪

 

ラーメン激戦区の街「池袋」で出店しても充分戦えます。ていうか池袋に来て欲しい(・ω・`)乙
これはまた食べたいので、近いうちに新横浜のラー博で食べに行こうかな。

 


*********************************************************
和歌山中華そば井出商店(新横浜ラーメン博物館)
http://www.raumen.co.jp/home/shop/ideshouten.html

 

和歌山ラーメン食べ歩き
http://www2.odn.ne.jp/~caq53640/other/wakayama.htm

 

『井出商店』@和歌山、中華そば(食の記録集)
http://impressions2.blog5.fc2.com/blog-entry-619.html
*********************************************************

 



井出商店
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10299066c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想J(南紀白浜)


本州最南端の串本から北上し、今夜お泊りする南紀白浜にやってきました。
白浜って有名なリゾート地だけあって、車の渋滞が結構凄いんですね(^_^;)

 

 

 


とりあえず日本最古の湯とも言われる「崎の湯」の海沿いの露天風呂へ。
海のパノラマと潮風を感じながらの湯浴みは爽快!

時間がもっとあったら白浜温泉の外湯巡りをしてみたかったなぁ。


 


湯上りに白浜の砂浜をちょっとお散歩。
それにしても夕方になっているにも関わらず、すごい人の数!


 


白浜と言うぐらいだからか、やっぱり白い砂浜のビーチでした(^▽^)
奥にあるのはリゾートマンション?

 

 


足湯もあったりするんですね。
温泉とビーチ、いいトコロです(´・∀・`)y─┛~~

 

 


みんたんも水着持ってくればよかった。
今からでも泳ぎてぇ〜〜(`・ω・´)

 

 


夕食は白浜の「とれとれ市場」へ。

 

 


館内には海の幸や紀州の梅、紀州備長炭などの紀州の名物やおみやげがズラリ!
規模の大きさにマジで驚きました。

 

 


みんたんの大好きな梅酒がこんなに大きく*+。('∀'*)*+。

 


めちゃくちゃネタのでかい海鮮丼に舌鼓。ネタも脂がのっていて超ウマー。

 

 


浜焼きもしっかり堪能。イカとホタテの焼きたての味といったら!!
南紀白浜、思ったよりもいい所でした。

 

ほんとは時間があったら白浜温泉の外湯巡りやパンダのいるアドベンチャーワールドなんかにも
行ってみたかったのですが・・それは次の機会にとっておきましょう。

 

*********************************************************
白浜温泉 崎の湯(地熱愛好会)
http://spa.s5.xrea.com/broom/wakayama/sakinoyuf.htm

 

とれとれ市場
http://www.toretore.com/tore/
*********************************************************

 



南紀白浜
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10299018c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想I(本州最南端ドライブ)


那智勝浦を後にしたみんたん。そのまま南紀の海沿い(国道42号)を南下して
本州最南端の潮岬を目指します。

 

実は、今年のGWに本州最北端の大間崎を訪れた時、近いうちに本州最南端にも
行ってみたいと思い立ったのが、今回の旅行でもありました。まさか、こんなに早く
本州最南端を訪れる機会が来るとは思いませんでしたが。。。
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10246734c.html

 

 

 


串本の手前で「橋杭岩」という場所で降りてみました。
「橋杭岩」は大小約40の岩が一列に連続してそそり立っていることから、その姿が橋の杭のように
見えることからそう呼ばれているそうです。

 

 


貝やヤドカリがたくさん、エビやカニもいました♪

 

 


本州最南端へ行く前に、お隣の紀伊大島をドライブ(´・∀・`)y─┛~~

 

 


樫野釣公園センターで夏期限定のアワビステーキ定食を堪能しました。
大きなアワビをバター醤油で頂きました。超うま〜(*ノ≧∀)ノ

 

 


そして、念願の本州最南端の潮岬に到着!

 

 


潮岬周辺は「望楼の芝」と呼ばれる10万uもの芝生広場が広がっていました。

 

 


本州最南端の海景色は地球の丸さを実感!

 

 


午前中は小雨に近かった天気もご覧のように晴れ渡ってきました(*゚∀゚)
入道雲が真夏を感じます。
南国の海って感じですねぇ〜。3ヶ月前は本州最北端で北国の海を感じていたみんたんでしたが。。

 

 


太平洋の黒潮に沿って大型の船やタンカーが行き来しているのがよく見えます。
海の国道みたいなもん?

 

とりあえず、今年は本州最北端と本州最南端を制覇したので満足満足('∀'*)*
お次は、今夜宿泊予定の南紀白浜にGO!


*********************************************************
橋杭岩(熊野の観光名所)
http://www.mikumano.net/meguri/hasikui.html

 

樫野釣公園センター
http://www.zc.ztv.ne.jp/kashino-fp/

 

潮岬(熊野の観光名所)
http://www.mikumano.net/meguri/sionomisaki.html

 

青森旅行回想B(本州最北端の大間崎)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10246734c.html
*********************************************************

 



本州最南端
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298574c.html
旅行記(近畿) | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

長旅お疲れ様でした。

私も先日、石見銀山など山陰を回ってきましたが、実は
熊野古道など南紀方面も狙ってたので、非常にいい情報を
ゲットできました。

高速1000円の間に行ければいいなあと思ってますけど・・・。

[ かんぬし ] 2010/09/29 1:14:03 [ 削除 ] [ 通報 ]

かんぬし様
山陰旅行もとても楽しかったですが、南紀は昔からとても行きたい場所だったので、念願かないました。
南紀旅行はドライブ向きだと思います。オススメですよー。

[ みんたん ] 2010/10/02 0:33:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想H(那智勝浦温泉の洞窟風呂)


那智山を南下して海に出たところに那智勝浦の漁港があります。
マグロ料理が自慢です。

 

 


紀の松島と呼ばれる風光明媚な海景色が広がる温泉リゾートでもあります。
ギリギリ、雨が降っていないので送迎船に乗ってリゾート温泉を体験してみようと思います♪

 

 

 


さて、中の島の「らくだの湯」にしようか浦島の「忘帰洞」にしようか?
と迷いましたが、船の発着数の良さで浦島に決定!
ホテル浦島にはこーんな可愛らしいカメの送迎船「浦島丸」がお出迎え(^▽^)

 

 


カメの送迎船に乗って、イザ浦島へGO!
ちなみに送迎船は無料でした。

 

 


しばらくすると、ホテル浦島に到着。
あっという間の紀の松島めぐりでした。

 

 


さて、ホテル浦島の名物風呂「忘帰洞」という洞窟風呂を早速堪能!

 

 

 

 

温泉に浸かりながら目の前の勝浦湾を楽しめます。まさに糸色景!

 

 


昨晩の「湯の峰温泉」は小ぢんまりした山あいの温泉街で別の趣がありましたが、
海を眺めながらのリゾート温泉は雄大な気分になりますねぇ(´▽`〃)

 

 


洞内に響き渡る波の音を聴きながら湯を楽しめました。

 

 


「忘帰洞」は巨大な洞窟の中にいくつもの湯船が楽しめます。
大型連休中でしたが、午前中ということもあってかまたしてもほとんど貸切状態でラッキーでした♪


 


館内には7ヵ所も浴場があって、「忘帰洞」もそのうちのひとつでした。
せっかくなのでもうひとつぐらい別の湯を楽しもうと、今度は館内にある山上の露天風呂へ。

 

 

 


こちらの湯は眼下に勝浦湾を望めます(^ω^)
タルの湯船もありました。

 

 


さらにもっと別の湯を楽しもうかなーと欲張っていたところにカメが再登場!
無情にもカメが迎えにきてしまいました(つд`)

ということで、次の目的地へGO!であります!

 

 

*********************************************************

ホテル浦島 忘帰洞 (和歌山温泉ミニカタログ)
http://homepage1.nifty.com/nice-wakayama/onsen/urashima.htm

南紀旅行回想E(湯の峰温泉のつぼ湯)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298101c.html

*********************************************************

 



那智勝浦温泉
goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298520c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想G(熊野那智大社)

 


さあ、熊野詣のラストは熊野三山「熊野那智大社」です。
熊野三山の中では一番キツイ石段をひたすら登らなくてはいけなません(つд`)

 

 


石段はキツイけど、風光明媚な景色は感動ものです!

 

 


熊野那智大社に到着。
こちらも朝早かったせいか誰もいません。貸切で熊野詣ですね(´ー`)


 

 


またお会いできました、三本足の八咫烏ちゃん。
扉のマークに描かれていたり鉄塔に鎮座していたり♪

 

 

 


よく見るとここでも八咫烏ちゃん♪

 

 


朱塗りの美しい拝殿

 

 

 


熊野詣も最後となる参拝となります。
「やたがらす守」を記念に買いました。ケータイのストラップにしようかな。

 

 

 


境内にあった大きなご神木
そして、眼下に広がる那智の自然を眺めます。うーーーん。やはり神々しいなぁ♪

 

 


熊野那智大社のすぐ裏手にある那智山青岸渡寺の本堂へ。
西国三十三ヵ所観音霊場の第一番札所でもあります。

 

 


この本堂は豊臣秀吉が再建したもので、桃山時代の様式を残している立派な古刹です。

 

 

 


線香を焚いてから本堂にお参りしました。

 

ということで、今回の旅行で最大の目的であった熊野三山を巡る熊野詣が一通り終わりました。
熊野速玉大社、熊野本宮大社、熊野那智大社とどれも印象深いものがありましたが、
やっぱりこの那智が一番見応えがありました。那智の滝に加えて、早朝だったせいか
観光客が一人もいなかったのがみんたんにとって良かったポイントでした。(´▽`〃)

 

*********************************************************
熊野那智大社
http://inoues.net/club/nachi.html

 

南紀旅行回想F(那智の滝)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298113c.html

 

南紀旅行回想E(湯の峰温泉のつぼ湯)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298101c.html

 

南紀旅行回想D(熊野本宮大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297664c.html

 

南紀旅行回想C(熊野速玉大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297585c.html
*********************************************************



熊野詣で
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298130c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想F(那智の滝)


南紀旅行も3日目。今朝も激早の午前5時に本宮を出発しました。
本宮周辺はまだまだモヤが濃いです。

 

 


熊野川を下り、いったん新宮に戻ってから那智へ。
雨が強くなってきたかな。ちょっと心配(´・ω・`)


 

 


那智の滝が見えました。

 

 

 


那智の滝は落差133mと日本一の高さを誇る滝で、日光の華厳の滝、茨城県の袋田の滝と
ともに日本三大名瀑のひとつに数えられるそうです。

まずは那智の滝のすぐそばの飛瀧神社へ行ってみましょう。

 

 

 


護摩木を手に取って、火の中へ。
燃え〜ろよ 燃えろ〜よ♪

 

 

 


滝の上の方と下の方をちょっとズームしてみました。

 

 

 


そしてこれが那智の滝の全体画像♪
途中、またしても熊野古道を発見。またまた本格的に歩みたい気持ちを抑えるのが大変(>_<)


 

 


お次は那智の滝との組み合わせが絶妙な青岸渡寺の三重塔へ。
そう!この朱色の美しい三重塔と那智の滝のセットを眺めてみたかったんだよなぁ(´▽`〃)

 

 


モヤもかえって神々しさを演出してくれます。
朝早くなので、暑くないし、誰もいないし、早起きは三文の得ですね♪


 


しばし、時間のたつのも忘れそうな風景でした。

 

 

 


三重塔の境内にベンチがあったので、ちょっと休憩。
那智の滝を眺めながら、モブログを更新していました。
なんて贅沢なモブログ更新の光景でしょう(^▽^)

 

 


青岸渡寺の三重塔を後にして、いよいよ最後の熊野三山である熊野那智大社へ向かいます。

 

*********************************************************
熊野の観光名所 那智の滝
http://www.mikumano.net/meguri/natitaki.html

 

Waterfall of Nachi 那智の滝(YouTube)
http://www.youtube.com/watch?v=nPmWJMcPb8k


南紀旅行回想G(熊野那智大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298130c.html

 

南紀旅行回想F(那智の滝)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298113c.html

 

南紀旅行回想E(湯の峰温泉のつぼ湯)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298101c.html

 

南紀旅行回想D(熊野本宮大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297664c.html

 

南紀旅行回想C(熊野速玉大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297585c.html
*********************************************************

 

熊野神社や那智の滝には特別な思い入れがありまして。。

田村由美作「BASARA(バサラ)」というマンガで、

一部舞台になっていた場所でした。

 

文明崩壊300年後に戦国時代に後退した日本という設定で、

少女マンガでありながら壮大なスケールで人気でした。

10年以上前の作品ですが、すごくオススメです。特に熊野編は面白い!

 



那智の滝
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298113c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想E(湯の峰温泉のつぼ湯)

 


本宮の近くの湯の峰温泉にやって来ました。「小栗判官」の伝説もある湯の峰温泉は
四村川の流れる狭い谷の両岸に旅館が軒をならべる閑静な温泉街。

 

そして日本最古の湯とも言われている「つぼ湯」は世界遺産にも登録されている湯として有名で
みんたんの目的もズバリつぼ湯入浴です(´▽`〃)

 

 

 


共同浴場の入り口でつぼ湯の予約(30分貸切制)を済ませます。約1時間待ちぐらいでした。
近くには温泉スタンドもありました。1リットル100円は高い?安い?


 

 


時間があったので、温泉街をちょっとお散歩。中辺路という熊野古道を発見。
熊野本宮大社まで続いているようです。うぉぉぉ!歩いてみてぇぇ!

いずれ熊野の地を訪れたら、熊野古道を本格的に歩いてみたいです。


 


売店で生卵が売っていました。近くの湯筒に浸して温泉卵を自作することができます。
もちろん、みんたんは温泉タオルと卵を購入♪

 

 

 


こちらが湯筒。めちゃくちゃ熱そうです(;´Д`)
みんたんも先程買った生卵を浸して10分間。半熟とは言え、熱くて食べれません(つд`)
宿に帰ったら食べようっと。ちなみに今夜の宿は熊野本宮大社の境内にある宿坊です。

 

 


そうこうしているうちにスピーカーで呼び出しがあり、やっとみんたんの番が回ってきました。

 

 

 


履物を脱いでイザ、つぼ湯へ。

 

 

 


つぼ湯はかなり熱めでした(>_<)
とりあえず、水で埋めて適温にして世界遺産の湯、日本最古の湯を堪能します。
小ぢんまりした岩風呂はだんだん気持よくなってきます。いい湯だな♪

 

 

 


湯上りに八咫烏印?の熊野サイダーで火照った体を冷やします。
ついでに湯の峰温泉の共同浴場にも入ってみました。こちらは湯船が広くて思いっきり
足が伸ばせますよー。

 

 


湯温が熱めでしたが、夜風が気持ちよかったです。

 

 


本宮へ戻って夕食です。
熊野本宮の宿坊では食事なしなので、新宮で買った「めはり寿司」と「さんま寿司」をメインに
湯の峰温泉の湯筒で作った「温泉卵」、そしてローソンの「からあげクン」

 

 

 


さあて、温泉卵はちゃんと半熟かな?
と思ったら湯で卵に近い感じでした。ちょっと湯筒に浸しすぎたかな、こりゃ(つд`)
塩をかけて美味しく頂きました。

 

*********************************************************
湯の峰温泉 つぼ湯 【秘境温泉 神秘の湯】
http://www.hikyou.jp/wakayama/yunomine/tubo/tubo.html

 

湯の峰温泉 つぼ湯(子連れ温泉ガイド地熱愛好会)
http://spa.s5.xrea.com/broom/wakayama/tsuboyuf.htm

 

湯の峰温泉つぼ湯(ああ いい湯だな!)
http://www4.kcn.ne.jp/~t-yoko/55-wakayama/55-yunomine-tuboyu.html

 


南紀旅行回想G(熊野那智大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298130c.html

 

南紀旅行回想F(那智の滝)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298113c.html

 

南紀旅行回想E(湯の峰温泉のつぼ湯)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298101c.html

 

南紀旅行回想D(熊野本宮大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297664c.html

 

南紀旅行回想C(熊野速玉大社)(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297585c.html
*********************************************************

 



湯の峰温泉
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10298101c.html
旅行記(近畿) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 796 8936301
コメント 0 8085
お気に入り 0 44

カテゴリー一覧