サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

初詣は久能山東照宮

 

今年の初詣は静岡市の久能山東照宮でした。

 

 

 

久能山の表参道の石段は1159段もあります。。。

正月早々、これはキツイ(^_^;)

 

 

 

石段はきついけど、眼下には太平洋が広がって絶景を楽しめます(・ω<)

 

 

 

 

楼門です。

この門をくぐると東照宮詣でが始まります。

二階部分には後水尾天皇の宸筆(天皇陛下御自ら書かれた書)である「東照大権現」の扁額(へんがく)が掲げてあり、勅額御門とも言われています。

 

 

 

更に石段を登ると社殿が見えて来ました。

これが徳川家康公をお祭りする神社です。

 

 

 

2006年に社殿の塗り替えが完了したばかり。

2010年に本殿、石の間、拝殿が国宝に指定されています。
2015年には鎮座400年を迎えるため、様々な催し物が企画、開催されているそうです。

 

 

 

そしてこちらが徳川家康公の遺骸が埋葬された場所に立つ廟です。

 

ちなみに久能山東照宮とは徳川家康公の遺言により、久能山には遺体が埋葬され
その地に家康公を祀る神社として建てられた。
全国東照宮の発祥の地でもあります。

 

ということで、今年もみんたん、張り切っていきたいと思います( ゚∀゚)っ

 

*********************************************************
雪国で初詣(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10811189c.html

 

2010年の初詣は護国寺(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10179346c.html

 

みんたんの東京年越し日記2008→2009(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10061606c.html
*********************************************************

 

 

そうそう、久能山東照宮の近くには昨年世界遺産にも登録された

三保の松原もありましたので寄ってみました★

残念ながら松原から富士山は見えず・・・

 




goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10982785c.html
旅行記(東海) | コメント( 4 ) | トラックバック( 0)

家康の墓って日光東照宮では?

[ パッシーニャ ] 2014/01/08 8:34:20 [ 削除 ] [ 通報 ]

パッシーニャ様
徳川家康の霊廟は久能山東照宮と日光東照宮どちらにもあります。
正確には、家康の遺言である「遺体は久能山に納め、(中略)一周忌が過ぎたならば、日光山に小さな堂を建てて勧請し、神として祀ること。」に基づき、亡くなった直後久能山に埋葬され、1年後に日光に改葬されたとのこと。

[ みんたん ] 2014/01/08 23:25:45 [ 削除 ] [ 通報 ]

久能山東照宮への初詣ですか、よい企画ですね。私は三島大社へ行くつもりでしたが、家族の都合で断念しました。来年は久能山も有力候補地です。

[ オーロラ ] 2014/01/10 19:45:33 [ 削除 ] [ 通報 ]

オーロラ様
久能山は普段は結構落ち着いた神社なんですけど、さすがに初詣ともなると、これだけ人が集まるのね。。と思いました。
時間があれば、ロープウェイで日本平に行くのも楽しいです。
三島大社はみんたんも行ったことありますよー。

[ みんたん ] 2014/01/16 0:16:37 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

祝世界遺産登録!富士山登山2013(後半)

世界遺産登録後初の富士山登山、後半戦です。

 

前日は夕食のカレーライスをいただき、早々に19時には就寝。深夜1時に起床。

寝不足なのか、酸素不足なのかでぼぉ〜っとした頭にヘッドランプを付けていざ出発!

既に3460mからの出発。息苦しさと暗闇に押しつぶされそうになります。

 

 

辺りを見回すと、恐ろしいほどキレイな星空と、雲の間に広がる街の光の海と、
同じく頂上を目指すヘッドランプの連なり。

体調の悪さと夜の絶景のギャップに、ここは人間のいる場所ではないなと直感的に思いました。

 

 

 

9合目から頂上まで、ゆっくり3時間かけて登頂!
いやーホッとした。

 

 

 

寒さにガタガタ震えながら1時間程待ち、4時半にご来光!


 

 

「剣ヶ峰」もご来光をうけて赤々と。


 

 

帰りは御殿場ルートからの迂回コースを選択。
足場が悪い場所が比較的少なく、砂走りもできるので富士宮ルートより初心者向き。
訓練の一貫らしい自衛隊の方々と抜きつ抜かれつでの下山でした。

 

 

砂走りは楽チン!一気に滑り降ります。
これも富士山の醍醐味ですね。

 

 

 

ここは迂回の分岐点。宝永山です。

1707年の大噴火によって誕生した富士山最大の側火山。
これ以降噴火を起こっていません。

 

 

 

ようやく富士宮5合目に到着。
やれやれなんとか無事下山することが出来ました。

 

*********************************************************
祝世界遺産登録!富士山登山2013(前半)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10915049c.html

 

祝!富士山世界遺産登録つーことで今夏は再び登るゾ!(みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10864998c.html

 

富士山登山回想(後編) (みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10471161c.html

 

富士山登山回想(前編) (みんたん記事)
http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10470404c.html
*********************************************************

 

みんたん、富士山はナメてかかると大変なことになると改めて感じました。

 

十分過ぎる程の装備を用意したつもりでしたが、
初期の低体温症で手足の感覚がなくなる感覚に。靴を緩め、即座の防寒でなんとか復活。
夜間登山では、いきなり吐き気を催して嘔吐。おそらく軽めの高山病症状。その後も登り続けましたが。

 

登山靴の靴底が両足とも剥がれ始め、登山用スパッツで急遽応急処置。
片足は下山最後に完全に取れてしまいました・・。

 

山小屋でも夜中高山病に苦しむ登山客も少なからずおり、登山続行を断念した人もいました。

そうでなくても、山小屋の4畳ほどの空間では大人7人が足が当たるほどひしめき合って眠り、
みんな少なからず体調の変調、寝不足を抱えながら頂上を目指してします。

 

そこまでして登る?って話ですが・・。

 

山小屋で同室だった人は、初めて富士山登山をした時はあまりのキツさにもう二度と登らないと断言していたものの、
友人などに誘われたり結局今回4度目の登山だと。

富士山はそういう力のある山なんだと語っていました。

 

これにはみんたんも同感です。
今はもうこりごり・・、でもまたすぐに行きたくなるだろうなぁ。



富士山
goodポイント: 2ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10915611c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

祝世界遺産登録!富士山登山2013(前半)

8月初旬に世界遺産登録後初の富士山登山をしてきました〜!

 

今年は登るぞ!と決意した矢先の世界遺産登録決定の知らせに慌てて山小屋を予約。
行き帰りのバスも発売日当日に購入するという気合いの入れ様。

さすがにみんたん、弾丸登山をするだけの体力はないもので(^^ゞ

 

 

富士宮5合目に到着したら、あいにくの天気。
同じバスに乗っていたおじさん達は早々に「撤退」決定していたしなぁ。。どうしよう。

 

 

お天気の回復を願いながら、早速入山料千円を支払い缶バッチを頂きました。
静岡側の缶バッチは横山大観の描いた富士山。ちなみに山梨側は葛飾北斎だそうです。
※2013年の入山料徴収は試験期間(7月25日〜8月3日)のみ。


 

 

スタート地点で既に2400m。
気合を入れていざ登らん!

 

 

森林限界を超えているのか、最初から見晴らしがいい
・・はずですが霧の中を歩いている感じ。
雨は降らず、日差しがない分涼しくて登りやすいです。


 

 

それにしても、メディアでも取り上げられていた通り、登山客が多かった〜。
とにかく団体ツアー登山の多いこと。

そして、ツアー参加の若い女性率の高さと言ったら!
今の富士山は独身男性にとっては狙い目か!?

 

今の富士山はこの“行列登山”を楽しむくらいの余裕が必要ですね。
エルサレムの聖地巡礼をイメージ。

 

 

 

3時間かけて元祖7合目(3010m)に到着!

とにかく3000mを超えると酸素の薄さで誰もが余裕の無くなるのが富士山登山。
みんな顔色が悪い。一歩歩く毎に呼吸困難。

 

団体ツアーのツアコンはスゴイ!
ほぼ初心者の山ガール達を叱咤激励しつつ、酸素の薄さを深呼吸でコントロール。
酸素缶に頼っていても、登山中は焼け石に水ですからねー。

 

後ろから着いて行くみんたんも若干励まされ気味。
普段の登山では、登山客の多さにペース配分を乱されるとキツくなりますが、
富士山では逆に行列の後ろについて、強制的な休憩を取る方が気分的に楽なようです。
むしろ、いつものペースで登ると酸素不足で本当に苦しい。。

 

 

 

登りやすいと思っていた道もだんだんガレ場と化して上がるのがきつくなり、
一歩上がっては深呼吸を繰り返して無心になった頃、宿泊する9合目の山小屋に到着しました。
ここまで約5時間。長かった・・。


 

 

雲の上に出て、爽快感抜群です。

 

 

龍の巣だ!
父さんの言ったとおりだ
向こうは逆に風が吹いている
ブリッジ! ラピュタはこの中だ!

 

・・とお決まりの妄想をしまして。

 

 

 

夕焼けの中、富士山の影もバッチリです。

今日はここに泊まり、深夜に頂上アタックします。



富士山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10915049c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士山の影

[moblog]
富士山の影

青木が原樹海に富士山の影が!


富士山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10453750c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士山でご来光

[moblog]
富士山でご来光

神々しい光に包まれましたヽ(´ー`)ノ


goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10453730c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士山山頂

[moblog]
富士山山頂

山頂に到着!
ここが日本の頂きかぁ。雲海がきれいですヾ(^▽^)ノ


富士山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10453438c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士山8合目

[moblog]
富士山8合目

8合目に突入です(;;´д`*)


富士山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10453332c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士山に登ります

[moblog]
富士山に登ります

これから富士山に登ります。
只今すばしり口。
雲一つない快晴!絶好の登山日和ナリ!


富士山
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10453081c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

長野移動中

[moblog]
長野移動中
長野移動中
長野移動中
みんたん、長野を移動しております。
姨捨駅のスイッチバックを経て松本城散策。そして、諏訪湖へ。
寒いので、温泉入ってきます(*´д`*)


長野
goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10343661c.html
旅行記(東海) | コメント( 2 ) | トラックバック( 0)

みんたん、お久し振り。
恐山の旅人、らいらです。

今度の旅行はどこにしようかな〜と思って
みんたんブログからヒントを得ようとしました。

そしたらこの記事(?)を見てビックリ。

らいらはここに長く滞在してたことがあります。

千曲市、昔はこうしょく市でした。

聖高原もマイナスイオンバリバリです。

分杭峠って行ってみたい〜。

[ らいら ] 2011/01/06 20:22:14 [ 削除 ] [ 通報 ]

らいら様
お久しぶりですー。
千曲に滞在されたことがあるんですかー。

分杭峠はゼロ地場、パワースポットとして最近人気急上昇ですね。
昔はほんと、なんにもないところだったんですけどねー。

[ みんたん ] 2011/01/07 0:13:43 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

南紀旅行回想B(松坂から新宮へ車窓の旅)

 

1泊目は松阪市のビジネスホテルに泊まりました。
既に夜8時を回っていたせいか、松阪牛を堪能できるお店は全て閉店してました。
Σ(゜Д゜;)閉店早っ! せっかく松阪牛ステーキを期待してたのに・・・(´・ω・`)

 

 


仕方なく駅弁を夕食代わりに。

 

 

 


購入したのは「黒毛和牛モー太郎弁当」という松坂駅の名物駅弁!
牛の形をしたフタを開くと何と「ふるさと」のメロディが流れます(^^♪
会社でお弁当箱として使ってみようかと思い、この容器持って帰りました。
そして、やっぱ松阪牛うめぇー。


 

 


翌朝、始発で松坂駅を出発!目指すは熊野!
売り子さん?達の荷物が何ともレトロな感じがいいですねぇ。

 

 

 


昨晩買っておいた「松坂名物黒毛和牛牛めし」を早速頂きます♪
こちらは高級黒毛和牛を赤ワインでさっと煮込んだもの。
クロスシートじゃなくてロングシートなのがちょっと残念でしたが、やっぱり駅弁は
列車の中で食べるとより一層おいしく思える不思議。

 

 

 


駅弁食べ食べ車窓を眺めていたら、珍しい忍者列車に遭遇。
くノ一?列車まで。バロスww
ってもしかして間違えてないか?と慌てて駅名を確認するとしっかり反対方向でした。

そう、ここは伊賀地方。どうりで伊賀忍者の列車だったのね(・ω・`)乙


熊野とは全然逆方向でがっくりorz

乗り換えて迂回路を探るも大幅な時間ロス。この辺りは極端に本数が少ないのでした(>_<)

 

 


伊賀上野駅で乗り換え、とりあえず亀山方面へ。
列車内は忍者マンガ「サスケ」などが置いてありました。
が、ショックで読むことはできず。頭の中では「リスケ」を考え中(^_^;)

 

 


亀山駅に到着。ここでまた乗換えですが、それにしてもここが本当に世界の亀山?
という程小さな駅舎と小ぢんまりした駅前の風景でした。

 

 


気を取り直して、こんどこそ紀伊本線へ。
時間のロスは約3時間。悔やんでもしょうがないか。

 

 


紀伊本線を太平洋に抜けた紀伊長島駅で30分以上の停車。

 

 


せっかくなので途中下車して紀伊長島周辺をお散歩。
青春18きっぷならではの醍醐味ですなぁ(´▽`〃)

 


「笑門」というのが各家の玄関に飾られていました。
伊勢地方では一年中のこの「笑門」のしめ縄を飾る風習があるそうです。

 

起源はスサノオノミコトが旅の途中伊勢の地を訪れ、家に泊めてもらい感謝の意を言い残して
いったという言い伝えによるものだそうです。
みんたんは勝手に「笑う門には福来たる」からだと思っていました。

 

 

 


紀伊長島駅前のお店で冷たい瓶ミルクを味わい、新宮行きの列車がやってきたので
いよいよ熊野へ出発です。

 

 


太平洋の雄大な車窓を眺めながら南下していきます。
新宮に到着したのは13時過ぎ。さあここからちょっと巻いて行きますか。

 

*********************************************************
松坂名物あた竹の駅弁
http://www.ekiben-aratake.com/ekiben-aratake/index.html

 

伊賀鉄道
http://www.igatetsu.co.jp/

 

紀伊長島
http://ki.afz.jp/
*********************************************************



鉄道の旅
goodポイント: 3ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p10297564c.html
旅行記(東海) | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3  
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 520 8881631
コメント 0 8076
お気に入り 0 44

カテゴリー一覧