サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/mintan

30回記念!!としま会議

豊島区を拠点に活躍する人や様々な活動をする
豊島区在住の人達が登壇し、ジャンル、世代を超えて
“としま”に関わる人々が数多く集まるトークイベント、としま会議。


1月31日は記念すべき30回目を迎えました。
初めましての方からみんたんも含めリピーターの方、
今までのスピーカーの方々も数多く集まりにぎやかな会となりました。



会場は南池袋にある貸し切りパーティスペース「Grafica」
昨年6月にオープンしました。



1Fに「肉のハナマサ」とドラッグストアがある築50年以上!のマンション。
ここはおそらく、かつて「三光マーケティングフーズ」本社があった場所かと。
同じ南池袋にある「AptCafe.83」や西池袋の「ELLARE」、北池袋の「BATHROOM」
などと同運営のパーティスペースです。

今回のゲストスピーカーは珍しく女性ばかり。

要町の住宅街の中に突如現れる緑豊かな一角。
ここは別の時間が流れているのかと思うほどゆったりした
一軒家のカフェがあります。


カフェ「藤香想」オーナーの本橋香里さん
https://toukasou-cafe.wixsite.com/toukasou
https://www.facebook.com/wa.rin.kan0212/



演奏会や展覧会などのイベントも多数。
カフェで使う食材にもこだわり、生産者ツアーを開くなど
人が集い、人をつなぐ場所を作っています。
みんたんも訪れたことがありますが、2階は和室になっていて
赤ちゃん連れでくつろぐこともできるんですよね。




西武鉄道、プリンスホテル、西武ライオンズ、横浜アリーナなど
数々の事業を展開する西武ホールディングス。
自由な発想で新規事業分野を創出する部署として昨年4月に
新部署「西武ラボ」が立ち上げられました。
西武ラボの廣瀬奈緒子さん



ホテルのフロント業務から全くの異業種にグループ移動した廣瀬さん。
アイデア創出のイベントも実施しており「池袋活性化プロジェクト」
では西武グループの枠を超えた施策も検討しているとのこと。
2019年3月竣工予定の西武鉄道本社ビルに移転予定。
より踏みこんで、池袋を魅力的な街にする一助を担ってもらいたいです!




子育てと仕事を両立させるシェアオフィス「RYOZANPARK大塚 こそだてビレッジ」
こそだてビレッジが4月より100%英語での保育を始めます。
RYOZAN PARK 大塚コミュニティコーディネーターの近藤直美さん
https://www.facebook.com/rzpschool/
https://www.ryozanpark.com



豊島区の小学校教員時代にアメリカのコミュニティスクールに赴任、
立教大学大学院で子どものリーダーシップについて学んだ経験と、
自身も「RYOZANPARK巣鴨」のシェアアパートに住み、結婚、
子育てをしながら働ける場を求めて現在があると言います。
第二子の出産も控えながら「RYOZAN PARK PRESCHOOL」開園、
そして、子どもや親子向けの企画運営事業「PLUGIN(プラギン)」
も立ち上げるとのこと。パワフルさに脱帽です。



豊島区役所で子どもの権利に関すること、中高生センターの維持管理を
行っているのが「子ども課」の役割です。
豊島区子ども課長の副島由理さん
http://www.city.toshima.lg.jp/229/kuse/soshiki/kate/006575.html



日経新聞社と日経DUALが共同調査「共働き子育てしやすい街2017」で
総合ランキング1位に輝いた豊島区。
豊島区での待機児童対策や学童施設の充実が評価されました。
副島さんは長年児童館で子ども達と向き合ってきた経験を活かし、
中高生ためのジャンプ長崎、東池袋や
池袋本町プレーパークや出張プレーパーク、子ども食堂ネットワークなど
様々な子ども達の居場所を支援しています。
保育園だけじゃない、子供たちが地域でいきいきと成長できるように、
その取り組みはみんたんも注目しています。



南池袋公園オープンからグリーン大通り、南池袋周辺を盛り上げるための
イベントを実施する会社nestが生まれました。
nest Inc.の宮田サラさん
https://www.facebook.com/nestmarche/
https://www.facebook.com/Minamiikebukuropark/



豊島区内のシェアオフィスに住み、地域を面白くする人達に影響を受けたことから、
縁があり南池袋公園でのイベントに携わることになった宮田さん。
地方出身者は「地元には何もない」東京出身者は「地元がなくてうらやましい」と
と言うことの疑問をもったことがきっかけだったという話が印象的でした。
みんたんは地方出身者で東京在住ですが、地元にしかない、東京にしかない面白さ
美しさがそれぞれありどちらも大好きです。
映画「君の名は」を観たとき、東京と地方の風景の美しさを同時に描いていて感動
しましたが、まさにそんな感じ。
地域それぞれに素晴らしさがある、日常の中に楽しさを見つける。
それが街づくりの根底にあると感じました。


30周年にちなんで、懇親会のごはんはFOOD unit GOCHISOによる3重のり弁当。
今でこそ地元の飲食店のケータリングが増えましたが、としま会議が始まった
当初はGOCHISOによる、その時々のアイデアに溢れたごはんに感心しきりでした。
久しぶりで嬉しかった!



最後は今までのスピーカーが勢ぞろい!こんなに参加してたのか!!

***************************************************
としま会議HP
http://toshimakaigi.tokyo/

としま会議(Facebook)
https://www.facebook.com/toshimakaigi

としま会議レポート(みんたん補完計画)
https://sites.google.com/site/ikebukuromintan/categori/toshima-kaigi
***************************************************


としま会議

goodポイント: 1ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000002163/p11706745c.html
としま会議 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
としま会議vol.29に行ってきました
としま会議vol.28に行ってきました
としま会議復活!co-ba IKEBUKURO
このブログトップページへ
みんたんイメージ
みんたん
プロフィール公開中 プロフィール
みんたんは滅びぬ!何度でも蘇るさ(`・ω・´)
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
今日 合計
ビュー 387 9360869
コメント 0 8195
お気に入り 0 43

カテゴリー一覧