立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

一か月間のツケ

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

4月始まったばかりの授業から一カ月経ったわけですが、おそらく当時、
なんだこの程度か、簡単簡単、余裕余裕と思っていたと思います。


いかがでしょうか、一カ月経って。


テスト前を迎えて、その簡単が、その余裕が、どうなっていますか。


まだまだ、よく読めば“わかる”、あるいは“理解できないことはない”“わからないことはない”、
ヒントを言ってもらえれば“解けないことはない”でしょうか。


それで、大丈夫、テスト前、ちょっと『確認すればいい』程度で、
この中間テストを“やり過ごす”つもりであれば、その認識は甘いです。


おそらく、その代償としての点数、成績を渡されることになるでしょう。


先日もうるさく書きましたが、一回一回の定期テスト、成績が『記録』され、
その『積み重ね』で、進級・進学が決まる私立校・中高一貫校において、
そういった危機感の無さは『断罪』されることになります。


絶対評価の単位認定制ですので、どんな理由や言い訳があろうが、
一度つけられた評価は、単位は、変わることがありません。


そのツケは、たかだか一か月分の授業や習う内容以上に、
大きなツケとなって、進級・進学に関わってくることになります。


少なくとも、この中間テストでも、そのツケの重さを感じられると思いますが、
それを続けていけばいくほど、『不利』になるということに気づけなければ、
もう私立校・中高一貫校ではやっていくことが難しいと思います。


後々になって気づいたとしても、それまでに『記録』を『積み重ねて』しまっており、
そのツケを、挽回できるほどの『機会』があるかどうかとなります。


最悪、最終的に、他校転校、他校受験、留学などを視野に入れての覚悟があるのであれば、
そんなことを気にする必要はありませんが、ほとんどの方が、『記録』をつけてしまってから、
追い込まれてしまってから、泣きつくように、『どうにかしなければ』『どうにかしてほしい』と
嘆かれることになります。


学校・先生はもちろん、有名な塾や講師の方でも、
この『私立校・中高一貫校での進級・進学』に関しましては、
『記録』されてしまっている以上、お手上げとなります。


なんでそうなる前に対応しなかったんですか、わからなかったのですかと
慰めるしかありません。


そうなると、今後の対策はもう通っている私立校・中高一貫校での進級・進学ではなく、
それを諦めた上で、その先をどうするかの問題になってきます。


新学年が始まって、たかだか一カ月ちょっとではありますが、その傾向が見られる方は、
生活を全て見直すくらいの気持ちでいないと、今学年の『記録』は散々なものとなるでしょう。


前学年からその生活を見直さずに、さらに今学年も『同じ生活』を続けている方は、
今学年で、『決まって』しまうことでしょう。


最近は、本当に、学業面、学力面での進級・進学ができない方が目立ってきています。


勉強だけが青春じゃない、学校で学ぶことではないとは言いますが、
何度も書きますように、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の『記録』で、
進級・進学、進路が決まる私立校・中高一貫校において、『そんな詭弁や理想論』ではなく、
『記録』された『結果』=証拠で、進級・進学の合否が決定します。


ですから、一回一回の定期テストの点数、各学期の成績の『記録』は
かなりシビアに受け止めないと、その記録に、その結果に、圧し潰されることになります。


うるさく脅しているように思われますが、『普通』に授業を聞いて、『普通』に勉強して、
『普通』に宿題をやって、『普通』にテストで平均点近くを取って、あるいは赤点を取らないで、
『普通』に成績を取れているのであれば、進級・進学要綱に引っかかるようなことはありません。


その『普通』ができなくなっているにも関わらず、『普通』をやれないにも関わらず、
『皆と同じような点数・成績を取れない、取っていない』にも関わらず、
『皆と同じように青春を謳歌させろ、進級・進学させろ』と権利主張しても、
その主張は通らないということです。


ごくごく一部の方の話のように感じられるかもしれませんが、
その考え、志向性、傾向に関しては、多くの方がその言動、態度、姿勢で
示されていることが多いです。


もちろん、通っている私立校・中高一貫校の進級・進学だけが人生の『選択肢』ではありませんので、
『勉強だけが全てではない』と思われる方が、別の選択肢を選ばれるのも『間違い』ではありません。


しかしながら、先ほども書きました通り“私立校・中高一貫校”における
『進級・進学』においては、その合否の決定は『全て』、
学校でのテストの点数、成績=勉強の結果で決まるものだということは忘れないで下さい。


厳しい説教のように感じられるかもしれませんが、結果が出ていない今なら、
可能性(=時間)がある今なら、まだ、取り戻せる、引き戻せるので、早め早めに気づいておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11606170c.html
その他

テスト前の自覚が出てきた?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

早い学校だと今週、来週、遅い学校でも再来週にはテスト前を迎えると思います。


いかがでしょうか。


すでに一週間前を切っている場合は、いかがも何もないとは思いますが、
“まだまだ”今週、一週間前になって、『今週末』がある方は、
その週末に一気にやるというところでしょうか。


もう、過ぎ去った時間のことを、過去のことを、とやかく言っても仕方ありませんが、
その結果、どうなったかはきちんと覚えておくようにして下さい。


中間テストですら、今週末“だけ”では時間が足りなくなって、
しかも結果はそこまで振るわないとなったのであれば、
当然ですが、期末テストは、2・3週間前の週末からやらないと、
間に合わなくなるということになります。


自分がテスト勉強にかけた時間数はきちんと覚えておかないと、
その指標がないと、『次は頑張る』の目標値が明確になりません。


昔、テストの点数を一気に倍近くまで上げた生徒に聞いたことがありますが、
前回と今回とで何が違ったのかというと、単純に勉強時間が『倍』ぐらいに
なっていたということでした。


勉強の仕方、内容も同じですが、『何度も』やることで、
単純に時間を倍にしたということだったのですが。


実はこれこそ、テストの反省であり、『自分の勉強』の仕方、内容がわかったということになります。


その生徒は、詳しく何時間やったのかは覚えていなかったのですが、
詳細に時間数、問題数、ノートに書いた文字数、覚えた単語数などを覚えておく、
いえ、『記録』しておくと、『次の勉強』に大いに役立ちます。


というよりも、より『効率的』に『学んで』いくにはということを“考えられる”ように
なるためには、この作業を行わないと、“ただ”頑張る、“次は”頑張る、“本気で”頑張るなどの
抽象的な言葉を使うだけの勉強となります。


具体的に、時間数をどれくらい増やし、問題数は、文字数は、単語数はという
『数字』における目標を、どう達成するのか、いつ達成するのか、決めなければ、
人は“頑張り”ません。


ノルマ主義のように感じられるかもしれませんが、自分の能力値を知らずに、
どうやって、頑張れますでしょうか。


そして、前回よりも“少ない”時間で、数字で、『より多くの結果』を出せると
思いますでしょうか。


“効率的に”やればという考えもあるかもしれませんが、
前回の失敗より少なくする『効率的』などありません。


効率的は、前回の『成功』に対して、より洗練する形で、
『無駄』を省くために行うことです。


100点を取るために、勉強を毎日5、6時間もかけてしまった、
これを今回は効率的に行って4、5時間にしてみよう。


これが、『効率的』に勉強を行うことです。


前回、毎日1時間勉強して、60点を取ったから、
今度は、30分で70点を目指してみよう。


これは、『効率的』ではありません。
ただの『願望』、むしろ『妄想的』になったといえます。


しかしながら、勉強できずに、『効率』を求める方の多くは、
後者のような『効率的』を求めているように思えます。


そして、失礼ながら、この考えは、親御さん、ご家庭の教育、躾けの賜物となっております。


このような『効率』を求められる生徒は、かなり高い確率で、親御さん、ご家庭も
そう考えられて、『効率良く』と言われます。


テストの点数、成績が落ちてしまった、しかし次回のテストまで時間がない、
でも『効率良く』やれば、少ない時間でも、“少なくとも”前回と同じ点数、成績、
“あわよくば”良い点数、成績を取れるだろう。


毎回書いていることではありますが、これがスポーツや芸術の世界では“ありえない”話だと
信じてもらえるのに、なぜか『勉強』だけは、これができると考えられる方が非常に多いです。


おそらく、勉強は『やる気』次第、『ポイントを押さえて』『要領よくやれば』という、
塾業界全体の宣伝文句に踊らされているのかもしれませんが、それらは、元々の素養があり、
これから先、数か月後の『受験』に向けて、対策を立て、“努力”を続ける前提がある方向けのものとなります。


一カ月・二カ月のスパンで行われる学校の定期テストにおいては、これは当てはまりません。


そもそも学校での勉強、授業は、『元々の素養』を身につける段階であり、
これをやる気云々でやるやらないをしている時点で、学力は下がっていくことになります。


そうして、『元々の素養』=必要な知識・学力が抜け落としているにも関わらず、
さらに『効率』を求めるために、どんどん学力が低下し、点数も、成績も取れないという
悪循環になっていきます。


それでも尚、効率効率をと考えられる方から、破綻していくことになります。


スポーツや芸術の世界でもそうだと思いますが、ブランク(空白)を作った方が、
元の状態・状況に戻すには、それなりの時間と基礎体力が必要になることでしょう。


学校での勉強も同じで、わからないところ、出来なかったところを放置して、
効率良く、勉強したら、大学受験にまで対応できるなんてことはありません。


もし、親御さんの中で『出来る』とお考えであれば、どうでしょう、親御さん自身が、
今から最高学府の東大、京大、さらには海外の有名大学を受験してみてはいかがでしょうか。


大人である親御さんなら、効率良くやればたった数カ月で、
東大・京大、海外の有名大学に受かりますよ。


こう書けば、そんな馬鹿なとわかってもらえるでしょうか。


中学、高校程度の勉強とはいえ、同じことをお子さんに言っているということが、
わかりますでしょうか。


情報化の影響からかわかりませんが、何でもすぐに、効率良くできるものもあることは否定しません。


しかし、明らかに『前回・今回』悪くなったにも関わらず、『今回・次回』を、
『前回・今回』よりも“少ない時間”で、効率良くで、同じ結果、あるいはそれ以上に良い結果を
求めるということは、どうでしょうか。


確かに若い人達には、無限の可能性と、何よりも『時間』があり、
柔軟な思考を持ち、『やる気』次第で、激変することもあります。


しかし、それが“次のテスト”までの間に『効率良く』引き出されるのかどうか、
よく考えられることをオススメします。


そして、一回一回の『記録』される点数、成績によって、進級・進学が決まる
私立校・中高一貫校においては、ソレを『いつまでも』待ってくれるわけではないということを
忘れないようにして下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11605701c.html
その他

中間テストは力試し?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

これは、受験で入学してくる外部生の方の中に多いのですが、
“最終的に”帳尻合わせ、つまり受験などのテストのように一発逆転のテストが、
私立校・中高一貫校においてもあると勘違いされて、中間テストを軽んじる傾向があります。


まぁ、各学期でのことでいえば、『期末テスト』=本番と考えて、
そこできちんと帳尻合わせをできるのであれば、“今学年”は問題ありません。


『各学期の成績』をきちんと規定に収めているのであれば、その学期内にある、
中間テスト、期末テストのいずれかで頑張るというスタイルで勉強を進めるのもいいでしょう。


しかし、『どちらも』点数を落としてしまい、『成績』を落としてしまったとなると、
事情が変わってきます。


中間テストと期末テストでの『成績点(平常点+二回の定期テスト)』における、
配点比率は各学校、さらには各教科の先生でも異なると思います。


例えば、ある教科においては、平常点が20%(20点)、中間テストの結果が30%(100点を取って30点)、
期末テストの結果が50%(100点を取って50点)の100点方式で、成績点40点以上を合格とするなど。


この場合、中間テストの結果は仮に100点を取っても、成績点においては、
30点分にしかなりませんので、『力試し』、あるいは『そこまで頑張らなくても』と思われても
仕方ないかもしれません。


しかしこの時、仮に100点を取れば、もうもうほぼほぼ今学期の成績は合格となったようなものとなります。


中間テストで100点を取るくらいなのですから、平常点も少なくとも半分以上は取れていることでしょう。


そうすれば、もうこの時点で成績点40点以上を取っていることになり、
期末テストは最悪0点近くの点数を取っても、合格となります。


逆にこの中間テストで、20点・30点などの点数を取った場合、どうなるでしょうか。


成績点は6〜9点となり、平常点を半分以上取っていたとしても、成績点は十数点、
残り三十数点分を、期末テストで取るとなると、70点以上の素点が必要となります。


実際の比率はかなり細かく配点されることになると思いますが、ギリギリ合格できない方の多くは、
この中間テストでかなり低い点数を取っていることが多いです。


それでも期末テストの配点比率が高ければ、点数次第でなんとか合格となります。


今、こういった計算(世間的には打算でしょうか)をできない方が非常に多いです。


というよりも、与えられることが当たり前なのか、こういった情報も何となくでしか聞いておらず、
さらには、自分には関係ない、他人ごとのように考えている方が多いです。


昔は、何となくでも、『ヤバい』ボーダーラインを、打算でも出来た方が多かったです。


しかし、今は、『そんな打算』が格好悪いのか、そこまでするくらいなら、
別に進級・進学出来なくてもいいというのか、やらない、というよりも出来ない方が多いです


成績の付け方に関しては、すでに4月の段階で、各教科の先生がきちんと説明してくれていると
思いますが、もう一度、よく確認して、この中間テストを、本当に、力試しで、
そこまで頑張らなくてもで、済ませて良いものか、考え直して下さい。


4月からうるさく書いておりますが、この一学期中間テストは、最も点数が取りやすく、
点数を取る(貯金す)べきテストとなっております。


そうしたことを無視した言動、態度、姿勢を取ることは、
一回一回のテストの点数、成績によって、進級・進学が決まっていく
私立校・中高一貫校において、『罪』となります。


よく考えての行動をオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11605272c.html
その他

休めない部活動

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

この時期からすでに、テスト前でも休めないという部活動があると思います。


私立校・中高一貫校の場合、自己判断による、自由参加を謳うことが多いですが、
実質は半強制的に出なければならないことになるでしょう。


大会も近いということで、1年生でも、授業中公欠してでも、
応援に行かなければならなかったりもすると思います。


文武両道出来ている方にとっては、素晴らしい環境・状況だとは思いますが、
出来ていない方にとっては地獄絵図となります。


そうして頑張った部活動で、どんなに活躍しても、この一学期の点数、成績に、
“加味”されることはありません。


そんな『特別=真面目に勉強している方にとっては差別』をするわけにはいきませんので、
自由を謳歌する、自分勝手を優先するのであれば、その分、『より頑張って』、
『文』において、規定の点数、成績を取らなければ、断罪されることになります。


昨今、塾でも部活動が休めないので、勉強できませんと言う方が、驚いたことに、
これは親御さん、ご家庭においても、言われる方が多いです。


塾を休む、塾での勉強できない、やれないは、進級・進学に直接関係してきませんが、
学校の授業・勉強、『記録』されるテストにおいて、それを言って、
『許される』ということは、絶対にないです。


むしろ、その学校の授業・勉強、『記録』されるテスト、成績“こそ”が、
通っている学校での進級・進学に直接関わって来るということを、
危機感を持って、意識・覚悟を持っていないと、当然のごとく、
進級・進学できないことが決まっていきます。


いやいや、学校・先生側が、部活動に入り、部活動をやること、頑張ることを
“強制”したのだから、学校・先生側にも責任があると主張されるつもりかもしれませんが、
学校・先生側が、責任を取ることなど一切ありません。


部活動などの選択をしたのは、そしてその部活動を続けると判断したのは、
あくまでも生徒本人、親御さん、ご家庭の『決断』ですので、
全てにおいて、『自己責任』となります。


顧問の先生すら、そういう態度・姿勢を取って、最終的に切り捨てるように、
扱ってきます。


子供達の可能性、未来・将来のことを一切否定せず、
最大限ギリギリまで応援した上での結果ですから、『結果は仕方ないですね』、
『この経験を活かして、“次”のところ(学校)で頑張って下さい』と、なります。


掃き捨てられるように感じられるかもしれませんが、今は学校・先生側が、
子供達に、ご家庭に、一切介入しないのが『正』となっておりますので、
学業と部活動のことをどう判断し、どう決断するのかは、全て自己責任となります。


そうした上で、学業面での『結果』のみで、進級・進学要綱に照らし合わせて、
進級・進学の合否を決定することになります。


よく、勘違いされているようですが、
学校・先生側が部活動などをやることを推薦しているのは、
学業面での結果、進級・進学が出来ると“決定した時”に、
プラスアルファで、生活面での活躍、つまり部活動などの頑張りを、
加点となるので有利だからです。


多くの方は、この時、
『学業面での結果、進級・進学が出来ると決定した時に』という言葉を
忘れて、とにかく部活動を行えば、加点されると勝手に思い込むように
思われます。


これは違います。


部活動などの、生活面の加点は、あくまでも学業面での土台がある、
つまり、『進級・進学できる』基準の点数、成績を収めることが、大前提にあり、
それが取れていないにも関わらず、生活面での加点が、学業面に『補填』されると、
思い違いをしているように思われます。


どんなに部活動などを頑張ろうとも、
学業面で、点数、成績が取れていなければ、その時点で、
進級・進学はできません。


学校・先生側が部活動などを推進しているのは、あくまでも、
『モデルケース』として、昨今の成績上位者は文武両道を収めていることが多く、
また、収めたほうが、両方上手くいく傾向にあると言っているだけです。


それを裏付けるだけのデータがあるから、学校・先生側は強気でそう発言されるのでしょうが、
その光に対する、『影』のデータに関しては、ひた隠しにされています。


はっきりとしたデータを知っているわけではありませんが、昨今の私立校・中高一貫校において、
進級・進学できないのは、圧倒的に運動部の方です、それもチームスポーツの運動部の方です。


まさにワンフォーオールの精神なのかもしれませんが、自分の進級・進学、進路を犠牲にして、
3年間、部活動に専念し、チームを勝利に導いて、自分“だけ”が、学校を去るという美談のように
なっております。


まぁ、一昔前までは、私立校・中高一貫校で進級・進学できないのは、文武において、
『どちらもできない』という方が、多かったと思いますが、今は『武』に長けてはいるものの、
散々『文』をサボった方が、使い捨てのように学校から追い出されているように思えます。


この問題は、後々の進路、人生にまで発展することになるとは思いますが、
今は、これこそが教育のモデルケースとして、浸透し、
子供達の可能性、主張、未来・将来を一切否定せず、最後まで、ギリギリまで
待って応援するのが、『正』となっておりますので、光り輝く人もいれば、
色濃く影になっていく人もいるのも致し方ないのかもしれません。


何度もうるさく書いておりますが、受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校において、
こうして進級・進学できなかったということは、後々にまで影響することになります。


なぜなら、多くの友人知人は、『理想(だった)の自分』を体現しており、そして今はそれを、
面白おかしく発信し、伝えてくるわけですから、その道を外れてしまった自分のことを、
どう思うのか、思えるのか、計り知れません。


あの時、あの判断、決断をしておけばという後悔を、
これは親御さんもすることになるかもしれません。


昔であれば、そこまで情報機器も発達していませんでしたから、
離れてしまった友人知人のことなど風の噂で聞く程度でしたが、
今は嫌でも耳にする、目につくようになっておりますので、
そのことがまたより自分を追い込むことになると思います。


長々と“まだまだ”『そんなありえない』未来の話をさせて頂きましたが、
一回一回のテストの点数、成績によって、進級・進学が、進路が決まっていく
私立校・中高一貫校においては、徐々にその道に行く『可能性』もあるということを、
心しておくことをオススメします。


そして、いつ、どのタイミングで、自分が、お子さんが『後悔』しないかの
判断を、決断をするのか、これは親御さんもよく考えてみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11604827c.html
その他

テスト勉強開始?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための一学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

5月も残り2週間を切り、テストまでの週末も残り2・3回と考えると、
そろそろテスト勉強でも開始されますでしょうか?


おそらく、多くの方がいやいやまだ早い、部活動の大会が終わってから、
学校行事の林間学校、修学旅行を終えてからやろうと思われていると思います。


『一学期』『中間テスト』だからなのでしょうが、その考えとは裏腹に、
今年度の学校・先生が『本気』になってきていたら、その慢心は徹底的に
くじかれることになります。


うるさいくらい書いてきておりますが、基本的に一学期中間テスト、期末テストは、
点数が取りやすい、“取るべき”テストではあります。


しかし、学校・先生の今年度からの方針が変わっていた場合、
テストの傾向がわからない、難しいテストになることもあります。


とは言っても、きちんと授業を聞いて、宿題をして、テスト勉強をしている方が、
赤点を取るようなテストは作ってこないとは思います。


ですが、過去において、そういったことが無かったかというと、あったのは事実です。


そこまで難しくなっているわけでは無かったのですが、
著しく平均点が低くなったテストがあります。


問題数が増えたり、引っ掛け問題やミスを誘発するような問題が増えて、
結果として、それらに引っかかってしまう方が軒並み点数を落としてしまうことになります。


こうなると、“ただ”授業を聞いていればいい、“ただ”ノートを書いていればいい、
“ただ”宿題をやっていればいい、という勉強では、テストに対応できなくなります。


授業をしっかり聞く、ノートをきちんと取るのは当然ですが、きちんと復習をして、
自分が『わかっていないところ』『苦手なところ』
『解くのに、思い出すのに時間がかかるところ』を、“わかっていない”と、
『演習』=練習となる宿題での勉強が無駄になります。


その宿題ですらも、一回二回“解けた”からOK、もう大丈夫という形で、
早く正確に解くという練習・訓練をサボれば、上記のようなテストになった場合、
対応できなくなります。


普段からこれらを心得て、実行している方にとっては、上記のようなテストでも、
きちんと点数を取り、貯金を作ります。


学校の定期テストにおいて、受験問題に近いような難解な問題や
授業で習っていないような初見問題などが出されるわけではありませんので、
きちんと授業を聞き、ノートを取り、宿題で演習を重ねていれば、
後はちょっとした注意力、記憶力があれば、しっかりと点数が取れます。


それらをどれだけサボったのかが、減点方式で裁かれることになります。


3〜4年後の教育改革に合わせて、学校・先生側も、
変革をしようと奔走しているところだと思いますので、
今年度、来年度は、一学期から気を抜かないように、しておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11604362c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト