立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

残り40日

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今年も残り40日となりました。


期末テストを控える学生の皆さんにとっては、
まだまだ長い今年かもしれませんが、
残り40日ということは、もう今年は1,000時間もないことになります。


日数、時間などの話はもう何度も書いておりますが、
少ない数字で表せば表すほど、“長く”感じ、
多い数字で表すほど、“短く”感じることでしょう。


実際にどうでしょうか、残り40日を言われて、
“まだまだ”あるなと感じ、残り1,000時間を切ったと言われると、
急に、この一時間、さっきの一時間、これからの一時間を、
“少し”でも『大事』に過ごそうと考えませんか。


少なくともこう聞いて、じゃあ、とりあえず、これから2・3時間スマホで時間を潰して、
それから何するかを考えて、などととは考えはしないでしょう。


40日、残り960時間の内、睡眠時間を1/3、学校にいる間を1/3として、
考えれば、残りは320時間。


その内の、2・3時間もスマホに、さらに友達との連絡に2時間ほど、
さらにそれを二日三日も続けてとなれば、その時間は2倍、3倍となって、
気付いたら、スマホで潰した時間は数十時間、百数十時間となります。


こうして、『数字』にされると、自分がいかにスマホを使っているか、
『時間』を無駄にしているかとまでは言いませんが、どう過ごしているのか、
『考えられる』と思います。


一日の内の数分、十数分、それも本当に暇な時、待ち時間の時に、
ちょっと休憩がてらのつもりかもしれませんが、それも積み重ねられれば、
さらに『月日』で倍々に掛け合わされれば、とんでもない時間になることが
わかると思います。


加えて、その時間を、今年“わずかな”時間の中で、『費やして』いくのか、
それで『今年』を終えるのかと考えた時、自分の今後が、未来が、将来が、
どうなるのか、少なくとも思い描いている『理想』の“こう”は
ならないだろうなということが、考えられると思います。


もちろん、スマホを『無駄』に使っているわけではなく、うまく使って、
さらにはそれで、これからの新しいビジネスや発想の種を、探したり、
作ったりされている方も少なからずいると思います。


そういった方に、スマホを使って、時間を無駄に過ごしているというつもりは
ありませんが、“ただ”気晴らしに、ボーと見て、惰性で、何となくで、
過ごして、ただただ過ぎていく『時間』を無意識に自堕落に過ごしていく
『総時間』が1,000にも2,000時間にもなった時、
どう思われますか。


それだけの『時間』があったら、自分の思い描いている『何か』が、
無限の可能性、未来、将来を秘めている『今』に何かを、
“出来た”んじゃないかと思えてきませんか。


スマホではありませんが、昔塾生の中で、ある日突然、
毎日数時間もやっていたゲームをピタっと辞められた方がおりました。


理由を聞くと、嫌いになったわけでも、そのゲームがつまらなくなったわけでもなく、
ある日、お母さんが夕飯を作っている間、自分はゲームで費やした時間に、
お母さんは家族のために、美味しいご飯を作っていることに気付き、
『同じ時間』を過ごした自分は、一体何を作って、何を残したのだろうと考えた時に、
『料理を作っているお母さんの姿』と『ゲームで費やしている自分の姿』を想像して、
その姿を、その行為を恥ずかしく感じたということでした。


その方は、その後、少しは気晴らしにゲームをやっては、
時々、ハマってしまって、数時間もやってしまうということはあったので、
ピタっと辞めたというのは大げさかもしれませんが、
それでも、『毎日』惰性で、義務的に、やっていたことに対して、
『価値観』が変わったということに関して、“成長”したように感じられます。


常に持っているスマホにこれを置き換えるのは難しいことかもしれませんが、
皆さんにも、こういった『ある時』気付くことが来ることを祈ります。


楽しい“今”は、ハマっている“今”は、気づけないことかもしれませんが、
惰性で、義務的に、やっているような『ソレ』が、本当に、『今という時間』を
使ってまでやることなのかどうか、よく考えてみることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11791903c.html
その他

知らなかった、わからなかったで済まされない自己責任

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

進級進学の要綱、条件もそうですが、進んでいる授業、宿題、テスト範囲など、
その内容が“まさか”ここまで難しい、時間がかかる、量が多い、範囲が広いものだと
知らなかった、わからなかったで、今年度以降は済まされることはまず無いでしょう。


これは今年度今学期に限ったことではありませんが、少なくとも、
最終的に受験で一発逆転合格が出来る一般の学校ならいざ知らず、
各学年、各学期の定期テスト、成績で、記録された結果で、
進級・進学が決まる私立校・中高一貫校においては、
これは許されないことになります。


それを勘違いして、長い年月、日数において、抜け落としていった方は、
今年度以降は断罪されることになると思います。


それも、何度かの忠告、傾向を受けているにも関わらず、
失礼ながら、『親子共々』無視するのであれば、かなり早い段階で、
別の学校への転校を勧められる、あるいは、通っている学校での
『適性』がないと判断・評価され、強制的に(成績的に)、
進級・進学出来ないことを決定されることになると思います。


厳しいように感じられるかもしれませんが、一定の学力を保つためには、
そして、2020年度の教育改革に対し、自校のブランド、偏差値等を、
より評価されるようにするためには、一定の犠牲を伴うことは致し方ないことと
なると思います。


その姿勢、傾向を否定も肯定もしませんが、そうなった時、
私立校・中高一貫校で落ちこぼれた方の末路は今まで以上に、
厳しいものになっていくことが予想されます。


学校の勉強、進級・進学以上に、『どうなるか』わからない、
受験や進路を取ることになるわけですから、対応が遅れることもさることながら、
自分の立ち位置、立場、置かれている環境、状況などの確認も出来ず、
さらには自分の学力が、自分自身がわからないとなると、
勉学、学業の道を進むのに、“どうすれば”いいかわからなくなるでしょう。


受験進学塾や予備校のカウンセラー、アドバイザーの方などなら、
より良い助言がもらえるかもしれませんが、その方々も、
学力など測った上で、必ず、皆さんの『希望』『要望』を聞いた上での、
助言をせざるおえません。


その時に、通っていた私立校・中高一貫校に戻りたい、
あるいはそれ以上の偏差値の学校を目指したいとなった時、
残り時間と学力との問題で、ここでも別の道を勧められることになると思います。


その時、“また”、知らなかった、わからなかったの自己責任を
感じることになると思いますが、今年度以降、2020年度から数年くらいまでは、
私立校・中高一貫校で進級・進学出来なかった方は、
どんどんこの傾向にはまっていくことになるだろうと思われます。


そういった煩わしいことを考えず、一念発起して、今までの生活を、習慣を見直して、
勉強に専念し、死に物狂いで返り咲くという執念、覚悟を示せれば、
その傾向から抜け出せることでしょうが、昨今の傾向として、
『そこまで』する方は、かなり稀になってきています。


逆に言えば、そういった状況・状態になっても尚、頑なに今まで通りの生活を、
習慣を、考えを、生き方を変えずに、貫く傾向があります。


いやいや、自分は、あるいは自分の子供は、柔軟に、臨機応変に物事を考え、対応し、
『考える力』をもって、自分で自立していくことが出来ると思われている方も少なくないでしょうが、
私立校・中高一貫校で進級・進学“出来なかった”ということが、“それ”を出来なかった、
あるいは出来ないという結果として、経験として、身についてしまっていることになります。


受験無く、高校・大学へと楽に進級・進学できる、安定したレールの上を
ただ歩むだけように感じられる私立校・中高一貫校ですが、各学年各学期、
さらには一回一回の授業や宿題に関しても、実に“不安定”で、
どうなるかわからないことだらけです。


教育方針や授業のカリキュラムを“自由に”組み立てられるということが、
私立校・中高一貫校のメリットではありますが、その実、ある意味、
『不安定』で、各世代ごとに、『実験的』に変更・改革が行われることが
『対応』出来ない方にとっては、失礼ながら、これは親御さん、ご家庭の方も含めて、
振り回されることになります。


今の時代は、親御さん、ご家庭の方、また、その上の世代、時代ぐらいから、
親子2代、さらには3代と、同じ私立校・中高一貫校に通っているということが
増えてきていると思いますが、それぞれの世代でも、授業やテストの内容、難易度、
さらには、教科、先生すらも変わってきていることから、全く“別”の学校に
なっているとも言えます。


ですから、昔なら、私たちの学生の頃ならの常識や考え方で、
対応しきれないことが多くなっていきます。


世代間ですらある、その差を、今回の2020年度の教育改革は、
より大きく広げる可能性を秘めています。


そうなった時、親御さん、ご家庭の方も含めて、知らなかった、わからなかったでは
済まされないほどの自己責任を負わされることになると思われます。


今年度以降、私立校・中高一貫校で、進級・進学出来なかったという方は、
さらに知らない、わからない道を手さぐりに進むことになることでしょう。


他校に転校するにしても、海外へと留学するとしても、そこからの対応は、
今までと異なると思いますので、知ることから、わかることから、
どんどん情報を仕入れておかないと、また知らなかった、わからなかったの
自己責任を背負わされることになると思います。


そうならないことはもちろんのことですが、今後の教育、社会、世界を見据えて、
知らなかった、わからなかったで済ますことのないように、
知らないことを知らないまま、わからないことをわからないまま放置しないように、
することをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11791559c.html
その他

1ヵ月後の冬休みを無事に迎えたいのなら

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

11月も残すは、約二週間となりました。


来週の週末、土曜には『期末テストがある』12月を迎えることになります。


今週末は、用意されたかのように、祝日もあり、
『自由な』時間がありますが、いかがでしょうか。


“まだ”部活動が忙しい、部活動があって、時間がないという
『言い訳』をされる方はいないと思いますが、『今だに』、
“この期に及んで”、『そう』言い訳されるのであれば、
部活動との心中を覚悟して下さい。


部活動と通っている学校での進級・進学を天秤にかけて、
部活動を取った、取るのですから、もうその覚悟は出来ていると思います。


すでに、進級・進学出来ないことが決まった方も、“今更ながら”、
その覚悟をした方は少なくないでしょうが、
それほどのものを賭けて、行うことなのでしょうから、
青春時代を、それに賭けるのも良い思い出になると思います。


決して、部活動のせいで、進級・進学出来なかったと恨むことなく、清々しく、
通っている私立校・中高一貫校で、進級・進学出来なくなっていって下さい。


嫌味のように感じられるかもしれませんが、今年度以降は、
学校の先生、特に、その部活動の顧問でない多くの先生は、
“そう”思っているかのような、審査・評価をしてくることでしょう。


さらに、その部活動の『言い訳』で、授業中、集中力に欠け、
ふざけていたり、遊んでいたり、寝ていたりとされた先生にとっては、
『当然の報い』ということで、厳しい評価を下すことでしょう。


こう書くと、まるで時代劇に出てくる、人々から嫌われる悪代官のように
感じられるかもしれませんが、これは大げさに書いているだけで、
実際には、先生は多くの生徒を受け持っているわけですから、
一人一人の生徒に対して『そんなこと』をいちいち思ってなどいません。


“ただ”先生だって、人間ですから、前学年、一学期、
二学期中間テストを終えての呼び出し・面談で、“せっかく”忠告したのに、
それを聞き入れないような言動、態度、姿勢を貫いた『結果』に対して、
非常に残念な結果となったという気持ちを持つことでしょう。


特に、自分が勤めている学校を選んで、わざわざ私立校・中高一貫校に入学して、
そういった結果になった方を、見放す、見捨てるような思想を持つ先生は、
少ないと思います。


手のかかる子ほどかわいいものだとまでは言いませんが、
そうした幼げな言動、態度、姿勢を取った子供が、
徐々に大人びて、成長していく姿を見るのは教師の醍醐味だと思います。


学校の先生を持ち下げたり、持ち上げたりしましたが、今年度以降、残念ながら、
絶対評価の私立校・中高一貫校では、非情とも思える結論が下されることが
増えることが予想されます。


今までは、文武両道を“頑張っている”“挑戦している”ことへの温情、忖度が
あったかもしれませんが、それを超えるような、裏切るかのような『結果』を
『記録』し、『自己責任』を取ってもらう傾向が強まると思います。


“まだ”時間がある今だからこそ、こうした嫌味な、ウザい、うるさい説教をできますが、
『結果』が出てからは、こうした説教も虚しいものになることでしょう。


そのことを少しでも意識して、日々の勉強を、今後の自分の進路、人生をよく考えて、
『判断』『決断』し、『覚悟』をもって、過ごされることをオススメします。


そして、1ヵ月後の冬休みを、その後のクリスマス、年末年始と、
無事に笑って迎えられることを祈ります。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11791241c.html
その他

効果的勉強法を更新

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・


効果的勉強法を更新いたしましたことを
お知らせ致します。


塾のHPに掲載させて頂いております(ブログの過去の記事を一部編集したものです)




掲載させていただいている勉強法は立教生に限らず、
中高一貫校生、公立・私立校生問わず、役立つと思います。
(受験生・進学校生は、成績を上げるための参考程度に役立ちます)


多くの勉強法を提案させて頂いておりますので、
ぜひご活用頂き、少しでも勉強のお役に立てれば、幸いです。


これからも、宜しくお願い致します。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛




【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11791020c.html
その他

次が迫ってきています

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

  立教池袋・新座生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

呼び出し・面談となった時には、
『次』は頑張る、『次』のテストは頑張るといって、
学校・先生の前で、親御さん、ご家庭の方の前で、
反省された方は多いと思います。


そして、そろそろ“また”、その『次』が迫ってきましたが、
いかがでしょうか。


はっきり言って、嫌味で聞いておりますが、その『次』が、
“今学年の成績をほぼ決める”、『二学期期末テスト』である
自覚を持った方は少ないと思います。


なぜなら、まだその先に『次』、つまり『学年末テスト』があるから、
まだ大丈夫、余裕と思われているからだと思います。


ですが、年に5〜7回の定期テストと3回の成績によって、
今学年の成績が決まり、さらには、その成績で、
進級・進学の合否が決まっていくことになる、
私立校・中高一貫校生で、“まだ”、そんなことを言っていて、
思っていて、大丈夫な方は、一学期に貯金・余裕が出来た方のみです。


そうでない方のほとんどは、この『次』、つまり二学期期末テストで、
“決まって”しまうことになるでしょう。


今年度以降の『進級』に関する方針、基準がどうなるかは、
各学校・先生によって異なることでしょうが、
『進学』に関する方針、基準が“甘く”なることは、
まず無いでしょう。


進学要綱・条件“自体”は従来のままの文面で、変わっていないかもしれませんが、
その途中途中での、成績の数字、つまり審査・評価が厳しくなっていれば、
今まで通りの進学要綱でも“普通”に進学“できなく”なる可能性が高いです。


諸先輩の中には、『自分』も、一年次、二年次は、
“そのくらい”の点数、成績だったけど、進級・進学できたから、
問題無いと、助言してくるかもしれませんが、もうその話は
通用しなくなっています。


やっている教育、授業の内容も、その質も、テストの難易度も、
成績の付け方も、変わってきている以上、その助言は全くあてにならないと
言っても過言ではないでしょう。


実際に、すでに、一学期、夏休み明けテストと、その結果、
特に成績に関しては、諸先輩の助言通りにやったとしても、
思ってた以上に『良くはなかった』でしょう。


この先生は、この教科は、宿題・課題を出して、ノートさえ提出していれば、
『合格』『3』は確実に取れて、テストで70点、平均点くらい取っていたら、
平常点次第では『B合格』や『4』までもらえるなどなど。


副教科科目などであれば、当てはまることが多かったかもしれませんが、
少なくとも主要科目に関しては、諸先輩の言う通りにやったつもりでも、
実際はなんとかギリギリ『合格』『3』で、少しでもテストの点数が低ければ、
『不合格』『1・2』となっていたなんてことになっていると思います。


諸先輩の助言を軽く考えて、自分的、自分なりにやったつもりで、授業を受け、
宿題・ノートなどを提出して、テストを受けた方の多くは、諸先輩の言う通りどころか、
『不合格』『1・2』となる教科が続出して、『騙された』となった方も多いでしょう。


この二学期は、その『騙され』度合いが酷くなることが予想されますが、
そのことを踏まえても、もう『次』の『次』は無いとなるでしょう。


この『次』の二学期期末テストをもって、その騙された結果として、
成績、さらには、進級・進学の合否までもが、決定することになると思います。


さあ、そう考えると、皆さんがいっていた、
『次』は頑張る、『次』のテストは頑張るの、『次』が、
“最後の”『次』となりました。


その次を落すことのないように、頑張ることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11791011c.html
その他

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト