立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

進級できれば良し?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃新┃┃学┃┃年┃┃必┃┃見┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・この春から! 4月から!
    中学1年生になる方は中学1年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学2年生になる方は中学2年生の勉強の仕方〜全般編〜
    中学3年生になる方は中学3年生の勉強の仕方〜全般編〜
    高校生になる方は高校生の勉強の仕方〜全般編〜
〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨日の話に少し引き続きますが、これもまた、むしろ親御さんが
勘違いされていることがあります。


私立校・中高一貫校において、“進級”要綱上、
1教科から3教科ほど、『1』や『不合格』を
取ろうとも、進級できることがあります。


さすがに、呼び出し・面談とはなると思いますが、ほとんどの親御さんが、
『それでも進級できる』という事実に安心されることでしょう。


しかし、その時に、学校は、先生は、確実に、『このままだと“進学”が厳しくなる』と、
そして、『次学年で挽回しなければならない』と、勧告しているはずです。


それでも、『進級できる』ということから、多くの親御さんが、
『今まで通りの生活』を続けて、『今までよりも“ちょっと”頑張ればいい』、
『次は、もう少し点数を、成績を取ればいい』と、考えられることが多いです。


昔であれば、危機感を持った親御さんは、即座に行動を起こして、
この問題に対して、進級・進学のことはもちろんのこと、
お子さんの進路、将来・未来のことを考えて、少なからず『介入』して、
お子さん本人にも、危機意識を持たせる、あるいは罰を与えるなどを、
している方が多かったです。


それこそ、今なら虐待と思えるくらいの親子喧嘩をしてでも、
『現状をわからせる』方が多かったように思えます。


今ではほとんど見られませんが、
その分、“親御さん自身”も今の現状をわからない、わかっていない方が、
多くなってきているように思えます。


先日も書かせて頂いた通り、昨今は、私立校・中高一貫校に“入れた”からと言って、
教養・素養、ある程度の躾けや知識・知恵を身につけ、お子さんが子供なりにも
“上手いことやってくれる”、あるいは学校が、先生が『指導』してくれる
ということは『ありません』。


むしろ、その逆、学校や先生は、一切何も言わずに、全て、生徒任せ、ご家庭任せで、
責任逃れするための『記録』、成績を示して、呼び出し・面談で、注意勧告をして、
後はご自身で、ご家庭で、『どうするか』考えて頂くというスタンスになっています。


私立校・中高一貫校は、昔からその傾向にありましたが、
昨今はよりこの傾向が進んできており、問題のある生徒、ご家庭に関しては、
突き放すように、なってきているようにも思えます。


表現が悪く、聞こえたかもしれませんが、これが昨今の求められている教育の姿に
なっているように思えます。


つまり、生徒の自由、自主性を認め、文武両道を推し進め、
下手な指導は、アカハラ・パワハラ・差別・体罰と言われるとなれば、
学校側、先生側と取るべき立場としては、最適なやり方となっているように
思います。


可能性を否定しない代わりに、『可能性が無くなったら』、
今までの全ての責任を一気に、取っていただき、有無を言わさず、
一切の関係を断つ。


私立校・中高一貫校では、これを進級・進学要綱、独自の校則等で、
徹底して行うことができますので、知らなかった、わからなかった、
なってみてわかった、で許されるものにはなっていません。


そのことを知ってか知らずかはわかりませんが、昨今はこの『学年の成績』はもちろんのこと、
『各学期の成績』に関しても寛容と言いますか、『記録』されていることへの危機感がない
親御さんが多いです。


これは残念ながら、親御さんがそうである場合、十中八九、
お子さんもその傾向にあります。


それが、“ご家庭”の教養・素養、躾けや教育の賜物として、
にじみ出ていることになります。


決して、それらが良い悪いと言っているわけではありません。


ただ、受験なく進級・進学できる私立校・中高一貫校においては、
明確な進級・進学要綱と校則があり、それらが、
“ご家庭”の教養・素養、躾けや教育方針などと著しくかけ離れてしまった場合、
通っている学校では『悲劇』、つまり進級・進学できずに、
学校から追い出されるように、編入・転校、留年という選択を迫られることになります。


もちろん、進級・進学に問題ない『成績』を取っていれば、
全く関係ない話ではありますが、今回のテスト、成績によって、
“関係”してしまった、つまり、冒頭にも書きました通り、
進級・進学要綱上、1教科から3教科ほど、『1』や『不合格』を
取ろうとも、進級できてしまった方は、親御さんも含めて、
もう一度、よく考えられることをオススメします。


学校、先生は、多くの生徒の、成績の推移の傾向のデータを持っており、
今後どういう結果になるのか、ある程度、予想ができた上で、
昨今のアカハラ・パワハラ・差別・体罰問題を踏まえて、
出来る限りの注意勧告をしています。


そのことを、『大丈夫なんだ』『余裕なんだ』と軽く考えてしまうと、
ズルズルと落ち込んでいくことになりますので、注意しておくことを
オススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11570390c.html
その他

■同じテーマの最新記事
ペンを持っている? 字を書いて・読んでいる?
春休みの宿題は出ていない?
今学年も残り一週間
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト