立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

学校行事、部活動の予定の確認

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案




〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

さすがにもう部活動の予定なども出たと思います。


先月には、学校行事の予定などを確認した上で、計画を立てましょうと書きましたが、
ここに来て、不測だった部活動の予定が決まり、その計画も修正を余儀なくされていると思います。


昨今は勉強、学習に影響が出てくるほどに部活動が活発になってきていますが、
スポーツ推進もここまでくるとやりすぎだと思います。


特に、テストの点数、成績で進級・進学が決まる私立校・中高一貫校生は、
日程、時間帯も無計画に行われる部活動によって、
進路、人生を狂わされた方は少なくないでしょう。


そうなると健全な肉体が、健全な精神を作るというスポーツ界の名言は、
全くもっての嘘どころか、詐欺のように感じられると思います。


少なくとも健全な『進路』『人生』を歩めるかどうかということに対して、
ごくごく一部の輝かしい道を切り開いた方のみであるということが、
顕著になってきていると思います。


そういったデータを無視するのがスポーツの世界、勝負の世界だというのであれば、
負け犬はとことん落ちぶれていくのが当然ということになるでしょう。


今の中高生の部活動が健全なものかどうか、疑問が残りますが、
続けるという以上は、それに対応したことを考えなければならないわけですから、
対策として、予定の確認、計画の見直しの徹底を勧めています。


それができないのであれば、すぐにでも辞めないと、本当に部活動によって、
自分の進路、人生が大きく狂わされることになり、そのことがマイナスに働くことがあっても、
プラスに働くことはないでしょう。


その道のプロを本当に目指すのであれば、通っている“学校”で、
その可能性が本当にあるのか、よく考えてみるといいと思います。


スポーツなどでは強い方が集まる学校が、大会優勝常連校となり、
その学校は“常時”強い方が集まるわけですから、3年間の中で、
そのプロへと続く道が開けることもあるでしょう。


しかし、数年前、十数年前にたまたま一回・二回優勝したという学校は、
その年の、その世代において、『強い人』が集まっただけに過ぎない
可能性が高いです。


漫画やドラマのようなことが起きないというつもりはありませんが、
常時一定のレベルの強さを保てる学校でなければ、結果が残せないのは、
当然のことだと思います。


学校側も結果が出ない部活動に力を入れる、つまり部費を出す、充実した施設を用意する、
有名な監督・コーチを雇うなどということはありません。


そういったことまできちんと考えて、プロになると、なる気があると、
言える方は、すでに、学校選びから考えていると思います。


“それ”すら出来ず、ただ頑張れば、ただ夢に向かって走ればという方は、
残念ながら、それ以外、ここでは勉強としますが、勉強に対しても、
同じように何も考えずに、ただ頑張れば、ただ夢に向かって走ればということに
なっていると思います。


当たり前ですが、ただ頑張れば、ただ夢に向かって走ればと思っている方は、
ゴマンといるわけですから、環境・状況が良い方ほど有利になるのは、
当然のことだと思います。


意志の力を否定するわけではありませんが、逆に聞きますが、環境・状況が揃っている、
いえ、“自らの力・意思”で、『揃えた』方の“意志”が、
『揃えもしなかった』『考えもしなかった』方の“意志”より、弱いと本気で思えますか。


漫画やドラマではそういった名門校・常連校の方々は、プライドが高くて、
相手を見下す、嫌味な性格を持っていて、自分に驕り、失敗するようによく描かれますが、
そもそも、そういった方々は、環境・状況を揃えもしない、考えもしない方など、
眼中になく、多くの方は自分の夢や未来・将来に向かって、
『自分との戦い』を始めているため、そう見えるだけだと思います。


これは、単位制絶対評価の私立校・中高一貫校における『勉強』でも、
同じことがいえます。


『絶対評価』とは、自分との戦いであり、理論上、クラスの全員が、
百点満点を取れば、全員が成績『5』を取れるものになっています。


そんな評価をしてくれる環境で、そこから、いえ、そこから“すらも”逃げて、
好きなことを好き勝手にやって、『自分は頑張っている』と満足している“だけ”で、
結果を見直さず、反省もせず、工夫も成長もせずに、過ごしている方が、
夢や未来・将来を掴めるとは思えませんが、いかがでしょうか。


うるさい説教のように感じられるかもしれませんが、
情報化が進む、これからの時代は、こういったことでも、
こういった世界でも、『格差』が出てくることになると思います。


好きなことをただがむしゃらに、無邪気にやってれば、
うまくいったという話は少なくなってくることでしょう。


むしろ、好きだからこそ、考えに考えて、嫌なことがあっても、
わからないことがあっても、さらに考えて、どうすればいいのか、
どうするべきか、自分で決断し、研究・探求し、結果を出していかないと、
意味のない時間を過ごすことになると思います。


部活動、好きなことなど、勉強以外の何でも構いませんが、
こういったことまで考え、予定を確認し、計画を立てて、修正していかないと、
それが出来る人との『格差』は広がる一方になると思います。


単純な『学力』、つまり学校教育の勉強の結果の格差よりも、
こういったことの『格差』は、これからの世界において、
致命的になってくる『格差』になることを懸念しております。


私立校・中高一貫校において、進級・進学『できた方』と『できなかった方』の“差”が、
すでにそうなってきているように思えます。


話が大分脱線しましたが、ここまでのことを考えてというのは難しいでしょうが、
考えられなくとも、わからなくとも、予定の確認と計画の見直しの大事さは、
感じ取れると思いますので、やっておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11655989c.html
その他

■同じテーマの最新記事
9月残り一週間
テスト前の連休
来週10月になる
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト