立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

来週の連休明け、中間テスト何日前

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・中高一貫校生必見!効果的な勉強法・学習法
┃効┃┃率┃┃学┃┃習┃・普段の勉強から長期休みの勉強まで無料掲載
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・詳しくは塾のHPをご確認下さい。

私立校・中高一貫校生のための二学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案



〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

今週、来週、さらには再来週、来月に至るまで、
学校行事の準備や部活動の大会などで忙しくなると思います。


青春時代を充実させるための『忙しさ』として、
辛い部分もありながら、おもしろ楽しく、過ごせる期間かもしれませんが、
そのことで、『テストの結果が免除』されるわけではありません。


私立校・中高一貫校においては、最終的な結果、
進級・進学の『合格基準』を満たし、進級・進学ができることが決まった時に、
それらのことが、プラスアルファの功績として評価されるかもしれませんが、
『合格基準』を満たさなければ、それがどんなに輝かしいものだったとしても、
素晴らしい青春時代の思い出、良い人生経験だったとしても、
進級・進学の評価にはなりません。


そのことを知った上で、感じ取った上で、現実的、物理的に、
きちんと『確認』をして下さい。


来週の連休を過ぎたら、9月最終週であり、10月を迎えます。


その10月は、『中間テストのある10月』です。


その時、果たして、中間テストまで何日、何十日、何十時間、何百時間と
なっていますか。


知らない、わからないとは言わせません。


4月の始業の段階で、学校・先生から、年間予定表を渡されており、
そこには学校行事の他に、定期テストの日程も書かれているはずです。


それは、もしかしたら『やるかもしれない』という予定ではありません。


確実に必ず行われる計画となっています。


それを無視して、効率よくやれば、何とかなるでしょうなどと、
適当な考えでいると、二学期からはどんどん追い込まれていくことになります。


残念ながら、この日程の確認などは、親御さん、ご家庭でも行われることがなく、
当然、その背中を見て育つお子さん、生徒も、“ソレ”に倣って、行いません。


『やれ』とは言っている親御さん、ご家庭は多いかもしれませんが、
『やって“見せて”いる』あるいは『一緒に確認している』方は多くはありません。


お子さん、生徒の自主性・自由に任せているのかもしれませんが、
こういった問題は、お子さん、生徒だけの問題ではないはずです。


テスト前やテスト期間中は、お子さんが早く帰宅することや、
学校行事となれば、お弁当や別途夕食代などを用意しなければならないなど、
確実に『親御さん、ご家庭』“も”関わる日程になっていることでしょう。


それらを好き勝手に、任せるというのであれば、
その日程管理を“失敗”して、勉強ができなくて、
テストで点数が取れなくて、成績を落してということまで『任せ』、
そして、進級・進学できないことになっても、一切何も言わないという
方針であれば、お子さんは本当に伸び伸びと自由に、自主性をもって、
育っていくことでしょう。


しかし、多くの親御さん、ご家庭は、“そうは言っても”、
進級・進学して欲しい、成績が良くなってほしい、
テストで点数が取れるようになってほしいと、
望まれることが多いです。


“そう”なってからでは遅いというのに。


この日程確認に関しては、近年、情報化が進んでいるというにも関わらず、
出来ない方と出来る方の『格差』がひどくなってきているように思えます。


そして、それは社会に出た時、大きな格差となってしまうことを懸念しております。


いつでも、どこでも、情報が得られるということは、
イコール、いつまでも、どこまでも、
『待っててくれる』『得ることができる』ということではないと
早くに気づかないと、追い込まれてから、本当に『何も出来ない』と
なってしまうことになります。


期日、期限と追い立てられるのは、まるでブラック企業のように思われますが、
『想定・予定されている期日・期限』であった場合、それは『対応できない』
『対応しなかった』方が“悪”となってしまうことになります。


夏休みの宿題でも同じようなことが言えますが、
今後はこういった期日、期限に余裕をもって間に合わせることが、
求められる能力になっていくことになると思います。


失礼ながら、私立校・中高一貫校に進級・進学できなかった場合、
『ソレ』が出来ないことを証明してしまうことになることでしょう。


そうならないためにも、まだまだ時間があるかもしれませんが、
来週を終えたら、中間テストまで何日、何十日、何十時間、何百時間なのか、
そして、その日を迎えるにあたって、『どうなっていたいか』
『どうならなければならないか』をよく考えておくことをオススメします。


そうすれば、今週・来週にやっておくべきこと、やるべきことが
見えてくることでしょう。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11657799c.html
その他

■同じテーマの最新記事
宿題は今週中に終わらせる
期末テストの範囲を確認する
部活動などとの共倒れ
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト