立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

11月残り20日

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓・二学期期末テストを終えて、一安心?!
┃冬┃┃期┃┃講┃┃習┃・今年は12月で冬休みの宿題を終らせよう!!
┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛・来年は最高のスタートで勉強を始める!!

 ◆立教生はこちらから  ◆中高一貫校生はこちらから

【電子書籍出版】 

私立校・中高一貫校生のための冬休みの勉強を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための三学期からの勉強の仕方を電子書籍で提案!

私立校・中高一貫校生のための受験勉強の仕方を電子書籍で提案!

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

11月も上旬が終わり、秋も深まり、もう冬支度となってきていると思いますが、
いかがでしょうか。


そろそろ日が暮れるのも早くなり、夜は寒くなって、
活動するのが億劫になってくると思います。


ましてや、面倒・嫌いの代名詞とも言える『勉強』をしようなどとは、
なかなか思えないことでしょう。


基本的に、勉強は『学校内』で行うものであって、家に持ち帰ってまで、
やる必要はないとは思います。


学校の授業をよく聞き、わからないところや出来ないところは放課後に
先生に聞きにいくなど、学校内で済ませられることが望ましいことだと思います。


しかしながら、今年度以降はそれでも対応できないくらいの授業の進度の速さ、
宿題・演習の量を出されている上に、学校の先生も『本来の仕事』である『教職』を、
授業の時間以外では行えない忙しさになっていて、部活動の顧問として、職員室に
いなかったり、また職員室にいても、会議や雑務に追われて、生徒の質問に
対応できないようになってきているようにも見受けられます。


そうなると、授業中に集中して、その場で覚えて、その場で身につけてということを
やっていかないと、後々になってから、『教えてもらえる時間と量』が限られてくることに
なります。


そうなってから、『取り戻す』には、今後はより厳しいものになっていくと思います。


実際に塾に来ていた方の中にも、勉強うんぬんについていけるいけないというよりも、
(通っている学校の)勉強そのものについていけるレベルではなくなってしまった方の多くが、
進級・進学できずに、学校を去っていくようになっています。


勉強は、やる気になって、『始める』ことができれば、
いつでもどこでも、どんな状況・状態だったとしてもできますし、
上達する・理解する・わかるようになりますが、
私立校・中高一貫校の場合、問題は、それが、『学校の勉強』に、
『授業』についていけるレベルかどうか、
何よりも『間に合うかどうか』ということになります。


何度も書いておりますが、学校での定期テストは14〜16回、成績は8回という
“有限”の『機会』しか与えられていません。


その“有限”の『機会』において、いつ、どこから、やって、
ついていけるようになるのか、間に合うのかは、
誰も明言できることはできないでしょう。


しかし、その“有限”の『機会』によって、点数・成績によって、
『内部進学』の合否が決まる私立校・中高一貫校の場合、
『逆算』すれば、誰でもわかることになります。


さすがに、残り一回のテスト、一回の成績で、
今まで数点、十数点、成績1や2、不合格ばっかり取ってきた方が、
一発逆転で進学を『許される』なんてことが起こるとは思えないでしょう。


では、残り三回なら、二回の成績なら『許される』のか、
これもまた、あまり現実的とは思えないでしょう。


普通に考えれば、『決められた回数』の中で、
“総合の結果”を変えられるのは、半分ぐらいが限界です


8回の成績だけを考えれば、成績『1』を6回取れば、
残り2回で成績『5』を取ったとしても、
合計で成績『16』、平均すれば『2』。


進級・進学要綱にもよりますが、その教科だけであれば、
追試や課題で済まされたり、あるいは他の教科でカバーできるだけの成績を
取っているのであれば、不問とすることが、『奇跡的』に起きるかもしれませんが、
それこそまさに神のみぞ知る、『なってみてわかった』ということになります。


逆に、成績『1』を4回取っても、そこからの
残り4回で成績『5』を取れば、
合計で成績『24』、平均すれば『3』。


これで進級・進学要綱に引っかかることはまずないでしょう。


一部教科、最近ですと英語教科などにおいては、
さらに平均3.5以上といった条件があるかもしれませんが、
それも英検などの資格取得で、免除されることもあると思いますので、
“まだ”こちらのほうが、現実的に希望を持てるものとなるでしょう。


大変失礼ながら、私立校・中高一貫校に子供を通わせている親御さん・ご家庭において、
こういった『感覚』がある方が少なくなってきているように思えます。


ご自身がそういった私立校・中高一貫校に通われたことがないためなのか、
もうすっかり学校生活の点数や成績などの感覚が薄らいでしまったのか、
こういった『ボーダーライン』に対する危機感がない方が多いように思えます。


人生何が起こるかわからない、最悪、内部進学なんか諦めて、受験で一発逆転できるだろうと、
『受験を経験した』親御さん・ご家庭は“そう”思われるかもしれませんが、
どうせ内部進学できるとタカをくくって、『勉強』してこなかった方の学力はもちろんのこと、
それ以上に勉強に対する意欲、態度、姿勢は、親御さん・ご家庭の想像をはるかに超えるほど、
ひどくなっていることが多いです。


うるさい説教かもしれませんが、そうならないためにも、残りの『機会』を確認し、
今後のことをよく考えられることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛
     ☆☆大学生講師募集中☆☆





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

『PR』・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜

私立校・中高一貫校生の各学年ごとの勉強の仕方を電子書籍で提案!





□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11679926c.html
その他

■同じテーマの最新記事
テスト範囲の総復習・見直し
来月の今頃どうなっていたい
宿題は今週中に終わらせる
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト