立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

テストが終わればもうOK?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
       立教生・中高一貫校生2018年夏期講習(前半)
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

   7月中に宿題・復習を終わらせ、8月をゆっくりじっくり過ごそう!
         ご相談・問合せは随時受付中!

  立教生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

多くの教育関係者から、批判、非難を受けるかもしれませんが、
ある条件を満たせば、学生は、テストを終えたら、勉強などしなくとも、
考えなくとも良いと言えると思います。


その条件は、私立校・中高一貫校生で、内部進学、あるいは推薦によって
高校、大学へと進学していくことを考えていること、そして、そのために、
学校での定期テスト、成績をしっかりと取って、進学するための条件を
満たしていること。


これを、出来ているというのであれば、学期末の期末テストを終えた瞬間から、
そして、成績が決まった瞬間から、勉強しなさい、勉強が将来・未来に役立つだとかは、
ただただ、“うるさい”説教であり、それこそ“何の役にもたたない”助言と言えます。


なぜなら、私立校・中高一貫校において、未来・将来の選択肢の幅を広げるために、
頑張るべき時、つまり、学校生活において、『記録』されている時、授業はもちろん、
宿題などの平常点、定期テスト、最終的に『成績』を取るまでに、頑張ったのであれば、
その時点で、『将来・未来に役立つ』勉強を行っており、高校・大学へと進学することが、
直近の未来・将来だと考えているのであれば、もっとも効率的、効果的な“勉強”をしている、
いえ、しきった結果が、学期末、期末テストを終えた瞬間が、もう(勉強しなくて)OKと
言っても過言ではないでしょう。


よく書いていることではありますが、勉強が嫌い、面倒だ、嫌だ嫌だと言っている方ほど、
“時間”をかけて勉強する傾向にあり、それすらも嫌がるために、
さらに膨大な量、時間を“勉強”に費やさざるおえない状況・状態になることが多いです。


私立校・中高一貫校生で勉強ができる方の多くは、ある意味、“本当に”勉強ができる方で、
『勉強』は、授業内、学校内で終わらせて、家では、簡単な確認、宿題をやるだけで、
“それだけ”で、赤点を取らない、そして、テスト前はちょっと集中して勉強して、
高得点を取る、これが『勉強が(効率良く、要領良く)できる』ということになります。


これだけで、『学校』での授業、勉強以上の知識、学力、勉強を求められる“受験”勉強を、
『時間』をかけて、やる必要が無くなり、高校、大学へと“楽に”進学できるというのですから、
皆さんが求める、効率的な、効果的な、将来・未来に役立つ、“最低限”の『勉強』だと
言えるでしょう。


しかし、圧倒的大多数の方が、この勉強ができないどころか、授業は聞かない、
宿題・課題は出さないと、どんどん“勉強”を溜め込んで、間に合わなくなって、
基礎学力、基礎知識を取りこぼしていって、進級・進学できるかどうかすら
怪しくなっていくことになります。


“その上”、テストが終わったのだから、学期が終わったのだから、
長期休みになったのだから、『当然の権利』が如く、勉強をしないことを主張し、
する意味が無いと言わんばかりの言動、態度、姿勢を示します。


そういった方々の中から、“ひどい”方から、失礼ながらこれは
『躾け』のなっていない方から、順番に、通っている私立校・中高一貫校から
去っていくことになっています。


親御さん、ご家庭の方からすれば不名誉な言われようかもしれませんが、
昨今の教育現場は、ご家庭での『躾け』『教育』の披露の場であって、
点数や成績は、“そのまま”ご家庭での『躾け』『教育』の評価に等しいと
言っても過言ではないでしょう。


特に小学校、中学校での点数、成績は、まさにそれを“示して”いると
言えます。


私立校・中高一貫校の場合、それを強く、厳しく見ていくことになりますが、
昨今のパワハラ問題等から、学校・先生側が、指導教育することは
難しくなっていくために、全て親御さん、ご家庭での『自己責任』となります。


今後、この傾向がより強く、格差的に出てくることになると、
学力の格差はもちろんのこと、“結果”の格差、そして、
残念ことではありますが、“末路”の格差が拡がっていくことでしょう。


そんな二極化にならないように、各教育現場で尽力を尽くしている方が多いとは思いますが、
審査・評価の厳しい私立校・中高一貫校の場合、“合わせる”のは生徒、
親御さん、ご家庭の方であって、学校・先生側が“合わせて”くることはありません。


時代に合った、制度に合った教育を、提案をしてくることはあっても、
進級・進学の審査・評価に関して、要綱に関しては、むしろ、
2020年度の教育改革、今後の教育に“合わせて”、厳しくなることが
予想されます。


先日にも似た内容になりますが、“それ”に、通っている私立校・中高一貫校に、
『合わない』ということになれば、転校を勧められるようになることでしょう。


それがいつのタイミングになるかはわかりませんが、
遅くとも早くとも、その後の対応はすぐに行わなければ、
今回の教育改革の犠牲者となってしまう可能性が高くなります。


そういったことまでを含めて、もう一度、この一学期をよく考えてみて下さい。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11755656c.html
その他

■同じテーマの最新記事
今年の夏休みはどうする?
一学期お疲れ様でした
祝日の今日、今後のことを考える
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト