立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

来週の呼び出し・面談

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
       立教生・中高一貫校生2018年夏期講習(前半)
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

   7月中に宿題・復習を終わらせ、8月をゆっくりじっくり過ごそう!
         ご相談・問合せは随時受付中!

  立教生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

  私立校・中高一貫校生のための夏休みの勉強を電子書籍で提案!


〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

昨年度まで、呼び出し・面談の“常連”となっていた方は、
今年度以降から、その考え、意識、思いを変えないと、
おそらく、次、呼び出されるのは、個人的に、さらに、
特定的になってくると思います。


つまり、全体での呼び出し・面談ではなく、あなた“だけ”が、
呼び出される・面談となることでしょう。


それが意味することはわかると思いますが、その時の呼び出し・面談は、
進路、進級・進学に直結する呼び出し・面談となることでしょう。


今回の呼び出し・面談を今までと同じように考えていると、
その“次”呼び出された時は、『覚悟』が必要になると思います。


厳しくなった学校では、来週の呼び出し・面談の際に、
転校を勧められることもあるでしょうが、そういったことに
落胆したり、その逆に、安心させられることを言われて、
楽観したりすることもあるでしょう。


しかし、“まだ”進級・進学の合否が決定したわけではないのですから、
そこまで悲観するのも楽観する必要もないとは言えます。


それよりも、“問題”点、成績の『原因』についての内容に関しては、
重く受け止めておくことをオススメします。


“なぜ”その成績になったのか、悪い成績の場合、そのことをきちんと
先生が話してくれて、『証拠』となる数字を見せてくれます。


私立校・中高一貫校の場合、学校、先生の考え方や成績の付け方で異なりますが、
宿題・課題の『出さない』『出していない』方に関して、
成績3よりも低い点数をつける傾向があります。


これは、失礼ながら、宿題・課題を出さない方の多くは、定期テストの点数も低いので、
気付かれにくいことではありますが、仮に『定期テスト』で合格点、それこそ
平均点を取れている方でも、2や1を付けられることがあります。


そもそも『宿題や課題を出す』ことは、成績を付ける上で、“大前提”、条件となっており、
『宿題や課題を出さない』ことは、テストで何点取ろうが、問答無用で、
成績を落すという学校、先生もいます。


そういった提出物を“出さない”方は、そもそもテストを受ける権利が無く、
テストの点数うんぬんよりも、そういった生活態度を直してもらうために、
成績を下げるという考えもあります。


私立校・中高一貫校の場合、そういった考えの方が多いので、
気を付けていないと、『テストの点数』以上の問題として、
見ることができずに、悶々と成績不振に悩むことになります。


厳しい書き方になりますが、これは親御さん、ご家庭の方のほうが、
知らない、わからない、気付かないことが多いです。


特に、受験で入学された方の中では、親御さん、ご家庭の方も含めて、
“学校”の『宿題・課題』“ごとき”のことと、軽んじる傾向があり、
まぁ、子供がやらないならやらないで、テストで何とかすればいいのでしょうと、
タカをくくって、いつまでも“勘違い”を続けられることが多いです。


私立校・中高一貫校の場合、こういった提出物もそうですが、普段の小テスト、
生活、言動、態度、姿勢が“厳しく”見られる傾向にあります。


よく、今の教育現場は、親御さん、ご家庭の躾け、教育の疲労の場と
揶揄しておりますが、私立校・中高一貫校の場合、これは揶揄ではなく、
事実となります。


それが、学校の成績として、数値・数字化されているといっても、
過言ではないでしょう。


親御さん、ご家庭の方からすれば、ふざけるなと憤慨されるかもしれませんが、
“そういった”細かいところの評価・審査の積み重ねが、成績に反映されると
考えないと、私立校・中高一貫校では苦しむことになると思います。


また、遅刻や早退などに関しても、私立校・中高一貫校では、
厳しく見られる傾向にあります。


私立校・中高一貫校各校で、教育方針を掲げておりますが、
基本的には聖人君子のような品行方正で、規律を守り、規則正しく、
生活をすることで、考え方を育むことで、勉学はもちろんのこと、
素晴らしい人格者になるように指導していくという考えで、
存在しています。


ですので、そこから逸脱する方を、排除するというわけではありませんが、
評価しないという傾向が強いです。


個性や自由、自主性などを声高にしている学校もあるかもしれませんが、
根底の部分では、この傾向が色濃く残っています。


呼び出し・面談の際には、出来る限りそのことを感じ取るように、
学校、先生の考えを、教えを聞き入れることをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11755961c.html
その他

■同じテーマの最新記事
中間テスト何時間前?
来週で終わる9月
近づいてきた中間テスト
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト