立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/eikanzemi

宿題は順調?

・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜
  ★┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┓★
  ☆┃立教生・中高一貫校生2018年夏期講習(後半)┃☆
  ★┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━┛★

      夏休みの宿題・1学期の範囲の総復習!
   2学期対策・休み明けテスト対策に向けて事前勉強!

    立教生はこちらから  中高一貫校生はこちらから

〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・〜・

うるさいかもしれませんが、お盆前までが次のタイムリミット、締め切りとなり、
それを逃せば、8月末に地獄の週間となります。


この時期、すでに『だらけて』きて、宿題も捗らないかもしれませんが、
学校・先生側は、そんなこと知ったことではありません。


宿題は、家でやるものですから、この時点で、ご家庭での問題となります。


やる、やらない、やってきた、やってこないの『結果』だけで、
審査・評価し、最終的に成績として『記録』していくことになります。


そういった意味では、こういった長期休み中の宿題、休み明けのテストは、
まさに、親御さん、ご家庭の方の躾け、教育の賜物、真骨頂だと言えるかもしれません。


失礼ながら、お子さんが宿題をやらない、出来ないは、
親御さん、ご家庭の方が躾け、教育をやらない、出来ないを
示す結果となることでしょう。


厳しいように感じられるかもしれませんが、『記録』された成績で、
進級・進学が決まる私立校・中高一貫校では、そういった比喩で表現することが出来ます。


お子さんが通っている私立校・中高一貫校で、その学校の自由な校風、教育方針が気に入っていて、
別にその学校で進級・進学していく意思はなく、伸び伸びと元気に成長してくれさえすれば良いというのであれば、
これは『間違っている』ことだと言えます。


しかし、これはほぼ100%だと思いますが、私立校・中高一貫校に入学させたということは、
通っている学校で進級・進学できるのは“当たり前”のことで、進級・進学できないなんてことは、
“あり得ない”ことで、むしろ、それ以上の選択肢が得られるように、充実した学校生活を
送ってもらいたいと考えている方がほとんどでしょう。


しかし、それでも私立校・中高一貫校各校で、年に数%から十数%、多ければ2割近くの方が、
進級・進学できないで、学校を去っていくことになっているのが現状です。


もちろん、体調や精神的な問題で、致し方なく学校を去ることになった方もいるとは思いますが、
多くの方は、“学業不振”で去ることになります。


それも、学業不振にも関わらず、好き勝手に“やりたいことはやって”、
もう手の施しようのない状況・状態になって、学校を去る方が多いので、
その後の進路も、芳しくないのが昨今の現状だと思います。


授業を聞かない、宿題をやらないといったことは論外ではありますが、
そうしたことはやっているのに、なかなか授業についていけず、
テストで点数が取れないという方の多くは、“部活動を辞めない”ことが
挙げられると思います。


言い方が悪いですが、『勉強なんて、部活動の傍ら、片手間でやっても大丈夫』程度に考えて、
進級・進学できないことになるかもしれないという『自覚』『危機感』が足らず、
辞める『覚悟』を決められないのだと思いますがいかがでしょうか。


そうして、『記録』を積み重ねてしまい、そろそろヤバイという状況になったころ、
部活動ではレギュラーになっていたりして、“もう辞めるに辞められない”状況下になって、
抜け出せなくなってしまうでしょう。


塾でも、よく相談を受けますが、この状況・状態になって、勉強の仕方がわからない、
テストで点数が取れないと言われても、『片手間』で今までの挽回を、基礎学力、基礎知識の
取り戻しを行えるほど、私立校・中高一貫校は“甘く”ないです。


しかし、そう、ご提案しても、部活動を辞めるという選択が出来ずに、
学校を去ることになっていく方が殆どとなります。


そして、失礼ながら、部活動と心中する『覚悟』も無ければ、
その道での進路も断たれることになり、全て中途半端になって、
学校から追い出されることになると思います。


今年度以降、この問題は増えていくと思いますが、
個人的には、こういったこともまた、
親御さん、ご家庭の方の躾け、教育の一環だと思います。


学校・先生側は、部活動を“推奨”しても、“強制”しているわけではありませんので、
親御さん、ご家庭の方も“含めて”、よく考えて、決断して下さいということになります。


話がかなり脱線しましたが、この夏休みの宿題、休み明けのテストにおいても、
『問われている』ということを、親御さん、ご家庭の方も、よく考えておくことをオススメします。


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  ┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓┏━┓
  ┃通┃┃塾┃┃生┃┃募┃┃集┃┃中┃
  ┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛┗━┛





【住所】
東京都豊島区西池袋5-8-9 藤和池袋コープ2F(地図

【TEL・FAX】
03-6912-7063

□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000018444/p11764679c.html
その他

■同じテーマの最新記事
今年残り3週間を切る
変えることのできない現実、事実
今年度のツケ、借金
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファイメージ
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファ
プロフィール公開中 プロフィール
立教専門塾栄冠ゼミ・私立校中高一貫校専門アルファのブログです。講習のお知らせや日頃の勉強について、基本的に毎日書いています。

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト