赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

ハルク@高田馬場

青唐爽麺

ハルク
☆☆☆☆.1(高田馬場)
渡り蟹のつけ麺880円

Hulk

渡り蟹のつけ麺戴きました。

麺は角極太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大栄食品社の麺箱に入っている自家製麺?で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養満点な啜り心地を楽しむよりも麺自体の風味を噛み締めて味わうタイプの極太麺で、スルスルやツルツルっとした喉ごしは期待してはいけない麺です(麺量:茹で後300gでお腹一杯で、更に400gも500gも同一価格で学生さんや大食漢にはいいですね)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味超微アリな粘度ドロドロな一見「また、お前も系」に見えてしまう濃厚鶏魚介味で、料理名になっている「渡り蟹」の蟹味噌や甲殻系の「蟹」の風味は甲殻系が薄っすらと香るくらいで期待していた濃厚な蟹味噌風味の無い鶏重視の濃厚味に仕上がっています。

具は3・4等分にカットされた穂先メンマと切り落とされた肩ロース叉焼2つと揚げ葱(揚げエシャレットかも)と若干の渡り蟹のほぐし身と長葱がつけ汁に入れられ、海苔2枚が麺に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極太麺に負けないようにドロドロつけ汁が絡みまくり汁跳ねに注意しながらジュルジュルっと啜りました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で底へ沈んで隠れてしまった渡り蟹のほぐし身を掬いながら美味しく戴けました。
お店は超激戦地区の高田馬場の早稲田通り沿いに佇んでいて、屋号にもなっている食券機左上の青唐辛子を使用した辛いラーメンがウリですが「渡り蟹」も珍しいので伺ってみました。
追飯用の小ライス20円と半ライス40円もナイスコスパで魅力ですね!

大栄食品の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8952334.html






つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11663907c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

三五十五@上板橋

ラーメン

三五十五(サンゴジュウゴ)
☆☆☆☆.2(上板橋)
辛味噌つけ麵750円

Three times Five =Fifteen

辛味噌つけ麺戴きました。

麺は平打中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた啜るには丁度良い太さの平打麺で、少々くっ付きが気になりますが喉ごしが楽しめる量的にも満足できる麺です(麺量:茹で前240gで腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感の無い辛味と粘度が弱アリなマイルド豚骨と江戸甘味噌と北海道味噌でしょうか?を合わせた濃厚豚骨味噌味で、味噌の甘味と料理名どおりの辛味がピリッと効いている関東人に合う味噌味に仕上がっています。

具は味付きメンマ4・5本と多少レア感が残るバラ叉焼1枚が麺の横に添えられ、豚ミンチ肉と青葱がつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の表面や麺間にミンチ肉や青葱と共にピリ辛なつけ汁が纏わりズルズルっと美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式にマイルド豚骨スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色の蓮華で豚ミンチを探しながら美味しく戴けました。
お店はグランドオープン直後は夜営業のみで、昼営業を始めたと思ったら「あぶらそば」のみの営業でしたが、偶然に店頭を通ったらフルメニューの提供でようやっとつけ麺にありつけました。

麺量一覧はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8951461.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11663500c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

とりまる@本蓮沼

麺や

とりまる
☆☆☆.8(本蓮沼)
つけ麺800円

Bird Circle

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた丸山製麵製で、気持ち硬茹でされているのでパツパツ感が残り喉ごしを邪魔しているような啜り心地の黄色見の強い玉子麺です(麺量:茹で前225gで腹7.5分目といったところで、サービスで大盛300gも同一価格です)。
つけ汁はオイリー感と粘度が無い酸味微アリな辛味弱アリな鶏メインに鮪節をブレンドした昔ながらの甘辛酸な醤油味で、化学調味料と一味の辛さで舌先がヒリヒリする辛口な醤油味に仕上がっています。

具はメンマ7・8本とホウレン草のお浸しと茹で玉子半分と海苔1枚が麺の上に飾られ、2口大のワンタン3個と長葱がつけ汁に入っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、サラっとしたつけ汁が麺の表面に軽く絡み赤い唐辛子の辛味とは違った辛味を纏いズズっとヒリヒリと啜れました。
途中、卓上のワンタンの食べ方に習ってコショウとお酢に付け戴きましたが、普通につけ汁にからダイレクトに戴いた方がワンタン自体の生姜が効いた美味しさが分かりました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ長葱が足され、プラスチック製の白い蓮華で麺を浸して戴いていた時には感じなかった鮪節スープが口内に広がり美味しく戴けました。
お店の外観から内観そしてPOPから手造り感一杯な感じが伝わってきますが、まだまだ女性のお一人様は入りづらい感がします。

ワンタン断面ショーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8950444.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11662838c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

つるしこ@渋谷

冷麺ダイニング

つるしこ
☆☆☆☆.1(渋谷・代官山)
濃厚つけ冷麺1100円

Smoothy Chewy

濃厚つけ冷麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた国産小麦粉と馬鈴薯澱粉をブレンドしたオリジナル生麺で、半透明な黄色が食欲を導き立てる様にやっとこエコ箸に絡み(正直、エコ箸ではこの麺は掴み辛いので、割り箸希望です)店名通りの「ツルシコ」が喉元を優雅に流れ落ち喉ごしを楽しませてくれます(麺量:茹で前200gで腹6.5分目といったところで、ランチタイムは小ごはんサービスがあり腹7.5分目迄膨らみました)。
つけ汁は辛味とオイリー感と酸味が無い粘度アリな担々風味の辛味の無い「牛・豆乳・野菜」をブレンドした盛岡冷麵風で、無化調な優しさに「大豆」の旨味が凝縮されたつけ汁にまとめられています。

具はメンマは無く、モチモチ感のある鶏ムネ肉叉焼1枚とスライサーで綺麗に削ぎ落され巻き巻きになった胡瓜2枚と人参数枚とサッと茹でられた?南瓜と薩摩芋とズッキーニ各1枚と茹で玉子半分と白胡麻が麺の上に幻想的に飾られ、青葱と大豆で作った肉風そぼろがつけ汁に沈んでいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルシコ麺に大豆そぼろが接着剤となりつけ汁を持ち上げジュルジュルっと普段と違う馬鈴薯雑じりのツルシコ麺を美味しく啜りました。
スープ割は提供が無いみたいでブーメラン方式に茹で湯を注いでもらい、金属製の銀色の蓮華で大豆肉と共に戴きましたが、しっくりこないのでランチサービスの追飯(塩昆布付)を投入し「おじや」にして大豆肉と共に美味しくお腹を満たしました。
お店は仕事で毎日のように通っている明治通り沿いに佇んでいますが、何せ駅から遠いので認知度が低く目立たないので、並びの行列店のカレー屋さんとコラボでもしないと価格設定も強気なので存続が危ぶまれます。 

盛岡冷麵はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8948934.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11661339c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

玉彦@板橋

らーめん

玉彦(タマヒコ)
☆☆☆☆.3(板橋)
鶏塩つけ麺620円

Ball Altair 2

鶏塩つけ麺(中盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麵で、気持ち硬茹でしてあるせいか中太でもパツパツ感が感じられる小麦粉がギューっと詰まった感も分かる啜るのに苦労しない喉ごしも楽しめる手造りの風味が残る良い麺です(麺量:茹で前300gで丁度お腹一杯で、ランチタイムは中盛と半ライスのサービスがあります)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリなマイルド鶏白湯塩味で、以前戴いた時よりも尖った塩味(エンミ)が無くなり円やかな塩味(シオアジ)にまとめられています。

具はメンマは無く、皮付き巻き巻き鶏叉焼2枚と茹でモヤシとカイワレと長葱とコリコリ感が楽しめるキクラゲがつけ汁に綺麗に配置されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、パツパツ麺につけ汁が軽く絡み鶏の旨味を感じながら味変しないで自家製麵の拘りを感じながら啜れました。
スープ割はお願いすると鶏スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で大好きなキクラゲを探しながら美味しく戴けました。
お店は板橋駅東口から北へ入った板橋ラーメンストリートに佇んでいて、自家製麵のせいもあってかCPが抜群で頼もしいですね!

ランチサービスはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8948125.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11660809c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

河野@中村橋

麺や

河野(コウノ)
☆☆☆☆.3(中村橋)
つけ麺850円

River Field

つけ麺(中盛)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、茹でる前に入念に手揉みされて表面に凹凸な捻りを加えたひと晩くらい寝かしてあるのでしょうか?モチっとした舌触りが心地良い喉ごしも十分楽しめる自家製ならではの良い麺です(麺量:茹で前250gで腹9分目といったところで、普通200gから大盛300gまで同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな鶏と鯖節系の醤油味で、鯖の少し苦みばしった風味が「大人のつけ麺」を醸し出し、鰹や鰯や飛魚とはひと味違った濁りのある鶏魚介醤油に仕上がっています。

具は超細メンマ5・6本と平たいのやら三角ばったのやらの切り落とし叉焼沢山とトロロ昆布と青葱がつけ汁に入れられています。
このトロロ昆布で粘度のないつけ汁にトロミが生まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌の凸凹にトロロ昆布がつけ汁を運んで纏わり付きムニュズルっと自家製麵を楽しみながら美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鯖出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で青葱を追いかけながら「大人の味」を戴きました。
お店はカウンター6席で店主さん一人で営んでいるこじんまりした人気店で、開店から7年が経ち「つけ麺」の提供があるを知ったので行列覚悟で11時35分に到着し、セカンドロット(正確には3人前づつ料理するので4ロット目)で念願の河野のつけ麺が戴けました。

麺量一覧はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8943226.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11657022c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ゆるぎ@野方

本格中華蕎麦

ゆるぎ
☆☆☆☆.4(野方)
つけそば800円

Shaking

つけそば(淡麗・鶏)戴きました。

麺は角中細ストレートのエッジに尖りがある手櫛で綺麗に揃えられた心の味食品社製で、中細ならではのとても啜り易い最高な喉ごしを楽しませてくれる色白な好みのタイプな素敵な麺です(麺量:茹で前300g位で丁度お腹一杯といったところで、女性には多いかもです)。
つけ汁は粘度と辛味の無い酸味とオイリー感が超微アリな透明感の無い漆黒色した醤油味で、とてもコクのあるカエシ(生醬油でしょうか?)に鶏出汁スープが効いている濃口だけどスッキリした醤油味に仕上がりにまとめられています。

具はメンマな無く、存在感がある厚み1cmはあろう肩ロース叉焼2枚とホウレン草と厚笹切りされた細葱がつけ汁の中央に島の様に盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、中細麺同士の間に漆黒色したつけ汁が麺肌の色を変えながら絡みズズズっと爽快に思い切り美味しく啜れ、麺量の多いのも気にせず1本残らず啜ってしまいました。
スープ割は最初、提供していないと言われましたが「スープ足しましょう」と言われブーメラン方式にラーメン用の鶏スープでしょうか?が注がれ、プラスチック製の白い蓮華で厚笹切り細葱を追いかけながらコクのあるカエシを感じながら美味しく戴けました。
お店の2・3軒隣とお向かいには、お味噌と鶏白湯のラーメン店が建ち並び野方のラーメンストリートを形成していますが、淡麗醤油という味の分野の違うラーメン・つけ麺でこの一角を楽しませてくれています。

山岸一雄 万歳ドンブリはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8940842.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11655059c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

小桜@東高円寺

麺屋

小桜(コザクラ) 
☆☆☆.7(東高円寺)
つけ麵780円

Small Cherry Tree

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麵製で、気持ち軟らか目に茹でてあるせいかモチっと感が崩壊されたフードコート等でよく見掛ける多加水のフニャっとしたチープな食感で、喉ごしは幾分か楽しめましたが啜り心地は市販されているシ〇〇゛ヤ級の麺でした(麺量:茹で前185g位で腹7.5分目といったところで、小ライスは終日サービスです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度弱アリなこげ茶濁したマイルド豚骨にこれまたマイルド魚介出汁スープを合わせた薄っすら魚介豚骨醤油味で、魚粉のザラザラ感はありませんが黒胡椒のスパイスが若干効いている万人受けした仕上がりにまとめられています。

具はメンマ4本と長方形ベーコン状の炙りが入ったバラ叉焼2枚とカイワレ大根と海苔1枚が麺上を飾り、笹切り長葱がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、フニャっとした表面にこげ茶濁したつけ汁が何故か絶妙に絡みズルズルっと美味しく戴け「フニャっとチープ×万人受けチープ=普通に美味しい」の定義が出来上がってしまいました。
スープ割はブーメラン方式に魚介出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で笹切り長葱を掬いながら千切った海苔と共に碗底に沈殿していた粒々掬い美味しく戴けました。
お店は東京地下鉄線の東高円寺駅の南側出口すぐ脇に佇んでいて、カウンター10席の店内ですが、お一人様の女性でも気兼ねなく入れる「飲み」も楽しめるお店でした。

券売機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8939152.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11653969c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まつおぶし@中板橋

まつおぶし 
☆☆☆.8(中板橋)
つけ麺750円

MATSUO Warrior

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある自家製麺で、気持ち硬茹でされているせいかモチっと感よりもゴアっと感の方が口内に広がり口当たりに抵抗があり喉ごしよりも噛み締めてしまうもう少し茹で時間があれば楽しめたかもしれない麺でした(麺量:茹で前180g位で腹7分目といったところで、50円刻みに90gづつ増量できます)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い、カエシにマイルド豚骨を加え魚介出汁スープでまとめた魚介豚骨醤油味で、魚粉ではない魚介のザラザラした節系出汁が全面に出ている仕上がりになっています。

具はメンマ4本と肩ロース叉焼の切り落とし数個とジェル状の黄身が愛おしい味玉半分と超薄切りナルト1枚と海苔1枚と長葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、強張った表面にこげ茶濁したつけ汁が微量に絡みズズルっと魚介出汁の風味を存分に感じながら啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華で魚介を満喫しながら戴けました。
お店は東武東上線の中板橋駅の栄えていない方の南口商店街の一角に佇んでいて、カウンター6席のこじんまりした店内ですが、自家製麵の評判がいいのか数名の行列が絶えず形成されていました。

自家製麵機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8938459.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11653602c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

CHINA ROOM@六本木

CHINA ROOM(チャイナルーム)
☆☆☆☆.5(六本木)
夏野菜と海鮮の宝龍冷やしつけ麺2732円(サ料・税込)

China Room

夏野菜と海鮮の宝龍冷やしつけ麺(夏季限定)戴きました。

麺は丸中太ストレートのまるでパスタの様な丸みがある低加水麺で、啜り易く更に喉元を確り麺が通り抜けて行くのが感じられる表面ツルツルなエコ箸ではなかなか掴み難い面白い麺です(麺量:茹で前160g位で麺だけなら腹6分目といったところですが、具で腹9分目迄膨らみました)。
つけ汁は冷製の2種類が配膳され、"醤油"は辛味とオイリー感と粘度の無い酸味アリなポン酢の様な爽やかな暑い時期には持って付けの酸味の刺激が効いている醤油味で、"ゴマ"は酸味が無い辛味とオイリー感と粘度が微アリなクリーミーな白胡麻の風味が漂う中に微ピリ辛の刺激が醸し出す担々チックなつけ汁に仕上がっていて、今回はこちらの"ゴマ"中心でほとんど戴きました。

具はメンマは無く、画面左上から才巻海老(車海老の小さいの)の活エビを使用した白玉粉揚げ(尾頭付き)とズワイ蟹の爪の天ぷらに、牛ロースのベビーリーフ巻に、鱧の湯引きと烏賊のレア茹でと真っ赤なトマトと湯剥き茄子とお刺身のツマでも見たことのある海藻のトサカノリとオゴノリに、夏野菜の甘酢漬け(みょうが・オクラ)と錦糸卵と赤身肉叉焼と大量の皮付き軟らか蒸し鶏に、コリコリ感が心地よい柚子風味のクラゲの頭(クコの実付)が麺と一緒にとても大きなセイロに盛り付けられています。
海老や蟹は見た目にも華やかで豪華さを演出してくれますね!
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、"醤油"は噎せるほどではありませんが酸味がとても効いているのでツルっとサラッと啜れ、"ゴマ"は辛いの苦手な私でもとても良い感じで辛さが楽しめるクリーミーさでジュルジュルっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
スープ割は注文時に提供がないのを確認していたので、温かいジャスミン茶でスッキリ喉元を流しました。
お店は六本木ヒルズ等が建ち並ぶ高層ビルの一角のグランドハイアット東京の6Fに佇んでいて、11時半の開店と共に小さな子のいる三世代連れや近くで働くお洒落なリッチな方々が次から次へと来店してビックリしてしまいました。
予約して伺うと安心ですね。

同時に提供している"山椒香る冷やし黒胡麻担々麺"はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8936122.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11652350c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 31 353930
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト