赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

みそはち@蓮根

らあめん

みそはち

☆☆☆☆.1(蓮根)

みそつけ麺780円

MISO Eight

みそつけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある以前近くの志村坂上で戴いて虜になった某食品社製に似た麺で、多加水のピロピロとした表面からの食感が気持ちよく喉元を流れ喉ごしを楽しませてくれる好みのタイプの麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところです)。

つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味微アリな濃厚系味噌味で、信州みその甘味にピリ辛を合わせた麹臭さの無い関東人には戴き易い味噌味にまとめられています。

具はメンマは無く、小さい切り落とし豚叉焼4・5個と炒め野菜(モヤシ・人参・玉葱)と青葱と白胡麻がつけ汁にギューギューに押し込まれています。

麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ピロピロ麺がつけ汁を持ち上げ炒め野菜と共に美味しく啜れました。

スープ割は配膳時に陶器製の白いポットに軽く白濁した鶏野菜スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で底に沈んで隠れてしまった炒め野菜を掬いながら戴きました。

お店は屋号どおりの味噌専門店で、雪がチラつく寒い日にはピッタリの炒め野菜(キクラゲが入っていたらもっと嬉しい)が温かみを演出してくれる万人受けする味噌味でした。



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11703979c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

修蔵@新宿

スワンレイク パブ エド
修蔵(シュウゾウ) 新宿店
☆☆☆☆.1(新宿)
濃厚魚介岩のりつけ麺750円

SHUZO SHINJUKU

濃厚魚介岩のりつけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたまるで日本蕎麦の藪蕎麦の様な灰色の面持ちをした新潟県は阿賀野産の小麦粉を使用した麺で、かん水をしていないのか変なヌメリがなく頬張れる喉ごしも優しい小麦粉本来の風味が楽しめる麺です(麺量:茹で前180g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味超微アリな鰹風味が奏でる魚介醤油味で、カエシに対しての魚介出汁がバランスよくブレンドされた老若男女問わず無難な醤油味(オーソドックスな甘辛酸ではない)に仕上がっています。

具はメンマや叉焼は無く、つけ汁に大量の笹切り長葱と間間に岩のりが浮遊し、粗削り節と青葱が麺の上に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、短めな麺を千切れない様に優しく掴み軽くズルっと啜れました。
スープ割は鰹出汁スープが入った別碗が配膳と共に提供され自分好みに調整でき、京うどんで見かける木製の茶色した蓮華で数少ない岩のりを探しながら戴けました。
お店はつけ麺の人気店「風雲児」の近くに佇んでいて、夜は日本全国・世界各国のスワンレイクやクラフトビールが楽しめるお店を展開しつつ、お昼には新潟県阿賀野産のブランド牛「あがの姫牛」やブランド豚「純白のビアンカ」を使用したランチが戴けるお店でした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9016769.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11702533c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

あおば@西武柳沢

支那そば

あおば
☆☆☆☆.1(西武柳沢・田無)
つけ麺800円

Fresh Leaves

つけ麺戴きました。

麺は角極細ウェーブのエッジに尖りがある茹で上がりの早い三河屋製麵製で、博多ラーメンの様な極細麺でも激しいくっつきはなく一掴みで大量に掴んでしまってもそのまま大量に啜れてしまう喉ごしの良い麺です(麺量:茹で前300g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな濁りのある清湯系醤油味で、清湯系でも動物のコクが感じられる最初に抱いていた透明なまっさらか漆黒色した清湯系醤油とは違った感じに仕上がっています。

具はメンマと長葱と肩ロース叉焼の切り落としが惜しげもなく大量につけ汁の中に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺の間につけ汁が適宜に絡み大量に口へ頬張り啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープがなみなみ注がれ、プラスチック製の白い蓮華でまだ底に沈んで隠れている叉焼を避けながら滋味深く戴きました。
お店はラーメンの鬼、故佐野実氏の「支那そばや」ご出身の店主さんが営んでいて、「支那そばや」には伺ったことはありませんがTVで見ていた「あれダメ、これダメ」的な独特な雰囲気は全く無く、男やもめ(間違っていたら御免なさい)?が醸し出す西武新宿線の西武柳沢と田無駅から1.5q程離れた幹線道路沿いに佇ずむガテン系のお客さんが多く訪れるお店でした。

ボケてない麵の表情はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9014678.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11700908c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

七志@渋谷

らーめん
七志(ナナシ)渋谷道玄坂店
☆☆☆.9(渋谷)
ゆずつけ麺842円

Seven Intention SHIBUYA

ゆずつけ麺842円戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある気持ち硬茹でされた黄色した麺で、所々に斑点が見受けられる栄養化満点の全粒粉入りで喉元に当たる食感が軟らかくなく太めの硬茹でされた藪蕎麦の様な喉ごしが感じられる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は粘度と辛味が無い酸味とオイリー感が微アリな白濁豚骨味で、辛味が無いのに柚子の酸味が額から汗を滲み出させる不思議な豚骨味に仕上がっています。

具は微辛味メンマ5・6本とつけ汁に入れると蘇生するバラ肉叉焼4・5枚と茹で野菜(キャベツ9・モヤシ1でJ系の真逆)と青葱が別皿で提供されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、硬茹で麺につけ汁が軽く絡みズルズルっと額から汗を滲み出しながら啜れました。
スープ割は軽く白濁した豚骨スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、京うどんで見かける木製の赤い蓮華でキャベツや青葱を追いかけながら汗を拭き拭きしながら戴きました。
お店は道玄坂沿いの通行人が沢山通る場所に佇んでいて、ビルの1〜3Fに客席がありキャパもあり団体さんも収容でき心強いですね。

総料理長の紹介はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9011438.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11698677c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うら裏@幡ヶ谷

うら裏(ウラウラ)
☆☆☆.8(幡ケ谷)
つけ麺850円

Undersurface Bottom

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブに捻りも加わったエッジに丸みを帯びた地元は不動通り商店街の紀州屋製麵所製で、モチっとした食感が可愛らしく表面のツルっとした麺肌で気持ちよく喉元を流れていくモチツルが存分に楽しめるみたらし団子の様な麺です(麺量:茹で前250gで腹7.5分目といったところで、ランチタイムは大盛350gかライスがサービスです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度弱アリな濃厚鶏豚骨魚介醤油味で、豚骨よりも鶏の方が主張していて臭みがなくカエシの少しショッパ味が喉元に残る醤油味に仕上がっています。

具はメンマ5・6本と切り落とし豚バラ叉焼沢山と海苔1枚と青葱と魚粉がつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、魚粉が溶け込み魚介風味が増したつけ汁が麺に絡みまくりジュルジュルっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
スープ割は頃合いを見て「やすべえ」に瓜二つの陶器製の容器に魚介出汁スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の赤茶色した蓮華で切り落とし叉焼を掬いながら戴けました。
気さくな感じの若い店長さんから軽く話しかけられましたが、ランチサービスの大盛かライスのどちらもいらない方向けにトッピングサービスなんてあったらよかったですね。
スープなどの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9007288.html






つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11696491c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ひろし@下板橋

中華 

ひろし
☆☆☆☆.1(下板橋・大山)
つけ麵550円

HIROSHI 2

つけ麺(大盛)戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある低加水の細麺で、博多ラーメンの麺を啜る様にズバツルっと喉ごしよく戴ける細麺ではお気に入りの麺で、食後は満腹感がすぐにはありませんでしたが数時間経ってから徐々に胃に効いてくるタイプで大盛にして正解です(麺量:茹で前360g位で細麺なので膨張率が低く腹分9目といったところで、午後2時までは麺類・ご飯類が大盛サービスで今回は「大盛で」と叫んでしまいました<製麵所が知りたい>)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリなこげ茶濁した清湯系醤油味で、鰹や鰯などの魚介出汁が裏方さんの様に香る本日は気持ちオイリー仕様にまとめられていました。

具は軽く醤油味の付いたメンマ7・8枚とつけ汁に入れると蘇生する巻き巻きバラ叉焼1枚と技が冴える飾り包丁入り茹で玉子半分とホウレン草と海苔1枚が麺の上に橋渡しの様に一直線に並べられ、W葱(長葱・青葱)がつけ汁に散らされています。
飾り包丁が入った玉子の切り面を見ると昭和を思い出しますね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、てんこ盛りの麺を割り箸で纏めて掴みくっ付きを解しズズズっと軽快に美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれW葱も追加され、プラスチック製の白い蓮華でW葱を追いかけながら滋味深く戴きました。
どうしても年内にリピートしたく、電話して営業確認して伺いました(なにせ、両駅から徒歩だとチト歩くのとリカバリー店がありませんので)。
本日もBGMは「ヒロシです。」で流れているペピーノ・ガリアルディの「ガラスの部屋」ではなく、TVでお昼のワイドショー(大相撲暴力問題・貴乃花親方の処分)が放送されていました。

茹で玉子はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9006337.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11695895c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

TOKITA@代々木

TOKITA(トキタ)代々木店
☆☆☆☆.1(代々木)
海老泡つけ麺850円

Time Paddy field YOYOGI

海老泡つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、中太の重厚感のある麺肌が喉元を刺激する優しさよりもたくましさが感じられる麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、大盛250gも同一価格で17時まで半ライスもサービスです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな海老を合わせた鶏白湯で、海老の頭が入っているとのことですが甲殻系の風味より海老味噌の風味の方が主張しているオレンジ色に仕上がったつけ汁の上に、真っ白な生クリームのエスプーマに鮮やかな真っ赤が際立つ辛味で紅白に彩られた「泡」が浮かんだ状態で配膳されています。

具は確りと味付けされたメンマ2本と切り落とし豚肩ロース叉焼5・6個と長葱がつけ汁に忍ばされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、エスプーマが溶け出しつけ汁と合わさりマイルドになったつけ汁が麺の間に絡まりズルズルっと気持ちよく啜れました。
スープ割はカウンター上のポットに魚介系出汁スープが入り自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華でビスク風のオレンジ色したスープ割を美味しく戴きました。
姉妹店の「時しらず」北綾瀬に伺った時の「泡」はコーヒーのエスプレッソマシーンで泡立てていましたが、こちらではメレンゲの様に泡立った物が乗っていました。

エスプーマのアップはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9005679.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11695408c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

佐藤製麵処@新宿

佐藤製麵処(サトウセイメンジョ) 
☆☆☆.4(東新宿・新宿)
つけ麵(醤油)860円

SATO Noodle making Places

つけ麺(醤油、細麺・脂無し・野菜無し)戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある自家製麵で、一見チープな感じがしますが黄色い透明感のある多加水麺がツルっとした喉ごしを楽しませてくれる手櫛で綺麗に整えられた伸びのある面白い麺です(麺量:茹で前175g位で腹6.5分目といったところで麺だけでは満足できない量です)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな薄い豚骨醤油味で、塩味(えんみ)が強く魚介や動物系の出汁感が失われていて只々カエシのショッパ味が際立っているつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、カラメに味付けされた豚モモ肉叉焼1枚と味玉半分と海苔1枚が麺の横に添えられ、笹切り長葱がつけ汁に沢山浮遊しています。
食券を渡す時に「麺の太さ(細麺選択)」「脂の量(無し選択)」聞こえなかったのかもう一度「無し」と言った事できっと野菜(茹でモヤシ)も無くなってしまったのですね。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁が細麺の間に絡まりショッパ味で目が覚める様にツルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に何かのスープが注がれ、プラスチック製の薄緑色した蓮華で3・4口戴いてみましたがやはり、塩味が効き過ぎているのでその時点で止めておきました。
お店は10日程前に伺った「貴太郎」と同じホテルの入口階段挟んだお隣に佇んでいて、奥州(岩手県付近)麺処とも謳われておりやはり、東北地方の冬の寒さを乗り切るための「塩味(えんみ)」が強調される1杯でした。

こだわりはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9004098.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11694021c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

はやし田@新宿

らぁ麺
はやし田(ハヤシダ) 
☆☆☆☆.2(新宿)
つけ麺500円(オープンサービス)通常850円

Woods Paddy field

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵所製で、ツルっとした麺肌が気持ちよく喉元を流れていく喉ごしが非常に優しい和風つけ麺には非常に合う好みのタイプの平打麺です(麺量:茹で前250g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな鴨と大山鶏を合わせた淡麗清湯醤油味で、丸鶏の旨味と鴨の風味が絶妙に合わさったところに表面を覆う鶏油がワンポイントで効いているこれぞ「日本風(ジャパニーズ)つけ麺」っといったつけ汁に仕上がっています。

具は穂先メンマ1本と切り落とし豚肩ロース叉焼5・6個と香り高い青葱がつけ汁に入れられ、レア感が残る鶏ムネ肉と豚肩ロース肉の低温調理された叉焼が1枚づつ麺の上に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁が平打の麺の間に絡まりスルスルっと美味しく気持ちよく啜れました。
卓上には自信の表しか味変アイテム(胡椒など)は一切なく、緑色した「柚子胡椒」や柑橘系のお酢なんて置いてあるともっと楽しめたかもです。
スープ割はブーメラン方式にカウンター内の電気ポットから鴨出汁スープ?が注がれ、陶器製の白い蓮華で香り高い青葱を探しながらとても美味しく戴きました。
店内は以前伺った玉五郎時代から白木のカウンターに変わり和風感が出て外国人観光客にも受けそうな設計です。
麺やスープ等の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9001798.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11692546c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

トリとん@中板橋

トリとん
☆☆☆.8(中板橋)
つけ麺700円

Brid Pig

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある今までに見聞きしたことがないお初のKoju Foods社製で、まるでパスタのカルボナーラ用に製麵されたフィットチーネの様に平たく捻りが入ったビロビロ啜れる喉元に優しくつけ汁とよく絡む面白い麺です(麺量:茹で前250g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い粘度微アリな辛味アリアリな濃厚豚骨醤油味で、底に沈んでいる一味唐辛子が混ざり合ってしまうと途轍もない辛味が発動され、見かけの豚骨の甘味やカエシの塩味で構成されている豚骨醤油が激変する辛味がじわじわ襲ってくるつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ4・5枚とワカメと青葱とステーキを薄切りした様な大振り肩ロース叉焼1枚がつけ汁に押し込まれ、海苔1枚が麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、つけ汁の中に目視では確認できなかった唐辛子が幅広フィットチーネ麺の表面にポツポツと絡み額から汗を掻きながらヒィーヒィー啜れました。
スープ割はブーメラン方式にマイルド豚骨スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華で唐辛子が混ざっていない場所を探しながら戴きました。
ラーメンを注文した方には麺の種類(細・中太・太)を聞いていましたが、つけ麺はこのフィットチーネタイプの太麺?だけなのかは分からずじまいでした。
店内は大陸系の店員さん達が調理及び接客をして異国情緒に触れる雰囲気で「辛かった」と一言残して退店しました。
アッそうそう、看板に記されている「安」の文字は店名ではないとのことでした。

Koju Foods社の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8999768.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11690994c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 13 356526
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト