赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

やぐら亭@初台

支那そば

やぐら亭(ヤグラテイ)
☆☆☆.8(初台)
つけ麺800円

Turret Tei

つけ麺戴きました。

麺は角細ストレートのエッジに尖りがある麺同士のくっつき防止の為に軽く香味油と冷水が垂らされた、喉ごしが爽やかなとても啜り心地が良い中太麺に飽きた時に啜りたくなる細麺です(麺量:茹で前300g位で腹8.5分目といったところで、ランチタイムには大盛か小ライスのサービスがあります)。
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味超微アリな薄透明な鰹の出汁が効いている醤油味で、無添加な舌に痺れのこない優しくどことなく懐かしい醤油味にまとめられています。

具はメンマは無く、存在感のある鹿児島県産の大きな薄切り肩ロース叉焼1枚と長葱がつけ汁に浮遊され、雲丹トゲ刻海苔が麺に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、くっつき予防でパラパラになっている麺の間につけ汁が絡み込みスルスルっと軽快に啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で長葱を追いかけながら軽い感じで戴けました。
お店は山手通りから入った昭和を感じさせる不動通り商店街の中に佇んでいて、建物の建て替えもありましたが45年間営業されている身体に優しいラーメンを提供しているお店でした。

スープや麺などの情報はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8929240.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11648581c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

飛騰@東中野

飛騰(ヒトウ)
☆☆☆.9(東中野)
つけ麺770円

Jump Tengchong

つけ麺(替玉半分)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、小麦度は少ない多加水のツルツル麺で気持ち軟らかめに茹でてあるので(食券を渡すと麺の硬さのリクエストを聞かれます、今回は「普通」でお願いしました)つけ汁との絡みが凄く、ネトっとした絡み方に汁跳ねに注意しながらも喉ごしが楽しめるつけ汁に負けていない麺でした(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、大盛300gも同一価格で、ラーメン用の細麺ですが替玉は無制限追加料金なしでお替りでき、半玉だけ替玉して腹9分目迄膨らみました)。
つけ汁は辛味とオイリー感が無い酸味超微アリな粘度アリアリな濃厚豚骨で、「また、おま系」の濃厚豚骨魚介とひと味違った豚骨の荒々しさが前面にでた薄茶濁した臭み控え目な豚骨に仕上がっています。

具はメンマ10枚位と肩ロース叉焼1枚と魚粉と長葱がつけ汁に同色化され、海苔1枚と味玉半分が麺にさりげなく置かれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルツル表面なんのそので濃厚豚骨に魚粉が溶け込んだ濃厚豚骨魚介に変化したつけ汁が絡みまくりズズズっと勢いよく啜れました。
スープ割は別碗に白濁した臭みの全く無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、赤茶色のプラスチック製の蓮華で豚骨の髄を探しながら美味しく戴き、
3・4口戴いたところで替玉半分をお願いして紅生姜1掴みとおろし大蒜小匙2杯と擂り胡麻2掛けして豚骨スープ割ラーメンを作成し1杯のつけ麺でもう1杯の豚骨ラーメンを楽しみました。
お店は「瀧本軒」「名越」と入れ代わった場所に佇んでいますが、麺箱が沢山積まれていたり豚骨ベースであったりと何やら看板掛け替えで注目度を集めるチャイニーズ的戦術が見受けられる内装そのままのお店でした。

替玉半分のラーメンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8927434.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11647569c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

八麺六飛@池袋

生姜醤油らーめん専門店
八麺六飛(ハチメンロッピ)
☆☆☆.9(池袋・要町)
鶏生姜つけ麺780円

Eight Noodles Six Jump

鶏生姜つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある菅野製麺製で、ツルっとした表面が心地よく喉ごしも楽しめる啜り心地が気持ちイイ平打ならではの啜り感が特徴的な好きなタイプの麺です(麺量:茹で後350gで腹8分目といったところで、大盛510gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度弱アリな薄茶濁した濃厚鶏醤油味で、パッと見そぼろ餡の様な背脂が混じる濃厚な鶏が感じられるのに意外と軽く戴ける面白い醬油味に仕上がっています。

具はメンマは無く、麺を覆う様にバーナーで焦げ目を付けた肩ロース叉焼が6枚とナルト1枚とホウレン草が麺の上に置かれ、青葱がつけ汁に軽く乗せられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ねっとりしたつけ汁が背脂と共に平打麺の表面に絡み付きジュルジュルっと啜れ、半分位戴いたところで別皿提供の「おろし生姜」を投入すると生姜のサッパリ感が鶏醤油に加わり(例えれば、冷奴に最初は醤油だけで食べているところに、薬味の生姜を乗せてみた感じ)更に勢いを増してジュルジュルと啜ってしまいました。
スープ割はブーメラン方式に鶏出汁スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で青葱を追いかけながらさっくりと美味しく戴きました。
お店は行列が絶えない人気店の道路を挟んだ正面に佇んでいて、大陸系の店員さんなどで資本系の香りがプンプンしていますが、菅野製麵所の平打麺が美味しく戴ける「生姜醤油らーめん専門店」と看板に謳っていますが豚骨や味噌やタンメンも写真付メニューで飾られるお店でした。
他のメニュはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8925305.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11646313c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

花のれん@茗荷谷

生粋

花のれん(ハナノレン)
☆☆☆☆.3(茗荷谷)
鯛昆布水つけ麺900円

Hana Goodwill

鯛昆布水つけ麺(醤油・夏季限定)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある山口や製で、所々に斑点が見受けられる栄養化の高い全粒粉入りのとても喉ごしが楽しめる、たまに場末の中華屋さんで見かける「山口や」とは思えない北海道の地粉を2種類ブレンドした拘りが感じられる美味しい麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリ淡麗鶏醤油味で、麺を浸すと漏れなく付いてくる鯛昆布出汁が加わり火入れしていない3種類の醤油とコラボして唯一無二の鶏鯛昆布醤油味が徐々に完成されていきます。

具はメンマというよりシャキコリ感のあるタケノコ4本とピンク色が艶やかな低温調理されたロースとバラ叉焼各1枚づつと小松菜と真っ黒で磯の香りが香ばしい海苔1枚が麺の上を彩り鮮やかに配置され、甘味(旨味)のあるとても小さくカットされた豚叉焼4・5個と辛味が心地よい角切アーリーレッド数枚がつけ汁に浮遊しています。
このアーリーレッドには気を付けなはれや!
麺をつけ汁に浸す前に「お薦めのお召し上がり方」通りに鯛昆布水の麺を戴いてみると、羅臼昆布出汁が先行して天然真鯛出汁が脇役にまわり全粒粉入りの麺に浸透して心地よく啜れ、更につけ汁に浸して戴いてみると、平打気味な麺に漆黒なつけ汁がやんわりと纏わり付きジュルジュルっと優しく美味しく啜れました。
スープ割は麺を戴き終り残った鯛昆布水を自分好みに注ぎ入れ、陶器製の白色の蓮華でアーリーレッドを掬わずにやんわりと昆布と鶏と鯛の風味を美味しく戴きました。
お店は以前「たかぎ」で伺ったことがある春日通りに面した場所に佇んでいて、日曜日のお昼でも開店前から数人が待ち並んでいる身体に優しい無化調な女性が調理担当しているお店でした。

鯛昆布水つけ麺の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8922203.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11643217c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

澤神@新中野

澤神(サワガミ) 
☆☆☆☆.1(新中野)
つけ麺760円

Swamp God

つけ麺(小盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、所々に斑点が見受けられる栄養化の高い全粒粉入りの喉ごしよりも麺自体の旨味を噛み締めて味わう手造り感の分かる美味しい麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感無い粘度がアリアリなこれぞ濃厚豚骨魚介の「また、お前もか系」で、豚のコクが奏でる豚骨の臭みや苦味の無い仕上がりにまとめられています。

具は短幅広メンマ10枚位と軟らかく煮込まれた赤身肉の切り落とし6・7個と長葱がつけ汁に入れられ、円やかな酸味が感じられるキャベツのピクスル10枚位が麺の横に添えてあります。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁がどっぷり麺に絡み付き汁跳ねに注意しながらデュルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華で赤身肉を掬いながら久しぶりに戴いた濃厚豚骨魚介を楽しみました。
お店は青梅街道沿いに佇んでいて、正面出入り口だけでなく横の硝子戸からも出入りできる鰻の寝床の様なお店でした。
製麵機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8921477.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11642718c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一龍@下北沢

一龍(イチリュウ) 
☆☆☆.6(下北沢)
冷やし中華つけ麵800円

One Dragon

冷やし中華つけ麺(夏期限定)戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた多加水タイプの中華麺で、くっつき防止に何かの油が軽く和えてあり大きめの氷が麺の下にゴロゴロ転がっていてよく冷やされていて喉ごしは楽しめますが、ウェーブがかなりかかっているので汁跳ねに注意しながら啜る感じです(麺量:茹で前160g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味微アリな甘辛醤油味で、冷やし中華のタレを麺と具に掛けないで別碗で配膳する日本蕎麦でいうところの「冷やしぶっかけ蕎麦」と「もり蕎麦」みたいな違いがある、昔ながらの酸味の効いた冷やし中華の醤油味の酸味を円やかにした醤油味に仕上がっています。

具は味付けの無いメンマ10本位と超薄切り赤身肉叉焼4枚とモヤシと細切胡瓜と紅生姜と刻海苔と長葱が麺の上を華やかに彩り、白胡麻がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺は軽くツルっと啜れますが麺の上に乗る具は味付けがされていないのでつけ汁に浸すのにやや困ってしまいました。
途中、麺皿の縁に付いている黄色い洋辛子を少し付けて戴いてみると、脳天にくる辛味のアッパーカットが心地よいですね。
スープ割はこの冷やし中華味に温かい清湯スープを注いでも美味しそうでないので声を掛けるのをやめておきました。
お店は下北沢のお洒落なお店が軒を並べる一角に佇んでいて、お世辞でも“綺麗”とは言えない窮屈な店内ですが女性のお一人様や幼児を連れた親子連れも来店されていました。
冷やし中華としての賛否両論があるかもしれませんが、変り種のつけ麺としてマイコレクションに追加しておきます。
麺の下の氷はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8918994.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11641332c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

アイオイ@志村三丁目

拉麺

アイオイ
☆☆☆.9(志村三丁目)
冷やし五目麺890円

AIOI

冷やし五目麺(大盛)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた自家製で、表面がツルツルしていないのでつけ汁の持ち上げがよく喉ごしも楽しめる啜るには困らない自家製ならではの風味が活かされた麺です(麺量:茹で前210gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い片栗粉で伸ばされた粘度アリアリな中華の清湯醤油味で、餡かけ状の中華丼のライスを麺に替えて麺と餡かけをセパレートに盛り付けた熱々なつけ餡かけです。

具はメンマと叉焼は無く、炒めたシャキシャキ感の歯応えが冴える焦げ目の入った白菜やキクラゲ・人参・豚ミンチ・エビ1つと長葱が餡かけにまみれています。
麺をつけ汁に浸たすというより沈めて戴いてみると、麺につけ餡かけがこれでもかと絡みデュルデュルっと熱々で豚ミンチと共に啜れました。
スープ割は残念ながら提供していないとの事でしたので、プラスチック製の赤茶色した蓮華でまだ残っている豚ミンチを掬いながらそのままの餡かけを戴きました。
お店は環八から少し入った脇道に佇んでいて、近くにはリンガーハットや花月嵐が営業していますが負けじと自家製に拘って営業していました。

五目麺の変化などはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8917373.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11640346c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

豚ラーメン@板橋

(ブタ)ラーメン 板橋駅前店
☆☆☆☆.2(板橋)
つけ麵780円

Pig Ramen ITABASHI

つけ麺(脂少な目、にんにく・ねぎ)戴きました。

麺は平打極太ストレートのエッジに尖りがある黄色ではない蕎麦色した存在感のある重厚なタイプで、啜るのには苦労はしませんが、喉ごしを期待するよりも低加水の麺自体の風味を確り噛み締めて味わった方が無難な麺です(麺量:茹で前220g位で腹8.5分目といったところですが、野菜や豚でお腹一杯になります)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感(脂少な目)が無い粘度微アリな豚骨醤油で、二郎系の特徴であるスープの乳化が進んでいてとても旨味の出ている戴き易い仕上がりになっています。
具はメンマ4・5本とほぐし豚と長葱がつけ汁に忍ばせてあり、茹で野菜(モヤシ8:キャベツ2)と大きな塊の豚(叉焼)2個と長葱と刻大蒜が麺の上にこんもりと盛られています。

この塊の豚の存在感がアリアリで赤身肉とバラ肉部分とが乗せられ、赤身肉の軟らかい繊維質を噛み締めてみたり、バラ肉のジューシーな脂身を噛んでみたりと豚肉の部位の違いが楽しめます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平たい表面に軽くつけ汁が乗り乳化した豚骨醤油を感じながらズルズルっと啜れました。
4・5回啜ったところでプラスティック製の黒い蓮華で刻大蒜を投入すると、大蒜からでた若干の辛味と大蒜臭が加わり乳化したつけ汁とシンクロしてパワーアップして麺や野菜を運ぶ手が加速しました。
スープ割は残念ながら提供していないとのことでした。
お店はJR板橋駅東口ロータリー内に佇んでいて、清湯系ラーメンを提供する中華屋さんがお隣で営業していますが棲み分けができているようです。

無料トッピングと先のお好みはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8915744.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11639210c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

だるま@とうきょうスカイツリー

向嶋

だるま 
☆☆☆.9(とうきょうスカイツリー)
つけ麺750円

Tumbling Doll

つけ麺(ランチサービス半熟玉子)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた菅野製麺所製で、デコボコした表面がつけ汁をキャッチして啜り心地を楽しませてくれます(麺量:茹で前175gで腹7分目といったところで、ランチサービスは他に大盛・小ライスから選べます)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味と粘度が微アリな魚介醤油味で、甘味もあるので尖ったしょっぱさが無い魚粉系の魚介が香る醤油味に仕上がっています。

具はメンマ7・8本と小さく四角くカットされた肩ロース叉焼4・5枚とナルト1枚と微塵長葱と半分にカットされたサービス半熟玉子2つと魚粉オンザ海苔がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、魚粉が溶け込んだザラつきのあるつけ汁がデコボコに絡みズルズルっと美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で微塵長葱を掬いながら美味しく戴きました。
ご主人は以前、格闘技をしていたそうですが、とても物腰が柔らかくお人柄が窺える方でした。

だるまの置き物はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8914992.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11638522c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

麻布ラーメン@広尾

麻布(アザブ)ラーメン 西麻布店
☆☆☆.9(広尾)
つけ麺800円

AZABU Ramen NISHIAZABU

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面ツルツル麺で、街の中華屋さんでよく見かける麺に似ていて多加水で喉ごし良く啜れ流れ落ち様に胃に納まりました(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで大盛300グラムも同一価格です)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味アリなマイルド豚骨醤油で、ゆず胡椒を合わることにより辛味の中に柚子が香る変化球な豚骨醤油にまとめられています。

具はメンマ10本位と柔らかバラチャーシュー2枚と沢山の青梗菜がつけ汁に入れられ、刻海苔が麺の上に軽く化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面ツルツル麺にゆず胡椒の刺激が絡み額から汗を滲み出しながらツルツルっと啜れました。
卓上には食べ放題の辛味モヤシが置いてありましたが、これ以上の辛さは要らないので止めときました。
スープ割は配膳と同時に陶器製のカップに透明な清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で青梗菜を掬いながら汗フキフキして戴きました。
お店は外苑西通りと六本木通りが交差する西麻布に佇んでいますが、結構ガテン系の方が来店していました。

辛味モヤシはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8912576.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11636462c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 11 353188
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト