赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

さんしょの木@新宿御苑前

さんしょの木(サンショノキ)
☆☆☆☆.2(新宿御苑前)
つけ担々麺900円

Japanese Pepper Tree

つけ担々麺戴きました。

麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、極細なのにコシがある啜り心地が十分楽しめる引き締まった喉ごしも良い麺です(麺量:茹で前250g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と粘度が無いオイリー感アリな辛味(最弱にしてもらう)アリな甘味の少ない、巷でよく見かけるピーナッツバター風味とは違う沢山の香辛料をブレンドした大人味の担々味に仕上がっています。

具は4・5本にカットされた穂先メンマがつけ汁に忍ばせてあり、豚ミンチソースと青葱がハヤシライスの様に麺の横に掛けられています。
麺をまずはデフォルトでつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺の麺肌が薄黄色からオレンジ色に変わり汁跳ねに注意しながらツルツルっと啜れ、豚ミンチソースだけに絡めてみると麻婆豆腐とは違うオリエンタルな甘味の無い香辛料の香りが楽しめるマゼソバが楽しめ、豚ミンチソースを絡めてからつけ汁に浸してみると様々な香辛料がお口の中一杯に広がり辛味が弱い私でも心地良く啜れました。
スープ割の提供はしていないとのことで、ランチサービスのご飯割もありましたが、お冷で割ってプラスティック製の茶色と黒色の蓮華で豚ミンチや細かく砕かれたナッツ類を追いかけながら軽く数杯戴きました。
お店は前島氏率いる「せたが屋」グループなので注目度が高いですね!

豚ミンチ付きディップはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8895048.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11623615c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

清@東長崎

麺屋

(セイ) 
☆☆☆☆.1(東長崎)
つけそば800円

Clearly

つけそば(中盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた“栃木県産たまいずみ”小麦を使用した自家製麵で、極太気味な太麺でも色白で口当たりが良く打ち立ての軟らかい食感が喉ごしを楽しませてくれますが、如何せん箸先加工がされていないエコ箸では滑ってしまい掴み辛く割り箸も置いてあると助かり啜りが楽しめそうです(麺量:茹で前250gで腹8.5分目といったところで、並盛200gと同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな比内地鶏と魚介をブレンドした5種類の醤油から作ったカエシを合わせた薄茶濁した鶏魚介醤油味で、奥で「清そば」を戴いていた初老の男性がお湯を入れて欲しい気持ちが分かるくらい5種類の醤油のカエシの塩味(えんみ)が効いている醤油味にまとめられています。

具は太短メンマ4・5本と薄切り短冊肩ロース叉焼4・5枚と海苔2枚と黄身がトロットロな味玉半分と香ばしい揚げ玉葱とシャキシャキ感が楽しめるアーリーレッドと青葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、打ち立て自家製麵に塩味抜群のつけ汁が薄っすら絡みズズズっと啜れましたが、自家製麵の宿命か麺丼の下には短く箸では掴めない半端な麺が残り蓮華とお箸で掬いながら浸しお茶漬け喰いスタイルでズルズルっと啜ってしまいました。。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、陶器製の白い蓮華でショッパ感が和らいだスープ割をアーリーレッドを追いかけながら美味しく飲み込みました。
お店は東長崎駅南口のラーメン店が軒を並べる通りに佇んでいて、清潔感もありカフェっぽい造りの店内もお洒落で、何と言っても自家製麵が嬉しいですが熟成させた麺もいつの日か戴いてみたいですね。

自家製麺機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8893779.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11622436c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

篝@池袋

銀座

(カガリ)Echika池袋店
☆☆☆☆.2(池袋)
濃厚煮干つけSoba950円

Cresset IKEBUKURO

濃厚煮干つけSoba戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麵製で、喉ごしを楽しむよりも、色白などっしりした重厚な小麦が詰まった感が楽しめる、手櫛で綺麗に揃えられた外見からも食欲をそそわれるレイアウトが魅力です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、大盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度アリアリなこげ茶濁した煮干しがこれでもかと主張している醤油味で、メニュー名通りの「濃厚」な煮干しが楽しめる煮干し好きにはもってこいの仕上りにまとめられています。

具はメンマは無く、低温調理されたレアな鶏ムネ肉叉焼2枚と豚肩ロース叉焼1枚と焦げ目の入ったヤングコーン1本と細グリーンアスパラ1本と薄切りラディッシュ1枚と食感が楽しめるカボチャスライス1枚とブロッコリースプラウト6・7本と海苔1枚が麺の上を彩りよく飾り、鶏ムネ肉の切り落とし3・4個と青葱がつけ汁に忍ばせてあります。
店頭のPOPと具の内容が多少違いましたが、季節によって替えているのかと思いました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度アリアリな煮干しつけ汁が中太麺に丁度良く絡みズズっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
スープ割は配膳前に透明な昆布出汁スープでしょうか?(薄味で分かりませんでしたが、お湯ではありませんでした)が入ったポットが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で濃厚感が和らいだ煮干しをグビっと数回飲み込みました。
お店は池袋駅から外へ出ないですむEchikaの一角に佇んでいて、日曜日ということもあってか14時近くでも行列が絶えませんでした。

三河屋製麵の麵箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8892102.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11621308c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

八洲カントリークラブ@栃木

八洲(ヤシマ)カントリークラブ
☆☆☆.9(栃木)
濃厚魚介だしのつけ麺(プレイフィーに含む)

Eight Sandbank

濃厚魚介だしのつけ麵戴きました。

麺は極太平打ウェーブのエッジに尖りがある新潟産生麺との事で、どっしりとしたギューっと詰まった小麦感が楽しめる、重厚で啜り心地を楽しむよりも新潟産生麺を噛み締めて味わってくれんとばかりに主張している平打麺で、水切りの為か白皿の上で笊に盛られた状態で配膳されています(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところで、大盛は200円増しです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い、こげ茶濁したメニューどおりに魚介出汁が効いたあっさり醤油味で、ゴルフ場で戴くつけ麵のつけ汁なのに何処か有名店を思い出させる様な、かなり拘りが感じられる魚介重視に仕上がっています。

具は幅広短メンマ10枚位と醤油味の付いた脂身の多いバラ叉焼2枚と何か分からない青菜と茹で玉子半分が麺の上を彩り、長葱と白胡麻がつけ汁に浮遊してしまいいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁が極太平打麺に軽く絡みズズズっと啜れましたが、麺が重い為か心地良さはありませんでした。
スープ割は配膳と共に陶器製の徳利に清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で白胡麻と共に大口開けて飲み込みました。
こちらのゴルフ場は初めて伺いましたが、評判よりグリーンも整備され、清潔感もありお風呂は大きくありませんが疲れた身体を十分癒してくれるまた伺いたいゴルフ場でした。

コースはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8889801.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11619579c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

栄来@西台・高島平

中華料理

栄来(エイライ)
☆☆☆.6(西台・高島平)
おろし生姜つけ麵400円通常540円

Glory Next

おろし生姜つけ麵(冷)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面ツルツルな中華麺で、啜り心地は悪くありませんがつけ麺にはあまり向いていない温かいタンメン等に適した小麦感が楽しめる麺です(麺量:茹で前200g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は氷が浮遊している冷製(メニューには「冷」「温」表示があり、てっきり麺の冷盛と温盛と勘違いしてしまいました)な酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い江戸甘味噌を中心とした?甘口味噌味で、中華料理店なので独特な香りを放つ八角などを使用した中華の味噌を想像していましたが日本人向けな優しい味噌味に仕上がっています。

具はメンマや叉焼は無く、刻海苔と直前におろされた風味抜群のおろし生姜が麺に掛けられ、長葱がつけ汁に浮遊してしまいいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルっとした表面に冷製つけ汁が軽く絡みズズっと啜れましたが、具が寂しい為かひたすら麺を啜るしかありませんでした。
スープ割はブーメラン方式にあっさり系の清湯系スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でおろし生姜を掬いながらサッパリ戴けました。
お店は高島平団地の一角に佇んでいて、団地人口が少ない為か?何と!平日は終日、麵類とご飯類(炒飯など)が400円で戴け、土日祝日は開店から15:30迄400円で戴けるCP抜群な中華屋さんでした(今度、是非、タンメンを戴きたいと思います)。

サービスセット等はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8887773.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11618054c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

王@新宿

ラーメン

(オウ)
☆☆☆.7(新宿)
正油つけ麺530円(ランチサービス)通常630円

King

正油つけ麺戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがある半透明感のあるしなやかな盛岡冷麺にチョットだけ似た麺で、エコ箸では掴み辛い表面ツルツルだけど喉ごしが楽しめる資本系にありがちな多加水麺とは少し違った拘りが感じられる麺です(麺量:茹で前320g位でやっとこ完食でき腹一杯になりました)。
つけ汁は酸味微アリな辛味アリなオイリー感と粘度が無い清湯醤油味で、漆黒な醬油味の中に一味の辛味がジンワリ効いてくる辛酸醬油味に仕上がっています。

具はメンマ12・13本と脂身の多い長四角バラ叉焼2枚と歯に引っ掛かるホウレン草と刻海苔が麺の上に飾られ、微塵長葱と白胡麻がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、微塵長葱や唐辛子の小さな破片が麺に絡み舌先をヒリヒリしながら啜れました。
スープ割は配膳と共にプラスチック製の黒い蕎麦湯入れに清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華でホウレン草と刻海苔と微塵長葱を掬いながら汗を軽く拭き拭きしながら、無念ですが叉焼を1枚残して戴きました。
お店は外国人の観光名所「ロボットレストラン」のはす向かいに佇んでいて、何故か知りませんがランチタイム10:30〜15:00はお一人様100円引きでお得感満点でした(歌舞伎町という場所柄、夜中の方が需要が多いのでしょうか?)。

ランチサービスはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8886933.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11617580c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

一幸舎@池袋

博多

一幸舎(イッコウシャ)池袋東口店
☆☆☆☆.1(池袋)
博多水炊き鶏つけ麺850円

One Happiness Hut IKEBUKURO

博多水炊き鶏つけ麺戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある自社製麵工場「製麵屋慶史」の自家製で、モチっとした食感の中に小麦の重圧な粉感も楽しめる喉元に刺激を与えてくれる頼もしい麺です(麺量:茹で前200gで腹8.5分目といったところで大盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が弱アリな鶏の旨味を十分出し切ったところに鰹などの魚介出汁を合わせた鶏魚介味で、クリミーな鶏白湯と違い円やかさはありませんが水炊きの感じが楽しめる仕上がりにまとめられています。

具は筍の硬さが残るメンマ3本と皮付き鶏モモ肉3枚と海苔1枚と長葱が麺の上を飾り、茶色いコリコリ軟骨入り鶏団子3個がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、鶏から出た黄色い油の層が麺に絡みズズズっと美味しく啜れました。
スープ割は透明な昆布出汁の様なスープが入ったポットが卓上に置いてあり自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で長葱を掬いながら美味しく戴きました。
つけ麺が配膳される前に、濃厚な鶏スープが提供され期待度も上がりました。
お店は豚骨ラーメン専門店(つけ麺は鶏)と看板に謳っていますが、数軒先に佇む「博多天神」(6/15より冷し中華あり)と棲み分けはできているのでしょうか?

紅生姜でない生姜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8883170.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11614362c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

かね壱@御徒町

鶏だし中華そば

かね壱(カネイチ)
☆☆☆☆.3(御徒町)
つけ麺580円+つけ麺専用トッピングセット200円

Gold One

つけ麺&専用トッピングセット戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麵で、所々に斑点が見受けられる栄養満点の全粒粉入りの一晩位熟成されたであろう?手櫛で綺麗に揃えられた麺相が美しい喉ごしが楽しめるとても素敵な自家製麵です(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目でもう少し戴きたい感じがしました<大盛は100円増>)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が微アリなマイルド鶏白湯にウルメ・鰹・鯖と本醸造醤油のカエシを合わせた鶏白湯魚介醤油味で、姉妹店の三歩一@高田馬場の丸鶏使用の濃厚なポタージュ系の鶏白湯とは違い豚未使用でも豚骨ラーメンの様な白濁した鶏ガラ重視の極めの細かい鶏出汁が味わえる仕上がりにまとめられています。

具はつけ麵専用トッピングセット(20本はあろう青椒肉絲系細メンマ沢山・つくね調青葱入り鶏団子2つ・巻き巻き鶏モモ肉叉焼1つ・カイワレ沢山・海苔1枚)が麺上を賑わし、W葱(青葱・真っ黒な揚げ葱)がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、尖りのある麺に揚げ葱や千切った海苔が纏わり付きズズズっと麺量を気にしながら啜りました。
途中、卓上の「揚げエシャレット」を2匙ほど浮遊させると、つけ汁を吸ったエシャレットが功を奏で鶏ガラの深みを味わえました。
スープ割はお願いすると生姜風味のある真透明な鶏スープが提供され自分好みに調整でき、強化プラスティック製の白い蓮華で揚げ葱や細メンマを追いかけながらとても美味しく戴けましたが完飲するのは量がナミナミなので諦めました。
お店は安売りで有名な紫色したビルが立ち並ぶ「多慶屋」の一角に佇んでいて、具無しの「塩かけ480円」や「つけ麺580円」があるのも納得ですね!

揚げエシャレットはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8880135.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11611209c.html
つけ麺 | コメント( 1 ) | トラックバック( 0)

いつも読ませてもらってます。
漬け麺は食べたことないですがこの記事をみてとても興味がわきました!
鶏がらなのに豚骨のように濃厚そうですね。
スープおいしそうです。

[ 守谷の美容室ホットペッパービューティーページ ] 2017/05/30 21:52:22 [ 削除 ] [ 通報 ]

名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

桑ばら@池袋

塩そば

桑ばら(クワバラ)
☆☆☆☆.1(池袋)
鶏白湯の秋刀魚節のつけそば950円

Mulberry Plain

鶏白湯の秋刀魚節のつけそば(裏そば)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた松本製麵製で、少し硬茹でされた麺がワシツルっと喉元を通り過ぎ満足感のある啜り心地を楽しませてくれます(麺量:茹で前300g位でお腹一杯で、たっぷりめの見た目でしたがよく啜れました)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が弱アリなマイルド鶏白湯に秋刀魚の臭みが微妙に香る節を合わせたメニュー名どおりの鶏魚介塩味で、ポタージュ系の鶏白湯でない甘味の少ない濃厚系の鶏出汁にオイリー感が少し邪魔をするコッテリな塩味(エンミ)が尖ったつけ汁にまとめられています。

具は材木太メンマ3・4本と豚肩叉焼2枚と鶏叉焼2枚と海苔1枚と味玉1つと長葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、オイリー感と粘度が手助けとなりたっぷりとつけ汁を纏ったパツパツ麺を豪快にズルズルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で黄身がグミ状の味玉と共に濃厚に戴けました。
お店は塩ラーメン専門店ですが時折提供される「裏そば」でつけ麵が提供されているので、Twitterでチェックして偶然にも戴くことができました。

松本製麺の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8878142.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11609002c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ちばから@渋谷

ちばから

渋谷道玄坂店
☆☆☆☆.2(渋谷)
つけ麺900円

From CHIBA SHIBUYADOUGENZAKA

つけ麺(醤油、アブラ少なめ・からめ・にんにく・ねぎ)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある中西食品製で、芯まできちんと茹で上げてあるのでいい意味で二郎系でもゴワゴワした剛麺でないのでムシャムシャと啜れる戴き易い「きしめん」風な喉ごしも楽しめる麺です(麺量:茹で前300gで腹一杯になり、あと3口ほど茹で野菜と共に残してしまいました)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度アリアリな乳化が途轍もなく進んでいる豚骨醤油味で、「先のお好み」でアブラ少なめが功を奏したかもしれませんが、オイリー感を気にしないですむドロドロになるまで煮詰められた豚骨の旨味が十二分に楽しめるつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、厚さ1cmはあろう脂身の少ない軟らかバラ叉焼1枚と温玉1個と茹で野菜(モヤシ9:キャベツ1)が麺に蓋をする様に盛られていて、「後のお好み」でお願いしたねぎとにんにくがつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ドロドロつけ汁に浸した平打麺がたっぷりと持ち上げ、からめ(濃い味)にしたショッパ味と旨味を感じながらムシャムシャと啜れました。
温玉は処理に困りましたので、麺丼の中で黄身をお箸で突いて割り麺を絡めてからつけ汁に浸す「逆すき焼き方式」で試みましたが、これが正解とはいきませんでした。
スープ割はお願いすると透明感のある鶏スープ?が提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の白い蓮華で茹で野菜のモヤシを掬いながら美味しく戴けました。
お店のお隣には最近オープンした海老フライ専門店「海老昌」に陽が当たらない場所がないにもかかわらずこちらより長蛇の列が形成されていました。

「先のお好み」「後のお好み」はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8874422.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11605371c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 5月 次の月へ
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
今日 合計
ビュー 19 352206
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト