赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

萬馬軒@新宿

目黒らーめん
萬馬軒(マンバケン) 歌舞伎町店
☆☆☆☆.1(新宿)
味噌つけ麺800円

Ten thousand Horse Eaves KABUKICHO

味噌つけ麵戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麺製で、中太でも太めの部類なので喉ごしを楽しむよりも麺自体の風味を味わう汁跳ねに注意しながら軽く啜って噛み締めるタイプの麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味と粘度が微アリな北海道味噌や江戸甘味噌や信州味噌をブレンドしたであろう濃厚味噌味で、薄白茶濁した一見軽そうに見える味噌味ですが意外と濃厚感がある確りした麹の旨味が感じられる味噌味に仕上がっています。

具はメンマ4・5枚とバラ叉焼の端っこ2個と白髪葱と炒め野菜(モヤシ・キャベツ・玉葱)がつけ汁にこん盛と盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、太麺の麺肌が薄白茶濁色に染まりズルズルっと汁跳ねに特に注意しながら啜りました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、プラスチック製の黒い蓮華でモヤシと共に戴けました。
お店は以前、新宿三丁目で戴いたことがある萬馬軒の歌舞伎町店でしたが、同じ三河屋製麵でしたが平打麺ではなく麺量もサービスが無く炒め野菜にも人参が入っておらず紆余曲折した気分でした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9137776.html






つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11750976c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

Toshu@板橋区役所前

れんげ食堂
Toshu(トウシュウ)仲宿店
☆☆☆.4(板橋区役所前)
魚介つけ麺690円

East To Excel

魚介つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたセンターキッチンで大量生産されたであろう自家製麵で、さほどチープ感はなく気持ち硬茹でされてポキポキ感が残る汁跳ねに注意の喉ごしに記憶が残らない麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鰯の煮干し系ではない鰹の効いた魚介醤油味で、魚粉は浮いていませんがストレートでお口に入れると鰹の風味が充満するつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ6・7枚と薄くスライスされたバラ叉焼1枚と刻海苔と大量の長葱が麺の上を占領してます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁では絡みが弱く折角の魚介風味が感じられずお茶漬け喰いスタイルでジュル・ジュルっと啜りました。
スープ割は残念ながら提供されておらず、お店の屋号になっている「蓮華」も付いていませんでした。
お店は「オリジン弁当」などを手掛けているオリジン東秀社(現在はイオン傘下)が営んでいて店内のキャパ(40席)もあり清潔感もあり、大宮の先に本社を置く熱烈中華よりも親しみを感じました。

店頭ディスプレーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9136497.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11749909c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

十二分屋@面影橋・高田馬場

近江熟成醤油ラーメン
十二分屋(ジュウニブンヤ)早稲田店
☆☆☆☆.1(面影橋・高田馬場)
辛海老つけ麺850円

More than enough Shop

辛海老つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製・棣卾(ていがく)食品工業・大成食品・関屋城南食品の4種類の中からメニューによって選択された(辛海老つけ麺は、棣卾食品製)麺で、ツルモチっと感が喉ごしを心地よくしてくれる啜るのが楽しい食感のいい平打麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は熱々な酸味の無い辛味弱アリなオイリー感と粘度が微アリな海老味噌系よりも若干甲殻系が勝っている痺れ辛いミルキーな海老味で、鶏白湯と合わせているのか?円やかな風味の中にジワジワ浸透してくる辛味と海老風味が襲ってくるあまりお目にかかったことのない辛海老味にまとめられています。

具は穂先メンマ1本と注文ごとにスライサーで薄くスライスされる肩ロース叉焼3枚と水菜がつけ汁に浮遊していて、長葱や青葱は散らされていませんでした。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、オレンジ色した海老油の様な物が平打麺の麺肌を染め汁跳ねに注意しながらツル・ズルズルっとテンポよく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に何だか分からないスープと海老油が加えられ、プラスチック製の白い蓮華でよくかき混ぜながら山椒の実を見つけて美味しく戴きました。
メニューも豊富でラーメン10種、つけ麺3種に和え麺に炒飯と餃子もラインナップされそれぞれのメニューに4種類の麺を使い分けているのは凄いですね。 

4種類の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9133653.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11747581c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

かんから食堂@渋谷

沖縄そば
かんから食堂(カンカラショクドウ)
☆☆☆☆.1(渋谷)
つけ麺830円

Empty can Dining room

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある色白な平打うどんの様な麺で、モチっと感の無い多加水麺ですがツルツルな麺肌が心地良い喉ごし楽しませてくれる中華麺とはひと味違った麺です(麺量:茹で前320gでやっとこ完食でお腹一杯です)。
つけ汁は酸味と粘度の無い辛味とオイリー感が微アリな鰹出汁が出しゃばる若干の豚骨を合わせた軽い魚介醤油味で、何処かに「島唐辛子」が潜んでいるのでしょうね微々たる辛味が徐々に効いてくる豚肉の出汁も効いた約20年程前に沖縄で戴いた沖縄そばのスープを彷彿するとにかく鰹出汁が効いたつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、長葱と白胡麻にまみれて炙りの入ったソーキ(あばら肉)が塊や切り落とし等たくさんつけ汁の中に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺に軽くつけ汁が絡みたまに一緒に絡んでくるソーキと共にツルツルっとテンポよく啜れました。
スープ割は別容器に鰹出汁スープが提供され自分好みに調整でき、木製の茶色い蓮華で長葱やソーキの破片を掬いながら鰹出汁を美味しく戴きました。
お店は「やすべえ」や「油そば」や「なかじま」が連立する行列渋谷3丁目18番地の中に佇んでいて、開発が進む渋谷南口の一角で元気に営業されています。

はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9132025.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11746142c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

こみね@練馬

麺処
こみね 
☆☆☆☆.2(練馬)
真鯛つけそば900円

Little Peak 

真鯛つけそば+鯛雑炊(ランチサービス)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大橋製麵多摩製で、全粒粉入りでしょうか?所々に少し斑点がある気持ち硬茹でされた汁跳ねに注意しながら戴くとお口の周りが少し汚れる啜り心地を楽しむよりも麺自体の風味を味わう剛麺タイプの勇ましい麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところで、〆の鯛雑炊でお腹一杯まで膨らみます)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな鶏白湯に愛媛県産の真鯛のアラ(頭のみ)から抽出した出汁を合わせた真鯛鶏白湯味で、鶏白湯の濃厚の中に確りと真鯛の香りが漂う鰯やアゴの煮干しとはひと味もふた味も違った上品なつけ汁に仕上がっています。

具は穂先メンマ2本とどこまでも薄くスライスされた豚バラ叉焼1枚と多めの水菜が麺の上を彩り、青葱と柚子皮がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、少し硬茹でされた麺をつけ汁にちょっとだけ放置して熱を入れ真鯛風味を楽しみながらムシャムシャと時折やってくる柚子の風味と共に美味しく啜れました。
スープ割は別容器に透明な真鯛出汁スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の黒い蓮華で水菜と共に美味しく戴けました。
14時迄のランチサービスでいただいた鯛雑炊にはつけ汁を割る前にストレートで蓮華で掛け、おじや風にして真鯛フレークを楽しみながら美味しく戴けました。
つけ麺で900円は高価と思いましたが、鯛雑炊(通常200円)が付いてのお値段なら納得ですね。
お店に一歩踏み入れると、真鯛の芳醇な香りが店内に漂い期待感が高ぶります。

鯛雑炊はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9130636.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11744868c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

はる@下井草

中華蕎麦
はる 
☆☆☆☆.5(下井草)
魚介出汁つけ蕎麦850円

Spring 

魚介出汁つけ蕎麦戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた小麦風味のいい三河屋製麺製で、モチツルボソっとした麺肌が喉元を刺激して喉ごし良く啜れ気持ちよく胃に落ちていきます(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな鳥取県大山鶏・山梨県美桜鶏・茨城県総州古白鶏に鰹・鯖・昆布を合わせた漆黒色した無化調の清湯系醤油味で、最近流行っている昆布出汁に浸されたつけ麺のつけ汁みたいにコテコテのオイリー仕様ではなく旨味を抽出したスープに確り広島醤油のカエシがシンクロした上品なのに重厚感がある醤油味に仕上がっています。

具はメンマは無く、代わりの軟らかく水煮された筍2枚とレア感のある鶏ムネ肉と豚肩ロース肉が1枚づつと

多めの岩海苔と辛子菜?のお浸しと白髪葱にスダチの皮を小さく千切りにした緑色の破片が麺の上を彩り鮮やかに立体的に盛りつけられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の麺肌が軽く漆黒色に染まりズル・ズルズルズルっとテンポよく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ三つ葉も足され、陶器製の白い蓮華で岩海苔やら白髪葱やらスダチを追いかけながら香り高く且つ滋味深く美味しく戴けました。
お店は以前もラーメン店だった場所に佇んでいて、和食の七分袖調理衣を纏った店主さんがワンオペで営業されていて雰囲気のいい感じの店内でした。

素材の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9128836.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11743952c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

案山子@御徒町

案山子(カカシ) 
☆☆☆☆.1(御徒町)
煮干しつけ麺(ゆず風味)950円

Scarecrow 

煮干しつけ麺(ゆず風味+とりつくね<食べログクーポン>)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたタピオカ入りの浅草開化楼製で、麺肌のモチモチ感が楽しめるツルっとした啜り心地を重視するよりも麺自体の旨味が楽しめる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度アリな優しいセメント系煮干しと鶏と広島醤油を合わせた煮干し醤油味で、メニュー名の補助項目にもあるように柚子皮が沢山入れられ柚子風味が効いた嫌な煮干しの苦味を消した広島醤油の少し尖った塩味(エンミ)が際立つ煮干し醤油にまとめられています。

具はメンマは無く、肩ロースとバラ叉焼が1枚づつと水菜と微塵紫玉葱と食べログクーポンのとりつくね1つが麺の上を彩り、赤い糸唐辛子と青葱と微塵紫玉葱と黄色い柚子皮がつけ汁の表面をカラフルに飾っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、モチモチ肌の麺に粘度のある煮干し醤油が絡まり少しショッパイながらもズズ・ズズズっと汁跳ねに注意しながら美味しく啜れました。
スープ割は配膳時に小さな急須に魚介系出汁スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で底に沈んでしまった微塵紫玉葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店の屋号には「麺屋」とか「ラーメン」などの表示が無くいきなり“案山子”ですが、価格面に少々不安が残りましたがホスピタリティの行き届いた店内や大きなレモン水サーバーなど女性のお一人様も気兼ねなく入店できる感じがいいですね。

大きなレモン水サーバーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9126964.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11742063c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

バラそば屋@上板橋

ラーメン
バラそば屋(バラソバヤ)上板橋店
☆☆☆☆.2(上板橋)
つけ麺800円

Rose Soba Shop KAMIITA

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある「玉」グループの自家製麵で、中太でもやや細身かかった感じなのでとても喉ごしが良くつけ麺にはうってつけの啜り易い好みのタイプの平打麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、中盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無いセメント色したニボニボ系ではない鰹中心の魚介と鶏出汁を合わせた魚介醤油味で、透明感のある清湯系とは違った濁身のある動物系を合わせることによって少しの濃厚が感じられる魚介風味豊かなつけ汁に仕上がっています。

具はこげ茶色したメンマ5・6本と巻き巻きバラ叉焼1枚とナルト1枚と海苔1枚と長葱がつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺肌に魚粉が斑点の様につけ汁と共に絡み付きズル・ズルズルズルっとテンポよく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ魚粉も追加され、プラスチック製の白い蓮華で魚介風味満載のスープ割を美味しく戴きました。
グランドオープンしてから約半年、毎日の様にお店の前を通っていましたが「つけ麺」のポスターが2・3日前に掲げられやっとの思いで戴くことができました。
店内は清潔感があり女性店員の美人度も高く、リピートしてもいい感じでした。

つけ麺ポスターはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9124211.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11740707c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

かいどう@渋谷

SYOKUDOH
かいどう
☆☆☆.8(渋谷)
味噌担ざる790円

Sea Wisteria

味噌担ざる戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがあるラーメンやタンメン等の麺類と同じ麺で、細麺なので当然の如く喉ごし良く啜り易く、尚且つくっ付き防止に軽く何かの油が和えてあるのがいいですね(麺量:茹で前240g位で細麺なので膨張率が低く腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い辛味微アリな粘度弱アリな赤茶濁したメニュー名通りの味噌担々味で、魚介や豚骨等の出汁感は無い担々でもピーナッツクリーム風ではない辛味控えめなピリ辛味噌味風なつけ汁にまとめられています。
具はメンマや叉焼は無く「ざる」の意味の刻海苔と茹でモヤシが麺の上に化粧され、豚ミンチと小さく賽の目切りされた竹の子と椎茸に青葱と白胡麻がつけ汁に隠されています。
麺をつけ汁に底引き網の様に浸して戴いてみると、豚ミンチや青葱や竹の子を絡めて取りズズ・ズズ・ズズズっと軽快に具沢山で啜れました。
スープ割はブーメラン方式に清湯スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華でまだまだ底に隠れている豚ミンチや椎茸を掬いながら美味しく戴きました。

少し前に戴いたタンメンは、思った以上にタンメン独特のスープの旨味成分が濃くなくアッサリ味で、麺はモチっとした食感がスープを絡めいい具合に啜れました。
具はキャベツ・モヤシ・ニラ・ニンジン・豚小間肉(キクラゲは入っていない)で、たまに見かける「福しん」のタンメン490円に軍配が上がりました。
お店は30年前にアルバイト(求人雑誌のR社)していたカコー桜丘ビルの半地下に佇んでいて、隣の一風堂(雑貨屋)と共にこの地区を支えてきた歴史が垣間見えました。

タンメンの麵の表情はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9120706.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11738931c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

幸一@下板橋

豚骨ラーメン
幸一(コウイチ)
☆☆☆.6(下板橋)
つけ麺790円

Mr.KOUICHI

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた短めな麵で、一見資本系のセントラルキッチンで製作されたチープな感じがしますが短めな多加水麺がツルっとした喉ごしを楽しませてくれるどこぞで戴いた記憶がある麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな薄い豚骨醤油味で、魚介の出汁感は薄く家系にも似た豚骨醤油のつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ10枚位とバラ叉焼1枚と海苔1枚とこれが鶏卵なのかと思うぐらい黄身がとっても小さい味玉半分が麺の上に飾られ、モヤシと長葱と白胡麻がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、何か中途半端な豚骨醤油のつけ汁が短めな麺に軽く絡まりズルっと啜れました。
途中、卓上のミニ壺に入った業務用おろし大蒜を大匙2杯投入すると、やはり豚骨醤油とは抜群に合い臭いも気にせず啜れました。
スープ割は別容器に白濁した豚骨スープ提供され卓上で一瞬の間に注がれ、陶器製の白い蓮華で白胡麻を掬いながら戴けました。
お店は以前もラーメン店だった場所に佇んでいて、伺った日は大陸系の女性がワンオペで営業されていました。

おろし大蒜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9117813.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11737701c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2016年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
今日 合計
ビュー 31 359834
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト