赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

いま村@巣鴨

麺や
いま村(イマムラ)
☆☆☆☆.4(巣鴨)
鶏海老つけ麺900円

Now Village

鶏海老つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある自家製ではありませんが製麵所に独自配合してもらった特注麺で、パスタのフィットチーネ風の平打ならではの喉ごしが楽しめる啜り心地も滑らかな麺です(麺量:茹で前180g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁はとてもグツグツ熱々したチーズフォンデュ鍋に入った酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな鶏海老味で、海老味噌と海老殻のバランスがよく鶏スープと合わさりベタベタ濃厚のしつこい海老味とは違った戴き易いつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、備長炭で焼き目が入れられたチキンロール2枚と尻尾付海老1尾とバケット1枚と白髪青葱とレモン1片が麺の上に飾られていて、微塵玉葱がつけ汁に入り、小さい別皿にカットされたプチトマトが配膳されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺に海老風味のつけ汁が軽く絡みズル・ズルズルっと汁跳ねしながら美味しく啜れました。
途中、プチトマトをどう処理しようかとひと口戴いてみると、塩味が付いていてお口の中がサッパリしていい箸休めができました。
バケットもつけ汁に浸して戴いてみると、焦げ目の付いた表面がパリッとして鶏海老との相性もよく美味しく戴けました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、またグツグツ熱々になって帰ってきたスープ割をプラスティック製の白い蓮華でフゥフゥしながら冷まし久しぶりに完飲してしまいました。
お店はあのミシュランで星が付いたお店の近くに佇んでいて、店内は和風の木材のカウンターで席間も十分ありゆったりと食事ができました。


バケット&プチトマトはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9174643.html





つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11768258c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

君塚@池袋

喰 そば・うどん
君塚(キミヅカ) 
☆☆☆☆.1(池袋)
ざるラーメン390円

You Mound 4

ざるラーメン戴きました。

麺は目の前で冷凍された麺をデポで湯戻しした角細ウェーブのエッジに尖りがあるむらめん社製で、表面が超ツルツルな透明感のある清涼感抜群なパツパツ感のある喉ごし良く啜れる麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は冷製の酸味と辛味と粘度とオイリー感の全てが無い鰹出汁がほんのり香るそば汁醤油味で、甘味や塩味(エンミ)の少ない醤油味にまとめられ、毎度のつけ汁碗の内側に和辛子が少々付いています。

具は幅広メンマ4枚と温かいバラ叉焼2枚と海苔1枚と多めの白髪葱が麺の上に飾られています(メンマが無かったり、ワカメが無かったり調理する方で変わるのはどうにもならない)。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、パツパツ麺にサラッとめん汁が絡みツル・ツルツルツルっと爽快に啜れ時折、麺にわずかに付いてくる和辛子もアクセントになりいいですね!
スープ割ならぬ蕎麦湯割は適当に配置された卓上のポットに入っていて自分好みに調整でき、蓮華無しで直接つけ汁椀から白茶濁した蕎麦湯割をルチンを感じながらアッサリと戴きました。
これで、今シーズン4回目のざるラーメン!アッサリ戴けました。
和辛子はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9172458.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11767173c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ジョン@武蔵関

ラーメン屋
ジョン 
☆☆☆☆.3(武蔵関)
トロトロ昆布水つけ麺(醤油)900円

JOHN

トロトロ昆布水つけ麺(醤油)戴きました。

麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある心の味食品社製で、啜り心地と喉ごしは極細ならではの醍醐味が楽しめる少し長めなコシのある秀逸な麺です(麺量:茹で前250g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は辛味と酸味と粘度が無いオイリー感超微アリな漆黒色した鶏ガラ醤油味で、ノスタルジック調とは違い最近流行りのカエシの漆黒色が際立ってもしょっぱくない鰹出汁はありませんが蕎麦汁仕様のつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、低温調理された鶏ムネ肉1枚と豚バラ叉焼1枚と小松菜と海苔1枚と味玉半分が麺の上に並べられ、粗く刻まれた長葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴く前に、昆布水に浸かった麺に薄ピンク色したヒマラヤ岩塩を振り掛け戴いてみると、麺本来の味が岩塩で表向きになり麺自体の旨味がお口一杯に広がりました。
そして、トロトロ昆布水から引き上げた麺を漆黒色したつけ汁に浸して戴いてみると、麺に熱々つけ汁が熱伝導し少し太った麺をツル・ツルツルっと美味しく啜りました。
スープ割は残ったトロトロ昆布水を投入して軽く粘度が加わった状態の物をプラスチック製の白い蓮華で長葱を追いかけながら美味しく戴きました。
お店は武蔵関商店街の一角に佇んでいて、カウンター内では店主のジョンさんとアジアン系の女性が調理と接客を楽しそうにしていました。


ヒマラヤ岩塩はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9170216.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11766135c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

みた葉@新宿

鶏そば
みた葉(ミタバ)
☆☆☆☆.2(新宿)
濃厚鶏つけ麺(醤油)830円

Mis Leaves

濃厚鶏つけ麺(醤油)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある少し黒ずんだ麺で、気持ち硬茹でされているせいか喉ごしは平打ならではで良いのですがエッジが喉元に引っ掛かる硬さが気になる麺でした(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感微アリな粘度弱アリな濃厚鶏白湯醤油味で、丸鶏の旨味を十二分に抽出したところに軽くカエシを合わせた豚骨と違って臭みの無い濃厚な鶏醤油味に仕上がっています。

具は穂先メンマ1本と低温調理された鶏ムネ肉2枚と水菜と海苔2枚と小さくて丸い鶏つくね1個が麺の上に飾られていて、W葱(青葱と微塵玉葱)がつけ汁に入っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、濃厚つけ汁が平打麺に存分に絡みズル・ズルズルっとテンポよく汁跳ねに注意しながら啜れました。
スープ割は配膳時ポットが提供され黄白濁した鶏スープを自分好みに調整でき、プラスティック製の白い蓮華で微塵玉葱を掬いながら美味しく戴けました。
お店は歌舞伎町の新宿区役所通りに佇んでいて、店内に入ると店主さんのお子さん(女の子)が夏休みということもあってか店内を散策していました。

卓上アイテムの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9169185.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11765654c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うしまる@大山

麺屋
うしまる 
☆☆☆☆.1(大山)
牛骨つけ麺860円

Cow Circle

牛骨つけ麺(味玉<雨の日サービス>メンマ<HPサービス>)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びたカネジン食品社製と思われ、短めなコシのある啜り甲斐があまりない、お茶漬け喰いスタイルで啜り込むと丁度いい喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところで、終日ご飯1杯<小140g中200g大300g>無料サービスです)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感弱アリな粘度微アリな牛骨をベースに豚骨と大山鶏を丸1日じっくり煮込んだ牛骨白湯で、オイリー感はありますがコッテコテの牛脂系ではなく背脂系でもないのでクドさは感じられず、1杯戴いて丁度いいつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く(全景撮影後メンマの乗せ忘れかも知れないので聞いてみたところデフォには無いとのこと、その後食事中にHPを見たとのことで材木太メンマ5本がサービスされる)、肩ロース叉焼2枚とホウレン草と海苔1枚とブラックペッパーが振り掛けられた長葱とサービス味玉1つが麺の上に乗っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、麺が短いのでどうしてもお茶漬け喰いスタイルになってしまいズル・ズルズルっとやっとこ啜れました。
途中、卓上の胡瓜の漬物(着席したら冷蔵庫からカウンター上に置かれる)を箸休めでお口の中をサッパリさせてパリパリ戴きました。
スープ割はブーメラン方式に寸胴に入った熱々牛骨スープが注がれ、木製の茶色い蓮華で長葱を掬いながらしつこさを感じないまま美味しく戴きました。
お店は以前伺ったことがある2度振られた「外宮」の跡地に佇んでいて内容も「牛骨」ということで(丼や蓮華も同じ)、牛骨に拘る店員さんが引き継いでオープンし模様です。
それにしても、ご飯は戴きませんでしたが味玉とメンマのサービスありがとうございました。

材木太メンマとパリパリ胡瓜はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9168716.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11765420c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ススム@高田馬場

肉汁麺
ススム 高田馬場店
☆☆☆☆.1(高田馬場)
肉汁つけ麺レベル1 780円

Advance TAKADANOBABA

肉汁つけ麺レベル1麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麵で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの気持ち硬茹でされた啜り心地を楽しむよりも麺自体の風味を味わう意外とゴッツイ感のある麺です(麺量:茹で前180g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は辛味と酸味と粘度の無いオイリー感弱アリな豚骨醤油味で、濃い口のカエシが効いた醤油味に豚骨を軽く合わせたニンニクが香るつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、別皿に甘口に味付けされた炙りの入った生姜焼きの様な薄切りバラ肉5枚(100g)が白胡麻を振られて盛られていて、雲丹トゲ刻海苔が麺の上に軽く化粧され、青葱と背脂がつけ汁の上を浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、青葱と背脂が平打麺に纏わりジュル・ジュルジュルっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
途中、卓上の胡瓜の漬物で箸休めすると甘口のお肉のタレを忘れさせてくれます。
スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ、プラスティック製の黒い蓮華で青葱と背脂を掬いながら美味しく戴きました。
食券を渡すと次回から使えるお肉100g増量神クーポン戴いちゃいました。
神クーポンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9166496.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11764424c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

凛や@池袋

SOBA DINING
凛や(リンヤ) 
☆☆☆.6(池袋)
中華そばつけ麺680円

Bracing Shop

中華そばつけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた資本系がなせる業のセンターキッチンで製作されたであろう?自家製麵?で、冷凍麺を軽く茹でただけなのか麺の芯まで確り軟らかく啜り心地は楽しめませんが軟らかい喉ごしが味わえる中華そばつけ麺専用の中太超多加水麺で消化は良さそうです(麺量:茹で前200g位で膨張率が低く腹7分目といったところです)。
つけ汁は辛味と酸味とオイリー感と粘度の全てが無い魚介醤油味で、ノスタルジック系の透明感のあるのとは違い濁りのある茶濁した魚粉風味が漂う化学力を屈指したチープ感のあるつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ10数本と薄切りバラ叉焼1枚とナルト1枚と海苔1枚と水菜と大量の長葱が麺を隠すように盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、軟らか麺にシャバ系つけ汁が僅かに絡み纏わり付いてくる水菜と共に啜れました。
途中、受渡し場所横に置いてある無料サービスの皮ごとすりおろした高知県産おろし生姜を小匙2杯投入すると、化学力を少し粉砕し生姜の風味で完食できました。
スープ割はセルフサービスでさげ場コーナー横に置いてあるポットに蕎麦湯が入れてあり自分好みに調整でき、プラスティック製の赤茶色した蓮華で水菜と長葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店は西武池袋線の池袋駅の定期券や切符を持っていない電車に用の無い方は入場券(150円)を買わないと入れない改札口の中に佇んでいて、立ち食い蕎麦屋さんとしては人気があるクレアグループが運営しているお店でした。

入場券はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9165331.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11763883c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鳳仙花@新宿

らぁ麺
鳳仙花(ホウセンカ)
☆☆☆☆.2(新宿)
つけ麺850円

Garden Balsam

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある菅野製麵社製で、栄養満点な所々に斑点が見受けられる全粒粉入りのと〜っても長めの啜り心地のが楽しめる喉ごしも軽やかな消化もよい多加水麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と粘度と辛味が無いオイリー感微アリな「金目鯛」のアラで出汁を摂った塩味で、とても気品に満ちた「真鯛」とは違った上品な魚介油が薫るつけ汁に仕上がっています。

具は穂先メンマ1本と弾力のあるコロ叉焼4・5個と微塵アーリーレッドと青葱がつけ汁に忍ばされ、麺の上に低温調理されたレア叉焼3・4枚が乗っています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、アーリーレッドや青葱と共に金目鯛出汁つけ汁が軽く絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。
スープ割はブーメラン方式にカウンタ内のポットから金目鯛出汁スープが注がれ、陶器製の白い蓮華でアーリーレッドを掬いながら美味しく戴きました。
お店は同じ新宿に佇む鈴蘭・はやし田と同系らしいですが、「金目鯛」は同じ魚介の青身の「鰯」や「鯵」のセメントとは違い奥深い上品なお魚の風味で白身の「真鯛」同様に美味しいですね。

⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9163130.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11762807c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

コヨシ@市ヶ谷

中華そば
コヨシ 
☆☆☆☆.1(市ヶ谷)
にぼしつけ麺870円

Bosom buddy

にぼしつけ麺(中盛)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがあるカネジン食品社製で、啜り心地と喉ごしは平打ならではで良いのですが表面がベタ付いているせいか麺同士のくっ付きがあるので後半はお箸で麺を引き出すのに一苦労するタイプの麺です(麺量:茹で前300g腹一杯で並盛200gと同一価格です)。
つけ汁は酸味と粘度が無い辛味とオイリー感が微アリな煮干しでもセメント系ではない上品な煮干しに豚骨を合わせた清湯系醤油味で、煮干しに抵抗がある方でも戴き易い透明感のあるカエシの塩味(エンミ)が気にならない煮干し入門編に適したアッサリした醤油味に仕上がっています。

具はメンマ2種(味濃いめの細4・5本と幅広1枚)と大きく賽の目切された肩ロース叉焼6・7個と薄くスライスされた長葱がつけ汁に忍ばされ、麺の横に海苔1枚と三つ葉の葉っぱが麺の上に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁が軽く平打麺に絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に優しい煮干しスープが注がれ長葱も追加され、陶器製の白い蓮華でシャキシャキ長葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店は外堀通りから北側に入った2軒先の所に佇んでいて、価格は決して安価ではありませんが店内のホスピタリティの高さやフロアーの女性店員さんの気配りが良かったですね。
お店を後にする時も「いってらっしゃい」と声を掛けられました。

⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9162249.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11762335c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

桂花@新宿

熊本ラーメン
桂花(ケイカ) 新宿ふぁんてん
☆☆☆.9(新宿)

ざるラーメン780円
Cinnamon Fannten

ざるラーメン戴きました。

麺は角細ストレートのエッジに丸みを帯びたかん水少なめで、喉ごしも適度に楽しめる啜り心地も意外と良いボリュームのある麺です(麺量:茹で前240g位で腹9分目といったところです)。
つけ汁は辛味と酸味と粘度の無いマー油のオイリー感微アリな豚骨主体にチキンスープをブレンドした豚骨味で、博多ラーメンみたいな臭みは無く黒く焦げたマー油が表面を覆うニンニク風味がほんのり香るつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ4本とお箸でホロホロ崩れるバラ叉焼2枚と茎ワカメと味玉半分と青葱と刻海苔が麺を隠すように盛られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、黒焦げマー油が麺に纏わり付き汁跳ねに注意しながら啜りました。
スープ割はプラスチック製の赤茶色した蕎麦湯急須に白濁した豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、「桂花」のロゴが入った陶器製の白い蓮華で青葱や茎ワカメを掬いながら美味しく戴きました。
お店は地下1階と2階に佇んでいて、地下2階は朝4時から営業していて心強いですし、麦茶でも烏龍茶でもないプーアル茶もいいですね。

スープ割はこちら⇨  http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9161503.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11761994c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
今日 合計
ビュー 20 361690
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト