赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

トリとん@中板橋

トリとん
☆☆☆.8(中板橋)
つけ麺700円

Brid Pig

つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある今までに見聞きしたことがないお初のKoju Foods社製で、まるでパスタのカルボナーラ用に製麵されたフィットチーネの様に平たく捻りが入ったビロビロ啜れる喉元に優しくつけ汁とよく絡む面白い麺です(麺量:茹で前250g位で腹8.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い粘度微アリな辛味アリアリな濃厚豚骨醤油味で、底に沈んでいる一味唐辛子が混ざり合ってしまうと途轍もない辛味が発動され、見かけの豚骨の甘味やカエシの塩味で構成されている豚骨醤油が激変する辛味がじわじわ襲ってくるつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ4・5枚とワカメと青葱とステーキを薄切りした様な大振り肩ロース叉焼1枚がつけ汁に押し込まれ、海苔1枚が麺の横に添えられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、つけ汁の中に目視では確認できなかった唐辛子が幅広フィットチーネ麺の表面にポツポツと絡み額から汗を掻きながらヒィーヒィー啜れました。
スープ割はブーメラン方式にマイルド豚骨スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華で唐辛子が混ざっていない場所を探しながら戴きました。
ラーメンを注文した方には麺の種類(細・中太・太)を聞いていましたが、つけ麺はこのフィットチーネタイプの太麺?だけなのかは分からずじまいでした。
店内は大陸系の店員さん達が調理及び接客をして異国情緒に触れる雰囲気で「辛かった」と一言残して退店しました。
アッそうそう、看板に記されている「安」の文字は店名ではないとのことでした。

Koju Foods社の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8999768.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11690994c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

真しま@練馬

麺匠

真しま(マシマ)
☆☆☆☆.1(練馬)
つけそば780円

Just Island

つけそば戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高い啜り心地が楽しめる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな鶏魚介醤油味で、若鶏のほぐし身から出たエキスが全体をまとめている様な鶏が主張している茶濁したつけ汁に仕上がっています。

具はメンマは無く、代わりの筍の水煮2枚と冷製の鶏ムネ肉叉焼1枚とレア感が残る豚肩ロース叉焼1枚と海苔1枚とグレープフルーツと見間違えてしまった大きなカットレモン1個が麺の上を彩り、カイワレ数本と目に見えないくらい細かい若鶏のほぐし身がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、若鶏のほぐし身が麺に纏わり付きつけ汁を絡めズルズルっと啜れました。
途中、お薦めのレモンを麺に絞って戴いてみると、柑橘系の酸味が心地良く啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華で若鶏のほぐし身を掬いながら美味しく戴けました。
お店は西武池袋線の高架している車内からよく見える場所に佇んでいて、看板もよく見えるはずなので沿線の方が来店しそうな店構えでした。 

麺やスープの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8999127.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11690617c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

貴太郎@新宿

博多豚骨
貴太郎(キタロウ)新宿本店
☆☆☆.9(新宿・東新宿)
海老つけ麺900円

Honorific TARO

海老つけ麺(並盛)戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに尖りがある入口の貼紙には浅草開化楼製の極太麺と記載されているどう見ても極太には見えない(博多ラーメンの極細麺から比べると極太になるのか?)麵で、一般的なつけ麺の麺としては中細タイプなので喉ごしは良く啜り心地も楽しめる麺です(麺量:茹で前300gで腹8分目といったところで、小盛200gと並盛が同一価格で、ラーメンを注文した方にはトッピングが2品まで特別価格で注文できます)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無い海老油のオイリー感微アリな海老白湯味で、海老の甲殻系と海老味噌系の2種類の風味に分かれるとしたら前者の甲殻系のお土産で有名な愛知県の坂角総本舗のゆかり海老煎餅の様な味わいに仕上がっています。

具はメンマ10本位と軟らか冷製の鶏ムネ肉叉焼2枚と味玉1個と大量の真っ赤なドライ桜海老と海苔1枚と万能葱が麺を隠す様に盛られ、豚肩ロース叉焼の小さな切り落とし5・6個と万能葱がつけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、微粒粉化した海老の風味が麺に絡み優しいあっさりした海老風味を楽しみながらズルっと軽く啜れました。
スープ割はブーメラン方式に白湯スープが注がれ、プラスチック製の赤茶色した蓮華でドライ桜海老を掬いながら美味しく戴けました。
お店は新宿の歌舞伎町の外れのビジネスホテルの1Fに佇んでいて、何と同じホテルの入口の階段を挟んだお隣にもラーメン店が並んでいる激戦地区で営業されていますが、向かいのビルに31年前に居候していた自分が懐かしく思えてしまいました。
ラーメンのトッピングサービスはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8998172.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11690122c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ヒマワリ@東十条

ラーメン
ヒマワリ
☆☆☆.8(東十条)
みそつけ麺780円

Sunflower

みそつけ麺(大盛)+味玉(Facebookサービス)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある製麵会社と試行錯誤してたどり着いた拘りの麵で、確りとしたコシが喉ごしを刺激する啜り心地が楽しめる気持ち硬茹でされている麺です(麺量:茹で前300g位でお腹一杯で、麺の大盛か半ライスが常時サービスです)。
つけ汁は酸味の無いオイリー感微アリな辛味と粘度が弱アリな味噌味で、北海道味噌や江戸甘味噌の「米味噌」や八丁味噌の「豆味噌」とは少し違う九州麦味噌の麦麹の香りがする様な東京ではあまりお目にかかったことがない半透明で赤茶濁した少しピリ辛な味噌味に仕上がっています。

具はメンマ6・7本と厚みのある大きな肩ロース叉焼1枚とナルト1枚と茹で玉子半分と長葱がつけ汁の中に押し込まれ、刻海苔とFacebookサービスの味玉(半熟とハードボイルドが半分づつ)が麺の上に配置されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、片栗粉で伸ばした様なトロミのあるつけ汁が平打麺に絶妙に絡みズルっズルっと啜れました。
スープ割はカウンター上に清湯スープが入ったポットが置いてあり自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で変わった味噌味を確認し額から汗が滲み出ているのをティッシュで拭きながら戴きました。
お店はJR京浜東北線の東十条駅東口から徒歩30秒の所に佇んでいて、大盛(麺多め)や半ライス(通常の1杯サイズ)のサービスが受けているのか地元の老若男女が集う様に次から次へと片時も途切れず来店していました。
Facebookサービスはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8996502.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11689194c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

たなか@阿佐ヶ谷

支那そば

たなか
☆☆☆☆.1(阿佐ヶ谷)
つけそば750円

Paddy-Field In

つけそば戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに丸みを帯びたラーメン類と同じ麵で、細麺の運命(さだめ)か麺同士のくっつきに注意しながら持ち上げて啜ると存分に喉ごしが楽しめる麺です(麺量:茹で前240g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな清湯系鶏魚介醤油味で、無化調でしょうか?尖りの無い円やかな品のある優しい醤油味に仕上がっています。

具は材木中太メンマ3本と肉感が噛み締められる豚モモ肉叉焼2枚と青葱がつけ汁の中に隠され、カットレモン1つと多めの白胡麻と刻海苔が麺に蓋をする様に覆い被さっています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、刻海苔の磯の風味と白胡麻の香ばしい風味がつけ汁と合わさり、まるで海苔茶漬けを戴いている様にスルスルっと啜れました。
スープ割は配膳時に、冬の時期に欠かせない鍋料理の横で灰汁取りのお玉を入れておく灰汁取り碗に鶏魚介スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の柄の短い白い蓮華で刻海苔や白胡麻を追いかけながら美味しく戴けました。
お店は阿佐ヶ谷駅から少し歩いた商店街が終わりかけた一角に佇んでいて、店主さんワンオペ態勢で営業されているカウンター6席のみのこじんまりしたお店でした。

灰汁取り碗はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8993683.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11687531c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

龍の家@大山

ラーメン
龍の家(タツノヤ)板橋大山店
☆☆☆.9(大山)
つけ麺もつ800円

Dragon’s House OOYAMA

つけ麺もつ(小盛)戴きました。

麺は平打中細ストレートのエッジに尖りがある九州は久留米にある自社工場で製造されている自家製麵で、軽くパツパツとした食感が喉元をくすぐり気持ちよく啜れる麺です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無い焦がし醤油と揚げ油のオイリー感弱アリな濃厚豚骨で、焦がした醤油の風味と「もつ」を揚げた油の風味が豚骨スープに溶け込んで力強い豚骨にまとめられています。

具はメンマ7・8と炙りの入ったバラ叉焼2枚と海苔3枚と小さい陶器製の白い蓮華に入った青葱が麺の上を彩り、カリカリに油で揚げれらた「もつ」5個がつけ汁に忍ばせてあります。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面に浮遊している焦がし醤油が麺に纏わり付き焦げの香ばしい風味と共にズルっと啜れました。
スープ割は無く、代わりにつけ汁にお粥を入れた「割り粥」が提供され、陶器製の白い蓮華で追加されて青葱と共に美味しく戴けました。
お店のお隣には家系ラーメン店が並んでいますが、九州久留米豚骨ラーメンと豚骨醤油ラーメンの棲み分けが出来るかが少し心配です。
オープン記念で貰ったトートバッグはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8991456.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11686167c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

仁@日暮里

(ジン)らーめん
☆☆☆.8(日暮里)
担々つけ麺850円

Benevolence

担々つけ麺(辛味控えめ)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに丸みを帯びた色白多加水麵で、中太で量が多く見えがちですが超多加水麺なのでいつの間にか軽く胃に落ちてしまっている喉ごしも優しい麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感が無い粘度微アリな辛味弱アリなマイルドクリーミーな担々味で、芝麻醤(チーマージャン)のとても香り良く炒った胡麻の風味が際立っている辣油のピリ辛が控えめな赤々とした四川料理の激辛な担々とは違う優しい風味に仕上がっています。

具はメンマ14・5本とシャキシャキ感の楽しめる軽く湯通しされた小松菜と半分にカットされた味玉2個が麺の上を彩り、つけ汁の表面に揚げ葱と青葱が浮遊し底にはサイコロ状の肩ロース叉焼5・6個と挽肉や竹の子や椎茸の微塵切りを混ぜた肉味噌みたいな物が沈んでいます。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、辛味控えめにしてもらったはずの辣油が目に見えないくらい麺に絡み額から汗が滴る様にズルズルっと啜れました。
スープ割はお願いすると麦茶を沸かすのにピッタリな昭和の夏へタイムスリップしたかの様な金色の金属製の丸型のヤカンがカワイイ鍋敷きの上に乗せられて提供され、プラスチック製の白い蓮華で中に入っている清湯スープを自分好みに調整して底に沈んで隠れてしまった挽肉や竹の子や椎茸を掬いながら美味しく戴けました。
お店は「らーめん」と屋号に謳っていますがラーメン以外にも中華定食やセットメニューも充実している中華屋さんで、以前(5年以上前)にも別のお店時代に伺ったことがある場所でしたが少し彷徨ってしまいました。

そのヤカンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8990449.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11685720c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

火焔山@池袋

蘭州拉麺店

火焔山(カエンザン)
☆☆☆.9(池袋)
牛肉入りつけ麺980円

Flame Mountain

牛肉入りつけ麺戴きました。

麺は平打細ストレートのエッジに尖りがある注文を受けてから料理人が麺生地を引っ張って延ばして打つ自家製麵で、細麺の為どうしても麺同士のくっつきが気になりますが喉ごしは良く啜れる麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と粘度が無いオイリー感弱アリな辛味アリすぎな辣油の赤色が表面を大量に覆うベースの味が分からない代物で、清湯系スープと牛の香りが薄っすらと香るつけ汁に仕上がっています。

具はメンマ6・7本とパサパサ牛肉叉焼3枚と味玉半分とナルト2枚と大量の微塵玉葱と青葱と海苔5枚が麺に蓋をする様に飾られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺に底に沈殿しているつけ汁の味噌みたいな物が絡み付き頭皮や額から汗を拭き出しながらヒーヒーフーフーと啜れました。
辛いので2・3啜りした後、微塵玉葱と青葱を白い蓮華で投入すると玉葱の甘味が加わり何とか完食できました。
配膳時にスープが別途ある旨の説明を受けていたのでお願いすると半透明な熱々牛骨スープが提供され(私はダメでしたがパクチーも追加できるとのこと)辛味が充満した口内を洗浄し、プラスチック製の白い蓮華で自分好みに調整してスープ割して辛味を再度挑戦して戴きました。
店内はTVからの日本が聞こえるくらいで、他の会話は中国語が飛び交う異国情緒が楽しめるお店でした。

蘭州拉麺の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8988625.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11684905c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

樹真@和光市

麺屋

樹真(キシン)
☆☆☆☆.4(和光市)
つけ麺800円

TatsukiShin

つけ麺+帆立の炊き込みご飯(ランチサービス11時〜14時)戴きました。

麺は平打中太ストレートのエッジに尖りがある自家製麵で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高い啜り甲斐のある平打麺で、喉元を詰まられる様な重厚感が楽しめる勇ましい麺です(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところで、ランチサービスの帆立の炊き込みご飯でお腹一杯になります<ランチサービスは、ご飯か味玉が選べます>)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリな野菜の甘味と鶏出汁と魚介がシンクロした鶏塩味で、博多の水炊き鍋を彷彿させた様な鶏出汁が効いた尖りの無い円やかな塩味にまとめられています。

具はメンマは無く、代わりに炙りを入れた筍の穂先3個とこちらも炙りが入った皮付き鶏モモ肉2枚と海苔1枚が麺の上に乗せられ、軟らかく煮込まれた斜め切りと小口切りされた長葱沢山とキャベツと三つ葉と切り落とされた豚肩ロース肉4・5個がつけ汁の中を賑わせています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、尖りのあるエッジに斜め切り長葱や三つ葉が絡みつけ汁を纏わせズズズっと美味しく啜れました。
スープ割はお願いすると魚介出汁スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で鶏出汁と魚介出汁を確認しながら美味しく戴きました。
ランチサービスで選んだ帆立の炊き込みご飯は最初は帆立のほぐし身を確認しながら2・3口美味しく戴いた後、つけ汁を割る前に蓮華で3・4杯三つ葉や長葱と共に掬い入れ「おじや」にして大変美味しく帆立出汁と鶏出汁のコラボを楽しみました。
お店は川越街道から和光市駅に向かった郊外に佇んでいますが、午前11時にオープンしてから次から次へとお客さんが訪れ人気の噂が垣間見えました。

帆立の炊き込みご飯はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8985692.html 



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11683295c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

福丸@笹塚・幡ケ谷

麺屋
福丸(フクマル)
☆☆☆☆.2(笹塚・幡ケ谷)
鴨だし×魚介つけ麵800円

Good Fortune Circle

鴨だし×魚介つけ麺戴きました。

麺は平打極太ウェーブのエッジに丸みを帯びたカネジン食品製で、平打なのにモチモチした食感が喉元を刺激する佐野や喜多方ラーメンの麺を極太にした様な確りした食感が楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹8.5分目といったところで、中盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな濃厚な鴨出汁の存在感が分かる醤油味で、鴨油の風味と少し苦味のある魚介風味が合わさった旨味が感じられる醤油味に仕上がっています。

具は細メンマ20本位と細く短冊切された肩ロース叉焼10枚位と笹切り長葱がつけ汁に押し込まれ、低温調理されたレア肩ロース叉焼1枚が麺の上に鎮座しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度の無いシャバ系つけ汁が平打極太麺に軽く絡み笹切り長葱と共にツルシャバっと美味しく啜れまた。
スープ割は卓上に置いてある魚介出汁スープが入ったポットから自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で底に隠れてしまった細メンマを探しながら美味しく戴きました。
お店は甲州街道沿いに佇んでいて、席間も手ごろに空いていてゆったりと落ち着いて食事ができるお店でした。
カネジン食品の麺箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8983724.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11682349c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 28 355988
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト