赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

霧笛@上板橋

麺処鶏処
霧笛(ムテキ)
☆☆☆.8(上板橋)
霧笛つけ麵850円

Foghorn

霧笛つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた鶴見製麺製で、色白した多加水麺でゴツゴツした食感のせいか喉ごしは不十分ですが麺自体の風味と噛み応えが楽しめる勇ましい麺です(麺量:茹で前200gで腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度弱アリな鰹と鯖の魚粉風味が効いた鶏魚介味噌味で、江戸甘味噌や北海道味噌や八丁味噌をブレンドしたであろう?甘辛な濃厚感のある大人の味噌味に仕上がっています。

具はメンマは無く、小さく小さく賽の目切された肩ロース叉焼12〜3個と笹切り長葱がつけ汁に忍ばされ、茹でモヤシと糸唐辛子と笹切り長葱が麺の上に化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、魚粉と共につけ汁が絡み色白の麺肌をこげ茶色に染め上げ汁跳ねに注意しながらズル・ズルズルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に鶏出汁スープが注がれ、プラスティック製の白い蓮華で笹切り長葱と共に掬い鰹と鯖の魚介風味を味噌味と共感しながら美味しく戴きました。
お店は上板橋駅前の南口商店街の入口すぐに佇んでいて、いつの間にかにつけ麺が提供されていて本日は朝から飲んでいたこともあり「つけ麺難民」するところと救ってくれました。
秋限定なのか?3種節とキノコの鶏つけ麵も気になりますね。
秋メニューはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9205474.html




つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11782120c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

うま家@高田馬場

麺達
うま家(ウマヤ) 
☆☆☆.7(高田馬場)
濃厚つけ麺730円

Delicious House 

濃厚つけ麺(大盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麺製で、少し短めな表面ツルっとした多加水麺なので喉ごしは楽しめる麺です(麺量:茹で前300gで腹8分目といったところで、並盛200gと同一価格でライスの1杯サービスもあります)。
つけ汁は酸味と辛味の無いオイリー感と粘度が弱アリな横浜家系の豚骨醤油味で、豚骨の髄から出たエキスも感じられる濃厚な豚骨醤油味に仕上がっています。

具はメンマ7・8枚と肩ロース叉焼の切り落とし3・4個と長葱がつけ汁に忍ばされ、海苔1枚とカットレモンが麺の横に置かれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面ツルツルの麺肌に豚骨主体のつけ汁が軽く絡みズル・ズルズルっと啜れました。
途中、卓上に置いてある胡瓜の漬物で箸休めすると、お口の中がサッパリして飽きずに啜れました。
スープ割はブーメラン方式に豚骨スープが注がれ長葱が大量に追加され、陶器製の白い蓮華で避けても避けても蓮華に入り込んでくる長葱と共に掬い戴きました。
お店は高田馬場駅から北へ伸びる栄通りの入口付近に佇んでいて、女性のお一人様からガテン系の方までラーメン&ライスを楽しんでられていました。

胡瓜の漬物はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9203884.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11781223c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

冬馬@志村坂上

喰麺家
冬馬(トウマ)
☆☆☆☆.1(志村坂上)
つけ麺(味噌)600円

Winter Horse

つけ麺(味噌)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた札幌味噌ラーメンで有名な森住製麺製で、深い黄色した味噌ラーメンによく似合うウェーブの効いた汁跳ねに注意しながら戴く喉ごしよりも麺自体の小麦風味を楽しむ麺です(麺量:茹で前280g位で腹9分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味弱アリな中辛口でコクがある北海道味噌主体の味噌味で、大人向けの唐辛子のピリ辛の中にお味噌の甘味が感じられる取っ手が付いた鉄鍋に入った赤茶色した味噌味に仕上がっています。

具はメンマ6・7本とトロ〜っと半熟茹で玉子半分が麺の上に乗せられ、笹切り長葱とワカメと白胡麻がつけ汁に浮遊しています(叉焼はありませんでした)。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、深い黄色の麺肌が赤茶色に染まり笹切り長葱と白胡麻と唐辛子片と共につけ汁が絡み汁跳ねに注意しながら恐る恐るズル・ズルズルっと啜りました。
スープ割はブーメラン方式に清湯系スープが注がれ、木製の京風ラーメンに使用するハマグリ型の蓮華でワカメを掬いながらちょっと辛口のスープ割を楽しみました。
お店は志村坂上駅から東側に約500mの小豆沢通り沿いに佇んでいて、小豆沢公園からも離れている為か麺量も多く本格的な岩見沢味噌ラーメンが楽しめるCP抜群なのにもかかわらず来客する方が少なかったです。 

岩見沢ラーメンのマークはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9202277.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11780519c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

繊@上井草

東京ラーメン
(セン)
☆☆☆.8(上井草)
醤油つけ麺780円

Daikon Julienne

醤油つけ麺戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麺製で、捻りの効いたウェーブなので割り箸で掴み易い分、啜るのに一苦労する食感は楽しめる麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、大盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感と粘度の全てが無い鳥取県大山鶏と福島県川俣シャモから6時間かけてゆっくり煮込んだスープに活ハマグリやホタテをブレンドしたカエシを合わせた清湯系醤油味で、魚粉風味が円やかに鼻孔をくすぐる無化調の醤油味に仕上がっています。

具はメンマ4・5本と小さな賽の目切叉焼10個位と長葱と白胡麻がつけ汁に忍ばされ、巻き巻きバラ叉焼1枚と海苔1枚が麺の上に鎮座されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の捻りウェーブに魚粉と共につけ汁が絡み汁跳ねに注意しながらジュル・ジュルジュルっと啜れました。
スープ割はブーメラン方式に魚介系出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で小さな賽の目切叉焼を掬いながら無化調のスープ割を楽しみました。
お店は上井草駅の南側のすぐ近くの商店街に佇んでいて、街自体に活気が無いのか11時30分の開店から退店するまで私含めて2名の来客でした。
素材の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9200977.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11780016c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

まちかど@駒沢大学

真鯛らぁめん
まちかど
☆☆☆☆.4(駒沢大学)
真鯛つけ麺1050円

Street Cormer

真鯛つけ麺+特製鯛ばってら(平日ランチサービス)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた大栄食品社製で、生パスタの様なモッチリとした食感による喉ごしの滑らかさに加え噛んだ時の麺の弾力が楽しめるセモリナ粉とオリーブオイルを配合した冷水で〆ていない熱盛仕様の麺です(麺量:茹で前180gで腹7分目といったところで、平日ランチサービスの特製鯛ばってらで腹7.5分目まで膨らみます)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度微アリな愛媛県産の真鯛の頭と中骨をふんだんに使用した真鯛味で、豚や鶏等の動物系は使用せずにドライトマトやセロリ等の香味野菜類に白ワインやシチリア産の塩で整えられた旨味が凝縮された無化調の鯛白湯に仕上がっています。

具はメンマは無く、軽くほんのり昆布締めされた皮付きの真鯛の刺身3枚と縦にスライスされたズッキーニ2枚と気づかない位の酸味がある大根の微塵切とスライスカットレモン1枚とカイワレ少々が麺の上を彩り、白胡麻がつけ汁に軽く振られています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、最初の1口啜り目は真鯛のお魚の独特な癖が口内を攻めてきましたが、啜り続けるうちに独特な癖が旨味に変化し180gの麺では満足できずもっと啜っていたい気分になりました。
平日ランチサービスの特製鯛ばってらは、軽く昆布締めされた真鯛の切り身が大阪名物箱寿司風に角が立つ様に形成され軽い酢飯と共にお醤油もいらずに戴けました。
スープ割はブーメラン方式に鯛スープが注がれ、木製の木目調した蓮華で真鯛と香味野菜の甘味を感じながら完飲するほど美味しく戴けました。
お店は平井堅さん似の物腰の軟らかい店主さんと店員さんの2名体制で営んでいて、真鯛らぁめん店としての営業は日・月・火曜日だけで、それ以外はイタリアンバーとしての営業になりますのでご注意下さい。

特製鯛ばってらはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9198847.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11779312c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

松島@根津

池之端
松島(マツシマ)
☆☆☆.7(根津)
チャーシューつけ麺950円

Pine  tree Island 

チャーシューつけ麺戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある半分透けている様な薄白黄色した麺で、啜り心地と喉ごしは良いのですが何せ細麺の宿命の麺同士のくっつきがある竹箸(割り箸)で摘みつけ汁に浸すのに苦労するタイプの麺です(麺量:茹で前210g位でも細麺の為膨張率が低く腹7分目といったところです)。
つけ汁は辛味とオイリー感と粘度が無い酸味微アリな清湯系醤油味で、甘辛酸のノスタルジック系とは違った軽くごま油の風味が鼻腔をくすぐるカエシのショッパ味が優しい醤油味に仕上がっています。

具はメンマは無く、短冊切やら三角切やら幾何学的な形をした大量のバラ&肩ロース叉焼沢山とワカメと白胡麻と青葱がつけ汁の表面すれすれまで押し込められていて、雲丹トゲ刻海苔が麺の上にちょこっと化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、シャバ系つけ汁と共に青葱と白胡麻とワカメが麺に軽く絡みズル・ズルズルっとテンポよく啜れました。
スープ割は陶器製の別ポットに入った優しい生姜風味がする清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の赤茶色した蓮華で青葱や白胡麻を掬いながら滋味深く美味しく戴けました。
お店は不忍通りから入った人しか通れない路地に佇んでいて、一軒家の1階で営んでいる様なアットホームな感じがある隠れ家的なラーメン屋さんでした。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9196633.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11778420c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

巧徳林@香港

巧徳林 上海素食(Kiug Tak Lam)
☆☆☆☆.0(香港)
上海冷麺H$108(サービス料・お茶と水は別途料金)
Seven’s dipping noodles

上海冷麺(7種つけ麺<勝手に名付け>)戴きました。

麺は角極細ウェーブのエッジに尖りがある最初の食感がパツパツ&ボソッとしたイメージの麺で、色んなつけ汁?で試しているうちに意外にもお口と喉ごしが爽やかになり美味しく啜れる麺です(麺量:茹で前400g位で二人でシェアして正解の量でした<事前確認で1人では食べきれないと思い同行者と共に…>)。
つけ汁?は無化調の黒いの3種(Japaneseソイソースに似た物・甜麵醬に似た物・微かな酸味のある物)と赤いの2種(拉油・何か分からい物)とピーナッツバター似1種とナッツ類を砕いた物1種の7種が小さい陶器製の白い蓮華がそれぞれに付いて提供されていて、見ている分にはカラフルで楽しいです。

具はメンマは無く、確り根切りされたモヤシ10本位と短冊切されたピーマンみたいな緑色した茹野菜10本位と一見するとキクラゲかと思われた正体不明な野菜が別皿提供されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、Japaneseソイソース似に浸してみましたが意外にも日本人にも合う味わいでパキツルっと啜れました。
1枚目の画像だけ見てみると「7種のつけ麺」って感じですが、実際は麺を別皿に必要なだけ取分け7種のソースをお好みで合わせて戴く「和え麺・混ぜ麺」の部類に属してしまいそうな一品でしたが、きちんと浸して戴いた実績も含めて香港の麺料理をご紹介させていただきました。
お店は、ビクトリア・ハーバーを眼下に素晴らしく展望できるビルの商業ビルの7Fに佇んでいて、メニューはベジタリアン中華料理と謳っていますが老若男女が楽しめる前菜から一品料理・麺料理・ご飯物の他に天津なども揃っているジャスミン茶が無料だと思ってガブガブ飲んでしまった綺麗なお店でした。

各種つけ汁の名前はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9195337.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11777889c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富田@成田空港第一ターミナル

日本の中華そば
富田(トミタ)
☆☆☆☆☆(成田空港第一ターミナル)
濃厚つけ麺890円

Wealth Farms

濃厚つけ麺戴きました。

麺は角極太ストレートのエッジに丸みを帯びた自家製麵(心の味食品)で、中華麺と違い黄色くなく麦芽入りのパンの様な色をした極太麺なのに啜り心地も十分楽しめる存在感のある麺です(麺量:茹で前200g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感と辛味が無い粘度ドロドロな六厘舎などで一世を風靡した濃厚豚骨魚介味で、魚粉の魚介感や豚骨の濃厚感がバランスよく配合された柚子が時折香る王道のつけ汁にまとめられています。

具は材木太メンマ3・4本と巻き巻きバラ叉焼1枚と海苔1枚と長葱と刻柚子皮つけ汁に浮遊しています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極太麺にもかかわらず粘度ドロドロのつけ汁が十二分に絡み、汁跳ねに注意しながらジュル・ジュルジュルっとこの味を求めて伺った松戸のお店を思い出しながら啜りました。
スープ割はお願いすると魚介系出汁スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の薄緑色した蓮華で王道の「また、お前もか系」を感じながら戴きました。
お店は成田空港第一ターミナルのレストランコーナーの一角に佇んでいて、朝8時から営業しており早朝の飛行機の便でも何とか戴くことができ感無量でした。

飛行機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9194769.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11777610c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

和虎@十条

北海道らーめん
和虎(カズトラ) 
☆☆☆.8(十条)
つけ麺(味噌)850円

Sum Tiger 

つけ麺(味噌<醤油とチョイス>)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた麺の麻生社製で、深い黄色の半透明感のある札幌味噌ラーメンに似合いそうな若干パツパツ感もある啜るのには一苦労する捻りが独特な小麦を感じられる旨味のある麺です(麺量:茹で前200g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味微アリな中辛口の北海道味噌をベースにした味噌味で、スープを注ぎ溶かすだけの造り置きではなく注文ごとに中華鍋でモヤシと一緒に炒めた泡が浮遊する熱々のつけ汁に仕上がっています。

具はアルコール類のアテにもなりそうな長葱と辛味で味付けされたメンマ10本位とつけ汁に投入すると蘇生する肩ロース叉焼1枚とワカメと刻海苔が麺の上に飾られ、炒めモヤシと若干の豚ミンチと長葱が熱々つけ汁に忍ばされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、パツパツ麺に薄っすらと味噌つけ汁が炒めモヤシと共に絡みジュパ・ジュパズルっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
卓上には残念ながら味噌には特段お似合いの「おろし大蒜」置いてありませんでした。
スープ割は別碗に豚骨主体の動物系スープが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で数少ない豚ミンチを探しながら戴けました。
お店はアーケードのある十条商店街の駅近くに佇んでいて、半テラス席もあったりと団体さんも受け入れられるテキパキとした店員さんが気持ちいい店内でした。

割スープはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9193205.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11777074c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

十六夜@大山

煮干中華そば
十六夜(イザヨイ)
☆☆☆.9(大山・板橋区役所前)
濃厚煮干しつけ麺830円

Sixteen-day-old moon 

濃厚煮干しつけ麺(中盛)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある気持ち硬茹でされた麺で、ペラっとした平打ちならではの喉ごしが楽しめる何処で啜ったことがある様な時折見かけるいい感じの麺です(麺量:茹で前270gで腹9分目といったところで、並盛180gと同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味が無いオイリー感と粘度が弱アリな鶏と煮干しの濃厚醤油味で、セメント色した毒々しい煮干しと違って鶏ガラのエキスと鯖・うるめ・鰯の煮干しエキスがシンクロした苦味の無い背脂と魚粉が浮いた鶏煮干し醤油味に仕上がっています。

具はメンマは無く、ガスバーナーで炙ったバラ叉焼2枚とコリコリ感が嬉しいキクラゲの千切りと海苔2枚が麺の端に配置され、W葱(長葱・微塵玉葱)がつけ汁に忍ばされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度があるつけ汁が平打麺にたっぷり絡みツル・ツル・ジュルっと喉ごし良く啜れました。
スープ割は陶器製の白いぐい呑みに昆布出汁スープが提供され自分好みに調整でき、プラスティック製の白い蓮華で背脂と微塵玉葱を掬いながら美味しく戴けました。
食券を購入し、カウンター上に置き並盛か中盛かを聞かれg数を確認後、中盛をオーダーすると「つけ汁が無くなったら、追加は別料金になります」と言われ「中盛は大丈夫か?」聞いたところ「お客さんの食べ方次第」ですって「それじゃ、バランスが取れてないじゃん」と応酬、食事中に中盛はサービスでやっているので、それでつけ汁が無くなったらそれは食べ手が悪いみたいな表現をして追加の別料金が気に入らないなら中盛サービス止めますと言われ何か感じ悪い雰囲気になりましたが、つけ麺自体の味はよく後は言動の行方を自問自答してお客を楽しく食事させてくれるのを祈ります。

スープ割はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9190085.html





つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11775835c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2019年 次の年へ 前の月へ 6月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 41 363159
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト