赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

麻布ラーメン@広尾

麻布(アザブ)ラーメン 西麻布店
☆☆☆.9(広尾)
つけ麺800円

AZABU Ramen NISHIAZABU

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた表面ツルツル麺で、街の中華屋さんでよく見かける麺に似ていて多加水で喉ごし良く啜れ流れ落ち様に胃に納まりました(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで大盛300グラムも同一価格です)。
つけ汁は酸味とオイリー感と粘度が無い辛味アリなマイルド豚骨醤油で、ゆず胡椒を合わることにより辛味の中に柚子が香る変化球な豚骨醤油にまとめられています。

具はメンマ10本位と柔らかバラチャーシュー2枚と沢山の青梗菜がつけ汁に入れられ、刻海苔が麺の上に軽く化粧されています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、表面ツルツル麺にゆず胡椒の刺激が絡み額から汗を滲み出しながらツルツルっと啜れました。
卓上には食べ放題の辛味モヤシが置いてありましたが、これ以上の辛さは要らないので止めときました。
スープ割は配膳と同時に陶器製のカップに透明な清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の白い蓮華で青梗菜を掬いながら汗フキフキして戴きました。
お店は外苑西通りと六本木通りが交差する西麻布に佇んでいますが、結構ガテン系の方が来店していました。

辛味モヤシはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8912576.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11636462c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

ハナウタ。@四谷三丁目

ハナウタ。
☆☆☆☆.3(四谷三丁目)
磯香るしおつけ麵850円

Humming

磯香るしおつけ麵(中盛・週替わり夏メニュー)戴きました。

麺は角中細ウェーブのエッジに丸みを帯びた気持〜ち硬茹でされたモンゴルかんすい使用の薄黄色した麺で、スルスルっと喉元を通る啜り易い喉ごしが楽しめる暑いこの時期にはピッタリの麺です(麺量:茹で前210gで腹9分目といったところで、並盛140g〜大盛280gが同一価格です)。
つけ汁は冷製の無化調・無添加な酸味と辛味と粘度とオイリー感の全てが無い、塩ダレと焼きアゴなどの魚介の和風ダシを合わせた塩味で、透明感がありオイリー感がないので麺を浸すと麺に和えてある鶏油でしょうか?が表面に溶け出して動物性が加わり変化球的な塩味にまとめられています。

具はメンマは無く、皮付き鶏モモ肉叉焼2枚と味付きとただの茹で玉子がそれぞれ半分づつと生海苔どっさりが麺の上に三日月状に乗せられ、別皿に梅肉と刻生姜が提供されています。
まずは麺だけをつけ汁に浸して戴いてみると、細麺間にシャバ系つけ汁が軽く絡みスルスルっと喉越し良く美味しく流れ、次に生海苔に和えて戴いてみると、癖と塩味(エンミ)のない生海苔がタップリ絡み和え麺として美味しく戴け、生海苔に和えてつけ汁に浸して戴いてみると、メニュー名通りの「磯香る」つけ麺に進化し美味しく戴けました。
途中、別皿の刻生姜を投入すると生姜のサッパリ感が磯の香りとシンクロしとても美味しく戴け癖になりそうでした。
スープ割はブーメラン方式に温かい鶏魚介出汁スープが注がれ白髪葱が足され、陶器製の白い蓮華で生海苔と刻生姜を掬いながらサッパリと美味しく戴きました。
お店は2年前のグランドオープンする前の内装工事中に偶然見つけましたが、当初から「つけ麺」の提供がなく縁がないのかなと思っていましたが、また偶然にもお店のHPを覗いて見たところ夏期限定でつけ麺が週替わりで提供されていたので7月の最終提供日に伺えて嬉しい限りです。
8・9月とあとそれぞれ火曜〜金曜まで4日づつ計12日間提供期間がありますのでメニュー下のカレンダー参照の上ご来店下さい。

週替わり夏メニューカレンダーはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8908444.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11633230c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

丸福@志村坂上

中華料理

丸福(マルフク)
☆☆☆.6(志村坂上)
つけ麺650円

Circle Good Fortune

つけ麺戴きました。

麺は角細ウェーブのエッジに尖りがある多加水中華麺で、喉元を軽快に流れる喉ごしが細麺ならではの食感が特徴な街中の中華屋さんだからできる仕業な麺です(麺量:茹で前280g位で腹7.5分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感アリな濁りのある清湯醤油味で、表面を覆う油が温度低下を防ぐ役割をしていて最後まで熱々で戴けますが油が蓋をしている為、折角の醤油味がブロックされている油で濃厚感がでている仕上がりになっています。

具は甘く味付けされた細メンマ10本位と細短冊切肩ロース叉焼12・3本と味玉半分と海苔1枚と長葱が麺の上に飾られ、モヤシと叉焼の端っこの切れ端がつけ汁に入れられています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、細麺の麺間に表面の油が絡みオイリー感抜群になってしまいますが、麺をつけ汁碗の底からゆっくりと持ち上げるとモヤシや端っこ叉焼と共にツルツルっと熱々で啜れました。
スープ割はお願いすると別碗に透明な清湯スープが提供され自分好みに調整でき、プラスチック製の薄緑色の蓮華で油を避けながら長葱と共に美味しく戴けました。
お店は2015年の11月に“マツコの知らない世界”で板橋チャーハンの世界で取り上げられTV効果で流行っていたそうですが、伺った11時半頃で先客0の後客2名の状態でした。

マツコの知らない世界はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8905389.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11630608c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

富士松@荒川遊園地前

麺処

富士松(フジマツ)
☆☆☆☆.2(荒川遊園地前)
鶏ダシ醤油つけ麺900円

Fuji Pine Tree

鶏ダシ醬油つけ麵戴きました。

麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの小麦風味が香る喉元を軽やかに流れる様な喉ごしが楽しめる冷麦や素麺感覚で戴ける秀逸な麺で、麺丼に昆布水が張られた「やまぐちスタイル」で配膳されます(麺量:茹で前240g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は無化調な酸味と辛味と粘度が無い鶏油でしょうか?のオイリー感弱アリな鶏が魚介よりも勝っている料理名どおりのしょっぱさが尖っていない醤油味で、表面に浮いている透明な油が気持ち濃厚感を演出している醤油味に仕上がっています。

具はコリコリ感残るメンマ3本と提供される前に七輪で炙られた肩ロース叉焼2枚と海苔1枚と笹切り長葱がどっさり麺の上に飾られています。
叉焼から滲み出る脂が昆布水を汚してしまうのが少し気になりました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺に鶏の濃厚な油とバランスよくつけ汁が絡みスルスルっと喉元を流れて行きました。
スープ割はブーメラン方式に魚介出汁スープが注がれ、プラスチック製の白い蓮華で笹切り長葱と共に美味しく戴き、残った昆布水も注いでみたら昆布の苦味が加わりこれはこれで美味しく戴けました。
お店は以前別のお店で伺ったことのある荒川遊園地前駅から近い場所に佇んでいて、昼間の人口が少ないのにも関わらず強気な価格設定が気になりましたがポツリポツリとご近所さんが来店していました。 

昆布水で割るとこんな感じ⇨  http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8904179.html




つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11629805c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

五三郎@王子

つけ麺屋

五三郎(ゴサブロウ)
☆☆☆☆.1(王子)
つけ麺800円

Five Three ROW

つけ麺戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた中西食品社製で、小麦粉のギュっと詰まった感が何とも言えないどっしりとした低加水の麺肌が喉元を窮屈に流れますが旨味に満ちた存在感溢れるいい麺です(麺量:茹で前250g位でお腹一杯で小盛り50円引きにしておけばよかったです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無い背脂のオイリー感アリな煮干し風味が仄かに香る醤油味で、新潟は燕三条系の熱々つけ汁にたっぷりの背脂で蓋をしたしょっぱくはない時折柚子風味が香る濃口醤油味に仕上がっています。

具はメンマ5・6本と薄切り肩ロース叉焼2枚と薄っぺらなナルト1枚と岩海苔と微塵玉葱がつけ汁の中を背脂と共に賑わしています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、背脂と岩海苔が麺に軽く絡みツルツルとは喉元を流れませんが麺を味わいながら確り啜れました。
途中、卓上のお酢を振り掛けると、酸味が加わり大量の麺を消費できました。
スープ割はお願いすると透明な昆布出汁スープ?が入ったポットが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で微塵玉葱を掬いながら美味しく戴きました。
お店は2016年12月に燕三条系としてリニューアルしたそうで、伺いたいリストには入れていましたがリニューアルしたとのことでやっとこさで伺えました。

燕三条系ラーメンの由来はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8901654.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11628126c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

鴨to葱@御徒町

らーめん

鴨to葱(カモトネギ)
☆☆☆☆.2(御徒町)
鴨汁つけそば880円

Duck and Spring Onion

鴨汁つけそば(ニラ・ニンニクなし)戴きました。

麺は平打中太ウェーブのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高いストレート麺の方が啜り心地が楽しめたカモ?な喉ごしもまんざらではない時たま見掛ける麺です(麺量:茹で前185g位で腹7分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感弱アリな上品な鴨出汁が味わえる淡麗醤油味で、鴨の優しい出汁感に尖りの無い優しいカエシを合わせた少しオイリー感(合鴨油)が気になる無化調な淡麗なしょっぱくない醤油味にまとめられた、通常よく見る陶器製ではない軽いつけ汁椀に納められています。

具は穂先メンマ2本とさらし白髪葱一摘み分が麺に乗り、皮付き鴨肉の切り落とし10個位とニラ(選べる葱:今月はニラと丸太白葱から)と長葱がつけ汁の中を賑わしています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、平打麺の麺肌に優しいつけ汁が軽く絡み喉元をズズズっと流れサッパリと啜れました。
途中、卓上の自家製香り一味を軽く振ってみると、辛味は感じなく一味の風味で戴け楽しめました。
スープ割は配膳と共に透明な鴨出汁スープが入ったポットが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で滋味深い鴨出汁スープとカエシが融合したスープ割を優しく戴きました。
お店は御徒町側のアメヤ横丁の一角に佇んでいて、ガード下の店舗なので時折通過か停車する山手線か京浜東北線の音が天井から聞こえていました。

「鴨」の書はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8899057.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11626818c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

KaneKitchen@東長崎

KaneKitchen Noodles(カネキッチンヌードル)
☆☆☆☆.5(東長崎)
鰹出汁昆布水の淡麗つけ麵1000円

Bell Kitchen

鰹出汁昆布水の淡麗つけ麺戴きました。

麺は角細ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高いとても喉ごし良く啜れる冷たい昆布水に浸かった状態で配膳される麺だけでも旨味が十二分に感じられる秀逸な麺です(麺量:茹で前210g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな上品な鰹出汁が味わえる淡麗醤油味で、鰹の優しい出汁感に尖りの無いカエシを合わせたぬくもりが感じられる無化調な醤油味にまとめられています。

具は短太でも軟らかいメンマ2本とアオサ海苔とカットレモンが別皿で提供され、低温調理された豚肩ロース叉焼1枚と鶏ムネ肉叉焼1枚と豚肩ロースの薄切り落とし4・5枚と三つ葉がつけ汁の中を賑わしています。
麺をつけ汁に浸す前にまず、麺に塩を付けて戴いてみると、これが麺の小麦の風味がストレートに口内に広がりウマウマで途中何回も塩だけで啜ってしまいました。
次にいつもの様に、つけ汁に浸して戴いてみると、優しいつけ汁を纏った細ストレート麺が喉元をスルスルっと流れ楽しく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に煮干し出汁の様なスープが注がれ、更にスライスアーリーレッドと豚・鶏叉焼の端っこ5・6個も追加され、陶器製の白い蓮華でアーリーレッドを掬いながら叉焼達を避けながらとても美味しく戴きました。
お店はビルの2階に佇んでいて、無機質な小洒落た店内に次から次へとポツポツと単身から複数のお客さんが来店していました。

素材などの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8896513.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11624683c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

さんしょの木@新宿御苑前

さんしょの木(サンショノキ)
☆☆☆☆.2(新宿御苑前)
つけ担々麺900円

Japanese Pepper Tree

つけ担々麺戴きました。

麺は角極細ストレートのエッジに尖りがある自家製麺で、極細なのにコシがある啜り心地が十分楽しめる引き締まった喉ごしも良い麺です(麺量:茹で前250g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と粘度が無いオイリー感アリな辛味(最弱にしてもらう)アリな甘味の少ない、巷でよく見かけるピーナッツバター風味とは違う沢山の香辛料をブレンドした大人味の担々味に仕上がっています。

具は4・5本にカットされた穂先メンマがつけ汁に忍ばせてあり、豚ミンチソースと青葱がハヤシライスの様に麺の横に掛けられています。
麺をまずはデフォルトでつけ汁に浸して戴いてみると、極細麺の麺肌が薄黄色からオレンジ色に変わり汁跳ねに注意しながらツルツルっと啜れ、豚ミンチソースだけに絡めてみると麻婆豆腐とは違うオリエンタルな甘味の無い香辛料の香りが楽しめるマゼソバが楽しめ、豚ミンチソースを絡めてからつけ汁に浸してみると様々な香辛料がお口の中一杯に広がり辛味が弱い私でも心地良く啜れました。
スープ割の提供はしていないとのことで、ランチサービスのご飯割もありましたが、お冷で割ってプラスティック製の茶色と黒色の蓮華で豚ミンチや細かく砕かれたナッツ類を追いかけながら軽く数杯戴きました。
お店は前島氏率いる「せたが屋」グループなので注目度が高いですね!

豚ミンチ付きディップはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8895048.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11623615c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

清@東長崎

麺屋

(セイ) 
☆☆☆☆.1(東長崎)
つけそば800円

Clearly

つけそば(中盛)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた“栃木県産たまいずみ”小麦を使用した自家製麵で、極太気味な太麺でも色白で口当たりが良く打ち立ての軟らかい食感が喉ごしを楽しませてくれますが、如何せん箸先加工がされていないエコ箸では滑ってしまい掴み辛く割り箸も置いてあると助かり啜りが楽しめそうです(麺量:茹で前250gで腹8.5分目といったところで、並盛200gと同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度微アリな比内地鶏と魚介をブレンドした5種類の醤油から作ったカエシを合わせた薄茶濁した鶏魚介醤油味で、奥で「清そば」を戴いていた初老の男性がお湯を入れて欲しい気持ちが分かるくらい5種類の醤油のカエシの塩味(えんみ)が効いている醤油味にまとめられています。

具は太短メンマ4・5本と薄切り短冊肩ロース叉焼4・5枚と海苔2枚と黄身がトロットロな味玉半分と香ばしい揚げ玉葱とシャキシャキ感が楽しめるアーリーレッドと青葱がつけ汁に押し込まれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、打ち立て自家製麵に塩味抜群のつけ汁が薄っすら絡みズズズっと啜れましたが、自家製麵の宿命か麺丼の下には短く箸では掴めない半端な麺が残り蓮華とお箸で掬いながら浸しお茶漬け喰いスタイルでズルズルっと啜ってしまいました。。
スープ割はブーメラン方式に鶏スープが注がれ、陶器製の白い蓮華でショッパ感が和らいだスープ割をアーリーレッドを追いかけながら美味しく飲み込みました。
お店は東長崎駅南口のラーメン店が軒を並べる通りに佇んでいて、清潔感もありカフェっぽい造りの店内もお洒落で、何と言っても自家製麵が嬉しいですが熟成させた麺もいつの日か戴いてみたいですね。

自家製麺機はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8893779.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11622436c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

篝@池袋

銀座

(カガリ)Echika池袋店
☆☆☆☆.2(池袋)
濃厚煮干つけSoba950円

Cresset IKEBUKURO

濃厚煮干つけSoba戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた三河屋製麵製で、喉ごしを楽しむよりも、色白などっしりした重厚な小麦が詰まった感が楽しめる、手櫛で綺麗に揃えられた外見からも食欲をそそわれるレイアウトが魅力です(麺量:茹で前200gで腹7.5分目といったところで、大盛300gも同一価格です)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感が無い粘度アリアリなこげ茶濁した煮干しがこれでもかと主張している醤油味で、メニュー名通りの「濃厚」な煮干しが楽しめる煮干し好きにはもってこいの仕上りにまとめられています。

具はメンマは無く、低温調理されたレアな鶏ムネ肉叉焼2枚と豚肩ロース叉焼1枚と焦げ目の入ったヤングコーン1本と細グリーンアスパラ1本と薄切りラディッシュ1枚と食感が楽しめるカボチャスライス1枚とブロッコリースプラウト6・7本と海苔1枚が麺の上を彩りよく飾り、鶏ムネ肉の切り落とし3・4個と青葱がつけ汁に忍ばせてあります。
店頭のPOPと具の内容が多少違いましたが、季節によって替えているのかと思いました。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度アリアリな煮干しつけ汁が中太麺に丁度良く絡みズズっと汁跳ねに注意しながら啜れました。
スープ割は配膳前に透明な昆布出汁スープでしょうか?(薄味で分かりませんでしたが、お湯ではありませんでした)が入ったポットが提供され自分好みに調整でき、陶器製の白い蓮華で濃厚感が和らいだ煮干しをグビっと数回飲み込みました。
お店は池袋駅から外へ出ないですむEchikaの一角に佇んでいて、日曜日ということもあってか14時近くでも行列が絶えませんでした。

三河屋製麵の麵箱はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8892102.html



つけ麺
goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11621308c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 7月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
今日 合計
ビュー 3 352686
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト