赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

花のれん@茗荷谷

生粋

花のれん(ハナノレン)
☆☆☆☆.3(茗荷谷)
鯛昆布水つけ麺900円

Hana Goodwill

鯛昆布水つけ麺(醤油・夏季限定)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに尖りがある山口や製で、所々に斑点が見受けられる栄養化の高い全粒粉入りのとても喉ごしが楽しめる、たまに場末の中華屋さんで見かける「山口や」とは思えない北海道の地粉を2種類ブレンドした拘りが感じられる美味しい麺です(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感微アリ淡麗鶏醤油味で、麺を浸すと漏れなく付いてくる鯛昆布出汁が加わり火入れしていない3種類の醤油とコラボして唯一無二の鶏鯛昆布醤油味が徐々に完成されていきます。

具はメンマというよりシャキコリ感のあるタケノコ4本とピンク色が艶やかな低温調理されたロースとバラ叉焼各1枚づつと小松菜と真っ黒で磯の香りが香ばしい海苔1枚が麺の上を彩り鮮やかに配置され、甘味(旨味)のあるとても小さくカットされた豚叉焼4・5個と辛味が心地よい角切アーリーレッド数枚がつけ汁に浮遊しています。
このアーリーレッドには気を付けなはれや!
麺をつけ汁に浸す前に「お薦めのお召し上がり方」通りに鯛昆布水の麺を戴いてみると、羅臼昆布出汁が先行して天然真鯛出汁が脇役にまわり全粒粉入りの麺に浸透して心地よく啜れ、更につけ汁に浸して戴いてみると、平打気味な麺に漆黒なつけ汁がやんわりと纏わり付きジュルジュルっと優しく美味しく啜れました。
スープ割は麺を戴き終り残った鯛昆布水を自分好みに注ぎ入れ、陶器製の白色の蓮華でアーリーレッドを掬わずにやんわりと昆布と鶏と鯛の風味を美味しく戴きました。
お店は以前「たかぎ」で伺ったことがある春日通りに面した場所に佇んでいて、日曜日のお昼でも開店前から数人が待ち並んでいる身体に優しい無化調な女性が調理担当しているお店でした。

鯛昆布水つけ麺の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8922203.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11643217c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
トリとん@中板橋
真しま@練馬
貴太郎@新宿
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 8月 次の月へ
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 32 355945
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト