赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

裏Noodles Stand TOKYO@原宿

裏Noodles Stand TOKYO(ウラヌードルスタンドトウキョウ)
☆☆☆☆.2(原宿)
濃厚サバトンつけ麺850円

Bottom NST

濃厚サバトンつけ麺(中盛)戴きました。

麺は角中太ストレートのエッジに丸みを帯びた浅草開化楼製で、麺肌が光っているのに持ち上げのいい啜るのに意外と苦労する味わい深いこれぞ開化楼といった麺です(麺量:茹で前270gで腹8分目といったところで、並盛180gから中盛迄が同一価格でランチタイムにはお米マイスターがプロデュースした美味しいご飯1杯もサービスです)。
つけ汁は酸味と辛味とオイリー感の無い粘度アリな濃厚豚骨魚介に似た白茶濁した鯖豚骨味で、豚骨とサバ節なのでしょうか?濃厚の中にサバのサッパリ感がある不思議な味に仕上がっています。

具は軟らか極太メンマ3本と大きくスライスされた肩ロース叉焼1枚と海苔1枚と白黒ナルト1枚が麺の上に飾られ、青葱がつけ汁に散らされています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、粘度アリなつけ汁が麺肌を白茶濁に染めて汁跳ねに注意しながらテンポ良くなく啜りました。
スープ割はお願いすると背中側の台に乗った保温式ポットをセルフで取りに行くよう促され(ただでさえ席間が狭く動き辛いのに)魚介系出汁スープを自分好みに調整し、プラスチック製の赤茶色した蓮華で青葱を掬いながら戴きました。
お店は原宿駅前通りのビルの地下に佇んでいますが、金曜日だけ営業する「裏」を求めて次から次へと男女問わず来店していました。

美味しいご飯の説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/9071510.html




つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11717280c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
十六夜@大山
大明飯店@新大久保
開楽@池袋
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 3月 次の月へ
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日 合計
ビュー 55 362224
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト