赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

KaneKitchen@東長崎

KaneKitchen Noodles(カネキッチンヌードル)
☆☆☆☆.5(東長崎)
鰹出汁昆布水の淡麗つけ麵1000円

Bell Kitchen

鰹出汁昆布水の淡麗つけ麺戴きました。

麺は角細ストレートのエッジに尖りがある三河屋製麵製で、所々に斑点が見受けられる全粒粉入りの栄養価の高いとても喉ごし良く啜れる冷たい昆布水に浸かった状態で配膳される麺だけでも旨味が十二分に感じられる秀逸な麺です(麺量:茹で前210g位で腹8分目といったところです)。
つけ汁は酸味と辛味と粘度が無いオイリー感超微アリな上品な鰹出汁が味わえる淡麗醤油味で、鰹の優しい出汁感に尖りの無いカエシを合わせたぬくもりが感じられる無化調な醤油味にまとめられています。

具は短太でも軟らかいメンマ2本とアオサ海苔とカットレモンが別皿で提供され、低温調理された豚肩ロース叉焼1枚と鶏ムネ肉叉焼1枚と豚肩ロースの薄切り落とし4・5枚と三つ葉がつけ汁の中を賑わしています。
麺をつけ汁に浸す前にまず、麺に塩を付けて戴いてみると、これが麺の小麦の風味がストレートに口内に広がりウマウマで途中何回も塩だけで啜ってしまいました。
次にいつもの様に、つけ汁に浸して戴いてみると、優しいつけ汁を纏った細ストレート麺が喉元をスルスルっと流れ楽しく美味しく啜れました。
スープ割はブーメラン方式に煮干し出汁の様なスープが注がれ、更にスライスアーリーレッドと豚・鶏叉焼の端っこ5・6個も追加され、陶器製の白い蓮華でアーリーレッドを掬いながら叉焼達を避けながらとても美味しく戴きました。
お店はビルの2階に佇んでいて、無機質な小洒落た店内に次から次へとポツポツと単身から複数のお客さんが来店していました。

素材などの説明はこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8896513.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11624683c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
樹真@和光市
福丸@笹塚・幡ケ谷
みちしるべ@東武練馬
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 15 355424
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト