赤バイクの知蔵のつけ麺アドベンチャー

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://ikebukuro.areablog.jp/d52001037

飛騰@東中野

飛騰(ヒトウ)
☆☆☆.9(東中野)
つけ麺770円

Jump Tengchong

つけ麺(替玉半分)戴きました。

麺は角中太ウェーブのエッジに丸みを帯びた自家製麺で、小麦度は少ない多加水のツルツル麺で気持ち軟らかめに茹でてあるので(食券を渡すと麺の硬さのリクエストを聞かれます、今回は「普通」でお願いしました)つけ汁との絡みが凄く、ネトっとした絡み方に汁跳ねに注意しながらも喉ごしが楽しめるつけ汁に負けていない麺でした(麺量:茹で前200gで腹8分目といったところで、大盛300gも同一価格で、ラーメン用の細麺ですが替玉は無制限追加料金なしでお替りでき、半玉だけ替玉して腹9分目迄膨らみました)。
つけ汁は辛味とオイリー感が無い酸味超微アリな粘度アリアリな濃厚豚骨で、「また、おま系」の濃厚豚骨魚介とひと味違った豚骨の荒々しさが前面にでた薄茶濁した臭み控え目な豚骨に仕上がっています。

具はメンマ10枚位と肩ロース叉焼1枚と魚粉と長葱がつけ汁に同色化され、海苔1枚と味玉半分が麺にさりげなく置かれています。
麺をつけ汁に浸して戴いてみると、ツルツル表面なんのそので濃厚豚骨に魚粉が溶け込んだ濃厚豚骨魚介に変化したつけ汁が絡みまくりズズズっと勢いよく啜れました。
スープ割は別碗に白濁した臭みの全く無い豚骨スープが提供され自分好みに調整でき、赤茶色のプラスチック製の蓮華で豚骨の髄を探しながら美味しく戴き、
3・4口戴いたところで替玉半分をお願いして紅生姜1掴みとおろし大蒜小匙2杯と擂り胡麻2掛けして豚骨スープ割ラーメンを作成し1杯のつけ麺でもう1杯の豚骨ラーメンを楽しみました。
お店は「瀧本軒」「名越」と入れ代わった場所に佇んでいますが、麺箱が沢山積まれていたり豚骨ベースであったりと何やら看板掛け替えで注目度を集めるチャイニーズ的戦術が見受けられる内装そのままのお店でした。

替玉半分のラーメンはこちら⇨ http://blog.livedoor.jp/d52001037/archives/8927434.html



つけ麺

goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://ikebukuro.areablog.jp/blog/1000021757/p11647569c.html
つけ麺 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
樹真@和光市
福丸@笹塚・幡ケ谷
みちしるべ@東武練馬
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
赤バイクの知蔵イメージ
赤バイクの知蔵
プロフィール
つけ麺をこよなく愛す、赤バイクの知蔵のアドベンチャー

前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 11月 次の月へ
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
今日 合計
ビュー 45 355454
コメント 0 35
お気に入り 0 3

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト